<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

年末の都会は賑やか

b0057679_884686.jpg

b0057679_885757.jpg

b0057679_89917.jpg
スターウォーズの続き
昨日の快晴と打って変わり今日は久しぶりに朝から雨・・・よって恒例の散歩中止、今日の写真は昨日和歌山大学前のイオンに行ったとき写したもの、最近の大型スーパーではシネコンが入った施設が沢山出来た

シネコンだと同時に流行りもんの映画を2Dに3Dと同時に上映することが出来る、今は「妖怪ウォッチ」と「スターウォーズ」が二分しているらしい、甥が昨日高岡で「スターウォーズ」を見たのだが、さすが富山ではコスプレはいなかったとか、私たちはコスプレと遭遇したおかげで映画を見る前からテンションが上がったのだが、私の映画人生では初めてである

土曜日曜と出掛けたのだがどこもかしこも人だらけ、土曜の映画を見る前に梅田大丸にあるハンズに画材を買いに出掛けたのだが、お目当ての商品を見つけレジに行ったが凄い人、買おうとしたグラフィックテープを棚に戻し退却したぐらい

他にもおもちゃ売り場の凄かったこと、イオンのトイザらスではレジに50人近く並んでいて買う気が失せる、昨日の朝のナンバ高島屋では特定商品のため開店前から凄い人(下の写真)、列を整理していた店員さんの話では最後尾の人は2時間待ちとか!2時間も並んで買う人の気持ちが理解できません

今週の金曜日にはテレビで「スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」が見られる、こちらはその前の「ジェダイの帰還から」16年ぶりだったとか、好きな女優ナタリー・ポートマンを見られるのが楽しみです
b0057679_892046.jpg

by push-pull | 2015-12-21 08:16 | イベント | Comments(0)
b0057679_8523766.jpg

b0057679_915414.jpg

b0057679_8541830.jpg
なんと38年目
リアルタイムでスターウォーズを見てきたが、金曜のテレビで再放送された1作目はなんと1977年と言うから凄い、今回は10年ぶりの復活で今や話題満載、映画館に着いたらビックリ、初日のニュースで見たのと同じで超マニアックなコスプレがロビーに一杯であっちこっちで皆さん記念撮影しております

姪が予約してくれていたおかげで前から5列目のど真ん中で映画を満喫、一作目の時の驚愕は無いがでもやっぱりこの映画は面白い、2時間以上のアクション満載の映画です、全編の8割ぐらいが大音響のど迫力戦闘シーン

ストーリーはキャラクターは変わったが1作目とよく似ております、嬉しかったのは1作目のレイア姫と違って主役のレイを演じる女優デイジー・リドリーさんが可愛かったこと、設定ではジュダイの復讐から30年後と言うことでハン・ソロもレイア姫もめちゃ年を取っております

b0057679_858947.jpg
最初のロボットR2-D2も面白かったが、本作から出てくる球体のロボットBB-8もなかなかコミカルで可愛いのです、スターウォーズ好きの方是非見られたし、大画面の戦闘シーンはやっぱり面白いのです

下の切符がないと買えないパンフですが、帰ってから見て気づいたのはストーリーが事細かに書かれていたこと、普通粗筋は書くがここまで詳しく書いたパンフレットを見たのは初めてかも知れません、パンフを見てから映画を見ては絶対駄目ですな
b0057679_8582395.jpg

by push-pull | 2015-12-20 09:05 | イベント | Comments(0)

「道」を見てきました

b0057679_919537.jpg

b0057679_920446.jpg
最後の浅野潜さんと映画を楽しむ会
月に一度のシネ・ヌーヴォの映画会に行きだしてから何年たつのかとブログを調べたら、最初が2007/11で伊藤大輔監督の「御誂次郎吉格子」で大河内伝次郎主演の60分の無声映画だった、そしてジャン・ギャバンの「望郷」、「大人は判ってくれない」と続く、8年も前からで計算したら盆休みとか行けなったとかを引くと80本ほど見たことになる、シネ・ヌーヴォは1997年に九条で開館し、その次の年からこの映画評論家の浅野潜さんと映画を楽しむ会が始まっておりました

前のブログを読み返してみたのだが見たはずの映画の内容がなかなか思い出せない(笑)、何時も映画の後はそば屋での映画談義が楽しく参加しておりました、浅野潜さんがご高齢と言うこともあり今回が最終回、で潜さんが選ぶ洋画のベストテンの1位のフェデリコ・フェリーニ「道」を鑑賞

ちなみに2位がゴダールの「映画史」、3位がヴィスコンティ「ベニスに死す」、日本映画の方は1位がやっぱり小津安二郎「東京物語」、伊藤大輔「忠治旅日記」、黒澤明「七人の侍」と続く

「道」は1954年のイタリア映画で監督はご存じフェデリコ・フェリーニ、アンソニー・クイーンとジュリエッタ・マシーナの演技がすばらしい、さすが名画は何年たってもやっぱり凄い、「道」はニニ・ロッソの名曲とともに「ジェルソミーナ」の方が知られているかも

スクリーンに見るジュリエッタ・マシーナの年が皆目見当が付かない、ちょっと変わった知的障害の女の子ジェルソミーナを演じているのだが・・・調べたらこの映画に出演したときはもう33歳になっていたとは信じられない

面長と濃い眉毛が特徴のアンソニークイーンはこの頃はもうスターだったようだ、暴力的な大道芸人役がピッタリ、最後にジェルソミーナは捨てられてしまい・・・ジェルソミーナのメロディーと共に彼女の終末を知るザンバノーの海辺のラストシーンは余りにも印象的で切ないのです

どうして撮ったのかと思うぐらい照明がすばらしく、どのカットも非常に美しく印象的でした
※映画のモノクロ写真はネットよりは拝借
b0057679_9201923.jpg

by push-pull | 2015-12-19 09:39 | イベント | Comments(0)

ツタの紅葉

b0057679_9432293.jpg
冬模様
昨日から急に冬らしい気温になった、お出かけなので冬服を洋服ダンスから取り出そうとしたらレザージャケットが霜降り状態に、出して手入れをしたのだがレザーの横に掛けていた服が全部かび臭い、カビ除けだの脱臭剤など全然使っていなかったからかなあ〜

銀杏や桜の葉は見事な色に変身しておりますが、堂島川の遊歩道で見つけたツタも綺麗な色になっておりました

私の玄関前のツタは全部緑色で名前は「ヘデラ」、で紅葉していたのは蔦(つた)そのもので別名ナツヅタとも言うらしい、古い茎の葉は10センチにもなるらしいがこれは非常に小さかった、当たり前のようだがツタの名は「つたう」から来ているとか

昨日の新聞で面白い記事を見つけた、漢字一文字は不安の「安」になったが、住友生命の創作四文字熟語の優秀賞に選ばれたのが「波乱番号」、他にも「責任十代」「邸空飛行」「蹴姿一貫」「柱途半端」「占客爆買」とどれもエスプリが効いていて面白い、元ネタを考えるだけでも楽しいものですが、審査が俵万智さんとあって納得いたしました

優秀賞のマイナンバーですが、正式名称が「社会保障・税番号制度」だと言うことを知ってましたか?マスコミもそうだがカタカナで言うことによって本質から目をそらしているように見える、私に言わすとこんな迷惑な制度はありません
by push-pull | 2015-12-18 09:50 | 写真 | Comments(0)

十二月のモスキート

b0057679_983549.jpg
天候不順かしら
12月になっても20度を超したり、気温の上下が非常に激しい、我が家のトイレと居間に蚊の姿がチラホラ、たまたま目の前のタッパーに蚊が入ってきたのでマクロレンズで撮影、12月にこんな写真を撮れたの初めてである

とは言え夏場でも昔に比べると蚊の数が圧倒的に減っております、産卵のための水たまりが減ったためと思われる、昔は防火用水に信じられないぐらい数のボウフラが泳いでおりましたなあ、油膜を張るとボウフラは全部死ぬのですが、防火用水に油膜はやはり問題ですかな

ビックリしたのは徹子の部屋に裕也さんが出ていたこと、京都時代にロックイベントを手伝っていた関係で、その頃は私の住むアトリエで麻雀したりと会っていたので非常に懐かしい、裕也さんを見て思い出したのは「水のないプール」に続く崔洋一と組んだ「十階モスキート」、どちらの映画も非常に面白かったのだ、と言うことでタイトルが「十二月のモスキート」に

ここんとこ映画を見る本数が減ったので断定は出来ないのですが、最近娯楽と純愛物が多くこの手の少し考えさせる問題作が減ったような気がしているのですがどうなんだろう
by push-pull | 2015-12-17 09:24 | 写真 | Comments(0)

鍋焼きうどん

b0057679_8433298.jpg
冬の味覚でんな
昨夜時々見ていた「サイレーン」という刑事物のドラマが終わった、見ていた理由は話題のモデル菜々緒の悪女ぶりが面白かったからなのだが最終回がひどかった

主役の松阪桃李と木村文乃の二人が線が細すぎて刑事に不向きなのはさておき、伏線に整形と言うネタがあり悪い予感はしていたのだがラストでは整形を通り越し完全に別人、カットカットで入れ替わる二役というおまけ付き!ここまで行くとサスペンスがSFになっております

そう言えば成宮君が出ていた相棒の最終回も刑事が犯人というオチは最悪だったなあ、月曜に香川照之主演のMOZUのスピンオフの2時間ドラマがあったのだが、こちらは回想シーンが余りにも多すぎ見るのを断念したぐらい、これらの質の低下はますますテレビ離れにを加速しております

さて、先日石焼きビビンバの話を書いたが今日は味噌煮込み、どちらもこの季節にぴったりの食べ物です、ビビンバはスーパーで買った物だが、こちらは友人からの頂き物、八丁味噌と書かれていたので裏を見たらやっぱり愛知県産で、メーカーは初めて見る名城食品でした

一時きしめんに走ったことがあったのだが、食べて直ぐに普段口にしない八丁味噌の味を思い出しました、見た目濃く見えるが食べると意外とあっさりしていて非常に香ばしい、レトルト食費のレベルをはるかに超えております、生うどんだけあって煮るのに六分かかりますが急がないので何の問題も無し

今回も一人用の土鍋を使って調理しましたが、やっぱり味噌煮込みうどんは土鍋でございます、食べ終わるまでずっと暖かいのが非常によろしい、具材は家にあった鶏と白菜とネギと薄揚げと玉子、食べ終わってから気づいたのですが竹輪を入れるのを忘れていた、頂き物ですが非常に贅沢な昼食と相成りました
by push-pull | 2015-12-16 09:04 | Comments(0)

飲酒事故

b0057679_8504964.jpg
あ~あ、やっちまった
昨日酔っぱらって体中のあちこちが痛い話を書きましたが、三日たった今朝もまだ痛みが残っております、カメラもえらいことになっておりました、カメラバッグごと路上に落としたのだが、その時一番上に入れていたデジカメが飛び出した、昨日カメラチェックと調べたらレンズキャップが食い込んで外れない

その時中でカシャカシャと音がしていることに気づいた、レンズが割れたかと思いウオーターポンププライヤーを使い何とかキャップを外したら、ゲッ!UVフィルターが粉々に、レンズの方は大丈夫で一安心で撮影の方は問題なし、後はカメラボディーの一部に傷があったので金槌で修理・・・私が毎日使っているネゴ君は満身創痍であります

お次はニッパーとペンチを使い少しずつフィルターの金属リングを切り刻み無事撤去完了、酔っぱらってカメラを壊したのは初めてかも知れない、どっちかと言うとカメラの扱いは荒っぽい方なので事故多発しております

そう、カメラは写してなんぼ!なんや
by push-pull | 2015-12-15 09:00 | 写真 | Comments(2)

定点観測

b0057679_926941.jpg
酩酊事故
毎月一回船場の写真会館の一室でカメラの集まりがあるのだが、例会が終わったら居酒屋へ行くのがお定まり、その後はぶらぶらと心斎橋をお散歩、メインの戎橋で何時も写真を撮ることにしているのだがやっぱり凄い人出

この日はカメラの会の忘年会が飲み放題コースだったので少々度が過ぎてしまった、飲み過ぎたときの悪い癖で梯子したくなるのですな、道頓堀をウロウロしていると京都時代の友達から電話、今大阪に来ているので会いたいとか、こちらからもう一度連絡する旨を伝えカメラ仲間と法善寺にある思いっきり古いショットバーで何時ものハイボール

その後夜の九時頃なのに満員の御堂筋線に乗って梅田へ、こんな混んだ電車に乗るのは久しぶりである、阪急のコンコースで友達と合流、彼はフェスの懐かしの「キング・クリムゾン」のライブに来たそうで、ライブを聴いていると九条山での私を思い出し会いたくなったとか、今度は梅田のオシャレなバーでハイボールと大好きなパサードラムを飲んでからご帰還

と思いきや飲み過ぎたせいか足下がおぼつかない・・・ふらふらで躓いてしまいカメラバッグから大事なカメラが!!!、とりあえず何とか家までたどり着き就寝、次の朝目覚めたら体中が痛い、特に左手の甲と右の胸の痛みが強烈、痣らしき物は見あたらなかったが少しだけ赤くなっております、骨折だと間違いなく腫れるので大丈夫だと思われるのだが、二日目の今日もまだ痛い、他にも腕だの足だの痛いところが増えております
b0057679_9261984.jpg

b0057679_9263178.jpg

by push-pull | 2015-12-14 09:38 | 私事 | Comments(2)

初ユニバ

b0057679_8344453.jpg
賑やかです
万博もポートピアも花博もユニバも仕事柄ほんの少し関わってきたのだが、万博以外オープンしてから行ったことがない、万博の場合はお祭り広場のイベントにイルミ満載の透明の車で参加したからである

西九条に住む姪の家に白物家電交換のお手伝いにお出かけしたのだが、仕事は直ぐに終わりお茶でもという話になったのだが近場に気に入った茶店がない、ならば二駅向こうのユニバに行こうという話になり初見参、出来てから来たのははじめである、天候が不順の平日の午前だと言うのに人は一杯

さすが別世界ですな、姪と入り口に散在するお店でお茶をして帰ったのだが、ここまで来て入らずに帰ったの人は貴重ではないだろうか(笑)、丁度今メインストリートに設置する椰子の木の図面を描いている最中だったのだが、タイミング良く現場視察ということになりました
b0057679_8353780.jpg

b0057679_8355526.jpg

b0057679_83684.jpg

by push-pull | 2015-12-13 08:38 | 写真 | Comments(0)

手作りレンズ

b0057679_9153679.jpg
Eマウント
私が参加する大阪のカメラ好きの集まり「大阪手作りカメラの会」、例会が毎月1回船場の大阪写真会館の一室で開かれるのだが、今日そこで発表するために作ったのがこのレンズ、デジカメが普及してからボディに手出しができなり、作ったのはピンホールカメラ位なのだが、ミラーレスカメラが出たおかげでオールドレンズでまた遊べるようになった

レンズからフィルム面までのフランジバックまでの長さが、ミラーレスだと非常に短いので昔のライカやコンタックスのレンズをデジカメにつけて遊べるのです、もちろんそれに合わせたマウントは必要ですが、私の場合もっぱらカメラのボディキャップを利用

今日のレンズは先月の例会で入手したFujiのレンズ、SONYのEマウントのボディキャップより安かったのです、しかしカメラレンズではなさそうで何に使っていたか不明、バラして判ったのですが、ピントを合わすためのレンズ移動が前玉と後ろのレンズがどちらも動くのです、おかげで下の写真を見ても判るように、マクロまでとは行かないが近接から無限遠(インフ)まで良く撮れております

レンズが飛び出しているので、これまた手持ちの口径が近いレンズキャップを加工、上げ底ならぬ下げ底に、皮を薄く削りキャップの内側に張りキャップが落ちないように加工た

面白かったのはレンズの位置によって、フォーカスのボケが前後なら判るが右に行ったり左にと訳が分かりません(笑)、前の円盤はアクセサリー用にプラ板を削ってつけた物、レンズとボディキャップとの接着は丁度マジックインキのキャップがピッタリだったので加工、面白いスタイルになりましたが結構気に入っております

絞りがないのでこのレンズを「KAIHO(快方)」の命名しました
b0057679_9212490.jpg

b0057679_9213745.jpg

b0057679_921493.jpg

by push-pull | 2015-12-12 09:25 | アート・デザイン | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL