赤いテープ

b0057679_07425120.jpg

b0057679_07430038.jpg

b0057679_07431339.jpg

赤いテープ

7時頃からパラリと雨が、予報では1日中雨とか・・・恒例の早朝徘徊は中止と相成りました


町を歩いていると、落書きを始め理解不能の痕跡を見かけるのだが今日のは初めて、最初街路樹関係の何かの指示かと思ったが、よく見ると赤いテープの上からホッチキス(ガンタッカー)で止められている


これは植栽関係の人は絶対にやらないはず、剪定のためか知らないがガムテープを巻き付けるかカラーロープを巻き付けているのは見たことがある


歩いていると50mぐらいの間に10カ所以上見かけたのだが、これも落書きと同じ自己顕示欲というか縄張り意識なのだろうか、そうだとしたらまさに犬のマーキングと同じ、わんこの方は動物としての本能だが、これが人間だと迷惑極まりない行為だろう


[PR]
# by push-pull | 2018-05-23 07:43 | Comments(0)

ジャガイモの花

b0057679_08535092.jpg

b0057679_08535980.jpg

我が家の植え込み

玄関先の植え込み、ほったらかしなのだが春からどんどんと大きくなりジャガイモの花が咲いた、確か2年前に久利須村から送られてきたジャガイモに芽が出たので植えたもの・・・?、去年は花を見なかったような気がするのだが,今年は背丈も大きくなり花が咲いた


お向かいの奥さんに教えて貰ったのだが、これは赤いジャガイモ!、しかしネットで調べたらこの花はメークインに似ておりますなあ、収穫は花が咲き茎が枯れ黄色くなったときらしい,まだまだ先ですね


下の写真は5月に入ってから裏庭に咲いたもの、今年も一番下のドクダミが花を咲かせ始めた、咲くと直ぐにカットし洗ってから軒につるして干しております、今年も他のお茶とブレンドしてドクダミ茶作りです


b0057679_08540768.jpg

b0057679_08541589.jpg

b0057679_08542602.jpg





[PR]
# by push-pull | 2018-05-22 08:57 | 写真 | Comments(0)

ただいま工事中

b0057679_09422836.jpg

b0057679_09423656.jpg

堂島大橋

私がほぼ毎朝渡っている堂島大橋が今年の2月から工事に入った、先日フェンスの一部が無くなっていたので撮影、道路のアスファルトは取り除かれ新しい鉄骨の一部が見えた


堂島大橋の工事は2年だが,去年始まった淀川大橋は3年がかり、昔の写真と工事の図面がフェンスに新しく飾られていたので採集、昔の橋の形を残して架け直す工事らしい、一度欄干だけ移動して歩道を広げる工事が昔あったのはかすかに覚えている


このあたりは古地図にも出てくるぐらい古いが、堂島大橋は比較的新しく最初に架けられたのは明治に入ってから、その後大洪水で流されたりして現在の橋は昭和2年、長さ75.8mあり鉄ヒンジ綱アーチと両端に鉄筋コンクリートが繋がっている、なかなかデザイン的にもクラシカルで橋らしい美しいデザインだと思います


最初通行止めになったとき、周辺で交通渋滞が一杯あったが、不思議にぐらい早くに激減した


b0057679_09424376.jpg
b0057679_09425194.jpg




[PR]
# by push-pull | 2018-05-21 09:47 | 写真 | Comments(0)

キッチンばさみの切れ味

b0057679_09402720.jpg

買い直し

先日フレッシュの入ったパックを料理ばさみで切ろうとしたら,ハサミが折れてしまった!、一部折れたハサミの使いにくいことこの上なし、折れた原因はハサミの老化とフレッシュのパックが薄いアルミ板がサンドイッチされていたこと


我が家の直ぐ近くにダイコクドラッグの百均がある、お菓子を買いに行ったついでに料理ばさみを買ったのが上のままごとのようなデザインのハサミ(笑),ちなみにこの百均は今時珍しい消費税込み!


ところがところが、このハサミ料理ばさみとしての用をなさないような切れ味、百均とは言えこれではストレスがたまるので今度はスーパーで少しましなハサミを購入したのが下の写真、切れ味は値段差以上のものがありました


仕事柄工作道具が我が家には一杯ある、昔から文房具を始め包丁などは少し高くても使いやすいものを購入している、包丁も少し切れ味が落ちてくると砥石で切れ味を戻しております、道具って少しでも使い勝手が悪いとイライラしてしまいます、もちろん私の技量の問題もありますがね(笑)


なぜか生活していると同じ時期に次々と不都合を起こし始めるのが不思議

・蛍光灯交換

・パソコン、デスクトップのメールが送信できず、ノートもメールが一時不良に

 インプッドメソッドも誤動作を、OSの入れ直しって大仕事でビビっております

・右膝不良、これは生まれて初めて

・左奥歯が折れた、ただいま治療中


b0057679_09403531.jpg


[PR]
# by push-pull | 2018-05-20 09:45 | ご託&うんちく | Comments(0)

ブレックファースト?

b0057679_09083190.jpg

大丈夫ですか

昨日の朝の8時前、いつも通り上船津橋を渡り堂島川の遊歩道に入ったところでご覧の光景に遭遇!、誰でもが行ける場所では無い、フェンスを乗り越えるか手前のスロープのところから歩いて行くか・・・


見れば靴を脱いでスマホをいじりながらの食事中、完全に寛いでおります、私が前を通ってもチラッとこちらを見ただけでパンを食べ出した、生足短パンで直視するのははばかれるぐらいで、まだ二十歳前後ぐらいですが、メイクを見る限り東洋系の女子と思われる


こんな場所で人間の存在を見たのは初めてで、おまけに女の子なので余計に驚いております


歩きながらや遊歩道のベンチで朝食の姿はたまに見ることがあるが、こんなちょっと危ない場所での朝食はもちろん初めて、さほど高くないがそれでも高所恐怖症の人には絶対行けない場所、そこでものを食べるって凄い!



[PR]
# by push-pull | 2018-05-19 09:10 | 写真 | Comments(0)

ファサードデザイン

b0057679_09022023.jpg

上の写真のでっかい文字が気になった、個人のお家にしたら余りにも大きすぎる(笑)、思い出せば確かこのお家は酒屋さんだったのでは無かろうか、と言うことはお店を辞めてリニューアルしたときに2階の切り文字を取り外さ無かったのと思われる、「もりしげ」と言うのが名前かと思ったら表札には「MORI」の文字が、切り文字は屋号だったのかしら・・・?


そう言えばスーパーに安売りの酒屋さんといろいろお店が出来たので、下町の酒屋さんは次々と潰れていった、私も以前はビールを酒屋さんからケース配達していたが、C型肝炎が発覚しプリン体の存在を知りしばしビールから遠ざかった、それがきっかけで酒屋さんとは縁遠くなった、さらに肝臓の数値が余り下がらなかったとき、医者にお酒ってプリン体云々よりも飲むか飲まないかの問題だと言われたのだ


今では肝臓もなんとか治った、たまに飲む美味しい生ビールはたまりません!


下の写真は確か一度アップしたことがあるお家、その時はアパートのファサードだと思っていたのだが、改めて写真を撮った時に気づいたのだが個人のお家でした、時計もアーチ型の庇もデザインと言うことになる


正面側に表札らしいものが見当たらなかったが、ガスメーターの横にプレートが出ているのに写真で気付いたのですが


b0057679_09022817.jpg


[PR]
# by push-pull | 2018-05-18 09:07 | アート・デザイン | Comments(0)

久し振りの辺見庸登場

b0057679_09200150.jpg

インタビュー

毎日の火曜の夕刊に辺見庸さんのインタビュー記事が載っていた、同世代では数少ない尊敬する作家さんで彼の講演会を2回も聞きに行ったほどです、2回目は体を壊されていて車椅子でステージに、彼を最初に意識したのは共同通信記者時代に書いた「もの食う人びと」だったかな、私もいつも帽子をかぶっているので親近感が・・・


インタビュー記事のタイトルが「物語の無い夢のよう」と付けられていた、かっての辛口のコメントはどこへやら、現代の日本社会を絶望を通り越して無視しております、言葉の端々にはやはり鋭い言葉がちりばめられてはいるのだが・・・


現代の日本社会は完全にファシズム社会、それを批判しようとしないメディアに対して明らかに嫌悪を感じている、かって生ぬるいと思っていた筑紫哲哉さんの言葉も今から考えれば自由に批評精神で語っていたと、それほど今のマスコミが劣化していることになる


さらに現代の政治家には顔が無いと、セクハラの官僚やアベ君などは嘘をついても顔色一つ変わらないと、彼らには民間などという物がすでに存在していないと


久し振りに切り口鮮やかな言葉を聞いてホッとする反面、今の日本はホンマどうしようも無いところに来ていて、過激だった辺見氏が達観というか超越してしまっているのが少々気がかり


写真は新聞のカラー写真を少し加工したものです



[PR]
# by push-pull | 2018-05-17 09:24 | カルチャー | Comments(0)

黒部のほしがれい

b0057679_09082293.jpg

菓子話

富山から帰ってくる時にお土産にもらったお菓子、大阪の私には黒部と聞くと山岳を連想するので、そこに干しカレイだと違和感を感じる、地図をチェックしたら黒部市は海岸から北アルプスへと続く広い市、ちなみに黒部湖や黒部トンネルのある黒部川の上流は立山市でどちらも新潟県に接しております


写真のお菓子は,上品な甘さの小ぶりの最中、同じくお土産に貰った棒茶(ほうじ茶)を入れて最中を戴いたらバッチリでございます


最中って最初は丸型、月見の時に出された丸いお菓子が「もなかの月」と言われたのが始まりらしいが、この手の語源はいつもそうだがヤバイ、四角い最中が出始め月という言葉が無くなったとか


私の場合は基本「粒あん」が好きなので、きんつばを始め最中にミルク金時など皆好物です


ついでに最近よく食べているイカせんべいを激写、いろいろな味のせんべいが一杯入っている袋をよく買っております、イカ味が好きなのですが食べてもよく判らない(笑)


b0057679_09082998.jpg


[PR]
# by push-pull | 2018-05-16 09:08 | ご託&うんちく | Comments(0)

鶏卵価格の?

b0057679_09015256.jpg

算数問題

私の散歩コースの中央市場近くに面白い卸問屋がある、このお店が始めた50円の自販機は今では数が増えたが最初ビックリさせられた、いろいろな食品を扱っているのだが今度は卵のでっかい新しい看板


普通卵って大きい方が高いという認識があるが、看板を見れば解るようにLLサイズが一番安い、一瞬「?」となる、目方で計算するなら同じはずなのだが・・・スーパーで買う10個単位のパッケージになるときが問題なのかな


重さで買うとなると大きい方が個数が減ることになる、我が家の冷蔵庫の卵の重さを量ったら63gありました、計算すると10kgだと約159個になるの、Mサイズとして10個計算すると約107円と言うことになります


計算は出来たが大きい方が安いってやっぱり違和感を感じますね


[PR]
# by push-pull | 2018-05-15 09:05 | ご託&うんちく | Comments(2)

デジカメオートの不思議

b0057679_09250643.jpg

b0057679_09251400.jpg

ボケ写真

昨日は夕方から大阪城公園の野音でチャランポ・ランタンのライブ、全員カッパで大変、久し振りに体中じっとり、笑ったのはライブが終わる頃にほぼ雨が上がったこと、姪達は直ぐ近くのキューズモールで服を買い着替えるぐらいです


先日久利須村から富山の美術館へ行ったときに撮影、富山小杉高岡あたりの道路は街路樹が一杯で美しい、街路樹の道路を走る車の助手席からシャッタ-押したらピントが合わない、何枚か撮影したのだがみんなボケボケでした


走っているからと諦めたのだが、イタイイタイ病で先日またニュースになっていた神通川を渡るとき、鉄橋を撮影しようとシャッターを押したらバッチリ


こればっかりは理由がわからない、でもα6000のオートでこんなボケた写真を撮ったのは初めて、普段撮ろうとしても撮れないのがボケ写真、しかしフィルム時代はいつもピントの合わない写真を沢山撮っておりましたね


b0057679_09252214.jpg




[PR]
# by push-pull | 2018-05-14 09:26 | 写真 | Comments(0)

「あ展」の続き

b0057679_07503928.jpg

富山県立美術館にて

今日は夕方から大阪城野音でチャランポ・ランタンのライブがあるというのに朝から小雨、おまけに昼から大雨とは・・・ガックリ


一度アップした富山県立美術館での展覧会の続き、この展覧会の素晴らしいことの一つは高校生まで入場料無料、他の展覧会ではちと考えられずもちろん初めてです、大人から子供まで十分楽しめるイベントで美術への窓口になれば素晴らしいことです


考えると言うより参加型の感じるイベントかな、前の時に寿司の作品をアップしたがこちらはお弁当、食品サンプルの技法で鱒の寿司・おにぎり・お弁当・懐石弁当?の食材を一つずつ並べてオブジェ、美術の枠をはみ出ていて楽しい


b0057679_07505100.jpg


重力を無視したオブジェ、いくつか並んでいたが仕上がりがとても綺麗でした、最近は樹脂や接着剤の素材にいろいろ新しい物が出てきたからか,構造的に「?」の付く面白いオブジェに出会います


b0057679_07510577.jpg


このストロボの作品は昔見たことがある作家では?・・・思い出せない、その時は動くバレリーナだったような・・・、回転するオブジェとストロボを合わせ動いているように見えるような作品で昔の幻灯の世界の現代版、ストロボ関係はデジカメでは難しい、長時間露光をかければ良いのだがオートと撮ると大半が真っ暗(笑)


b0057679_07511867.jpg

b0057679_07512715.jpg


参加型作品で、人間が廻ると歯車が廻るというシンプルな物だが見ていると楽しい、壁にも長いギアがあり廻るとどんどんと移動していきます、寿司屋も笑ってしまいます


b0057679_07513651.jpg


書体はグラフィックの仕事でもしない限りふれあうことはほとんど無いが、「あ」のタイポグラフィーの作品も沢山あり、面白いので文字に興味を持ちます、他に参加型の映像の作品も多かったが写真ではちと解りにくいですね


[PR]
# by push-pull | 2018-05-13 08:06 | アート・デザイン | Comments(0)
b0057679_09133730.jpg

東大寺・2

東大寺は撮影OKなので安心してシャッターが押せます、今時のミラーレスは感度も抜群でストロボ無し少々暗くてもバッチリでございます


東大寺最初の南大門は引きがないので撮影しなかったが、そこに著名な仁王さんが対で向かい合っている、仁王の本名は金剛力像、二体とも運慶・快慶と思っていたら私の記憶違いで、上の写真の阿形だけ運慶・快慶(伝)で、吽形の方は定覚・湛慶と言われていて木彫で8m以上あります


b0057679_09134642.jpg


b0057679_09135502.jpg


大仏の写真も取り放題ですがどこもかしこも観光客だらけ、ビックリしたのは東大寺だけ子供が非常に多かった、後ろ側からの大仏も貫禄十分、天井の高さがよく判りますが、これでも昔建て直されたときに大仏殿は3分の2ぐらいに小さくなったらしい


b0057679_09140607.jpg


こちらは大仏殿の回廊の置かれているちょっと不気味な「賓頭盧尊者像」、まず読めません調べて解ったのですが「びんずるそんじゃぞう」と言う、お釈迦さんの弟子なのですがお酒で問題を起こしお堂の中に入れてもらえないとか、自分の悪いところを撫でると良くなると言われているのですが、置かれている場所が高く子供では膝あたりが精一杯で。大人でも一番撫でたい頭は無理みたい


奈良散策のために買った「るるぶ」では、かき氷が奈良が発祥と書かれていたので、帰りにお店を探し馬鹿でかいミルク金時を戴きました、この頃のかき氷はふぁふぁの氷なので頭が痛くなりませんね


定覚と賓頭盧の前の空白が何度やっても削除できません不気味!



[PR]
# by push-pull | 2018-05-12 09:18 | 写真 | Comments(0)
b0057679_09250232.jpg

b0057679_09251964.jpg

b0057679_09252814.jpg

東大寺・1

興福寺を後にして最後の東大寺へ、参道はずっと鹿だらけで観光客のせんべいを狙って大集合しております、奈良には著名なお寺が一杯ありますが東大寺の大仏が圧倒的に人気、他のお寺に比べると人が一杯、久し振りに来た大仏はやはり凄いの一言ですね


南大門から中門を抜け大仏殿へのまっすぐな参道はこれからという意味ではなかなか面白い伽藍配置では・・・、他のお寺は全部撮影禁止でしたがここだけはオープン、今から考えれば薬師寺の入館料だけ千円超えで非常に高かったなあ~


700年代の古い建物ですが、何度も被災していて現在の建物は江戸時代とか、メインは国宝の大仏こと盧舎那仏座像で子供頃から何度も見ているのですが見るたびに感動いたします


b0057679_09253916.jpg





[PR]
# by push-pull | 2018-05-11 09:32 | 写真 | Comments(0)
b0057679_09201827.jpg

奈良公園の鹿

時間系列が行ったいり来たりで恐縮ですが、またまた奈良に戻りました


興福寺周辺から奈良公園が始まり春日大社に続いているのですが、久し振りの公園は鹿だらけ、こんなにいたっけと思うぐらい、写真は奈良散策発起人の小四のもう一つの目的の奈良公園の鹿、早速鹿せんべいを買って食べさすのですが、せんべいを持っているとあっという間に鹿が集まってきます


鹿に直ぐに餌をやらないと、攻撃されたり服をかまれたりと大変みたい、観光の東洋系の女性が鹿に服を噛まれ悲鳴を上げていましたが、周りのお友達は皆大笑い


途中でおっちゃんが大量のドングリを袋に入れて鹿に上げていたのだが、ドングリを上げている人を見たのは初めて、ちなみに鹿せんべいは150円


東大寺のところでも別のおっちゃんの周りに鹿が一杯、聞くと「俺が飼ってんねん」の返事、少し話をすると我々にもポケットから次々とドングリを取り出し一杯くれました、おっちゃん曰く、週に2回は奈良公園に大阪から来ているとか,聞いてびっくり、おまけにポケット一杯のドングリが大阪城公園と平城京跡で集めた物とか、話半分でも面白いおっちゃんでございます、話し方から大阪人であることだけは間違いない(笑)



b0057679_09202659.jpg



[PR]
# by push-pull | 2018-05-10 09:21 | イベント | Comments(2)

我が家の暗中軒摸作(サブちゃん)、逆光で輝いております


by PUSH-PULL