<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0057679_10050314.jpg

唐招提寺

薬師寺行けばやっぱりお次は唐招提寺、古い町並みを歩いて北側にある唐招提寺にお散歩、ここで有名なのは金堂の中にある3体の仏像の一つの十一面千手観世音菩薩、そばで見ると彫刻的にも歴史的にもド迫力

鑑真和上が東大寺の後、この寺を建ててやってきたとか,時代は天平、ドラマにもなった井上靖の「天平の甍」はこの金堂の屋根飾りの鴟尾のことだそうです、レプリカが下に置かれていましたが大きい瓦です、上の写真がその金堂


b0057679_10051278.jpg


こちらは金堂の直ぐ北にある鐘楼と講堂、時代を感じさせます、唐招提寺は薬師寺と違って庭が綺麗で緑が多いが良い、時間をかけて庭園をウロウロしたいぐらいです、一番奥の開山堂に教科書でおなじみの鑑真和上のレプリカが置かれています


b0057679_10052340.jpg


帰り道のある経堂、つまり倉庫ですね、正倉院と同じ校倉造りですね


b0057679_10053679.jpg


行く途中に出会った郵便ポスト、しっかりと奈良してます、金堂は撮影できないので下にネットより拝借した千手観世音、


b0057679_10054417.jpg



by push-pull | 2018-04-30 10:07 | Comments(0)
b0057679_10013361.jpg

b0057679_10014070.jpg

まずは薬師寺

小学4年の発案で昨日は奈良のお寺めぐりに、小学生がお寺に行きたいと言うのは驚きだが、私には久しぶりの奈良は楽しみでした、おまけに昨日は最高のええ天気でした


最初は近鉄大和西大寺で乗り換え西ノ京駅近くの薬師寺に、後で解ったのですが奈良のお寺はどこもかしこも工事中でちょっとがっかりです、薬師寺は金堂の薬師三尊像の薬師如来が有名で教科書でもおなじみ、建物は比較的新しく非常にきらびやかです、お寺ってで寂れた感じがイメージとしてあるが、できた時はこのようにきらびやかで豪華ですね


下は金堂の奥にある大講堂と中門の仁王さん、とてもカラフルな乾漆像の仁王です、薬師寺は白鳳時代の天武天皇、写真はないが一番奥の玄奘三蔵院を覗いてから歩きて唐招提寺へ


b0057679_10015157.jpg

b0057679_10015852.jpg




by push-pull | 2018-04-29 10:06 | イベント | Comments(0)

セキレイ

b0057679_07064165.jpg

b0057679_07064948.jpg

遊歩道

コンデジで撮影したのでイマイチですが堂島川の遊歩道で遭遇、セグロセキレイと思ってトリミングしていたら、クビのところが少し黄色の羽が


ネット調べたら、キセキレイとは明らかに色が違うのでやっぱりセグロセキレイだと思われる、鳥に差別を付けるのは問題あるが、雀よりやっぱり色も形も可愛いのですな


カメラ大好きで何十年も撮影しているが、鳥はやっぱり難しく苦手です、今日はこれからみんなで久しぶりの奈良散策、楽しみです



by push-pull | 2018-04-28 07:09 | 写真 | Comments(0)

事故現場

b0057679_09405084.jpg

バク転

今朝の散歩で遭遇、家の直ぐ近くの高架下、阪神本線の野田駅近くで物の見事に小さい目のパワーショベルカーが落っこちてひっくり返っている、阪神の橋脚に激突したと思われる


電車は走っているようなので線路は大丈夫なのだろうが、車が落っこちるぐらいだから橋脚かなり痛んでいるやろな、事故の後ろは早朝の車がずらりと並んでいる


昔この場所は阪神電車が環状線、うん?、その頃は環状線では無く桜島線をまたいでいたのだが環状線につながったときに阪神が環状線の下をくぐることになった、丁度この場所で阪神は高架から地下へ潜るために下りてきているので、橋脚もかなり低くなってきている場所


橋脚の修理代ってどれぐらいか知らない、対物の保険って使えるのかしら


先日も大雨で大和川をまたぐ近鉄大阪線の橋脚が傾きエラいことになっていた、甥っ子もおかげで大学も休みになったとか、大雨と言っても台風の時ほどで無いのに橋桁傾くってどう言うことなのか・・・、今、主な高速道路に橋に橋脚の大半が老朽で取り替えの時期らしい、便利さを維持するのも大変ですね



by push-pull | 2018-04-27 09:44 | 写真 | Comments(0)
b0057679_09190376.jpg

せんとう態勢

風呂話を書くのは久し振り、百と銘打ったがそれに近い回数はアップしていると思われます


先日、スチームバスで頑張っているとき私の後に入ってきた兄ちゃんが、私の洗面器を置いた直ぐ近くに座った、掛かり湯もせず風呂も入らず直ぐにシャンプーを始めたので気になった、スチームバスから出て水風呂と浴槽の後に洗面のところに座ったのだが、兄ちゃんの風呂道具がやけに多い


彼が体を洗った後風呂に入ったので、カゴを遠目にチェックしたらボトルが7本!えっ!、風呂に入るときはメガネを外しているので細かくは解らないが本数だけは解読、風呂から上がってきたらまたシャンプー、見るとも無しに彼の動きで判断するに


シャンプー・リンスあるいはトリートメント・ボディーシャンプー・洗顔フォーム・シェイビングクリーム・歯磨き粉・・・後一本が解らない、さらにひげ剃りが何種類か、歯ブラシに、ヘアーブラシにかかとのヤスリあたり


時々男性でも何本か持って来る人を見るがここまで多いのは初めてで、我が銭湯新記録間違いない、もちろん洗い方も非常に丁寧ですが、気持ち悪く私には絶対真似できません



by push-pull | 2018-04-26 09:22 | ご託&うんちく | Comments(0)

駐禁看板にいちゃもん

b0057679_07424062.jpg

ひまでんねん

朝起きたらしとしとと雨、恒例の散歩は中止


何でも無いプレートなのだが早朝徘徊でめっけたプレート、道幅が狭いって書いてるけど基準はどこなんやろ?、車がすれ違っても何の問題も無いぐらいの幅があるんやけど・・・、おまけに停車も駄目とはすごい


これがお店の前やったらまだ何とか解らんことも無いがここは植え込みだけで、幹線道路から離れているので歩く人も非常に少ない、きっと私が好きな路地なんて道として認識でけんへんのやろな~


書いていたら南伸坊の同じテーマの本を思い出した、本箱から探し出したら「ハリガミ考現学」というタイトルでした、もう30年以上も前の本、視点が面白く夢中になって読んだ記憶があります


改めて後書きを読むと鶴見俊輔氏の「限界芸術論」を取り上げていた、一つ目が専門家が専門の鑑賞者に向けた世界の「純粋芸術」でいわゆる芸術、二つ目が映画・テレビなどのマスメディアで職業芸術家が素人の一般大衆に向けての芸術


三つ目が「限界芸術」で素人が素人に向けてする芸術で、彼の出会ったハリガミがこの範疇に属するのではないかと,考えれば私のブログもほぼ同じ範疇ですね


b0057679_07503579.jpg

by push-pull | 2018-04-25 08:02 | ご託&うんちく | Comments(0)

庭猫

b0057679_09464378.jpg

b0057679_09465082.jpg

にゃじら

私の住む福島区では珍しい庭付きの大きな一軒家、立派な庭なのだが手入れの方が今ひとつ、散歩で時々通るのだがこの貫禄のある猫に出会う、口をならすとタイミング良くカメラ目線に収まりました


野良らしいのだがこのお家で餌を貰っているのかな・・・、洋風の二階建てなのだが真冬なのに2階の障子の入っている和室の窓が少し開いていたりしてビックリする


写真の猫を見ていて思い出したのが、おもろい漫画だった「ホワッツ マイケル」に出てくる悪猫のニャジラ、インパクトのある猫です


下にこのお家の道向かいの空き地を下にアップしたが、昨日のシャガの写真はここで撮った物、なぜかこの場所には陶器のお人形が一杯置かれていて面白いのだがちょっと不気味です、ひょっとしたらニャジラのお家の持ち物かしら・・・、よう考えたら空き家?


b0057679_09465933.jpg




by push-pull | 2018-04-24 09:48 | Comments(0)

困ったときの花だのみ

b0057679_09282247.jpg

b0057679_09283385.jpg

季節の花を追いかけて

ここんとこ行動範囲が狭くイベントがほとんど無いので私の動きが毎日似ておりますが、植物は1日1日変わって行くので楽しい限りです


1枚目はシャガ、富山の久利須村だとこの季節一杯咲いているのだが、大阪では滅多に見ることは無い、野生の花の中では非常に豪華な花ですね、マクロで撮影するとその豪華さがよく判るのでは・・・


調べて知ったのですが、シャガはアヤメの仲間で中国からの帰化植物で野生ではほとんど存在しないとか、分布は人為的だそうです


2枚目はどこにでも咲いているタンポポ、花の裏を見たら花の下の総苞が反り返っていたのでセイヨウタンポポでした、アップで見るとなかなか豪華です


下の花は歩いていたらまず気づかないほど小さな花、「イヌゴマ(犬胡麻)」かと思ったら葉っぱの形が違っている、大きさは2ミリぐらいです、多分「イヌハッカ(犬薄荷)」に似ております、調べていて知ったのですが似た花が一杯ありました


b0057679_09284215.jpg



by push-pull | 2018-04-23 09:30 | 写真 | Comments(0)

久し振りのお初天神

b0057679_09250421.jpg

b0057679_09251241.jpg

縁結び?

今朝も大阪市内はめっちゃええ天気です、日中はTシャツでも良いみたい


梅田をブラブラしたときに久しぶりにお初天神の境内に入った、昔この境内の横っちょに合った「焼売太郎」というお店に何度か入ったことがあるがまもなく表通りに移転、小さなカウンターだけのおでんの美味しい「常夜燈」というお店も時々覗いていた、結構文化人?の溜まり場だったような・・・、このお店も暫くすると近くのビルの中に移転、こちらは移転してからも行ったことが風情がまるで違い普通のおでん屋になってしまった、こんな話を書いたのは、この神社完全に歓楽街の中に溶け込んでおります、このあたりはミナミの法善寺と同じかな(笑)


久しぶりのお初天神は金回りが良くなったのか知らないが小綺麗になり、鳥居もリフレッシュされてカラフルになっております、調べたら、お初天神こと「露天神社(つゆのてんじんしゃ)」は結構古く大阪湾に浮かぶ孤島の曽根崎州に700年頃に建てられたとか、飛鳥時代になるのでにわか信じがたいけれど


有名なのは近松の浄瑠璃「曽根崎心中」でお初と徳兵衛のこの場所での心中話、お初天神はそこから


2枚目に絵馬の写真をアップしたが、左の怖い顔の絵が非常に気になっております、この絵馬は美人祈願なのですが・・・、ここは心中場所なのに縁結びで有名なのです


下の写真は電動のおみくじの中に合った境内にミニチュア模型、なかなかよく出来ているので最終、獅子舞が舞いながらおみくじを引いてくれるようです


b0057679_09252017.jpg




by push-pull | 2018-04-22 09:30 | 写真 | Comments(0)

銀杏の花

b0057679_10163819.jpg

b0057679_10164606.jpg

雄雌ばなし

毎朝訪れる公園は,今銀杏の花で道が変身している、ついこないだ銀杏の葉の芽が出たと思ったら今度は一斉に花が咲き、花も一斉に落ちた、しかしこれが考えれば銀杏になるんやなあ~


調べて初めて知ったのだが道一杯の落ちているのは雄花でした、雌花の方は緑色の柄に2個の胚珠付けるそうです


今朝はその雌花を撮影すべくα6000にマクロレンズを装着しお散歩に出かけたのだが、雄花は一杯合ったのですが雌花を見つけられず、その代わりと言っては何だが天気が良くなったせいかお友達のわんこに一杯合えました


ウメ(パグ)、ロン(ダックス)リッチとホップ(チワワ)、太郎(ミニピン)、チェリー(ダックス)、シロ(柴)・・・


下にネットから略奪した銀杏の雌花をアップします、どう見ても花に見えない


b0057679_10165394.jpg




by push-pull | 2018-04-21 10:17 | ご託&うんちく | Comments(0)

前はもっとロン毛だったのですが・・・公園ののららで一番お気に入りの三毛のロン毛、勝手に「チェシャ」と名前を付けております


by PUSH-PULL