<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

海遊館の3

b0057679_08073247.jpg

深酒

今日の写真とは何の関係も無いが、昨日奈良まで先輩の彫刻家の個展に友人と出かけた、オープニングパーティーで飲み始めたのはいいが盛り上がり、奈良の小さな居酒屋で飲み大阪に戻ってきてからまた飲む、まさにはしご酒で今朝起きたらふらふら、恒例の早朝徘徊は中止と言うことに、なんとかブログだけはと・・・


海遊館の一番の目玉は上の写真のジンベイザメ、目の前を泳ぐ姿は壮観でド迫力です、どの魚も日常では出会うことの無い生物で面白く、ずっと見てても飽きません


オープンしたのが1989年、何度も来ているのだがやっぱり入場料が大人2300円と高く、しょっちゅう行く金額ではございません


b0057679_08074378.jpg

b0057679_08075125.jpg

b0057679_08080099.jpg




by push-pull | 2018-10-31 08:09 | イベント | Comments(0)

海遊館の2

b0057679_08514613.jpg

b0057679_08515484.jpg

海の不思議

私はどちらかというと運動は不向き、一応何でもやるのだが下手くそ、昔皆で奄美に遊びに行ったとき、少し潜ったのだがサンゴが非常に綺麗でカラフルな魚に驚いた、大阪に戻ると直ぐにスポーツ用品店に行き、シュノーケルやフィンなど一式と度入りの水中メガネを誂えた


それ以後毎夏遊びに行く富山の海で素潜り、なんと海の美しいことか、小魚の大群に大好きになったカラフルなウミウシなど、もちろん海遊館で見る馬鹿でかい魚に合うことは無いが(笑)、以前から水族館は大好きだったが、自然の海を知ってからより一層興味を持って水族館を楽しめるようになった、最も気になる点も増えましたがね


海遊館の面白いのは導線、高地の淡水魚に始まっただんだんと下りていくレイアウトが楽しい、もちろん最後が深海、そこに新たに海月のコーナーが加わったのです


b0057679_08520681.jpg


こちらは小っこい目の綺麗なダンゴウオ、でかい吸盤があり水槽に張り付いていて形もそうだが魚とは思えません、今回は人が一杯で撮影も思うようには行かずどちらかというと遠くから見学が多かった


b0057679_08521502.jpg





by push-pull | 2018-10-30 08:58 | 写真 | Comments(0)

今年2回目

b0057679_09213847.jpg

海遊館

昨日皆で海遊館へ、大阪港へ行く地下鉄が満員でびっくり、子連れが多いのはさすが日曜日、大阪港駅で1/3近く下車、と言うことは残りは南港へ行くことになるが昨日は海遊館周辺も南港のATC周辺もイベント満載


案の定海遊館は人が一杯で、観光客が多くいろいろな言語が飛び交っております、観光ルートに入っているのか知らないがこんなに満員なのは初めてであります


前回来たときは私の見たかった海月は改装中で入れず、面白い海月銀河のコーナーが出来上がっておりました、海月のコーナーは薄暗くライティングで見せるところは万博のニフティに似ております、さすがのα6000のISO25600の高感度でも手持ちだだと手ぶれ写真が・・・


b0057679_09215619.jpg


ミズクラゲのコーナーは鏡を使って圧巻です、海ではミズクラゲの大群に何度も遭遇していますが、こうして見ると違う生き物みたいで美しい、もっと知らない海月を見たかったのですが意外と種類が少なかったのが残念です


海遊館の魚はでっかいジンベイザメなどはド迫力で面白いのですが、私の好きなのは鰯の大群、私の記憶より鰯の数が3倍ぐらいに増えておりました、他にも一杯写真を撮ってきたので順番にアップ


b0057679_09220337.jpg



by push-pull | 2018-10-29 09:22 | イベント | Comments(0)

器物破損?

b0057679_08473794.jpg

b0057679_08474721.jpg

なんでやろ

いつもよく歩く堂島川遊歩道、丁度ロイヤルホテルの前あたり、写真を見ても解るようにカラーコーンの置かれている場所は間違いなく人が殆ど歩かないゾーン、この場所の破損を見たのは2回目、前回はもっと広く見たときは重機でも入ったのかと


ここに置かれているカラーコーンも、何故か年に2回ほど先っちょが破損しているのを見たことがある、人から聞いた話だが通りすがりのおっちゃんがステッキらしい棒で、カラーコーンの先っちょを叩いているのを見たことがあるそうな


この遊歩道はウッドデッキ風の樹脂製のパネル、余り強度が無いのかもしれませんね、強度が弱くても壊すのは一苦労で道具が無いとまず無理、と言うことはやっぱり事故では無く故意なのかな




by push-pull | 2018-10-28 08:48 | ご託&うんちく | Comments(0)

「獅子狗(シーズー)」

b0057679_09085566.jpg

久し振り

昔の公園仲間が子犬を連れて公園に、丁度公園デビューの日に遭遇、名前は「らこ」ちゃん、シーズの子供でまだ4ヶ月、顔を見ただけで飛んで遊びにやって来ました、毛並みもフカフカで触り心地もも抜群でございます


私自身、昔にシーズーを飼っていたこともあり同じ犬種を見ると非常に愛着がわきます、下の写真が我が家の「獅子狗亭 犬々」、久し振りに写真を引っ張り出してきました


毎朝訪れる公園も、マンションが次々出来ているからかどうか知らないが、1歳未満のわんこが次々と登場しております、出会うたびに写真を撮っては名前を入れてプレゼントしてお友達に


b0057679_09090555.jpg

b0057679_09091329.jpg


by push-pull | 2018-10-27 09:16 | 写真 | Comments(0)

フェンスのアート

b0057679_09235789.jpg

台風?

台風21号が大阪の真上を通過してから1ヶ月以上経つのに、大阪の町は至る所に痕跡が残っております、一番多く目に付くのは倒れた木の残骸、取りあえず切ってかろうじて通行の邪魔にならないようになっているが・・・


今日のフェンスは台風の影響かどうかは定かで無い、このパネルを見てなんだか60~70年代のプライマリー・ストラクチャーを思い出してしまったからである、カロにジャッドやモリスに代表される本家のプライマリーアートはもっと壮大でシンプルなのでかなりかけ離れていますが・・・


こうしたフェンスを作るのに斜めに木の板を張り付けたところがモダン、そこに黒のラインが一層のアート感を演出しております



by push-pull | 2018-10-26 09:25 | アート・デザイン | Comments(0)

自写像

b0057679_09345611.jpg

映り込みの不思議

少し前に撮った写真だが、ちょっと面白い空間なので再登場、場所は堂島川の遊歩道の京阪中之島駅近く、革製品のお店なのだが「0」が一つ多い価格のお店なので私には無縁で入ったことがない、以前は上にギャラリーがあったのですが今は無し


ちょっとアーリーアメリカン風のデザイン、最近はエイジングの技術が進み、この手のデザインのお店が沢山出来てきております、「ねんき」とか侘寂の世界がいつの間にか埋没しております


鏡とガラスの映り込みが部屋の距離感を希薄にしているのが面白い、ガラスとか鏡はこうした悪戯を時として演出するので町を歩いていても目が離せません



by push-pull | 2018-10-25 09:36 | 私事 | Comments(0)

音タコ

b0057679_08563371.jpg

映画鑑賞

月曜日は少し仕事に隙間が出来たので、アベノまで姪と一緒に映画鑑賞、天王寺まで出かけた理由の一つは帰りに大国町の施設で生活する兄嫁に会うためもあった


映画は2ヶ月前にこれも姪と行った「カメラを止めるな」以来、カメラを止めるなもめちゃくちゃ面白かったが今回の長いタイトルの「音量を上げろタコ!なに歌てんのか全然わかんねぇんだよ!!」も面白かったバッチリ楽しめた


大声量のパンクロック歌手が実は声帯ドーピングをしていて、彼が出会うストリートミュージシャンが声が小さすぎて聞こえにくいと言う設定、まさに映画の醍醐味でハチャメチャで一気に最後まで持っていく、映画としても面白いが音楽でも楽しめます


阿部サダヲは松尾スズキの大人計画でお芝居をやり、バンド「グループ魂」でボーカルをやるぐらいだから歌も上手い、彼が一般的に知られるようになったのはヒットしたテレビドラマの「マルモのおきて」ではなかろうか、共演だった子役の芦田愛菜と鈴木福の名演技が記憶にある


一方ストリートミュージシャン役の吉岡里帆、これがよろしい!、こんなに歌が上手いとはビックリです、もちろん可愛いのですがどんな役でも自然体で素晴らしい、ドラマで意識しだしたのは松たか子も出ていた「カルテット」やネガティブなOL役の「きみが心に棲みついた」あたり


最近はドラマに映画にCMとスーパースターになってしまいました、調べて知ったのだが清純な女優さんだと思っていたら、なんと水着のグラビア写真があってビックリいたしました



by push-pull | 2018-10-24 09:04 | イベント | Comments(0)

蝶と蛾?

b0057679_09185929.jpg

b0057679_09190893.jpg

幼虫

公園の出口の通路に咲いていたヒガンバナ科のタマスダレ(9/17にアップ)もだんだん枯れ始めたのだが、その葉っぱのところにアゲハの幼虫らしき虫が一杯、コンデジの花マークで撮影


帰ってからネットで蝶の名前を調べようとしたのだが余りの数の多さに驚いたのだ、調べているうちに解ったのだがどうも蛾の幼虫に近い物があったのだがピッタリの写真は見つからず


キアゲハに似たのを見つけたが少し違う、蝶と思っていたのは間違いでどちらかと言うとスズメガ科のイブキスズメの方が似ておりました


毛虫が蛾で青虫が蝶だと昔は思っていたが、幼虫を見ても蝶と蛾の区別は付けにくく、孵化してから飛ぶようになって止まったときに羽を広げるのが蛾で、閉じているのが蝶だと思っていたがこれもどうも間違いで、羽を広げて止まる蝶も存在する


なんとなく蝶は美しく蛾は醜い言うイメージが合ったが、蝶のような綺麗な羽を持つ蛾がたくさん存在していました、調べて初めて知ったのですが蝶の種類が約250ぐらいで、なんと蛾の方は5000以上でどんどんと新種が見つかっております


結局この幼虫は何か解らずじまいでした、下の写真はどちらも蛾です


b0057679_09195197.jpg

b0057679_09200852.jpg


by push-pull | 2018-10-23 09:21 | ご託&うんちく | Comments(0)

意外なゴミ出し

b0057679_09002258.jpg

折り紙

このあたりはこの日が一般の家庭ゴミの日みたい、ゴム袋が非常にカラフルだったので近寄って確認してビックリ、5つほどの袋の中身は全部折り紙のツル、千羽鶴以上のとんでもない数のツルが間違いなく入っている、何のために折ったか知らないが、こうした光景はやっぱり異常と言うかショックです


よく見たら横のゴミ袋に、まだ新しそうなでっかいミニオンのぬいぐるみが入っていてこれまた驚き


私の東京に住む兄が折り紙が好きで上手い、本人も良い歳なのだがいまは施設に折り紙を教えに行っているらしい、私も折り紙は大好きで填まったことがあるが、根が飽き性なもんで一通りのパターンを覚えてしまったらいつもギブアップ、最後に折ったのが真っ黒なダンゴムシ、ずっと前にブログにアップした写真を引っ張り出してきた


b0057679_09003021.jpg



by push-pull | 2018-10-22 09:02 | Comments(0)

通勤前に散歩に最近来始めたシェルティーの「ちゃみ」、まだ若く温和しいワンコです


by PUSH-PULL