カテゴリ:アート・デザイン( 402 )

道頓堀界隈の看板の続き

b0057679_09114725.jpg

スタンドサイン

最初アニメのタイトルと結びついたので何屋?さんと思ってしまったが、形はボーリングのピン、となるとやっぱりボーリング場


確認のために調べたら、孫悟空の出てくる方はドラゴンボールで一カ所文字が違っておりました、鳥山明の漫画はアラレちゃんを初め大好きだったのだが、このドラゴンボールも天下一武道会あたりから面白くなくなってしまった、このあたりはヒットした少年漫画のアキレス腱かも


b0057679_09115648.jpg


こちらはどう見てもお好み焼き屋さんには思えないが、手にはコテを持っております、針金と紙?張りで提灯を初めとする伝統的な技法、形とペイントが可愛らしい、形状から見て間違いなく内照式のスタンド


そう言えば暫くお好み焼きを食べていないなあ~、鶴橋の外れのオモニを思い出しますが、我が家の近くにも1軒美味しいお店「アンバランス」があります、お好みってリーズナブルなので大阪の美味しい店を食べ歩いた時代がありましたな、箸を使わずコテでお好みを切りながらハフハフ言いながら食べるのが大阪流



[PR]
by push-pull | 2018-07-03 09:13 | アート・デザイン | Comments(0)

道頓堀の大形看板

b0057679_09071553.jpg

時代とともに

久し振りに道頓堀を歩いたら大形看板が大分様変わり、もちろんエビやカニもありましたが・・・、以前は仕事がらみでFRP製作の会社よく知っていたが、最近のサインは知らない


大阪でもこうした大形看板は道頓堀界隈だけで他では余り見ない、観光名所になる理由の一つがこれですが人気度ではやっぱりグリコかな、串カツ屋のサインもありましたが以前新世界の本店で店員の態度が悪く喧嘩したことがあるので却下


上の看板だが、このあたりに雑貨や化粧品の免税店が一杯出来た、代表的なのが観覧車のあるドンキホーテあたりだが、どのお店も私には無用のスペースです、地下街もそうだがなんとドラッグストアーの多いこと・・・、化粧品って利益率が高いのでしょうね


b0057679_09072752.jpg


こちらは思いっきりエイジングされた昭和レトロ看板、町としてはスカイビルや大阪港のマーケットプレースにストリートとしての場所があり歩くと結句楽しい


ホルモンは大好きなのだが昭和よりも今の方が美味しい気がするのは私だけ?、狂牛病騒ぎ以後生で食べられなくなったのが寂しい、ホルモンと言えば先日観た映画「焼肉ドラゴン」がまさにそれ、バケツにレバーが一杯入っておりました、漫画の「じゃりン子チエ」がホルモン屋の女の子の話でしたな


b0057679_09073452.jpg


こちらは写真を再確認して解ったのだが、イカの一本釣りのお店、昔福岡で食べた水槽のイカの刺身が上手かったのを思い出したが、値段が無茶高かったのだ



[PR]
by push-pull | 2018-07-02 09:12 | アート・デザイン | Comments(0)

モニュメント

b0057679_09224217.jpg

石彫

大学で彫刻を学んだのだが私の大学は彫塑がメイン、つまり粘土を使って人体を作るのが授業、もちろん彫刻の手法である石彫・木彫・金属・・・も教えて貰ったような気がするがほんの少し


美術の世界に少しだけお邪魔していたからか、今でも町で出会う建物やモニュメントには直ぐに反応していまう


ここは昨日アップした鶴見緑地公園の駅前の広場、鶴見緑地は「花の万博」で開かれた町、調べたら1990年でもう30年近くなる、大阪は万博をまた誘致しようとしているが思考回路が狂っております、人が来れば良いという考えは安易すぎおまけに一緒に賭場(カジノ)も作るとは


昨日強行採決したIRとは、賭場を開きその寺銭でもうけようと言うヤクザと同じ悪巧み、おまけに胴元が外国資本と言うからこれまた大問題、今朝の新聞を読んで驚いたのは強行採決したカジノ法案の中身、経済効果の試算すらされていませんでした、大阪に残るのはギャンブル依存症だけという地獄絵図


今日のこの石像も花博の時に作られたのだろうか・・・、駅前の広場なのに周りにほとんど人がいないのが非常に寂しく、本来なら後ろを水が流れる仕掛けがあるのだが止まったまま、ぱっと見たとき子供の手のところにフクロウが止まっているのかと驚いたのだが、考えれば花ですね



[PR]
by push-pull | 2018-06-16 09:24 | アート・デザイン | Comments(0)

b0057679_09251584.jpg

b0057679_09232999.jpg

b0057679_09234095.jpg


+1artにて

土曜日に谷六駅近く路地裏の小さなギャラリーへ、先輩の作家平田洋一さんの展覧会を見に行った、5時から彼の話があると言うこともあり満員


彼がまだ二〇代の頃に作家仲間と舞鶴沖の冠島(大島)へ行ったイベントが上映された、上陸許可を取りテントを張り生活、なかなか面白い旅の話である、冠島で流木で筏を作りシーツでセールを張り海に浮かべたが直ぐに沈没


平田さんは若い頃からヨットが大好きで、私も影響されサラリーマン時代に彼と一緒に小さな中古のヨットを買って長い間セーリングしたぐらい、ヨットのおかげで陸上生活では学べない経験を一杯したと思う、映像の下にチラリと写っている男が平田さん、今回の展覧会に合わせ作品集も作ったのだが彼の歴史が一杯


昔からFRPを使った作品が多く、テーマもなかなかシニカルので面白い、世の中を斜に見た感覚がシャープである


b0057679_09235331.jpg


これはなかなか可愛い作品「ともしび」、下にぶら下がった木製の涙を引っ張ると額の中央に小さな光が・・・


b0057679_09242184.jpg

b0057679_09241351.jpg


FRP製の造形に毛の生えた作品が・・・、ムシの形はずっと彼の中にあるフオルムかもしれない、そして私とまるで違うのは幼少の頃の記憶や、親に対する思い出がコンセプトとしてあるようだ


下の作品は、どちらも彼の有名な作品のミニレプリカ、実物はいろいろな美術館や画廊に収蔵されています

展覧会の後の飲み会が大変でした(笑)


b0057679_09322769.jpg

b0057679_09323743.jpg


[PR]
by push-pull | 2018-06-11 09:35 | アート・デザイン | Comments(0)

看板考

b0057679_09035494.jpg

何回目か判らないのだ

しばしこのタイトルを使っていなかったので回数が思い出せない・・・


遠目で変なオブジェが目に入ったので近寄ったら歯科の看板!つい最近まで折れた歯の治療で歯科に通っていたので非常に気になる、しかし歯の形をした立体看板を見たのは初めて


よく見ると歯の台の下にコードらしきものが見える、と言うことは夜になると行灯、内照式サインになると言うことだろう、ここ数年で福島区では何故か歯科が一杯出来てきたような気がする、虫歯がそんなに増えるわけはないので間違いなく年配の方の差し歯入れ歯がメインだろう


しかし光る歯って微妙に不気味な気がする(笑)


b0057679_09040354.jpg


こちらの看板は散歩中に出会ったのだ、店の名前が変なので採集した、帰ってネットで検索したら何軒か店があり読み方も「さばおんな」では無く今時の「さばじょ」だって!、お店はアジアンバルですが名前からは味の方の想像が付かない

もう一つ笑ったのは姉妹店に「鯖男爵」に「モルヒネ女王」があったのだが、とんでもないネーミングですな





[PR]
by push-pull | 2018-06-03 09:06 | アート・デザイン | Comments(0)

ファサードデザイン

b0057679_09022023.jpg

上の写真のでっかい文字が気になった、個人のお家にしたら余りにも大きすぎる(笑)、思い出せば確かこのお家は酒屋さんだったのでは無かろうか、と言うことはお店を辞めてリニューアルしたときに2階の切り文字を取り外さ無かったのと思われる、「もりしげ」と言うのが名前かと思ったら表札には「MORI」の文字が、切り文字は屋号だったのかしら・・・?


そう言えばスーパーに安売りの酒屋さんといろいろお店が出来たので、下町の酒屋さんは次々と潰れていった、私も以前はビールを酒屋さんからケース配達していたが、C型肝炎が発覚しプリン体の存在を知りしばしビールから遠ざかった、それがきっかけで酒屋さんとは縁遠くなった、さらに肝臓の数値が余り下がらなかったとき、医者にお酒ってプリン体云々よりも飲むか飲まないかの問題だと言われたのだ


今では肝臓もなんとか治った、たまに飲む美味しい生ビールはたまりません!


下の写真は確か一度アップしたことがあるお家、その時はアパートのファサードだと思っていたのだが、改めて写真を撮った時に気づいたのだが個人のお家でした、時計もアーチ型の庇もデザインと言うことになる


正面側に表札らしいものが見当たらなかったが、ガスメーターの横にプレートが出ているのに写真で気付いたのですが


b0057679_09022817.jpg


[PR]
by push-pull | 2018-05-18 09:07 | アート・デザイン | Comments(0)

「あ展」の続き

b0057679_07503928.jpg

富山県立美術館にて

今日は夕方から大阪城野音でチャランポ・ランタンのライブがあるというのに朝から小雨、おまけに昼から大雨とは・・・ガックリ


一度アップした富山県立美術館での展覧会の続き、この展覧会の素晴らしいことの一つは高校生まで入場料無料、他の展覧会ではちと考えられずもちろん初めてです、大人から子供まで十分楽しめるイベントで美術への窓口になれば素晴らしいことです


考えると言うより参加型の感じるイベントかな、前の時に寿司の作品をアップしたがこちらはお弁当、食品サンプルの技法で鱒の寿司・おにぎり・お弁当・懐石弁当?の食材を一つずつ並べてオブジェ、美術の枠をはみ出ていて楽しい


b0057679_07505100.jpg


重力を無視したオブジェ、いくつか並んでいたが仕上がりがとても綺麗でした、最近は樹脂や接着剤の素材にいろいろ新しい物が出てきたからか,構造的に「?」の付く面白いオブジェに出会います


b0057679_07510577.jpg


このストロボの作品は昔見たことがある作家では?・・・思い出せない、その時は動くバレリーナだったような・・・、回転するオブジェとストロボを合わせ動いているように見えるような作品で昔の幻灯の世界の現代版、ストロボ関係はデジカメでは難しい、長時間露光をかければ良いのだがオートと撮ると大半が真っ暗(笑)


b0057679_07511867.jpg

b0057679_07512715.jpg


参加型作品で、人間が廻ると歯車が廻るというシンプルな物だが見ていると楽しい、壁にも長いギアがあり廻るとどんどんと移動していきます、寿司屋も笑ってしまいます


b0057679_07513651.jpg


書体はグラフィックの仕事でもしない限りふれあうことはほとんど無いが、「あ」のタイポグラフィーの作品も沢山あり、面白いので文字に興味を持ちます、他に参加型の映像の作品も多かったが写真ではちと解りにくいですね


[PR]
by push-pull | 2018-05-13 08:06 | アート・デザイン | Comments(0)

「あ展」

b0057679_08305963.jpg

b0057679_08311055.jpg

b0057679_08312503.jpg

b0057679_08315328.jpg

富山県立美術館

去年のGWの時はまだ全館オープンしていなかったが、確か去年の夏に・・・、Eテレの案内で知ったのが昨日見に行った富山県立美術館の「あ展」、NHKが展覧会というのも珍しいが子供も楽しめる展覧会で今時のアイテムで頑張っております


同時に滝口修造氏のコレクションも展示されていてこちらは世界的に有名な作家と私の知っている作家の作品で見応えがありました


美術館のある場所も、環水公園と言う素晴らしい景観の場所にあり大阪では考えられない、作品は写真を見れば解るように説明無しで大丈夫


下の写真が初めて見たパフォーマンス、完全にブロンズの彫刻なのですがこれが動くのです、小四と一緒に記念撮影したのですが、そばに寄って顔を見たのですがびっくりするぐらい美人でした


b0057679_08320678.jpg





[PR]
by push-pull | 2018-05-06 08:39 | アート・デザイン | Comments(0)

村田肇一展

b0057679_09223324.jpg

b0057679_09224269.jpg

奈良話中断、昨日久し振りに谷六の楓画廊で開かれた村田氏の個展に行ってきた、もうここで20年近く9回も展覧会をやっているのが凄い


彼の作品はずっと動物シリーズで見ていて楽しい、ろくろとかひねりの技法では無く粘土の板を曲げて作っている作品が多い、今回も可愛い動物たちが部屋に一杯、箱に入った立体の作品が物語というか漫画チックで楽しい


b0057679_09225080.jpg

b0057679_09225966.jpg


楓画廊は、古い和風のお家で庭もありギャラリーとしてのイメージは非常にユニークだ、画廊で出会った昔仲間と空堀近くのこれまた友人の割烹でご馳走を頂いてから帰宅


書き忘れ・・・個展は13日日曜日までやってます


b0057679_09230852.jpg

[PR]
by push-pull | 2018-05-02 09:31 | アート・デザイン | Comments(0)

実物大のガンダム

b0057679_08584795.jpg

b0057679_08585593.jpg

ロボットアニメの走りかな

先日八尾の玉串川に花見に、お昼ご飯に八尾のショッピングセンタに行ったのですがイベントスペースでガンダムのイベントが,ミニチュアのオモチャなら見慣れていたのですが、なんと実物大のガンダムの頭部が展示されていた


なかなかよく出来た仕上がりで、作り物屋の私としては面白い作品でした、特に頭部をロケット砲が突き抜けた頭は良く出来ておりました、ガンダムがヒットしていた頃はこの手のアニメに興味が無くほとんど見ていない、キャラクターの名前が解らないのでザクと書かれていても・・・


そのくせ今飼っている猫に機動戦士ガンダムから拝借して「シャア・アズナブル・マイマイ」という名を付けていたりと、保護された子猫を譲り受けたのですが、我が家に来たとき私に敵愾心むき出しで近寄るといつも「シャー」と言っていたのでガンダムを思い出した次第


なぜかロボットアニメで覚えているのは、「超時空要塞マクロス」の戦闘シーンでリン・ミンメイが歌う「愛・おぼえていますか」、ほとんど見ていないのだがこの歌だけは印象的で、この手のアニメにアイドル歌手が出てきたのも驚きでした、この頃のアニメはまだセルの手描きでしたが完成度は非常に高い


b0057679_08590338.jpg



[PR]
by push-pull | 2018-04-08 09:04 | アート・デザイン | Comments(2)