2018年 01月 29日 ( 1 )

行列のイベント

b0057679_09284591.jpg

b0057679_09285995.jpg

b0057679_09290905.jpg

ジブリの立体建造物展

昨年始まったときから行くつもりをしていたのだがやっとこさ昨日アベノハルカスへ、話には聞いていたが2階のエレベーター前で列、チケット売り場で列、整理券でまた列、最後に入場するのにまた列と、もちろん入ってからも通路が狭く全部ギュウギュウ、私たちは姪がチケット購入を始め動いてくれたので長時間並ぶこと無く入場することが出来ました、写真は展覧会を見た後で少し客も落ち着いてきていたがグッズ売り場はもう大変、もちろん総合カタログなんかは売り切れ!


宮崎駿を意識したのは1984年の「風の谷のナウシカ」、頭でっかちだったその頃の私にはアニメがこんなに面白いとは衝撃的でした、その前の「カリオストロの城」とはまるで違うアニメ、その直ぐ後にスタジオジブリが設立されたようだ

その後の「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」・・・どの映画も面白く、手塚に続く日本と言うより世界のアニメの巨匠へと


今回の満員の展覧会は、大量のアニメのスケッチやセル画を展示し、平面のアニメの世界を立体で作ると言う逆の発想のイベント、なかなか内容の濃い展覧会で大満足、ジブリ好きにはたまらない展覧会かもしれません


内容は濃かったのだが、やはりスペース広さと導線が問題、ハルカスの美術館が余りにも狭すぎたことと、ハルカスそのもののにフリーのスペースが少なすぎることが混雑の原因、5月にもジブリのイベントがまたあるのだが今度は兵庫県立美術館、はてさて


b0057679_09292278.jpg




[PR]
by push-pull | 2018-01-29 09:37 | イベント | Comments(0)