<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

箱庭

b0057679_9235589.jpg

美女桜
思いっきり二日酔いでございます、夕方突然呼び出され空堀の居酒屋で飲み会、ビールにワインに暑中に、次のお店で美人の女性と同席、先の店のオーナーも合流しテンションアップ
この場所は1度ブログアップしたことがある、その時はセメントで植木鉢を自作していたからだったが今日のはちゃんとした鉢である

先日の早朝散歩でおっちゃんが苔の手入れをしているのを見たことがあるのだが、鼻毛切りぐらいの小さなハサミを使っていてビックリしたのだが、たぶんその時の完成品だろう、苔と飛び石と花、ちょっとした芸術品だが、調べたら花の名前はバーベナと呼ばれる「美女桜」、1センチぐらいの小さな花です

昔に盆栽の格好した芸人がいたはずのだ名前が思い出せいないのだ・・・、先日もテレビで高額な盆栽を紹介していたが、金額がなんと1億円、いくら年数がかかったが知らないが、植木ごときに何百万もの金額が付けられるのが理解できません(笑)

マクロレンズが大好きで、ミニマムな宇宙は非常に興味があるのだが、人工的な盆栽はどうも苦手でございます
by push-pull | 2016-05-21 09:25 | 写真 | Comments(0)
b0057679_94826.jpg

どっちも表
二十歳前後の頃だったろうか、高校時代からその兆候があったのだが占いや超常現象や念力などに興味を持っていた頃がある、その手の本を買うとそのための練習とか載っていて面白かった

もう一つが「ピックポケット」というスリの映画で、若者が自宅で猛練習するシーンを今でも覚えている

つまり記憶が良くなり手先が器用になれば言うこと無いので密かに特訓、その頃の私は結構暇だったのです、覚えているだけでもいろいろあります

・トランプ手品の練習、バイシクルのカードをワックスで滑りやすくて色々なシャッフルの練習・・・結果物にならず、他にもまだ普及する前のタロットカードを購入し占いの勉強
・裏返したトランプを1枚ずつめくり赤か黒を当てる、この練習は面白いことにずっとやっていると確率が5割を超えます
・一ヶ月左手で食事、脳の活性化と言われていたのだが良くなった気配はない
・テーブルを何秒間か凝視し、目を閉じてから何が載っていたのか思い出す
・数字を何桁覚えられるかの練習、又その数字を逆に言う
・すれ違う車のナンバーの合計を瞬時に出す
・新聞を逆さにして読む
・町の看板や文字を全部逆に読む
・両手で裏文字と普通の文字を同時に書く
他にもいろいろあったような・・・

今日の看板を見て昔のことを思い出した次第
by push-pull | 2016-05-20 09:10 | ご託&うんちく | Comments(0)

クローバーの花

b0057679_982696.jpg

春うらら
公園のグランドは見事なぐらいクローバーの花が咲いている、昔々に何度か四つ葉を探したこともあるが、一つ見つかるとその近くに何本かあることが多かった

クローバーの花の名前が「シロツメグサ(シロツメグサ)」と知ったのはずっと後のこと、調べて知ったのだ花言葉は「私を思って」「幸運」「約束」「復習」、最後の復習だけ意外だが、これは約束がかなわなかったときのことを言っているらしいのです・・・恐ろしい

名前の由来だが、江戸時代に輸入していたガラスの梱包の詰め物として使われたからとか・・・今ならエアーキャップかスチロールあたりになる、本格的には明治に入ってから牧草として入ってきております

花の色も真っ白な物から、ほんのりピンク色の物までありました

b0057679_983671.jpg

b0057679_984670.jpg

by push-pull | 2016-05-19 09:12 | 写真 | Comments(0)

芋の花

b0057679_96794.jpg

久しぶり
庭に咲く花の雨上がりの水滴が面白く撮影したのだが、妙にできあがっていてちょっと苦手である、このあたりは写真雑誌のグラビア写真にも通じるところがあり、美しく予定調和的な作品ほど面白さに欠けるような気がする、もちろんその美しさを突き抜けるほど技術があれば別なのだが、そんな写真は恐れ多い

美術の世界でも名作という完成された作品より、不条理で非現実的な現代美術に心が動かされるのも同じかもしれない、上手いより面白いのが良いのです

何年か前に貰った鉢を庭に定植したのだが、ほったらかしでも何年かに一度こうして花が咲いてくれる、この手の花はたいがい芋の仲間で今日の写真はオランダカイウ(阿蘭陀海芋)、普通はカラーと呼ばれていて花言葉はなんと「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」だそうです

下の花はGWに久利須村へ行ったとき撮影した物ですが、まむし草かウラシマソウ(浦島草)か見分けるのが難しいのです

b0057679_9619100.jpg

by push-pull | 2016-05-18 09:08 | 写真 | Comments(0)
b0057679_858541.jpg

橋の名前
久しぶりの橋話でございます、毎朝の散歩は堂島川沿いを歩くことが多いのだが、昨日は土佐堀川の遊歩道まで足を伸ばした、上の写真が土佐堀川で見えている橋が土佐堀橋、向こうの方に肥後橋あたりのビルが見える

ずっと前にも一度書いた記憶があるのだが、何故に川の名前の橋がこんな川下にあるのかと、橋の架かっている道は「あみだ池筋」で直ぐ北側の堂島川に架かる橋が「堂島大橋」で、ここも川の名前が付いております

このあたりの地名は、地方の大名の藩が置かれた場所だったため土佐や肥後などと残っております、土佐堀橋や堂島大橋の名前はもっと真ん中の堺筋や御堂筋にあたりに付けられていても良さそうなのにね

不思議なので分厚い「大阪の橋」で調べたら、堂島大橋は明治の始めと新しく、土佐堀橋はさらに新しく大正10年

橋の名前の豆知識ですが、橋の名前は親橋に書かれているのですが、左の親柱には仮名で右の親柱が漢字で書かれています、しかし新しい橋では時々無視したのもあるようで・・・

b0057679_85818100.jpg

b0057679_8585050.jpg

by push-pull | 2016-05-17 09:08 | ご託&うんちく | Comments(0)

「路地裏遊歩の15」

b0057679_95168.jpg

b0057679_951265.jpg

繁華街
先週土曜にミナミを徘徊したとき撮影、場所は宗右衛門町あたり、もう何年もと言うか10年以上このあたりで飲むことはなくなりました、ウロウロしても知らないお店が一杯増えております

いつもの癖で歩いたことのない路地を見つけるとついふらふらと入ってしまう、昔と違ってミナミも北も新世界でも路地裏を歩く時、以前ほど緊張感を感じなくなりました

何年か前まで繁華街の路地裏は危険な香りがプンプンしておりましたな、逆にそんなところを歩くのが楽しかったのかも・・・路地の向こうの方に肉感的な女性のおいどが!

私の住む福島区界隈とは店の数が圧倒的に違います
by push-pull | 2016-05-16 09:07 | 写真 | Comments(0)

百花総覧?の戎橋

b0057679_946818.jpg

お上りさん
百科総覧って文字を書いたが、調べたらこんな単語ありませんでしたのであしからず・・・、友達からの指摘で気づいたのですが、正しい四文字熟語は「百花繚乱」でございました、しかし写真をよく見てもあまり美しい花が見あたりませんな

久しぶりの戎橋は土曜の夕方とあって相変わらずの人手、立ち止まってる人やグリコポーズの撮影の人のほとんどが日本語を話しておりません、こんなに外国語が多いとこちらがお上りさんに思えてくるのが面白い

ここは毎度のことながら月に1度の定点撮影場所、カメラの例会の後居酒屋で飲んでからいつも道頓堀あたりを徘徊しております

戎橋から道頓堀の客引きは禁止され取り締まりでいなくなったと思ったら、いつの間にか超ミニの女性があちらこちらに、目線が他の人と違うので直ぐに目に付きますな
それにしても下の写真の女性の細いこと・・・、もっとも私のようなおっさんには目線が止まらないのが悔しい(笑)

b0057679_946203.jpg

by push-pull | 2016-05-15 09:48 | 写真 | Comments(2)
b0057679_847933.jpg

冷や奴
昔は大きな水槽に沈む豆腐を、大きな豆腐専用の包丁で切って貰い、量り売りで買っていた記憶がある、確か手鍋を下げて買いに行っていたような・・・

京都九条山に長い間住んでいたのだが、夏場だけ山の中までチリンチリンと音を鳴らしながら豆腐を売りに来る行商があった、この豆腐が抜群に美味しく特にゆず入りの豆腐が秀逸でしたな

京都と言えば豆腐のお店は沢山あるが、記憶に残るのは南禅寺の湯豆腐、その頃は大阪人の私には豆腐だけを食べると言うのが理解できなかったのだが、彫刻科のコンパで時々行ったのだがこれ思ったより旨かった、〆の茶飯も旨かったなあ~

後は金閣寺近くの豆腐料理のお店の辛子豆腐!、野球ボールぐらいの大きさで、箸で切ると層になって辛子が入っていたのだがこれも旨かった、このときの記憶がそうさせるのか、今でも冷や奴を食べるとき辛子で食べる方がワサビより多いですな
by push-pull | 2016-05-14 08:50 | 写真 | Comments(0)
b0057679_911431.jpg

入水
写真は傾きとトリミング以外あまりいじらないようにしているのだが、今日のはかなりイフェクトしております

いつもより早くの散歩で、堂島大橋を渡る人の影が面白く遊んでみました、自殺にもいろいろあるが最近は入水というのをあまり聞きませんな、多いのが人様に大迷惑をかける線路の飛び込み

遠くではジハードと呼ばれる爆弾、見渡せばガスにロープに道具は家の中に一杯ありますな

死亡という意味で最近のテレビドラマの刑事物でシラケさすのが階段でのもみ合いによる落下、そう簡単に階段を落ちても死なないのだが、必ず押した拍子に石に頭をぶつけるのが定番、見るたびにまたかと思うぐらい多い

町中の撮影はほとんど無く、多いのが寅さんと同じ川原の散歩、そして通常そう簡単に出られないはずのビルの屋上、まさに経費節約ですが撮影所の多い京都物も多いですな

b0057679_9115497.jpg

by push-pull | 2016-05-13 09:17 | ご託&うんちく | Comments(0)

貝殻探し

b0057679_8483390.jpg

新湊海岸
早く寝たら1時間半も早く起きてしまった、昨日あたりから我が家では蚊の襲来で速くも被害、ムヒよりよく効く石けん手洗い

先日の富山行きで一度釣りに出かけたのだが釣果はさっぱり、子供達相手に年甲斐もなく貝探し(笑)、いつもそうだがキノコでも化石でも石ころでも探し出すと直ぐにはまってしまうのです

意外と富山の海岸は2枚貝が少なく上の写真のように巻き貝が結構混ざっております、大きい物は多分牡蠣類だと思われます、後ろの立山連峰のおかげか砂は美しく色々な種類の石が混ざっております、貝は砂に長時間磨かれたおかげか、手触りはよくどれもつるつるでかなりすり減っております
by push-pull | 2016-05-12 08:53 | 写真 | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL