2010年 03月 07日 ( 1 )

「言と事」

b0057679_8445870.jpg
たわわごと
もちろん「たわわごと」なる言葉は無い、たわごとは「戯言」だけかと思っていたら「戯事」もありました、しかし戯事なら「ざれごと」と読むのではなかろうか、ばかげたことにも言葉と行為で使い分けているようだ、ばかげた行為を書くとなるとこれはどちらの文字が当てはまるのかと悩む・・・ほどの問題でもなく

・歩き始めて気づく小雨の中スーパーへ出かけた、入れ違いに出てきたご婦人が傘袋を一つ取り、傘を丁寧に袋に入れてから霧雨の中へ消えていった

・「事実は真実に反する」なる言葉を見つけたのだが、妙に納得いたしました

・先日のガリバーのパーチーの席で私の前の初対面の若き乙女に
「今何をされているのですか?」と問いかければ
「ゆっくりしてます」・・・・ま、まいりました

・最近チータイム時に再放送のドラマをみる事が多い、以前見向きもしなかった連ドラをぼやきながらも見ているのは疲れているからだろうか

万柳より
・味噌糞という表現のリアリズム
・本当の門外不出は失敗作

・兄夫婦との食事のため新しくできた高島屋のレストラン街を覗いたらどの飯屋もオバタリアンの列、直ぐに退散・・・フロアーのインテリアも問題

・参院予算委員会に遅刻って大騒ぎ、学校レベル以下

・いま鹿児島県阿久根市の竹原市長の本会議出席拒否が気になっております

・昨日が啓蟄だそうで、雨上がりの庭をしばし眺めておりましたが何もモゾモゾしておりません、魔物も現れません、世界時での啓蟄は3月5日16:46

二十四節気とは
立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・ 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒 露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒・・・だそうですが知らない言葉が一杯、何故に「啓蟄」などと言う世間離れした言葉が特に使われるのか不思議
by PUSH-PULL | 2010-03-07 08:58 | ご託&うんちく | Comments(2)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL