カテゴリ:未分類( 229 )

2度目のコルトレーン

b0057679_09144588.jpg

釜ヶ崎

一昨日の午後友達から電話が掛かってきて急遽1月に行った動物園前のカマパブへ、今回もコルトレーンナイトで楽しめました、前にも書いたが生のジャズライブを生ビールと美味しい料理で楽しめるって至福の時間でございます

最近生活でジャズを聴く機会が激減している生活にあってライブで聞けるのは最高です、チャージも無く投げ銭システムなので安くまた行こうかと

コルトレーンの譜面が昨年出てきて発売されたのが「ザ・ロスト・アルバム」、その中の曲を演奏してくれましたが、その時だけ譜面を見て演奏していたみたいで納得、でもなんか何処かで聴いたようなメロディーライン、演奏が皆さんお上手で安心して聴けます、ジャズにドップリと填まっていたときジャズ楽器ではベースとサックスが好きでしたね、大分してからピアノ曲やマイルスのトランペットとかも好きになりましたが。ライブの後久し振りに西成のど真ん中三角公園方面へ・・・


b0057679_09145448.jpg


b0057679_09150187.jpg

こちらは今朝の堂島川、サクラの接写は大失敗でしがここのサクラはまだホンの少し、いつも持ち歩くちょっと古いコンデジ(IXY)のお花モードが壊れておりました、東京の方が大阪より早く咲くのがどうも理解できない、大阪の方が平均的にかなり暖かい筈なのですが・・・ひょっとしたら人口の多さが暖かくしているのかも

下の写真は数日前に撮した国際会議場前の違う種類のサクラですが見事なぐらい満開、同じサクラでも開花時期がまるで違いますね


b0057679_09150818.jpg



by push-pull | 2019-03-29 09:16 | Comments(0)

「冗談漫画 386」

b0057679_08063168.jpg

雨戸

散歩をしていてふと見上げた2階の雨戸が・・・ちょっとしたアート作品になっております、板がこんなにバラバラになっているのに汚れておらず直ぐ後ろの窓ガラスも美しい、もし傷んだ雨戸だとしたらここまで放って置かないし洗うことも無い、間違いなくつい最近この雨戸は洗われたと思われる、大阪市内だと普通は板戸は古くなるとすすけてグレーに汚れてくるのだ

この雨戸は洗うと言うよりも削ったかのように木の地肌が見えていて考えれば考えるほど不思議です

我が家の濡れ縁も長い年月で板の間の隙間が大きくなり指が入るぐらいに広がってきている、そろそろ作り直そうかと思うぐらいなのですが家の方がもっと痛んでいるので難しいところ(笑)



by push-pull | 2019-03-28 08:08 | Comments(0)

ボルタンスキー展の2

b0057679_09252655.jpg

b0057679_09263219.jpg

アートの世界って?

今朝のニュースを見てびっくり、裕也さんが亡くなった、京都の九条山に住んでいた若かりし頃、京都でロックコンサートのお手伝いを何年か手伝っていたのだがその時に知り合ったのが内田裕也さん、麻雀が大好きでいつも九条山で卓を囲んでいました、おかげで日本のロックミュージシャンと親しくなりました・・・合掌


上の2枚は布のオブジェ、1枚目はとんでもない量の黒のブレザーが私の高さより遙かに高く積み上げられている、中心まで全部服かと考えたりもしたが全部同じ服だと言うのが緊張感を高める、服というのは人間が着るための物でそれがオブジェとして積み上げらるとそこに人間の命を感じてしまいます

2枚目はこれまた凄い枚数の服が壁一面に吊り下げられ不気味ですらある、こちらはパンツにシャツに色々なカラフルな服なのだがやっぱり怖い


私はずっと現代美術作品と付き合っているので彼の作品に違和感を感じないが、今年に入ってから鑑賞したルーブルだのフェルメールのような写実絵画とは全く別世界、昔ポンピドーセンターやマサチューセッツ州にあるコンテンポラリーアートの美術館MOCAで見たヨゼフ・ボイスの作品に初めて接したときと同じ面白さがある、面白いという言い方は当てはまらないかもしれないが「?=なんで」と言う感覚に近い、これは大好きな作家マルセル・デュシャンと同じ空気である


b0057679_09270302.jpg


b0057679_09265448.jpg


b0057679_09264480.jpg


こちらはライトの作品、普通照明は配線などを見えないように工夫するのだが、彼の作品はむき出しで作品の一部になっております、まるで作品を駆け巡る血管の要素をなしているのでは無かろうか

この日も中之島界隈はまさに快晴でした、この日持ち出したミラーレスは花を撮るためにマクロレンズを装着していたため、写真の大半が微妙にピントが余り、彼の作品ならそれもありかとそのままアップいたしました


b0057679_09282769.jpg





by push-pull | 2019-03-18 09:30 | Comments(0)

木のどうぶつのつづき

b0057679_08081165.jpg

b0057679_08081981.jpg

b0057679_08082976.jpg

花園とラグビー

昨日は朝から病院のハシゴ、午前は歯科と外科で夕方に眼科、歯科は定期検診で問題なしで外科の方もかなり良くなってきたのでガーゼの交換も1日おくことに、問題の眼底の穴のレーザー手術の経過も良いようで一安心、眼科も3週間後と言うことに


ラグビーやアメラグは大好きで何度か試合を見たことがあるのだが、ここ花園に来たことは一度も無い、今年のラグビーのワールドカップは日本全国で開催されるのだが大阪はここ花園、丁度サイドグランドで高校生の試合をしていた、最近は女子もラグビーに参加しているようでジャージー姿の女学生も一杯いてました、生駒山系をバックに見るサイドグラウンドの芝生が非常に綺麗


木の動物展は小学生の姪の子とじじいの私は嬉しいことに無料でした、昨日アップしなかった木彫りの動物とドローイングを下にアップ、絵も彫刻も非常に素晴らしい


b0057679_08084294.jpg

b0057679_08084953.jpg

b0057679_08085849.jpg






by push-pull | 2019-02-19 08:12 | Comments(0)

川面

b0057679_09024368.jpg

b0057679_09025128.jpg

今日もお正月

目が覚めたら今日もお正月でした、昨日は掃除も仕事もせずに1日ウロウロ、ボーッとするのが苦手なので写真の整理やトイレの飾りを替えたりと1日中何かやっている私

堂島川に浮かぶ鴨に丁度ビルに当たる朝日の映り込みが入り、ちょっと絵画的な構図になりました、綺麗なのだがどちらかというと苦手な写真かな(笑)

2枚目は年末に撮した道頓堀川、ほんと観光客で大忙しで戎橋は人と人の隙間がなかなか見つからず時々立ち止まらないと進めないぐらい、寒いのに川を行き来する吹きさらしのポンポン観光船はほぼ満席


下の写真は今朝の堂島川玉江橋での朝日、私の方向感覚では太陽は東ではなく南に上がっております、昨日のお天気は一日お天気だったのに午後に土砂降りの雨、小雨ならまだなんとか判るが大雨とは・・・年明け早々天気予報が大外れ!、衛星のおかげで天気予報が進んでいるはずなのに、その天気図を読むのは人間?お屠蘇の飲み過ぎかしら

大昔に東京に住む友人をお正月に訪ねたのだが、道が判らす交番で聞こうとしたら真っ赤な顔をしたオマワリさんが出て来たことがありました・・・時代変わって今時は皆さんスマホのナビ


b0057679_09030384.jpg



by push-pull | 2019-01-02 09:03 | Comments(0)
b0057679_09315920.jpg

おめでとさん

元旦からええ天気!、その分寒い、猫はずっと掘りごたつの中、毎朝会うわんこも初詣でに行ったのか非常に少ない、年賀状の続きです


・散歩中に通ったことのない細い路地を見つけた

・少し変な動きをする人に出会った

・風景におもしろい違和感を感じたとき

・短いスカート

・安くて美味しい食材を手に入れた

・そして料理が上手に出来た

・夕焼けを見た

・今朝も橋を渡った

・面白い夢を見た

・手術台の上のミシンとこうもり傘の出会いを見た


ここからは毎日新聞の年末恒例のいろはカルタから面白いのを抜粋

「い」医学部入試も奈良判定

「と」隣はぬるめの韓がいい

「ぬ」ぬれ手にカジノ

「た」他ゴーン無用の報酬額

「み」ミスったーサマータイム


国民生活を考慮して元号を4月1日発表が新聞のトップだったがまるで興味が無い、私は但し書きが無ければ必ず西暦で記入する、前の「平成」の時も意味も解らず何の感動も無し、もう一つの理由は歳などの年数計算が非常に面倒くさいのだ


さらに即位のために建物まで作るってこれまた理解できない、式が済んだら取り壊しで13億円とか・・・なんやかんやで144億ってやっぱり我が国の一部だけは豊かなのだろう


b0057679_09320937.jpg



by push-pull | 2019-01-01 09:32 | Comments(3)
b0057679_09313456.jpg

蛍光灯って死語かな

久し振りの風呂話、いつもの銭湯が休日なので遠い方のお風呂にお出かけ、サウナ→水風呂→電気風呂とお決まりのコースの後洗い場に座ったのだが微妙に暗い、銭湯のご主人が長い棒を持って入ってきた、もちろん服を着たまま・・・、歩く方向を見ると壁に取り付けられた防水の蛍光灯が点いていない


なにをするのかと見ていると長い棒で蛍光灯を叩くではないか!、数回叩いただけで蛍光灯が点灯!、防水仕様なのでFLは長い透明のガラスパイプに入っている、もちろん蛍光灯より丈夫なので叩いても大丈夫なのだろう(笑)


そう言えば記憶の中の家電を思い出した、ラジオを初めブラウン管時代のテレビなど、音が出ないと叩いて直していたのを、基本接触不要が原因なのだが、解決方法が「叩く!」、兄が昔東京で中華料理屋をやっていたのだが、もちろん料理で油をよく使うのだが購入したテレビの長期保証が受けられなかったことがある


人間関係でも直ぐに反応しないことを「蛍光灯」という言葉で表していた、白熱球と違って蛍光灯はそれぐらい直ぐに点灯しなかったのだ



by push-pull | 2018-11-14 09:35 | Comments(0)

意外なゴミ出し

b0057679_09002258.jpg

折り紙

このあたりはこの日が一般の家庭ゴミの日みたい、ゴム袋が非常にカラフルだったので近寄って確認してビックリ、5つほどの袋の中身は全部折り紙のツル、千羽鶴以上のとんでもない数のツルが間違いなく入っている、何のために折ったか知らないが、こうした光景はやっぱり異常と言うかショックです


よく見たら横のゴミ袋に、まだ新しそうなでっかいミニオンのぬいぐるみが入っていてこれまた驚き


私の東京に住む兄が折り紙が好きで上手い、本人も良い歳なのだがいまは施設に折り紙を教えに行っているらしい、私も折り紙は大好きで填まったことがあるが、根が飽き性なもんで一通りのパターンを覚えてしまったらいつもギブアップ、最後に折ったのが真っ黒なダンゴムシ、ずっと前にブログにアップした写真を引っ張り出してきた


b0057679_09003021.jpg



by push-pull | 2018-10-22 09:02 | Comments(0)

不法投棄?

b0057679_08185847.jpg

なんで?

先日大阪を通過した台風21号、大変な被害があり近所でも何軒か家が倒壊し屋根の被害は無数、毎朝訪れる公園も見事なぐらい木が倒れていた、数日すると倒れた木は切られて集められていたのだが、その中に見慣れない物が


何と鉄アレイが放置されている、ゆっくり歩きながら数えたら同じ物が4個も、重さは5kg、不思議なのは余り使われた形跡が無くアレイの周りは傷が無い


調べて知ったのですがdumbbellを日本語訳すると「鉄亜鈴」って書くのですね、可愛い字面でビックリいたしました

ダンベルは重さが変えられることが出来、鉄アレーは固定なので写真の鉄の塊はダンベルのウェイトと言うことになり、先に書いた鉄アレイはダンベルに訂正しなくてはなりません、さらに片手で使うのがダンベルで両手で上げるのがバーベルでした


私の人生にこの手の用具は無関係でした、大学時代に隣の部室がこの手の倶楽部、冗談半分で声をかけたのが運の尽き、バーベルを上げる羽目に、聞くところによると自分の体重を上げないと言われアタックしたが全然駄目


それから暫く腕立て伏せとか色々トレーニングしてから再アタック、何とか自分の体重を上げることが出来ましたが、その頃はスリム、今の体重だったら絶対無理で間違いなく腰をやってしまう、その頃とは10数キロ体重差があります(笑)

それにしても誰がこんなところに鉄の塊を持ってきたのだろう、台風とはおよそ無関係なのだが



by push-pull | 2018-10-11 08:25 | Comments(0)

神戸どうぶつ王国②

b0057679_08544909.jpg

昨日の続き

上の写真はてっきり鹿だと思っていたら、何と牛の仲間のシタツンガ!、何処をどう見ても牛には見えない、余り大きくなく体重も50kgぐらいです、見て解る人はおらんやろな~、今回で3回目だが来るたびに新しい動物や鳥が増えております


b0057679_08550678.jpg


イグアナを見るといつもタモリがテレビに出始め頃の形態模写を思い出します、さすがに最近はおふざけはやらなくなりましたね、一番好きだったのは替え歌シリーズで確か昭和歌謡史、京都の動物園の中には虫類館が有り昔に行ったのですが、そこのアオムチヘビが好きでしたね


b0057679_08551628.jpg


いつ頃からだろうかカビパラが人気が出始めたのは、昔は殆ど人気が無かったようですが、性格が温和しいせいかふれ合いで餌やりやスキンシップが大人気、ここまでアップで見るのは初めてですがオモロイ!


b0057679_08552517.jpg


こちらは普段丸くなっていることが多いアルマジロ、この日は珍しく部屋の中を短い足で走り回っております

下は友人の陶芸作家が作ったアルマジロです、昔に戴いた物です


b0057679_08553485.jpg



by push-pull | 2018-10-03 08:57 | Comments(0)

通勤前に散歩に最近来始めたシェルティーの「ちゃみ」、まだ若く温和しいワンコです


by PUSH-PULL