<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2願レフだったとは?

b0057679_8572662.jpg
キャパと沢木
私が参加するカメラの会の先月の写真である、毎月会員の皆さんが手作りカメラやコレクションを持ち寄りカメラ談義、先月は2眼レフでした

今でこそあまり見られなくなったがなんと種類の多いこと、最初のカメラはファインダーなどという物はなく、その後のレンジファインダーでもレンズに入る実像と目で見るファインダーの画像が違っていたのだが、2願レフによってある程度解消された

もちろん実像と上からのぞくファインダーとは別々のレンズという、考えれば贅沢な設計な訳でしたが、その後に出た1願レフで一気に廃れてしまった

著名なところではローライフレックスというカメラがあるが、国産でもミノルタを初めヤシカにアサヒにリコーなど一杯あります、この縦にレンズが並んだ2願レフはフィルムもポピュラーな35ミリでは無く120ロールフィルムと呼ばれる60ミリ幅

昔はこちらの方がメジャーだったのですが、今日の話はそんなことではなく、先日NHKの番組で沢木耕太郎の「キャパの十字架」という話を元に作られたドキュメンタリーである

内容は世界的に有名な戦場カメラマンのロバート・キャパの、奇跡の1枚と呼ばれる「崩れ落ちる兵士」の謎、沢木耕太郎はキャパの本をたくさん翻訳しているぐらいキャパ通、それまでの定説とされていた35㎜フィルムのライカで撮影したのではなく、なんと2願レフのローライフレックスで撮影されたというのだ

2眼レフはライカなどと違って、速写に不向きで撮影しにくかったと思うのだが・・・ドキュメンタリーはさらに撮影した位置や現場を再現しながら彼の謎を追い続けるという、カメラ好きには面白い話でした
b0057679_921077.jpg

by push-pull | 2013-02-08 09:06 | ご託&うんちく | Comments(2)
b0057679_9453146.jpg
2月6日は風呂の日
銭湯の扉を開けると良い香りが、匂いのもとは聞き慣れない「じゃばら」、全国区かと思っていたらどうも大阪だけの記念日でありました、冬至ゆずのに続き昨日は柑橘の「じゃばら」、奈良は北山村だけに自生する「じゃばら」なですが理由は「邪」を「払う」からとか

b0057679_9505643.jpg数年前から始まったような記憶があるのだが、ちょっとした贅沢感が味わえます、やはり一番はこどもの日の菖蒲湯、昔は菖蒲が紐で縛られていてそれを抜いて頭に巻いて家まで帰り、家の屋根に投げ上げていた記憶がある、多分賢く大きくなるようにと言う意味ではなかったろうか

背は確かに同世代では高いが、今では高校生の平均身長なみ、頭の方は菖蒲の効果がなかったようだ、じゃばら湯で私の体から「邪」が払われたら、後は少しのカルシュウムと脂肪と水分位しか残らないのではと思うほど邪で一杯

内湯だとこんな一寸した楽しみが体験せずに人生が終わるのですが、先日徹子の部屋だっけに出ていた中村メイコが言っていたのは、「生まれたこの方、人と一緒にお風呂に張ったことがない」、つまり温泉も行ったことがなく家族とも入らなかったというわけだ、もう70代後半ではなかったろうか

笑っていいとものタモリあたりは風呂に浸かるのが嫌いで、「長湯をする人の気持ちがわからない」で可哀相な人であります

どなたがデザインしたのか知らないが、今年のポスターはベースに黒を使うという大胆な配色でオシャレに仕上がっております
by push-pull | 2013-02-07 09:54 | イベント | Comments(0)
b0057679_7595827.jpg
右へならえ!
これも近所の小さな駐車場である、いつの間にかずらっと空き缶が並んでいる、普段自販機の飲料水を買うことがないので名前をよく知らない、CMの知識から考えるとほとんど缶コーヒーではなかろうか、それにしてもなんと種類の多いこと

もちろん駐車場には自販機もゴミ箱もない、車に乗る人が持ち込み飲んでから置いたのか、夜間も電気が付いているので若者がたむろしたか定かではない

更地の記憶とは曖昧な物で、ここに誰が住んでいたのかどんな建物があったのかすぐに思い出せないのだ、少し離れた場所だとさらに強くなり記憶をたどる糸口すらない
by push-pull | 2013-02-06 08:18 | 写真 | Comments(2)
b0057679_992577.jpg
夜の駐車場
夕方から隣町へ食事に出かけた、友達と別れ良い気分で帰宅、もちろん往復とも一駅の距離なので徒歩、家の近くのスーパーの駐車場なのだが車はなし、9時を少し過ぎていたのだが1台もないとはちょっと驚き

最私の住む下町には最近更地が多く小さな駐車場があちこちに出来ている、数台のスペースなので「?」が付くのだが駐車の有無が極端である、もちろん立地と値段が関係していると思うのだが

私と無縁のバブル期の繁華街の駐車場のなんと高かったこと、下手に停めると飲み代並み、そういえば皆さん飲酒運転してましたなあ

車に乗らないので、駐車料金に疎いのだが仕事の時は業者さんがみんな乗ってくるので一番最初が駐車場探しで、お次が近場の材料屋さんと飯屋
by push-pull | 2013-02-05 09:14 | 写真 | Comments(0)

ESE

b0057679_88377.jpg
作られた風習
昨日スーパーを覗いたらお惣菜売り場は人だかり、近寄ってみると巻き寿司が、昨日は2月3日節分と言うことで恵方巻きだそうだ

関西、特に大阪のイベントかと思っていたら朝の関東ローカル番組で恵方巻の特集しているではないか、いつのまにお江戸まで感染してしまったのだろう、調べたらコンビニが商品化して全国区になったとか

一説には大阪の海苔業者仕掛けたと言う話もあるが結構歴史は古そうだ、後で知ったのだが京都二条城のすぐ側に神泉苑がある、境内に恵方社がありその年の恵方が記されていて今年が東南東

ガキの頃からお参りだの節分だの端午の節句だの祝い事をした記憶がない、覚えているのは商売柄クソ忙しい年末の大掃除とお正月のお祝いあたり、大人になって真似事じみたことはやったが信心はゼロ

売り場の人だかりが少しはけるのを待ってネギトロ巻きを購入、夕食に頂きましたがこれが大失敗、ネギトロのトロが柔らかく味もいまいちで最悪、これならば普通の巻き寿司を買えば良かったと大航海?もとい大後悔

今時の巻き寿司はドラえもんだの、カツだの野菜巻きだの代わり巻き寿司ばかりでございます、一言もしゃべらず東南東を向いて一口だけ、途中から食べやすい大きさに切って食べる、太巻きだったのでお腹が一杯になってしまいました
b0057679_885189.jpg

by push-pull | 2013-02-04 08:16 | イベント | Comments(0)

オールドレンズの楽しみ

b0057679_8584786.jpg
ネゴ君+ライカレンズ
昨年からSonyのNEXに古いレンズをつけて楽しんでいるのだが、残念なことにこのカメラでRAW撮影しても私のパソコンが受け付けないのです、ソニーとMacの仲が悪いのか知らないが、Macの新しいOSしか対応してくれないのである

たかがカメラとは言え高解像度で撮影できないのは甚だ残念である、と言うこともありこの写真も通常のjpgのファインモード

この写真は夕焼けでも何でもなくビルの壁の色が面白く朝日による自分の影を撮影、レンズはライカにつけていたズミクロン、フォーカスが合っているのかいないのか判らんとこが面白くブログアップ

微妙な被写体の場合、マニュアル撮影で液晶モニターでピントを合わすのはかなり難しい、液晶をタッチし拡大してピントを合わすのだが、かなりの慣れが必要、しかし今時のデジカメは機能が多すぎて未だに把握しておりません

ついこの間まで露出計のないレンジファインダーカメラで、ああでもないこうでもないと考えながら露出にシャッター速度にピントを合わせ楽しんで撮影していたが、すっかりデジタルの便利さに毒されている自分に驚かされます
by push-pull | 2013-02-03 09:12 | 写真 | Comments(2)

超越のときめき

b0057679_7512855.jpg
いつのまに
朝食後支度をして表に出たらかすかな霧雨、歩けないことはないのだけれど散歩中止、0101のマークの私には無縁の商業施設があるが、その伝で行けば今日の日付は運送屋さんになる

早くに仕事場に座ったらFM大阪はラジオなのに延々とゴルフ上達の話をしている、しゃべり方が朗読のように平板なのでゴルフに興味のない私には苦痛、このあとも某宗教団体の議員の番組がありこの時間帯は最悪、9時からはNHKでFMの中で一番面白いゴンチチの音楽番組があるので救われております

朝の散歩で時々通るご近所の路地、この家を確か2度ほどブログアップしている、そのときは1階も2階も窓までぎっちりとゴミが積み上げられ誰も住んでいないと思うほどだったのだが、微妙に生活感があった

上の写真を見れば何のことかと思うのだが昨日久しぶりに通ったら、なんとゴミが無くなっている!、おまけに真っ新な鍵が取り付けられているではないか、引っ越ししたのかと思ったのだがどうも映っているバイクが前と同じのような気がする、残念ながら前の写真はモノクロなのでバイクの色が照合できないのであります

私の友人宅で今までお邪魔して座るのに物を動かさないと座る場所を確保できなったのが2人いるが、どちらも20代の独身時代でその後は普通になっている

私自身は掃除好きとまでは行かないが、整理できていなかったのは高校時代まででその後は逆に整理整頓が上手になったような気がする、一つには仕事をするとき整理ができていないと物を探すという余分な時間が必要になり、それが続くとストレスを感じるようになったからである

又、人と組んで物作りをするときどちらかがだらしないと作業は遅れ碌な物ができない、仕事も長続きがせず相方に迷惑がかかるのが目に見えて判るからである

きっとこの家の主は、自分の家を占拠した大量のオブジェにときめきを喪失したと思われる、と言うことでときめきとは無関係だが私もこの土日で、調子の悪いレーザープリンターを初め仕事場を中心に整理をすることにしたのだ
by push-pull | 2013-02-02 08:05 | 写真 | Comments(2)

手放せなくなった万歩計

b0057679_8395516.jpg
う〜万歩!
何故か万歩計が3個になってしまった、左の二つは頂き物、ずっと使っていた2のデジタルが動かなくなり初めて自腹で3を購入したのだが、しばらくいじっていたら何故か2がリセット状態に戻ったので改めて時刻・歩幅・体重などを記憶させた

一番左はほぼ壊れる心配のないアナログの万歩計で一周1万歩、問題は手回しで毎朝0歩に合わせなければならない

どれぐらい感度が違うのかと昨日3個とも所持して歩いてみた、昼過ぎのカウントなのだが1のアナログが一番感度が良く約8640歩あたり、このあたりというアバウトさが非常によろしい、お次がズボンの左に入れた買ったばかりの3で8121歩、そして一番少なかったのが2の5924歩とかなりの差が、私の歩き方は右足と左足では違っているのか2697歩も差が出てしまった(笑)

2も3も10歩以上継続して歩かないとカウントしない仕組みで、9歩で止まるとカウントしません、つまり家の中のウロウロは数に入らないというわけだ、もちろん数が多いほど満足感はあるわけでこれからは3を常備するつもり

こうした安い万歩計でも、時計機能はもちろん歩幅と体重さえ記憶させていれば、歩数の他に歩行距離に消費カロリーが判り、前の日の数字も記憶している、高額の製品になると色々な機能がさらに付いているのだが私には不必要、そういえば最近は携帯でも万歩計の機能が付いた物がありますな

一番最初歩幅を90センチに設定したのだがこれが無理、歩けないことはないのだがこれが辛い、改めて85センチに今は設定しております、このあたりは歩道のタイル目地の数で簡単に判りますが、私の場合は家の鍵のキーホルダーがメジャーなのでいつでも何処でも計測できます
by push-pull | 2013-02-01 08:50 | 私事 | Comments(4)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL