<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

駐輪方法

b0057679_09194500.jpg

駅前

なかなか大胆な駐輪である、とんでもないとこで停めている自転車に出会うことがあるがこれもその一つ、昨日もテレビで尼崎の駅付近の自転車盗難の防止の新たな対策として動かすと警報の鳴る錠の取り付け実験をしていたが、盗難と言うより乗り捨てが圧倒的に多いらしい


テレビでは自転車に乗る人のほとんどの人が取られた話をしていたが、私は何十年と乗っているが一度も無い、理由は簡単で自転車の価格が高額のためでお金を払ってでも駐輪場に止めるか、かなり用心して駐輪している、最も安くても大事にしなくてはなりません(笑)


大阪の町ももっと自転車が走り易い町にしてほしい、国道などを走っていると間違いなく車優先、車道を走っているとヒヤヒヤすることが多々ある、大きな交差点で陸橋のあるところは横断歩道が無く、車道を走ると渡れるがそうで無いととんでもない距離の迂回が必要、さらに繁華街の駐輪場が余りにも少なすぎる


路上駐車の自転車が増えるのも無理は無いのかも


[PR]
by push-pull | 2018-01-31 09:25 | うまいもん | Comments(0)

わんこ

b0057679_09213244.jpg

何匹?

扉に貼られた犬シール、余りにも枚数が多いので採集、犬を飼うと市町村に登録する必要があります、そして毎年1回狂犬病の注射をする必要がありその都度こうしたシールをくれる、他にも首輪やリードに付ける金属製の観察もくれるのだがもちろん有料


ちなみに登録が3000円で、注射が2700円で注射済票交付手数料が550円で計4250円毎年必要です、少し前まで犬を飼っていたのですが狂犬病注射の時、保健所でちょっとしたトラブルがあり注射を1回しか打たなかった


その後、動物病院にやっかいになったとき獣医から、日本には現在狂犬病は絶滅しているので注射の必要性は無いと言われた、しかし現状では注射は義務づけられていてペットの美容院やホテルで注射を受けていないと拒否されることもあるらしい


罰金罰則もあるらしいのだが注射をしている犬は4割ほど、おかしなことに実質的には義務では無く任意という完全なザル法みたい、パチンコの換金と同じですね


モニターで写真を拡大したらシールの最初が9年で最後が26年で18枚も貼られている、1匹の犬だとしたらわんこは17年生きたことのなりかなりの長寿です


このシールって各都道府県でデザインが違っていて面白く、サイトで探したら文字以外のシールもありビックリです


b0057679_09214025.jpg


[PR]
by push-pull | 2018-01-30 09:24 | ご託&うんちく | Comments(0)

行列のイベント

b0057679_09284591.jpg

b0057679_09285995.jpg

b0057679_09290905.jpg

ジブリの立体建造物展

昨年始まったときから行くつもりをしていたのだがやっとこさ昨日アベノハルカスへ、話には聞いていたが2階のエレベーター前で列、チケット売り場で列、整理券でまた列、最後に入場するのにまた列と、もちろん入ってからも通路が狭く全部ギュウギュウ、私たちは姪がチケット購入を始め動いてくれたので長時間並ぶこと無く入場することが出来ました、写真は展覧会を見た後で少し客も落ち着いてきていたがグッズ売り場はもう大変、もちろん総合カタログなんかは売り切れ!


宮崎駿を意識したのは1984年の「風の谷のナウシカ」、頭でっかちだったその頃の私にはアニメがこんなに面白いとは衝撃的でした、その前の「カリオストロの城」とはまるで違うアニメ、その直ぐ後にスタジオジブリが設立されたようだ

その後の「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」・・・どの映画も面白く、手塚に続く日本と言うより世界のアニメの巨匠へと


今回の満員の展覧会は、大量のアニメのスケッチやセル画を展示し、平面のアニメの世界を立体で作ると言う逆の発想のイベント、なかなか内容の濃い展覧会で大満足、ジブリ好きにはたまらない展覧会かもしれません


内容は濃かったのだが、やはりスペース広さと導線が問題、ハルカスの美術館が余りにも狭すぎたことと、ハルカスそのもののにフリーのスペースが少なすぎることが混雑の原因、5月にもジブリのイベントがまたあるのだが今度は兵庫県立美術館、はてさて


b0057679_09292278.jpg




[PR]
by push-pull | 2018-01-29 09:37 | イベント | Comments(0)

寒!!!

b0057679_09423170.jpg

b0057679_09424027.jpg

潜水

昨日アップしたわんこを連れて早朝散歩、堂島大橋のところに船が2隻固まっている、水位が高いので橋脚とぶつかったのかと思ったら仕事中


近寄ったらちょうど潜水服を身にまとっている最中、川に入るところまで見届けなかったが考えただけでも冷たい光景である、来月から堂島大橋は橋の修復のため2年間通行止めになるのだが、そのための予備検査?


私は銭湯に行くといつもスチームバスと水風呂を往復するのだが、風呂屋の水風呂は冷たいと言っても19度前後、今朝の川だと多分一桁台の温度だろう、見ているだけで身震いし始めたのでパス


b0057679_09424865.jpg




[PR]
by push-pull | 2018-01-28 09:43 | 写真 | Comments(0)

犬のデイサービス

b0057679_09435974.jpg

b0057679_09440754.jpg

さだちゃん

前に犬を飼っていて毎朝夕公園に散歩に行っていたこともあり今でも犬仲間が一杯、一昨日飼い主さんから突然電話がかかってきて「急に東京へ行かなければならなくなったので、犬の散歩をお願いできないでしょうか?」と、前からなじみの犬なので承諾


昨日の朝は飼い主さんと一緒にお散歩、私がリードを持つのに慣れさせるため、夕方散歩に行ったのだが用を足すまでなんとか歩いてくれたのだが、その後が大変でした


今朝の散歩はいつもの散歩コースを犬と一緒に、少し私に慣れたのか前を歩いてくれました、犬の名前は「さだはる」君、でも大事にされすぎで少し歩くと私におやつの催促で停まってしまう、私はおやつをあげずに引っ張ることになる、少しすると諦めて歩き出すのだが、またまた立ち止まってしまう、何回かに一回は仕方が無いのでおやつをあげる羽目に(笑)


それにしても犬のリードを持つのは時たまあったのだが、ずっと持つのは10数年ぶりかな




[PR]
by push-pull | 2018-01-27 09:45 | 私事 | Comments(0)

不可解なリノベーション

b0057679_09165320.jpg

嫌がらせかな

私の知る限り、大阪市内のベンチで横になれるところは知らない、つまりベンチで横になる人を追放するために全ベンチに仕切りをつけたのでは、大阪市内にいくつベンチがあるか知らないが、間違いなくとんでもない数で仕切り取り付けにとんでもない金額と人と・・・


町内の片隅の公演の古いベンチまで仕切が付けられていたので採集した次第、世の中どんどんと進歩しているはずなのに、ますます住みにくくなってますな


歩道横のフリースペースのフェンスに陸橋下の囲いと、そのつもりで町で探せば気になる造形が一杯あります、本来の町のあるべき姿とかけ離れてゆく、ベンチで横になっている人を見るより、この仕切りの方が醜悪だ


昨日の夕方の報道で、花博が開催された鶴見緑地を取り上げていたが、かってのパビリオンは完全な廃墟、コスプレの若者の撮影スポットになっていることが環境の逆転現象、こんな場所があるのにもかかわらず万博誘致とか、笑ってしまう・・・さらにひどいのがカジノ誘致、これは間違いなくギャンブル依存症増加と、博打と言えばパチンコと同じでその筋の人たちが待ち構えております


b0057679_09170097.jpg



[PR]
by push-pull | 2018-01-26 09:26 | Comments(2)

久しぶりの土佐堀川

b0057679_08521536.jpg

b0057679_08522347.jpg

中之島

今朝顔を洗おうと思ったら洗面台に薄氷が、水道は大丈夫だったので一安心、最も我が家のトイレと洗面台は裏庭にあるのだ


先日久しぶりに土佐堀川の遊歩道を歩いた、冬場はどうしてもショートコースになる、渡った橋は5ツ、堂島川最後の船津橋、土佐堀川最後の端建蔵橋(泥の川で有名)、木津川最初の昭和橋、土佐堀川一つ上流の湊橋、最後が堂島大橋


上の写真は半分しか渡らなかった土佐堀橋の上からの中之島、真ん中のツインビルが新しくなった朝日なのだが、ビルが出来てからフェスティバルホールも一度も行ったことが無いな~、今のホールは知らないがフェスは日本でも一番のホールでした


前のフェスの入る新朝日ビルは、私がデザイン事務所勤務時代に毎日のように来ていた、上階に大手の広告代理店が入っていたからなのだが、おかげでこのあたりの地図に関しては無茶詳しい、事務所も直ぐ近くにあったので徒歩で参上


地下にあったSABホールもイベントで舞台に上がったこともある、SABは試写会をよくやっていたのでなじみ深い


下の写真は湊橋北詰の土佐堀遊歩道ののららちゃん、前に見たときは赤ちゃんだったが少し大きくなっています、人にも少し慣れたのか逃げずに写真に収まりました


b0057679_08523265.jpg



[PR]
by push-pull | 2018-01-25 08:57 | 写真 | Comments(0)

フクロウ猫

b0057679_09131500.jpg

まいまい

ラインにアップしたら好評だったのでブログにも・・・、寒くなると猫との距離が近くなる、仕事をしていると私の膝に乗ってくるのだが、体を動かして落ちそうになるとズボンに爪を立てる、おかげで私の太ももは赤い斑点だらけ、結構痛いのです


写真のマイマイが乗ってくると重いので大変、雄の模作だと軽いので大丈夫です、椅子のクッションの上に乗らず肘掛けに座って澄ましているのが面白く採集、狭い肘掛けに足をそろえているのがかわゆい、神戸の動物王国で見たフクロウにほんの少し似ております



[PR]
by push-pull | 2018-01-24 09:14 | 写真 | Comments(0)
b0057679_10071619.jpg

b0057679_10072714.jpg

新しいのか古いのか・・・

天気予報大外れで散歩中に小雨、途中で雨宿りする有様、今日は通勤通学の人たちもほとんど傘を差していなく天気予報って時々間違いますな


日曜日、友達の造形作家から送られてきた美術展の招待券があったので、中之島の国立国際美術館までチャリでお出かけ、オープンの日だったですが結構入場客が多く見た感じ美術関係の学生が多いみたい


昔は国立国際は万博公園の民博の直ぐ近くにあったのですが、調べたら2004年に中之島に移転し建物もユニークで面白い、美術館ほど自由奔放に設計できる建造物はないのでは無かろうか、間違いなく建築家冥利につきるはず


開館40周年とかの企画展、収蔵作品と今回のための作品が展示されている、長い間現代美術を横っちょから見てきたが、今回の作品は初めての物が多い、また作品も今までの物としての造形より、タイトルに書かれていた「まだ見ぬ地を踏むために」のためか、時間を意識した物が多いような気がする、さらにそこに美術館としては収蔵が難しいインスタレーションや映像類・・・


会場で久しぶりの美術館のよく知る学芸員の女性に遭遇、彼女から午後に私に招待券を送ってくれた作家の講演があることを教えられ,また美術館へ行くことに、チャリで行ける距離なので出来ることかもしれません


b0057679_10081165.jpg

b0057679_10082301.jpg


映像作品で大きな穴からピョコピョコと飛び出す女性の作品があり非常に面白かったのだが、その作家の笹本さんがNYから来て講演に出席、作品も面白かったが話も活発で楽しかったのが非常に印象的でした、講演前に彼女のパフォーマンスもあったらしいのだが見逃したのが残念


ポスターやチラシの石に息を吹きかける作品は、馬鹿でかい部屋の中央の天井からちょうど顔の位置に小さな石が吊り下げられているだけの作品、たまたま覗いたとき3人の人か代わる代わるに息を吹きかけ石を揺らしていたのだが、石だけを見たらこれがアートって思ってしまうのでは無かろうか、説明を聞くとある程度理解できるのが視覚美術の世界とはほど遠い


もう一人の関本氏の作品もそうで、こちらは作品の説明を聞いても「?」と思ってしまう、「あの」という言葉で、それぞれが想像する物の存在を喚起しようとする作品があるのだが、私は聞いた瞬間、私を含め年配に人の会話における「ほら」「あれ」「あの」・・・を思い出したぐらい(笑)


昨年聞きに来た美術評論の峯村氏の講演でも語っていたが、こうした「物の作品」やインスタレーションはどこまで現代美術なのかという疑問を考えてしまいます、やっぱり出会った瞬間、あるいは聞いた瞬間、そこにときめきや楽しさを感じなければやっぱり面白くない、これからの現代美術を考えるには良い展覧かもしれないが甚だ難しい気がする


大きなお世話かもしれないが展示方法には少々問題がある、作品のところに作家の名前が無い、気になると作家の名前を知りたい物だが、調べようとすると印刷物を読まなければならない、さらにその印刷物のどこに書かれているのがこれまた一苦労なので、途中で名前を知るのを諦めてぐらいです


下の作品は、たまたま写真OKだったので撮影した作品、ユニークなフォルムでターンテーブルで作品がゆっくりと回っております、大半の作品は撮影禁止で、これも「なんで?」と思ってしまったのだ、現代美術が閉鎖的だとこれは大きな問題です

b0057679_10083671.jpg





[PR]
by push-pull | 2018-01-23 10:13 | アート・デザイン | Comments(0)

早朝の商店街

b0057679_09152926.jpg

野田

私の住む福島区には昔から新橋筋商店街と言うのがある,写真は昨日の朝の7時40頃、さすがに道行く人もほとんど無く、400mほどの商店街で開いていたのは喫茶店3軒となぜか酒屋さん1軒、写真がその酒屋さんです


確か私の記憶ではこの商店街は古く、千林・天神橋と同じぐらいで心斎橋より古いとか・・・、規模から言うとここは足下にも及ばずガサネタ違いない、しかし私のガキの頃はこのあたりに邦画の映画館が大映・東宝・松竹・日活・東映・新東宝に洋画が1軒と全部ありましたな、他にも一条さゆりが逮捕されて有名になったストリップ劇場も、駅前には大手の銀行もほとんどあったがこれは中央市場関係では無かろうか


b0057679_09153867.jpg


こちらの細い路地の写真は、少し前までよく覗いていた地獄谷で、面白いショットバーなどがたくさんある、路地が極端に細く最初行ったときは誰でも驚きます、昨年あたりからテレビでよく取り上げられたためかどの店も結構繁盛しているそうですが、早朝の写真ではこの路地の向こうが怪しげな飲み屋街とは思わないやろね



[PR]
by push-pull | 2018-01-22 09:18 | 写真 | Comments(0)

我が家の暗中軒摸作(サブちゃん)、逆光で輝いております


by PUSH-PULL