カテゴリ:私事( 444 )

剪定

剪定_b0057679_8394738.jpg
仕事の合間には
急に仕事に空きが出来たので埋めるべく狭い庭に育つ木の剪定を始めた、いつもなら十一月に入ってからなのだが先日街路樹の枝打ち風景を見てしまっていたので切った方がいいかと思った次第、剪定用の折りたたみのよく切れるノコがまたまたゆくへ不明、そう言えば最近家の中で色々と捜査願いが出されているのだがなかなか出てこない、一番が眼鏡なのだがこれだけは訳が判らないのだ、老人力強化月間

剪定_b0057679_8401273.jpgまずノコで枝を切り鉈で細い枝を落とす、枝切りばさみなどを使ってゴミ袋に入る大きさにまで細かく刻む、よう考えたら斧の出番はありませんでした、こんなとき道具があると無いとでは大違いで太い木になってくると電動の丸鋸が登場するのだが、今回は出番無し

昨日の夕刊で電子マネー「円天」を売って2000億もの金を集めたL&Gに捜査が入った、金集めのために登場する演歌歌手が凄い、細川たかし、キム・ヨンジャ、長山洋子、中村美律子、 伍代夏子、瀬川瑛子、小柳ルミ子、小林旭、松崎しげる、他にも新日本プロレスに元警視総監など、俗に言う広告塔なのだが名前を見ているとこんな所にまで顔を出さんでも儲かっているのにと思う人ばかり、この人達は今年も紅白に出るのかしらね

この世知辛い世の中で年利36パーセントと言うこんな単純なネズミ講まがいに平均200万も投資するってみんなお金持ちやねえ、それにしても早くからテレビなどで円天の詐欺商法の報道がされていたのに、警察ってここまで被害が大きくならないと捜査をしないのは不思議である、早くに動けばもっと被害が少ないはず

2日夜の日本テレビは巨人ファンに失礼である、優勝が掛かった試合なのに放映しないとは、我が半珍キャッツなんぞ2安打完封負けでも大阪テレビで流していたぞ、巨人に至ってはシーズンでも滅多に見られない9回逆転サヨナラ勝ちというドラマがあったというのに録画放送とは情けない、日本テレビはジャイアンツをもう必要としていないのだろうなあ、余りにも冷たすぎる仕打ちなり

先日ミャンマーの軍政の話を書いたが、今回の反政府運動が大きくなった要因にインターネットがある、デモがあった時もデジカメで写真を写し直ぐにインターネットカフェから隣国の同国人に写真と情報を送っていた、すぐさまそれをHPにアップしそれが世界中に流れた

軍の取り締まりがきついので僧侶同士の呼びかけや連絡もネットが使われた、しかし街のネットカフェはすぐさま閉鎖されたらしい、元々インターネットの構築は軍事政権の肝いりで始められたと聞く、政府はセキュリティーに関しては絶対大丈夫だと読んでいたようだが、ものの見事にその網は破られたおかげで事件が世界中に流された訳だ

ミャンマーという呼称は世界中で使われていると思っていたらそうでもないらしい、1989年に軍事政権がバーム(ビルマ)からミャンマーに変えた、日本政府はいち早くこの軍事政権を認めたが軍事政権を認めない朝日新聞や週間金曜日などは括弧付きで「ビルマ」を使っている、他にも軍事政権を認めない欧米諸国は今もビルマと位置づけているので、国連ではその都度国名で小競り合いがあるとか、これからビルマと呼ぶことにいたしましょう

久利須村の畑に行く途中に咲いていたケイトウ、しかしどう見ても花に見えないのだが茎の変形の花穂とか、ケイトウ=鶏頭で鶏のトサカに見立てているがこれはウモウケイトウです


剪定_b0057679_8412067.jpg

by PUSH-PULL | 2007-10-04 08:54 | 私事 | Trackback | Comments(2)

ラジオ放送

ラジオ放送_b0057679_9414363.jpg
受信機
仕事部屋と2階の寝室兼居間には一応オーディオ装置らしきモノがあり、FMにCDにレコードにカセットテープでくつろげるようになっている、サンスイ・ボーズ・マランツ・JBL・テクニクス・シャープ・フィリップス・オーラトーン・ソニー・ビクター・ヤマハ・シュアー・・・コンボとかで揃えていないのでメーカーはものの見事にバラバラで名前こそ知られているが安物ばかりである

ところが夕食を食べる居間にはラジオがなくテレビだけで、昨夜のように9時前に中継がブツンと切られてしまうとあわててラジオを持ち出してこなければならぬ、野球が終わったのが11時過ぎで2時間以上テレビは映像だけを見ていたことになる

上が15年以上前のSANSUIのCDラジカセで、これを見つけた時は日本にもやっとデザインらしきモノが生まれたと感動したのであるが、余りにもお洒落すぎて使い勝手はもう一つなのが残念なり、下が貰い物のSHARPの一番ポピュラーなラジカセ

最近はさすがにショップに行ってもラジカセの姿が少なくなったがそれでもまだあると言うことはカセットテープが健在と言うことだろう、私はあの丸みを帯びた持ち運びの出来る何でもかんでも有りのラジカセが大嫌いである、安物ほどつまみだらけでプロ用のPAを真似たのか笑ってしまう、ラジオに限って言えばチューニングとボリュームさえあればいいのだ

一度専門のオーディオショップを覗いて貰いたい、格好いい良質のアンプほどつまみが少ない、シンプルにすればそれだけ価格も下がり良いモノが出来るはずなのにこの世界だけはそうでもないらしい

何時も買って失敗して気づくのだがブランドの安いオーディオ装置を買うなら、コンボの良いものを買った方がいい、ブランド品の安いのはまさに空っぽの箱で図体だけがでかく直ぐに壊れる、あの大きさはレコードサイズが基本でオーディオ装置のデザインが生まれ現在のコンボはCDが基本になっているのではないだろうか

ラジオ放送_b0057679_941588.jpgしかし出たばかりのiPodtouchなどを見ていると馬鹿でかくて高額なオーディオがばからしく見えてくる、確かに真空管やレコードや針にはそれなりの音の良さや広がりがあるのは間違いがないのだが・・・
だいぶ前になるがレコードとCDの聴き比べをちゃんとした装置でやったことがある、実際に聴いてみて「柔らかさ」だの「抜け」などという表現しにくい部分を削除すると、デジタルで録音しデジタルで再現したモノの方が圧倒的に音質が良いように思えた
会場に来られていたオーディオメーカーの技術の人も証言していたことなので私一人の発言ではないことを断っておく

左は懐かしの鉱石ラジオの本である、小学校の頃に簡単に巻いたコイルとダイオードをつないだゲルマラジオ、アンテナでは聞こえにくいのでコンセントの片方に差すとかすかに聞こえた生まれて初めて作ったラジオ、その後はヴァリコンにコンデンサーに抵抗にトランジスターに真空管と色々広がっていったのを思い出す

この本を眺めているとシンプルな鉱石ラジオをもう一度作りたくなってくるのだ
by PUSH-PULL | 2007-09-10 09:44 | 私事 | Trackback | Comments(2)

カダラガタガタガ

カダラガタガタガ_b0057679_1365166.jpg
仮死状態
マラソンを見ていたはずだったのに、いつの間にか女子の障害に

大阪に来ているG氏から竹葉亭の鰻をお昼に食べませんかのお誘いを受けたが出かける気力無し

何とかブログを立ち上げました
カダラガタガタガ_b0057679_1373251.jpg

by PUSH-PULL | 2007-08-25 13:11 | 私事 | Trackback | Comments(3)

10日ぶりの帰還!

10日ぶりの帰還!_b0057679_858740.jpg
ほっと一息
うつつの世界に猫の鳴き声が入ってきた、すぐに起きたがまだ外は薄暗く朝の4時過ぎ、ボッとしているとまたかすかに猫の声がする、空耳かとも思ったが取り敢えず起きて下に降りてみると遠くから聞き慣れた「ニャゴニャーゴ」という声がだんだんと近づいてきた、これは間違いなく我が楽学の10日ぶりのご帰還である

裏庭から入ってきた猫を見て驚いた10日ぶりの留守にしては汚れていなかったのだが激やせ、おまけに体力の限界かと思われるほどのヨロヨロとした歩き方である、早速猫の何時も取り替えていたドライフードの上に缶詰を載せたのだが、犬が食べないように作った猫の餌台に上れない

抱き上げて餌の前に立たせるとそれだけでよろけている、左後ろ足にかなりの傷をしているのが原因だろうか?結局3度も餌の追加を要求し、その後は私にべったり

4,5日の留守の話は聞いていたが10日もなると少々あきらめの気分がでてきていた、事故・怪我・迷子・・・新しく付けたノミ取り首輪と首輪のプレートに書いたばかりの電話番号が頼り
しかし1ヶ月以上も経って帰ってきた猫の話も聞いていたので毎日猫の水だけは取り替えていたのが通じたのか、兎にも角にも嬉しいのだ

2階へ服を着替えに上がろうとすると一緒に付いて来ようとするのだが階段が上れない、抱いてつれて上がりまた抱いて降りてくることになった、座るとすぐにべったりとくっつき私の体に盛んに爪を立ててくるのは良いが嬉しいような痛いような

かなり緊張していたのがだんだんと落ちついてくるのが手に取るように判る、私の朝食も終わったので、猫をバスタオルの上にそっと寝かしつけ今度は犬々の散歩に出かけた

40分ほどの公園の散歩を終え家に戻ってきたら案の定悪い予感が的中し楽学の姿はない、何時も彼が寝る場所を何カ所が調べたがやはりお出かけか

人を散々心配させて置いて僅か数時間でまた家を後にした

追伸:家の仕事場の一番奥の薄暗い部屋、アマゾンに出品している大量の本の棚にある段ボールの上でか細い鳴き声を出す楽学を発見いたしました、これで一安心
by PUSH-PULL | 2007-07-20 09:01 | 私事 | Trackback | Comments(7)

7月7日薄曇り

7月7日薄曇り_b0057679_852565.jpg
命日
7月7日は我が最愛の友「五里」の命日である、今年は土曜が7日だったので3回目の偲ぶ会を開催した

京都は東山通りの丸太町北西に聖護院がある、そのすぐ横に蕎麦の河道屋が店を構えていて例年そこで「養老鍋」を食べながら歓談することにしている、静かな座敷で中庭を眺めながら鍋をつつくのも大阪ではなかなか出来ない、特に焼酎のそば湯割りは蕎麦屋ならではの贅沢で美味い 

前日に持っていくアルバムや寄せられたはがきを見ていると忘れていた彼との思い出がどっと出てくるので困った、最後の1年あまりの闘病生活の頃の写真は見ているだけでも辛いものがある

京都で生まれ京都で育った男だが珍しく大阪が大好きだった、通常の京都人は大阪のゴミゴミした所と柄の悪さを敬遠し端から大阪には入ってこず大阪を通り越して神戸まで足を延ばす

昨夜も口の悪い京都に住む男が、「京都人はなんやかんや格好つけるけど、ホンマはお金が好きなだけや」とバッサリと切り捨てる、言われてみるとなるほどと思えなくもない
7月7日薄曇り_b0057679_8534715.jpg

購入したまま一度も走らすことなく旅だった彼が、自慢のバイク「ワルキューレ」で颯爽と天空を駆けめぐっているであろうことは間違いない
by PUSH-PULL | 2007-07-08 09:00 | 私事 | Trackback | Comments(3)
写真を貼付したら動きません、ちゅうことでテキストファイルだけ

今日の深夜から明日に掛けてサーバーのメンテを大がかりにやるようです、さて明日は旨くアップできるでしょうか
by PUSH-PULL | 2007-06-13 08:24 | 私事 | Trackback | Comments(2)

おわび

朝からexciteのサイトが旨く繋がらない、やっと接続できてもブログのアップが出来ません、文章だけにしたのだけれど・・・
by PUSH-PULL | 2007-06-12 13:01 | 私事 | Trackback | Comments(0)

こまっちゃん

こまっちゃん_b0057679_9222985.jpg
快晴
昨日京都御苑に行って来ました、小松辰夫氏追悼の「月酔忌」も21年目を迎えたのだがこうして続けられるのは凄いことである、元劇団座長・パントマイム・演出家・舞台照明・イベントプロデュース・オルガナイザー・・・彼の肩書きは無数にあった

若い人の面倒を見るのが大好きで、東京から京都に巡業に来る連中は殆ど彼を頼っていたと言って過言ではない、西武講堂を中心にして白樺の高瀬泰司や木村英輝らと共に京都文化を仕切っていたのである
御所の広場にシートを敷き真っ昼間から酒盛りである、持ち寄りの泡盛・日本酒・ビールに色々なおつまみで延々と夕方まで宴は続く、どうってことのない話だけれど無性に居心地がいいのだ

「たいちゃん」「こまっちゃん」「きーやん」3人とも私にしたら先輩なのに気安く愛称で呼んでいた、考えたら「ちゃん」だの「やん」だの男同士でおかしいのだけれど何の違和感もなかったのである、私が「ちゃん」呼んだのは「おとうちゃん」「おかあちゃん」ぐらいなのだが、大人になってからは呼んだことはないというか呼ぶ人がいなくなってしまっていた

こまっちゃん_b0057679_9231977.jpg御所の園内は宮内庁管轄だけに特に迎賓館廻りは警備が強く一日中パトカーかゆっくりの廻っている、へたに塀に近づこうモノなら直ぐに警報が鳴る、勿論我々の宴会の場所は園内でも一番外れの公園になっている所、敷地が広いので少々人が遊んでも混雑することはない、町のど真ん中にこんな静かな場所があるとは羨ましい限りで2メーターを超す大木に馬鹿でかいキノコに色々な草や花がいっぱいあるのだ

地図を見ても判るように馬鹿でかく用でもない限り散策するのも大変で外周を歩くだけで4キロもあり1時間近くかかる

帰り今出川通りの同社側で気になる看板を見た、どう見て左折可の標識なのだが下に右折禁止?このままだと左折以外全部駄目なので直進も禁止になる、そしてこの看板の位置が問題でどちらに向けての左折かよく判らないのである、車の免許も所持していないので標識については詳しくないのだが標識などのピクトグラムは見ただけで理解できるように作られているので余り悩むことはない

しかし船舶の標識は色での識別や海図の記号など知識がないと理解不能なモノが多い、そういやあ天気図も「○」と「◎」と「○に縦線」とどれが快晴なのか直ぐに考えてしまう、「○」より「◎」の方ががんばっていそうだから「◎」が快晴に見えるのだが何故か曇りなのだ
by PUSH-PULL | 2007-05-28 09:31 | 私事 | Trackback | Comments(0)

ラジコンヘリコプター

ラジコンヘリコプター_b0057679_8321859.jpg
衝動買い
ひがんでいるように見えるかも知れないが私は小さい頃からラジコンなどと言うものを手にしたことがない、勿論まともなおもちゃも買って貰った記憶も無く工作が得意だったこともあり木を削ってゴム動力の潜水艦を作ったり、安いプロペラ飛行機のキットを買って貰って竹ひごをろうそくで炙り曲げ直ぐに水に浸けて冷やして翼の骨を作ったりした、後は細い木の角材を組み合わせ輪ゴムを飛ばす銃も何丁も作ったが私の自慢は6連発できること

中学になり少しでも小遣いが貯まると自転車(勿論実用車)で30分ほど先の日本橋の電機屋街まで出かけ最初は鉱石ラジオに始まって真空管(ST管やGT管時代)や抵抗やコンデンサーなど少しずつ買い集めラジオやアンプを作っていたが、鉄道模型やラジコンの飛行機や自動車などは眺めるだけで高嶺の花であった、一度天体望遠鏡を制作すべくガラスを自分で磨く所から始めたが夏休みの間に完成出来ず途中で投げ出してしまったこともあのだが、こうして書いてみるとやっぱりひがんどるなあ

ラジコンヘリコプター_b0057679_8324353.jpgそれがであるなんだか判らぬ内にラジコンヘリを手にしてしまったのである、私の仕事場は何時もFMラジオがかかっている、先日番組が無くなってしまったが毎朝聞いていたFMOの川村尚ことデデこと川村龍一の番組が大好きで、大げさに言えばFMで唯一大人の番組だと言って差し支えないぐらいレベルが高かった、勿論若者向きの番組もNHKのクラシック番組もMacのitunesも良く聞いているが彼ほど誰気兼ねなく真っ直ぐな発言をするDJは皆無でもある、後お気に入りは「きよぴー」あたりで一度京都でお願いして写真を撮ったことがある

買った理由は判りやすく、何時も辛口で冷静な川村龍一がラジオショッピングで「ボク買います」と言ったからで、直ぐ後に思わず電話を掛ける私があったのだ
勿論日本直販という名前は知っていたが利用するのも初めてで、ものを買うのに知っているモノならともかく知らないモノを買う感覚が私にはない、もちろん「福袋」を買ったこともない、ラジオショッピングだのテレショッピングなんぞはこれが最初で最後になること間違いない

さてこのラジコンヘリコプターだが少しお値段は張ったが面白い、特徴はプロペラが2段になっていてそれぞれ逆方向に回転するので機体のバランスが取れる、そしてプロペラのエッジに円形のリングが付いているのでぶつかってのペラの損傷が少ない、と言いながらもう一度壊してしまいプロペラだけを取り寄せる羽目になってしまった、何故か折れた羽が私の沢山あるどの接着剤でも付かなかったからである

簡単そうに見えてこれがなかなかの操縦性でまだ自由自在にとは至っていない、公園などの広い所でやればもう少しは簡単なんだろうが、私の買った理由はゆっくりとホバリングしながらテーブルの下をくぐらしたりすることなのである

ヘリ自体は30分充電で約4分飛行、コントローラーの方は単3電池がなんと8本、ボディはスチロール製だが私は迷彩色が嫌いなので重たくならぬようにエマルジョン系の水性塗料で赤かピンク当たりに塗り直そうと思う、ペラも柔軟性のある素材なので少々落っことしても今のところ壊れておりません

最近他にも安いスチロール製のラジコン飛行機なんぞも出ているのですがなぜか非常に気になっておるのでございます
by PUSH-PULL | 2007-05-26 08:42 | 私事 | Trackback(2) | Comments(0)

正しい野球観戦

正しい野球観戦_b0057679_8303059.jpg
中二日
4月18日(水)夕方雨、雨降りなのにさすが京セラドームの試合は無事プレイボール・・・え?、今日の野球観戦は先日の寒さもあったので魔法瓶に熱々の焼酎のお湯割りを入れて持参でもちろんおつまみ付き、本日のカードは巨人ー広島なのだが何年も野球を見なかったのだが中二日で観戦とは、試合が始まったのに前の席は空いたまま

2回は終わった頃に前の席に3塁側なのだが巨人ファンらしき若き女性3名登場、三回の裏の巨人の攻撃になった時に三人揃って退席したのだがなかなか戻ってこない、チェンジになり広島に移った頃にやっと戻って参りました、手には三人とも牛丼に生ビールに串カツ!お見それいたしました

先日の甲子園に比べると何と静かな試合だろう、半珍キャッツファンとしてはどうしてもシビアに野球を見てしまうのだがお互いの得点がソロホームランというのはイマイチ盛り上がらない、巨人リードで終盤へと思ったら三人仲良くご帰宅と相成りました、我々おっさん二人は巨人の勝利をしっかりと見届けてから雨降る中JR大正駅へ、ここは大阪いや日本最大あるいは最高の沖縄料理の聖地でもある、かりゆし・ゆんた・おもろ・うるま御殿・はいさい・でいご・・・三線が流れ唄い踊る

久しぶりの沖縄料理を楽しむべくまっしぐら、泡盛に大盛りの海ブドウ(これが抜群)・ナーベラーチャンプル・ソーキそば、やっぱり大正駅周辺の沖縄料理はどのお店も大変美味しいのであります

注釈:ナーベラーとは青くて小さい時に収穫したヘチマのことを言い味噌と相性がいい、ゴーヤと並ぶ沖縄の野菜でもある
by PUSH-PULL | 2007-04-20 08:45 | 私事 | Trackback | Comments(0)

珍しく我が家のマイマイが甘えに来た、正式名は「シャー・アズナブール・マイマイ」と申します


by PUSH-PULL