<   2019年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ゴダール

b0057679_07324572.jpg

b0057679_07322862.jpg

「イメージの本」

毎日新聞の映画紹介に出ていたので昨日梅田ロフトの映画館までお出か掛け、ロフトに行くのは久し振りですが祭日と言うこともありどの道も人が一杯で裏通りを歩いた意味が無かった(笑)、普通映画が始まるとフライヤーは置かれていないのだが珍しく入手できたので買ったパンフと一緒に撮影

映画批評で難解と書かれていたが映画を見てびっくり、これは映画と言うよりもアジテーション!、200本以上とんでもない量のフィルムのカットのコラージュとそれに併せて本人のナレーションと言葉、昔月に20本見たぐらい映画好きでしたので、秒単位で時々知っている映画のカットが入る

ストーリーらしき物は無く,これは映画の体制に対するテロリズムに近いメッセージがぶち込まれいている、こんな難解な映画が昨年のカンヌ国際映画祭の特別賞を受賞しているのには驚いたが、そこにゴダールの存在が浮かび上がってくる、大好きな映画監督の一人ジャン=リュック・ゴダールは88歳で今も映画を作っているから凄いの一言、

今の世界を見渡すとスペインの選挙結果もそうだが、日本を含め世界が総極右にシフト中、トランプを始め新しく大統領になったブラジルのボルソナロも極右で狂っております、こんな時代にゴダールのように発言するアーティストが少ないのが問題でマスコミそのものが体制批判をまるでやらなくなってしまっている

ゴダール映画で見た記憶のあるのは,リバイバルで見たベルモンドの「勝手にしやがれ」と「軽蔑」、後はリアルタイムで見た「気狂いピエロ」「中国女」「ウィークエンド」「東風」辺りが好きだった、これ以後の作品も数本か見ているがあまり記憶に残っていない






by push-pull | 2019-04-30 07:38 | イベント | Comments(0)

頑張っております

b0057679_10054553.jpg

ちょっとした空き地のポールの重しの穴のところに頑張って生えております、金具の所に見えるボルトが印象的で硬軟のギャップが大きいので採集した次第

この季節町の至る所で生えている雑草、花の咲く物は写真撮影してアップしているが・・・、雑草って凄い言い方だが意外と名前を知らないので調べて見たのだが今度は種類が多すぎてよく判らない、今日の写真によく似たものにエノコグサ、メヒシバ、ヒメグサ(姫莎草)などがありましたが・・・、どの草も凄い繁殖力で栄養や水分などお構いなしでとんでもないところで見かけます、こんな姿を見ると最近使わなくなった「雑草魂」って言葉がお似合いです



by push-pull | 2019-04-29 10:11 | ご託&うんちく | Comments(0)

コルトレーン再び

b0057679_09321990.jpg

西成

先日、またまた地下鉄御堂筋線動物園前直ぐ近くのライブハウスのDonna Leeへ私の一番好きだったジャズミュージシャンのコルトレーンのカバーバンドのライブを聞きに行ってきました、20代の頃ジャズに填まっていて、何処に行っても飯代を減らしてまでジャズ喫茶に行っていた時にコルトレーンが好きになった、コルトレーンは早くに死んでしまったのでライブは知らないが、こうしてカバーとはいえ生で聞けるのは嬉しい

このお店は西成ジャズと銘打って毎晩ジャズライブをやっている、と言ってもコルトレーンナイト以外に行ったことがないので他のバンドは知らないが女性ボーカルのジャズバンドが多いようです

ライブの後またまた釜ヶ崎の三角公園の少し南にある一人鍋屋さんに行ったのだが閉まっていた、前にライブの後来たときは満員で入れなかったので2度も続くとこれはヤバイ


駅の方のお店に戻ろうと飛田商店街へ出たときに見た看板が面白かったので採集したのが下の写真、普通こうした看板は政治がらみの物が多いのだが雰囲気からしてどうも違う・・・、家に戻って調べたら何とラッパーで「SHINGO★西成」と言う名でMCとして音楽活動をしておりました、彼には失礼だが写真だけではまさかミュージシャンとは思いませんでした、むっちゃインパクトのある写真ですが高額な大形看板を個人で設置するとは凄い


b0057679_09322605.jpg



by push-pull | 2019-04-28 09:36 | イベント | Comments(2)

帳簿

b0057679_09481243.jpg

珍しい

10連休って何を考えているのやら、子供達は大喜びだが年金暮らしの人は何の変わりもなさそう,連休途中年号が変わるが興味無しで使用する気も無し、そう言えば若い頃2000年を迎えるとは夢にも思わなかったのと、大好きな映画「2001年宇宙への旅」の年を生きててまたぐとはこれも想像もせずこちらの方が印象が強い

散歩コースで出会った町工場、何度か通っていたのだが看板が2枚掛かっているのに気づいたので近寄って確認、表札が意外だったので採集

1枚は「帳簿製造所」でもう1枚が「帳簿罫線印刷所」だった、右の看板の「罫線印刷」と言う言葉は初めてだ、結構昔から印刷関係のことにからんでいたのですがこんな専門工程があったことに驚いております

通常だと印刷・裁断・製本なのだが、帳簿となると罫線の引かれた紙に穴を開け、黒い紙の貼られた厚紙で挟んで紐で綴じていたのではなかろうか、罫線印刷ってひょっとしたら一色ずつ印刷していたのだろうか?

今時は皆パソコン入力で帳簿を付けることは個人ならともかく会社ではあり得ない、一人で仕事をしている私でもExcelを使って請求書などを作っているが、私自身の帳簿(確定申告)はExcelでは無く初心者用の家計簿ソフトを使っております

帳簿だけと言うのも凄いが罫線印刷はさらに凄い



by push-pull | 2019-04-27 09:53 | ご託&うんちく | Comments(0)

野田藤

b0057679_09250382.jpg

b0057679_09251113.jpg

b0057679_09251981.jpg

b0057679_09252701.jpg

突然脚光が!

毎年見ている私の住む福島区のフジが突然有名になった、花の方は藤棚の移植や手入れのおかげで何とか今年も咲いていますがフジって大変みたい、私が毎朝訪れる下福島公園の藤棚の横にある石碑に「吉野の桜に野田の藤」と書かれている、藤を見ると少々貧弱で俄信じがたいのですが豊臣秀吉がわざわざ野田まで藤を見に来たとか・・・

突然有名になったのは新しく発行される新札の五千円札の裏のデザイン、五千円札は紫がテーマカラーで裏に藤がデザインされていてその藤がなんと「野田藤」なんだそうです、福島区の春日神社にあった藤が始まりでそれが色々な場所に運ばれ広がったとか、日本古来の藤が野田藤って初めて知りました

でもフジって好きな花のベスト20にも入っていないほどの地味な花でした


b0057679_09325732.jpg






by push-pull | 2019-04-26 09:35 | ご託&うんちく | Comments(0)

繁殖の跡

b0057679_09515141.jpg

丁寧なフェンス

我が家の玄関先のヘデラーもそうだが、手入れを怠るとどんどんと成長し窓枠からモルタルの壁にも根を張り伸びていく、驚くのはその根の強さ!

今日の写真もその根の跡が茎の生長を残している、鉢も残っていないので植物の名前も判らないが高く高く伸びている、さらに驚いたのは植物のためのネットフェンスで、張るためにパイプを壁にビス留めして作りデザイン的にも凄いのです、普通だとええ加減にロープを張るのが多いのですが・・・

ここも塗装されたコンクリート壁にちゃんと根を張っていたのですね、余談だがヘデラーって別名アイビーと言うのを今回初めて調べて知りました、名前は知っていたのだが同じ植物だったとは



by push-pull | 2019-04-25 09:54 | ご託&うんちく | Comments(0)

繁殖の跡

b0057679_09515141.jpg

丁寧なフェンス

我が家の玄関先のヘデラーもそうだが、手入れを怠るとどんどんと成長し窓枠からモルタルの壁にも根を張り伸びていく、驚くのはその根の強さ!

今日の写真もその根の跡が茎の生長を残している、鉢も残っていないので植物の名前も判らないが高く高く伸びている、さらに驚いたのは植物のためのネットフェンスで、張るためにパイプを壁にビス留めして作りデザイン的にも凄いのです、普通だとええ加減にロープを張るのが多いのですが・・・

ここも塗装されたコンクリート壁にちゃんと根を張っていたのですね、余談だがヘデラーって別名アイビーと言うのを今回初めて調べて知りました、名前は知っていたのだが同じ植物だったとは



by push-pull | 2019-04-25 09:53 | ご託&うんちく | Comments(0)

通行妨害

b0057679_08005258.jpg

スーパーの走行禁止看板

朝から久し振りにパラパラと小雨が・・・と言うことで恒例のお散歩も中止に

昨年家の直ぐ近くのスーパーへ行く通路に突然自転車の走行禁止の看板が増えた、それもこの写真のような状態では無く両サイドに二つ並べ人が譲り合わないと通行できない状態に、何度か自転車にぶつかりそうになったぐらいで車椅子や乳母車は大変、双子用だと通れないぐらいだった

早速イオンの人に苦情を言おうとしたら駐輪は管理会社に任せているからと責任逃れ、直ぐにイオンの中にある管理会社に行ったら偉いさんがいてないとの返事、名刺を置いて帰ってきたら大分してから電話があった、説明すると検討しますとの返事で肝心の看板はずっとそのまんま、頭にきて毎回看板を移動すると言う実力行使になったがイタチごっこ

数ヶ月してやっとこさなんとかましになったと思ったら,今度は看板の数が増やされ入り口から20mぐらいの細い通路に10台も置かれたのでまたぞろブログにアップすることになった

前にも書いたが自転車と人がこんな細い歩道を一緒に通っているのが問題、これはイオンという大手スーパーの完全な設計ミスで、私の苦情に何の対応もしないのが非常に腹立たしいのです



by push-pull | 2019-04-24 08:01 | ご託&うんちく | Comments(0)

「麻雀放浪記2020」

b0057679_09242638.jpg

奇想天外

阿佐田哲也の小説とは別世界の映画でした、登場人物は同じなのだが時代背景がまるで違うこれはSF映画です、1945年から2020年へワープしてきた雀士の坊や哲がまた麻雀の世界に

何故か日本はまた戦争に巻き込まれ終戦後の世界に逆戻り、街にはドヤ街があり特高まがいの支配下世界でオリンピックは中止に、主演の斎藤工も熱演で何度かライブを見たことのあるチャランポランタンのボーカルのモモちゃんが準主役で頑張っております、他にも竹中直人にベッキー、的場浩司に小松政夫などミュージシャンの岡崎体育が映画初と色々盛りだくさん、色々な役満にいかさまなど牌を握らなくなって20年ほどになるがワクワクいたします

細かいところでは色々問題だらけですが、途中掛け賭博で謝罪会見をするシーンを見ていると、瀧氏の逮捕でこの映画に出演で上映が危なくなり話題になったが保釈後の謝罪シーンがダブって強烈でした

どんどんの政治体制べったりの日本の文化の中にあってこの映画は少し反骨的で楽しめます、メディアそのものが体制批判しなくなり、TVのコメンテーターも太鼓持ちのオッチャンおばちゃんだらけで聞いているだけでイライラいたします、私の好きなお笑いの世界でもネトウヨまがいのタレントが多くなってきております




by push-pull | 2019-04-23 09:26 | イベント | Comments(0)

和食バイキング

b0057679_09492739.jpg

b0057679_09493473.jpg

一人?

昨日施設に入っている兄嫁を訪問したとなんばパークスで「麻雀放浪記2020」を見に行った・・・、映画の話は改めてアップしますが映画の後パークスで和食バイキング、少しずつ色々な物が食べれるのが楽しくどれも美味しかった

和食なのに半分ぐらいが小さな子供ずれのファミリー、上の写真だが誰もいないテーブルが写っているのですがここに黒のロングのワンピースを着た女性が座っていたのですがなんと一人!、一人でバイキングのお店の来るとはかなり驚きです、何度も料理コーナーと往復していたので誰と来ているのかと振り返って気づいた次第

私は昔から一人でお酒を良く飲みに行っていたが食事が非常に少ない、お酒の方もどちらかというと食べるのが主目的、デザイン事務所時代に酒を飲み始めたのが体を壊した原因かもしれない、お食事も皆でワイワイと言いながら食べるのが楽しい、ちょっと格式の高いお店は経験値として色々あるが苦手です




by push-pull | 2019-04-22 09:50 | うまいもん | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL