2015年 04月 18日 ( 1 )

b0057679_8532048.jpg
浅野潜さんと映画を楽しむ会
今村昇平の映画はどれも面白い、にあんちゃん・豚と軍艦・にっぽん昆虫記・赤い殺意・神々の深き欲望・復習は我にあり・楢山節考・黒い雨・・・ずらりと話題作があるがひときわ変なタイトルの「うなぎ」は晩年の作品で1997年、監督は2006年80歳で亡くなっていました

浅野さんの話によりますと、今村監督は大の酒好きで大阪に来る度に連絡があり、なじみのミナミの居酒屋で一緒にお酒を飲んだそうです

奥さんの浮気を見てしまった男が奥さんを殺害、刑務所で飼っていたウナギと一緒に8年の刑期を終え出てきた、極度の人間不信になった男がウナギを飼いながら理髪店を始める、ふとしたことで自殺を図った女性と出会い・・・いたって普通でないストーリーなのだがこれが良くできている

別所の相手役の清水美砂が非常に可愛いのであります、脇も佐藤允に柄本明に常田富士夫に倍賞光子にとそうそうたるメンバーが出ておりますが、刑務所仲間の柄本の演技が強烈です

何故のウナギなのかはよく判らないところが良い、ウナギがストーリー展開のキーポイントになっているのだがそれでもよく判らない、不思議な映画だがちゃんとカンヌで賞を貰っております、この頃から役所広司って良い映画にでておりますな

調べていて初めて知ったのだが、製作発表の時は映画のタイトルは吉村昭原作のタイトル「闇にひらめく」だったのだが、会見の場で今村監督の申し出で「うなぎ」に変更されたとか

千葉の水郷地帯が舞台で、釣りをしたりウナギの仕掛けを入れたりするのだが、無性に釣りがしたくなりました、映画を見た後は何時もみんなで九条商店街にある居酒屋でわいわい騒ぐのですが、ウナギの胆をこの日は注文しました
※写真はネットより拝借
by push-pull | 2015-04-18 08:59 | イベント | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL