<   2019年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

国分寺

国分寺_b0057679_09314838.jpg

柴犬

兄の病院は小平市なのだが東京駅から都心を車で走るのは大変なのでレンタカーを国分寺で借りた、この日は所沢の多摩湖の直ぐ横の旅館から小平市の病院へ行きその後レンタカーを返しに国分寺へ、ウロウロと駅へ歩いていたらなんと柴犬を連れたおっちゃんが何の抵抗もなく改札口の方へ入って行ったので後ろから採集

通常こういう場所は犬は駄目なのだがはてさてどうなっているのか?、人混みにまみれて行ってしまったが東京は何処に行っても人だらけ

国分寺の駅ビルのレストラン街の麺類のお店で昼食、私は今まで食べたことの無い黒酢サラダ蕎麦を戴きました、どちらかというと冷麺の日本蕎麦版かな・・・



by push-pull | 2019-09-30 09:32 | 私事 | Trackback | Comments(0)

久し振りの東京

久し振りの東京_b0057679_10205621.jpg

久し振りの東京_b0057679_10210538.jpg

所沢

昨年から小平に入院している兄のお見舞いに姪達と行ってきました、国分寺でレンタカーを借りてウロウロ、寝たきりの兄の顔を見てから所沢の多摩湖の直ぐ横にある旅館へ、温泉に浸かりのんびりの金曜の夜ですがガラガラでした、風呂もほぼ貸切状態でビックリ

旅館ってシングルが無いようで、大きな部屋で一人っきり窓から見える多摩湖が美しい、その分結構なお値段でした


久し振りの東京_b0057679_10211841.jpg

こちらは昨日の朝食、中国割烹旅館でしたが朝は完全に和食、食べられるお茶の葉を入れての出汁茶漬けがなかなかでした

何故かフロントのカウンターにアイスキャンデーのケースがあったので買って部屋で戴きました,私は小豆グリーンティー


久し振りの東京_b0057679_10212665.jpg




by push-pull | 2019-09-29 10:23 | 私事 | Trackback | Comments(2)

曼珠沙華

曼珠沙華_b0057679_06474560.jpg

曼珠沙華_b0057679_06475414.jpg

季節の花

公園の直ぐ近くの植え込みで毎年花を咲かせる、色も形も強烈で咲き始めると直ぐ目に入る、でもやっぱり印象的なのは田んぼのあぜ道で見る曼珠沙華かな

毎年この季節にこの花をこのブログにアップしていると思うのだが、その時にいつも山口百恵さんのことを書いているような気がする彼女の歌は「まんじゅしゃげ」では無く「まんじゅしゃか」と呼んでいる

本名は「彼岸花」でこの季節にピッタリの花かもしれません、調べて知ったのだが「マンジュシャカ」はサンスクリット語みたいで学名は「リコリス・ラジアータ」でした

天上の花とも言われているが日本では「死人花」「地獄花」「幽霊花」・・・と不吉な名前の方が多い

これから東京の兄のお見舞いに出かけます、パソコンを持っていかないので明日のブログはホンマ久し振りにお休みですので




by push-pull | 2019-09-27 06:49 | 写真 | Trackback | Comments(0)

工事中

工事中_b0057679_09244143.jpg

阪神百貨店辺りの変な空間

久し振りに大阪駅の前の丸ビル側を歩いた、今も梅田企画ビル(1~4)は一等地なのに空き室だらけ、繊維街や旭屋が無くなり企画ビルや丸ビルが出来たときから微妙にこの辺りは陸の孤島、目の前に大阪駅があるというのに不思議な場所だ

阪神百貨店が新しくなり地下の食品売り場を残して上は全部取り壊されただ、上の写真はその取り壊された工事塀、なぜか1mそこそこの空間がえぐられている、中に工事用の配電盤か出入り口があるのかと覗いたが何故か四角い空間があるだけで扉らしき物は何処にも無い


工事中_b0057679_09244977.jpg

こちらは先ほどの空間の直ぐ近く、何故か工事塀に透明のプラ板がはめられ丸でショーウィンドウのような風情なのだが、中にはパイプが見えているだけで何も無い、何故中を見えるようにしているのが皆目判りません


工事中_b0057679_09245839.jpg

こちらはディアーモール街などに行く地下通路の入り口、本来写真の右側にも通路があったと思われるのだが今は工事塀があるだけで、地下に入るには迂回しなければならない、写真の奥に見えるのが大阪駅前の大丸百貨店

久し振りのこの辺り画を歩いたのだが、通るたびに景色がどんどん変わっております



by push-pull | 2019-09-26 09:25 | ご託&うんちく | Trackback | Comments(0)

サギ

サギ_b0057679_09155443.jpg

サギ_b0057679_09154682.jpg

堂島川

ホンの少し気候が穏やかになったらサギの姿をよく見かけるようになったような気がするのだが・・・一年中見てるような気もする

堂島川で見かける水鳥は、冬場は鴨にオシドリに雁辺りで他の季節では川鵜と鷺あたり、私の住所に鷺という文字が入っているので鷺が気になるのだが,明治時代に鷺洲村と言う地名がある

今日の写真ですが上のが1m近くにもなる一番よく見かけるアオサギで、2枚目がちょっと小ぶりなコサギです、望遠で撮ったのですが遠すぎてよく判りませんでした

8月22日にたまたま直ぐ近くで撮影できたアオサギの写真をアップしております、読み直したら同じようなことを書いていてお恥ずかしい

https://pushpull.exblog.jp/29602671/







by push-pull | 2019-09-25 09:18 | 写真 | Trackback | Comments(0)

二日酔い?

二日酔い?_b0057679_09035197.jpg

大丈夫かな

遠目で見たとき私のようにマクロレンズで草花の写真を撮っているんかと思ったのだが、近寄って見るとそうではなさそう、通り過ぎてから植え込みの兄ちゃんを採集したしました

私も時々酒でとんでもない事件を起こしているので穏やかでは無い、先日画廊で会った友人とは半年ぶりだったのだが前にあったときにはしご酒をしてしまい、挙げ句の果てに転倒、次の日から3週間医者通いという大怪我をやってしまったのだが、その友人はそのことを殆ど覚えていませんでした

その前は数年前だが朝新聞を取りに玄関に行くと、玄関の扉のガラスが割れていたとき、つまり前夜に酔っ払って家に帰ったときに戸に激突したと思われる、鏡を見ると顔のあちこちに内出血とアザが・・・半年前の時もそうだが酔っ払っていると痛みを余り感じないの不思議です

この頃飲んだら直ぐに酔うのだが悪酔いすることは殆ど無いのが怖い(笑)



by push-pull | 2019-09-24 09:06 | ご託&うんちく | Trackback | Comments(0)

パドルボード

パドルボード_b0057679_10174480.jpg

パドルボード_b0057679_10175647.jpg

パドルボード_b0057679_10180413.jpg

中之島

毎朝中之島周辺を散歩しているのが、季節にかかわらず時々パドルボードの人を見るのだがこの土日はボードだらけ、こんなに一杯見たのは勿論初めてです

中之島でアジア初のスタンドアップパドルの世界公式大会が開かれていたからです、上の写真はアマチュアのレース、この後プロのレースが行われるとか

堂島川の遊歩道を写真を撮りながら歩いていたら、普段閉まっているカフェがオープンしていてビックリ、関係者の方が小旗を配ってい渡されてのが下の旗、国名が思い出せないで帰ってから検索したらなんとデンマークでした


パドルボード_b0057679_10181610.jpg





by push-pull | 2019-09-23 10:19 | イベント | Trackback | Comments(0)
「植松圭二展 未来を振りかえる 仮説」展を観てきました_b0057679_10004587.jpg

「植松圭二展 未来を振りかえる 仮説」展を観てきました_b0057679_10005552.jpg

「植松圭二展 未来を振りかえる 仮説」展を観てきました_b0057679_10010737.jpg

重力

中央線深江橋近くにあるギャラリーノマルで行われた植松氏の個展に昨日行ってきました、いつも重力を意識した作品が多い、今回も水が張られたステンの水槽からワイヤーがつなげられ、天井滑車を通り分厚い銅板が3枚吊された作品

オープニングに彼の朗読がありちょっとビックリ、会場で少しワインを飲み出会った友人と深江橋で見つけたクラフトビールの店に、久し振りのクラフトビールはやっぱり旨い、頼んだ料理もどれも美味しかったのが嬉しい、我が家の近くのショットバー・・・前に怪我した時以来に覗いて1杯引っかけて帰宅

昼は施設で生活する兄嫁の顔を銘と見に出かけたりと,1日中ウロウロしておりました、スマホの万歩計も久し振りに2万歩近い数字が


「植松圭二展 未来を振りかえる 仮説」展を観てきました_b0057679_10011642.jpg






by push-pull | 2019-09-22 10:01 | アート・デザイン | Trackback | Comments(0)

定位置2

定位置2_b0057679_09371577.jpg

不明

先日玄関に立つおばちゃんお話を書いたが、今日の写真はおばちゃんの家の直ぐ近くの公園、おばちゃんより会う回数は少ないがこのおっちゃんも時々見かけるのだが,何をするわけでも無くこの位置でじっとしている,服がいつも同じなので何処かの運送会社の制服のようにも見える

自転車から降りるわけでも無く、同じ位置でいつも左足を公園のコンクリートに足を乗せている、いつも同じ場所で同じポーズでいるのが気になって採集した次第

私の散歩はじっとしていることはまず無い、ベンチなどに座ってボーッとするのが苦手なのである、昔化石掘りに填まって友人に色々な河川に連れて行ってもらったことがあるが、現地に着くと休むこと無くあっちにウロウロこっちにウロウロとじっとしていないので友達が驚くぐらい

大学時代に彫刻を勉強したのだが、ロダンの考える人は私の生活には無縁のポーズなのである、因みに下の写真は京都博物館の中庭の考える人、京都市役所前にあったのだが車の排ガスの公害問題で今の場所に移設、私のお気に入りの写真の1枚です


定位置2_b0057679_09372538.jpg



by push-pull | 2019-09-21 09:39 | ご託&うんちく | Trackback | Comments(0)

落書き

落書き_b0057679_09102740.jpg

地下道

家の近くの殆ど人の通ることの無い地下道、丁度阪神電車が地下に入るちょっと手前にあります、陸橋と同じで少し迂回で済むなら人間は階段を上り下りすることは無い

この落書きに気がつかなかったのは間違いなく最近描かれたと思われる,この辺りは住宅街なので落書きは少ないがそれでも多数見かける

ナンバの繁華街を歩いていると驚くほど多数の落書きを見かける、その大半がバルーン文字と呼ばれる重なった文字の羅列、最初はアメリカでの縄張り争いから始まったとか

落書きを見つけていつも思うのだが、今日の落書きもそうだがとんでもない場所に描かれていたりする、脚立が無いと書けない場所とか、立ち入り禁止の場所とかと・・・こうなるとまさに犯罪ですね



by push-pull | 2019-09-20 09:12 | ご託&うんちく | Trackback | Comments(0)

珍しく我が家のマイマイが甘えに来た、正式名は「シャー・アズナブール・マイマイ」と申します


by PUSH-PULL