2019年 08月 05日 ( 1 )

b0057679_09475989.jpg

b0057679_09481280.jpg

b0057679_09481924.jpg

X+3=1

上のタイトルの数式はゴダールが言う真の音や真のイメージが存在し始める第三のものを見い出すためには、消去することが必要であると、映画の鍵だそうです

昨日のゴダールの映画に触発された美術展、堂島リバービエンナーレは「飼い慣らされて」いないアートとは何かを問い続けている

今回出品の中で名前を知っていたのはゲルハルト・リヒターだけで他の方は知らない作家、どの作品もコラージュがメインで、映画の空音央氏の作品も細切れの映像のコラージュ作品、昨日取り上げたゴダールの「イメージの本」よりは映像に少しだけつながりがありホンの少し理解というか見やすかったがこれも難解


b0057679_09483597.jpg

こちらは佐藤允氏のシュールな絵画、人体解剖のような構図なのだが顔だけが普通なのが余計にシュール感が増加しております

下の写真は鏡かと思ったら,壁に窓を開け透明板に目玉をかいてその空間が非常に面白かった、作品の多くは普段見るアートシーンとはまるで異なっておりますね


b0057679_09482768.jpg






by push-pull | 2019-08-05 09:55 | イベント | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL