カテゴリ:アート・デザイン( 436 )

エゴン・シーレ

b0057679_09143601.jpg

ヒマワリ

先日国際美術館の「ウィーン・モダン」を見てきたのだが、クリムトも好きだがエゴン・シーレも大好き、上の写真は展覧会のお土産屋さんで買った高さ1mほどの彼のポスター「ヒマワリ」

今は我が家のトイレに貼られております、先日まで同じ場所にターナーの夕焼けの絵が貼られていてトイレに行くたびに座って眺めていましたが、これからは毎日ヒマワリとにらめっこ

1900年の初めの頃に描かれたのですが、この時代はヒマワリが一つの絵のモチーフだったとか、またゴッホのヒマワリに影響されたとも言われておりますが、枯れかけたヒマワリを描くところが彼らしい、絵は彼独特の曲線のラインのヒマワリの葉が非常に印象的です

下の写真のヒマワリはたまたま家の近所のお家で見つけた物、エゴン・シーレのポスターを買わなかったらこのヒマワリにも気づかなかったかもしれません、丁度枯れかけでポスターと同じラインを出しておりました


b0057679_09144612.jpg





by push-pull | 2019-09-04 09:15 | アート・デザイン | Comments(0)

府警

b0057679_09211257.jpg

b0057679_09212057.jpg

この日は天気が良く、大手門から入り桜門から見える大阪城も見事です、リニューアルされてから大阪城に入ったことがないのですが,遠くから見る限り非常にきらびやかで映えております

歴史博物館の直ぐ横に警視庁とよく似たデザインの建物が、ビルの前に行ったらなんと大阪府警の建物でした、イメージ的に似ているのでかえって調べたらテレビで遠景だけ写る警視庁は、1980年に出来ていて設計は岡田新一氏

下の写真の大阪府警の方は新しく2007年竣工、ビックリ黒川紀章氏が設計しておりました、彼の名前を知ったのは万博の時でしたな、黒川さんが設計していたとはちょっと驚きですが、どちらも角のところが円形に削られているのが微妙、普通だと少しでも似ることを嫌がるのですが

岡田さんの方はすでに無なくなられていて、黒川さんより6歳上ですが黒川さんももう80半ばかな



b0057679_09212819.jpg



by push-pull | 2019-09-03 09:23 | アート・デザイン | Comments(2)

ジャコメッティ2

b0057679_08080965.jpg

がっくり

昨日「ウィーン・モダン展」を見たとき、同時に開催されていたジャコメッティーを見学、こちらは7月にアップしたジャコメッティの2回目の展覧会

矢内原伊作さんの肖像がどんと飾られていたので撮影、聞くところによると十数億円出してこの作品を買ったとか・・・驚きであります、ジャコメッティと銘を売っているのですが立体作品はこれだけでガッカリ

前にも書いたことがありますが,大学時代のイベントで矢内原さんにジャコメッティーの話の講演会がありました、司会を仰せつかり事前に矢内原さんと打ち合わせ、ジャコメッティーの物から余分な物をそぎ落としていったら針金のような人物が出来た話が非常に印象的でした、あんなこんなでジャコメッティと矢内原さんの関係は今も印象的な出来事として残っております

私の仕事場に飾られている、昔私が摸作したジャコメッティー風の歩く人を下にアップしました、こうしてみると月とすっぽんでお恥ずかしい限り


b0057679_08081695.jpg



by push-pull | 2019-08-28 08:08 | アート・デザイン | Comments(0)
b0057679_09434516.jpg

b0057679_09435382.jpg

b0057679_09440251.jpg

クリムト、シーレ・・・

東京友人から送って貰った招待状で「ウィーン・モダン」のレセプション参加、丁度時間に着いたのだが入り口で並んでいてビックリ

展覧会は1700~1900年のウィーンの文化が一杯,肖像画や風景のリアリズムからクリムトやシーレのモダンアートへの変遷がよく判ります、そう言えば世紀末って言葉に憧れていた頃がありましたね


驚いたのは工芸と建築が素晴らしい、特に建築模型の緻密さには驚かされました、勿論工芸の垢抜けしたモダンデザインは凄いの一言ですね、クリムトの作品1枚だけ撮影可能だったのでそこだけ人だかり、エゴン・シーレが大好きだったのですが作品は少しだけでした


作品を見終わった頃にレセプションが始まったのですが、私たちは一番離れたところで久し振りの友人と歓談、さすがレセプション、帰りがけの分厚くて高価な作品集を戴きました


b0057679_09440926.jpg




by push-pull | 2019-08-27 09:44 | アート・デザイン | Comments(0)

ヒョウ柄=おおさか

b0057679_09515331.jpg

バイク

大阪のおばちゃんが何かと話題になるが、大阪に住んでいてヒョウ柄のおばちゃんの姿は殆ど見ることが無く,勿論アメちゃんなど貰ったこともない、大阪市内でも違う地域に行ったら多数生息しているのかしらね?

先日中之島の堂島リバーに出かけたときに,地下の駐輪場で今日のド派手なバイクを採集、ホイールに車体まで見事なぐらいドレスアップしております、私が昔自転車を作ったときピンクのフレームにしたかったので、オリジナルデザインでお願いしたら1万円で焼き付けしてくれました

しかしこのバイクのドレスアップはそんなレベルではなく、全部解体しすべて美しく焼き付け塗装しているみたいです

どんなファッションの人がこのバイクを運転しているか一度見てみたい



by push-pull | 2019-08-19 09:52 | アート・デザイン | Comments(2)

ステッカー

b0057679_09134452.jpg

馬?

散歩中に遭遇、直ぐに採集いたしました、少し前に変な形のシールをアップしたが,今日のは可愛い馬のキャラクター、大きさ的には10㎝ぐらいですが路面にしっかりと張り付いておりまし、先日のもそうだが今日のも厚みがあるのが面白くワッペンみたいですね

ユニコーンかと思ったが良く見ると子馬のキャラクターですね、形も可愛いが色使いが面白い

毎朝散歩していると、色んな場所で色んな「物」に遭遇する、それは人であったり匂いであったり物であったり花であったり・・・、季節季節に日ごとによって同じ道を歩いていても出会う物が変わっていくのが楽しい、おかげで1日の長さが少しだけ長くなっていくような気がいたします




by push-pull | 2019-08-09 09:15 | アート・デザイン | Comments(0)
b0057679_09295551.jpg

b0057679_09300830.jpg

b0057679_09301794.jpg

b0057679_09302643.jpg

ゲルハルト・リヒター

今日も展覧会のお話、ボンヤリと名前の知っていた作家さん、1枚目の写真を見ても判るようにとんでもない枚数の写真が額に入っております、アウシュビッツなど戦争をモチーフにした写真が多い、

額装に使うマットに沢山の窓を開け後ろに連作の作品を並べそれを写真撮影した作品のようですが枚数が半端ではなく圧倒されます

最後に置かれていたガラスの板の立体作品に少し違和感を感じてしまいました

全体を通じて感じたことはゴダールの映画「イメージの本」と同じで、コラージュというか編集これだけで作品になる得ると言うこと,写真にトリミングが必要なように、タブローにそれに見合った額が大事なように・・・と






by push-pull | 2019-08-06 09:33 | アート・デザイン | Comments(0)

リピート

b0057679_09065043.jpg

ハリガミ考

家の前に貼られていた警告ハリガミ、こういうハリガミを見ると南伸坊の「ハリガミ考現学」という本を思い出した,仕事場の本棚にあるはずなのに探しても見つからない、最近生活空間でもこんなことが増えてきております

南氏を初め赤瀬川源平さんなど世の中を斜に考察した本や人たちが大好きなのです、と言うか思いっきり影響されている

私がステレオ写真とクラシックカメラに手を染めた原因が赤瀬川原平氏の本、ライカを買ったのも彼の話でライカのボディーの底の手触りを語っていたのを確かめるためだったのですから

ハリガミに戻って、今時パソコンのイラストレーターなどを使うと書体選択を初め、あっという間にリピート作業が出来、プリントしてお終い、このハリガミ、正方形レイアウトなのが少し意外

ぽいぽいぽいと続くと女の子3人組あやまんの歌が有りましたね




by push-pull | 2019-08-02 09:10 | アート・デザイン | Comments(0)

ちょっとしたデザイン

b0057679_09282866.jpg

遊歩道

ほぼ毎朝歩く堂島川中之島の遊歩道でちょうどロイヤルの前あたり、何気に点検用の蓋を見てびっくり丁寧にデザイされております、つまり他のタイルと目地がちゃんと合わせてあったこと、なんでもないことなのですがちょっとしたことが非常に美的であります

少しデコボコのある石のタイル、天然石みたいなマテリアルをしておりますがどうも人工石のタイルのようです

最近デザインの世界でこれって思う物に出会いませんね,車に家電にカメラに・・・寂しい限りです



by push-pull | 2019-07-20 09:30 | アート・デザイン | Comments(0)

美術展の続き

b0057679_08193987.jpg

アートシーン

久しぶりに朝から小雨で散歩中止、と言ってもただいま梅雨入り真っ最中なのですが・・・

火曜に訪れた国際美術館、ジャコメッティー展をやっていたのですが他の人の作品の方が多かった、ここだけ申請すると写真オーケーの部屋があり名札をもらって撮影、上の立像はザッキン、彼の作品はこの美術館の外にもでっかいのが堂島川近くに置かれております


b0057679_08194630.jpg

こちらは白髪一雄さん、アクションペインティングが有名で大阪の具体の中心メンバーで世界的に有名




フォートリエ、戦後の抽象美術の先駆け的存在、顔をモチーフにしたアンフォルメルな構図が知られている


b0057679_08200251.jpg

荒川修作、棺桶に入ったシュールなオブジェの作品が面白い、昔友人と訪れた岐阜の養老町にある「養老天命反転地」が素晴らしい、彼が設計した公園だがその空間には驚かされカルチャーショックを受けるぐらいです

ジャコメッティーの作品は撮影禁止でした



by push-pull | 2019-07-11 08:20 | アート・デザイン | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL
カレンダー