2008年 03月 06日 ( 1 )

割り干し大根

b0057679_902796.jpg
手作りは旨い
かなり前になるが富山から美味しい大根がいっぱいやってきて、「ブリ大根」に始まって「豚バラ大根」に「すじ肉大根」とどれも美味しく戴きました

後はシャキシャキの大根サラダにぬか漬け、今回は作らなかったが大根飯と大根餅も大好きである、そして初挑戦したのが「割り干し大根漬け」、やっぱり手作りは旨い!

冬の太陽を一杯浴びた割り干し大根は旨味が増し市販品とは大違い、苦節10年?いや1ヶ月ほど軒に吊して乾燥した割り干しを湯で洗うように戻してから甘酢漬けに、割り干しとはまさに読んで字のごとしで大根の頭を残して包丁を入れ6〜8等分し紐を掛けて干す
切り干し大根も大好きで煮物もハリハリ(甘酢漬けなのだがこの言い方はローカルかな?)があるのだが割り干しの方は食感がまるで違う、つまり歯ごたえがあるのだ

私自身歯ごたえのあるのが大好きその代表がスルメ、干し貝柱も大好きなのだが価格が異常なほど高い
固さでは最近は作って食べる機会が全くなくなったのがお鏡、固い鏡開きした餅のヒビに包丁を突っ込んで割る、そのまんま火鉢の網に載せる、餅が少し温かくなると手で割れるようになる、段々と焦げ目が付いてきたら七味を入れたお醤油を付け海苔を巻いて食う!これが固さの最高記録で後はお茶があればなおよろしい

そう言えば縁日で見かける堅焼き煎餅を見かけなくなったのだが、これはホンマに固い!下手に噛むと歯をいわすので金槌類が必要な煎餅であるが素朴な味で美味しい

今日の割り干し大根漬けは戻し時間が少し短かったので、あまり大きくならずより歯ごたえがありました
b0057679_961633.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2008-03-06 09:09 | うまいもん | Comments(2)

公園ののららで、一番お気に入りのロン毛の三毛、ええ顔してます


by PUSH-PULL