<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0057679_8161744.jpg
有用不用
二日続きでうっとうしい天気、我が半珍キャッツと同じ闇が、プロ野球は専門家の予想を裏切ってまるっきり逆の順位になっておりますな、こんどは庶民から寺銭を巻き上げるためにプロ野球でTOTOをやる話が出ておりますが、そんなものはカジノとおなじで碌なことはない

国道26号線、和歌山大学近くで遭遇、走行中の車の中からの撮影で景色が少し流れておりますが、今どきのデジカメはよく撮れます、スクラップやと思われる空き地に新しいそうなの自販機が

場所が場所だけに稼働しているのかどうか、よく見ると立ち入り禁止の虎の子ロープ張られている、ちゅうことはやっぱしスクラップ?、こんな新しい自販機が捨てられているのは初めてである、遠目で確認したが箱には余り見慣れないJTの文字が

しかし写真を拡大してよく見たら自販機の下にはレベル調整のブロックが設置されている、と言うことは動いているのだろう

大人になって阿南十年も生活していると、欲しいものがなくなっている、かろうじて持続しているのが食欲がらみの美味しいものあたり、特に着るものに関してはどんどん無頓着になるのもお出かけが減ったからかしら
by push-pull | 2015-04-20 08:24 | 写真 | Comments(0)

春の贈り物

b0057679_8113922.jpg
山菜
昨日はあれだけ良い天気だったのに今日は朝から小雨、ブログアップも早くなりました

先日玄米の話を書いたら、答えるかのように富山の久利須村から山菜が届いた、取り立ての椎茸に生のピーナッツ・せんな(葉わさび)・コゴミ・赤カブの間引き菜・キャベツ?の間引き菜・・・

直ぐにピーナッツは茹で食べたのだがこれが旨い、千葉当たりでも行かないと大阪ではなかなか生の落花生は手に入りにくい、センナは塩をしてから醤油和え、ワサビの香りがご飯にピッタリ

とここまでは上の写真に入っておりません、写真の右下の大皿に載っているのがコゴミの味噌ヨゴシと間引き菜のマヨネーズ和えとポン酢和え、左上が調理したのに集合写真不参加の焼き椎茸、取れたての椎茸は焼くのが一等賞、とここまでが久利須の贈り物

メインディッシュは豚バラのプルコギのタレ焼き(手作りのタレです)と、最近はまっている大根ステーキ、ほかには冷蔵庫の残り物の生野菜とカブのぬか漬け、豪華な夕食になりましたよ
by push-pull | 2015-04-19 08:14 | うまいもん | Comments(4)
b0057679_8532048.jpg
浅野潜さんと映画を楽しむ会
今村昇平の映画はどれも面白い、にあんちゃん・豚と軍艦・にっぽん昆虫記・赤い殺意・神々の深き欲望・復習は我にあり・楢山節考・黒い雨・・・ずらりと話題作があるがひときわ変なタイトルの「うなぎ」は晩年の作品で1997年、監督は2006年80歳で亡くなっていました

浅野さんの話によりますと、今村監督は大の酒好きで大阪に来る度に連絡があり、なじみのミナミの居酒屋で一緒にお酒を飲んだそうです

奥さんの浮気を見てしまった男が奥さんを殺害、刑務所で飼っていたウナギと一緒に8年の刑期を終え出てきた、極度の人間不信になった男がウナギを飼いながら理髪店を始める、ふとしたことで自殺を図った女性と出会い・・・いたって普通でないストーリーなのだがこれが良くできている

別所の相手役の清水美砂が非常に可愛いのであります、脇も佐藤允に柄本明に常田富士夫に倍賞光子にとそうそうたるメンバーが出ておりますが、刑務所仲間の柄本の演技が強烈です

何故のウナギなのかはよく判らないところが良い、ウナギがストーリー展開のキーポイントになっているのだがそれでもよく判らない、不思議な映画だがちゃんとカンヌで賞を貰っております、この頃から役所広司って良い映画にでておりますな

調べていて初めて知ったのだが、製作発表の時は映画のタイトルは吉村昭原作のタイトル「闇にひらめく」だったのだが、会見の場で今村監督の申し出で「うなぎ」に変更されたとか

千葉の水郷地帯が舞台で、釣りをしたりウナギの仕掛けを入れたりするのだが、無性に釣りがしたくなりました、映画を見た後は何時もみんなで九条商店街にある居酒屋でわいわい騒ぐのですが、ウナギの胆をこの日は注文しました
※写真はネットより拝借
by push-pull | 2015-04-18 08:59 | イベント | Comments(0)

久しぶりの玄米

b0057679_8295157.jpg
贅沢な昼飯
先週京都へ行ったときに戴いた玄米、圧力釜を取り出して玄米を炊きました、何時もは久利須村から戴く玄米なのだが、今日のは京都産?聞き忘れたのだ

これが思いの外旨いのだ、少し柔らかめに炊きあがったのだが癖もなく結構粘りけもあり旨い、独特のぷつぷつ感は一切無し

昼食のおかずは、冷蔵庫にあるおかずを並べてみた、イワシの味醂干しと丸干し、先日作った茄子の辛子漬けに蕪のぬか漬け、大好きな鶏胆とコンニャク、豚バラの肉じゃがにお味噌汁、味醂干し以外全部手作りです

見た目結構贅沢なお昼ご飯となりました、少し前に美味しい玄米の炊き方の話を聞いたのだが、保温機能の炊飯器で炊きそのまま2日ほど置いておくというもの、粘りけが出て美味しくなるというものなのだが余りやってみようという気が起きない、と言うか我が家の炊飯器は親の代からある年代物のガス炊飯器で保温機能はない

先日3年ごとにやってくる大ガスのガスチェックの人は、ガス炊飯器で炊いたご飯は冷凍しても旨いと言っておりました、私は何時も暖かい内に小分けして冷凍、食べるごとにチンしております、「チン」って死語かしら(笑)
by push-pull | 2015-04-17 08:33 | 写真 | Comments(6)

「路地裏遊歩の壱」

b0057679_9511087.jpg
井戸
久しぶりに朝から晴、気持ちの良い散歩から戻ってきました

いつものことだが早朝散歩で見知らぬ路地を見つけると直ぐに入ってしまう、何とも言えない冒険心と安心感がある、キタやミナミの新しい環境は面白いのだがあの無機質の構成美は人間を拒否していると感じることも多々ある、すべからく定規というかCADの性かしらね・・・と言う私も同じアプリで飯代を稼いでいるのだが

この路地の微妙な暖かさは育った環境が関係しているのかしら、逆に言えば中崎町や空堀、私の住む福島当たりの町屋再生は普通すぎて興奮度が微少

路地の写真が一杯有る、このブログでも何度も取り上げたがタイトルとして独立させることにした

京の写真だが、時々見かける井戸の中で圧倒的にこれはでかい、路地の半分以上の占めている、鶴瓶も何もないので今は使われていないと思うのだが、バケツと紐さえあれば組み上げられるのだろうか?

きっとその昔、この廻りにたむろして井戸端会議が行われていたと考えるだけで楽しいのです・・・チラリと覗いているのは飼い猫かしら
b0057679_9512291.jpg

by push-pull | 2015-04-16 09:54 | 写真 | Comments(0)

画素数

b0057679_7475856.jpg
今どきの携帯
友人の奥さんが突然亡くなった・・・心筋梗塞とか、最近電話でしゃべったばかりなのに、私よりずっと若い人が亡くなるのは一寸きつい

結構波瀾万丈に生きた女性で独身の頃から知っていた、一度ショットバーをミナミで経営してた頃があるが、面白いお店で友達と良く飲みに行ったこともある

昨夜お通夜が営まれた、知らない人が多く早々に退散し帰りに途中下車し、これまた友人の割烹で軽くお酒とおつまみを戴いて退散、びっくりしたのが割烹のオーナーの女性が亡くなった女性と一時期交流があったこと、私の知らない話が一杯で有りこれまた驚き

久しぶりに梅田阪急抜けたのだが、柱巻きアンドンにiPhone6の写真がずらり、コピーにこの写真はiPhone6で撮ったものとある。調べたらiPhone6は800万画素、今どきのデジカメの高級種は2000万画素あたり、しかしこのアンドン近寄っても綺麗なのだ、ホンマにこれが800万画素なのだろうか、小さなプリントなら判らぬも無いがこの大きさで・・・

さらに内部照明の明かりがコンパクト、白熱→蛍光灯→LEDと輝度も厚さも発熱も格段に進化し、看板のデザインにゆとりが出来ております

最近はテレビのモニターも4Kだの8Kだの、とんでもない綺麗な画質のものが発売されている、家電で見る限りとても綺麗なのだが価格が美しくない

残念ながら新聞のテレ番を見てもどうしても見たい番組は殆ど無い、結局見るともなく野球中継にお笑いにと、私が見ているのは画質を殆ど要求されない番組ばかりなのです
by push-pull | 2015-04-15 07:59 | Comments(0)

一葉

b0057679_7443047.jpg
抹茶
一葉と聞くと樋口一葉を思い出すのだが、造幣局の通り抜けの今年の花の名が「一葉」というのをニュースで知った、ネットで調べたら八重の桜で薄紅色の優しい桜でした、下にネットより拝借した一葉を

午後の休憩時間には我流で抹茶を点てている、いつもなら和菓子と一緒に戴くのだが、昨日は京都の花見に出かけたときに京の友人から戴いたオレンジピール、毎年貰うのですが年々上達し味もばっちり

で、タイトル繋がりは抹茶、何時も量り売りのお茶を買っているのだがその名前が「一葉」、30gで数百円から云千円まであるのだが私が買うのは真ん中当たりのお茶

写真に写っているお盆は親父の形見、家族がみんなお茶をたしなんでいたので一通り道具が揃っている、もっとも消耗品の茶筅と茶巾は買い換えております

親父が一種の抹茶中毒で一日何杯も点てておりました、お陰で私はガキの頃は何時もお茶を買いに走らさせられていた、その頃はまだ尺貫法だったので買うのは10匁

そのお茶屋が今も存在していて、何十年も経ってから私が抹茶飲みたくなり買いに行ったらお店のご主人が私を知っていてびっくり、一言
「お父さんによう似てはる」
多分中年になってから髭を生やしたからだと思われる
b0057679_7445891.jpg

by push-pull | 2015-04-14 07:48 | うまいもん | Comments(0)

不思議な存在感

b0057679_7434180.jpg
「?」
4月に入ってから良く雨が降り散歩の回数が減った、習慣とは恐ろしいもので歩かない朝の午前中何となく落ち着きません(笑)

写真だが最初見たときゴミかと思ったのだが、近寄って真っ新なことが判明、と言うことは配達途中、しかし配達なら梱包されているはずなのだが・・・次々と疑問がわいてくる光景だった、これは何度もこのブログで登場する「シュールリアリズム」に通じる違和感を感じているのです

家業が縫製業だったので我が家には同じようなボディーがあった、子供の頃は一日中ミシンの音が2階から聞こえ、下にいるとまさに関西汽船の2等船室と言われたのもうなずける

大学で彫刻を学んだが、卒業後マネキン会社に就職したものもいる、京都は以前は大手のマネキン製造会社が殆どあったのではなかろうか、吉忠・ヤマト・七彩・・・そしてマネキン事業はディスプレイから内装へと広がっていく

マネキンって当たり前に使っているが、変な単語だから調べたらフランス語「マヌカン=mannequin」の英語読みから来ているらしい、笑ったのは「マヌカン」だと人が来ないと言うオチもある、他にも服飾関係の従業員のことも意味している
by push-pull | 2015-04-13 07:49 | 写真 | Comments(0)

久しぶりの京

b0057679_951750.jpg
遅ればせながらの花見です
昨日は京都の友人宅で恒例の花見の宴、手土産にと阪神のイカ焼きを買いに、梅田に着くと丁度阪神百貨店の開店直前、扉の前には早くもタイガースファンが、こんな早くから出かけるとは驚きである、阪神は只今改装中でイカ焼き売り場が東の端から西の端の移動しておりました

b0057679_9513344.jpg
久しぶりの阪急電車、珍しく阪急梅田駅のホームで端っこの神戸線の電車が見えるとは非常に珍しいこと、一番の京都線特急ホームから、九番の神戸線まで見通せるとは・・・阪急特急は行きも帰りも超満員でした

京都線の特急は昔は十三を出ると大宮まで停車しなかったのだが、現在は以前の急行と同じで、十三を出ると淡路・茨木・高槻・長岡天神・桂に停車、私にとって降車駅が桂駅だったので何の問題も無し

大学の一時期この阪急で京都へ通学していたのを思い出しました、しかし大学生活の大半は京都で下宿生活でした

寒さが続いたお陰で桜も結構残っていて、何とか花見らしい雰囲気に、お伺いしたのは久世橋近くにある吉祥院天満宮のすぐ横の邸宅、2階の窓から花見が出来るという優雅な環境、持ち寄りのご馳走にビールにワインにシャンペンと満足の1日でした
何故かお土産に絵馬を戴きて帰ってきました

夕方大阪に戻ってきたのだが、梅田あたりの阪神ファンの肩を落とした歩き方が印象的です

今朝の散歩、公園で会った犬仲間曰く「昨日の阪神広島戦の先発は、メッセンジャーと黒田だった」、ここまで聞いただけで大阪のお笑い好きだは必ず笑ってしまう
b0057679_9515287.jpg

b0057679_952691.jpg

by push-pull | 2015-04-12 09:54 | 私事 | Comments(0)

ポッキー&ピーナッツ

b0057679_8445377.jpg
漫画
ポッキーが発売されたのは1966年と言うから古い、最近は百貨店でバトンドールというショップを展開し高級ポッキーを販売したらこれが大当たり、土日になると開店前のナンバ高島屋には何十人という列が出来ております

「ピーナッツ」という名がスヌーピーが出て来る漫画のタイトルだと知っている人は間違いなく漫画好き、世界的の有名な漫画で日本でも子供から大人までファンが多い

最近でこそ殆ど漫画を見なくなったが、ピーナッツのキャラクターの中では、何時も安心毛布を持っているライナスが結構お気に入りだった

キャラクターの名前の確認のため調べて色々詳しくなったのだが、鳥のウッドストックがあの有名な伝説のロックコンサートから付けられたとは知らなんだなあ〜、他にも最初の翻訳がなんと谷川俊太郎だったとは!、現在でもさくらももこさんとか関根真理さんが翻訳しております

今日の写真だがグリコのポッキーがピーナッツ味のポッキーを発売していた、普段余りポッキーを買わないのだが、スーパーのエンドに陳列されていてさっそく購入した次第

版権の問題があると思われるが、パッケージにはチャーリー・ブラウンなどの人物はなく、ビーグルのスヌーピーと黄色い小鳥のウッドストック、初めて知った紫色の小鳥はレイモンドと言うらしい
by push-pull | 2015-04-11 08:50 | うまいもん | Comments(2)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL