2007年 07月 19日 ( 1 )

頂き物二題

b0057679_855422.jpg
見た目と中身
先日までそれぞれのパートを練習していた蝉たちが今朝一斉に合唱を始めた、まだ私の持病の耳鳴りに共鳴するほどの凛とした合唱ではなくただただ喧しいだけである、もう少ししたらあのうねりのような鳴き声になると思うと少々気が重い

上の写真を見て何か判ったらかなりの食通あるいは地方名物に詳しい方であろう、サバ寿司に見える方は〆鯖のカマボコで変わった形の玉子焼きに見えるのが辛子レンコンである

しめ鯖も辛子レンコンも大好きな食べ物で辛子レンコンは自分で作るわけにもいかず食べるのはめちゃ久しぶりである、しかし私の期待したあのツーンとした鼻に抜けるような辛さがないので少々物足りない、そう言えば二十数年前に辛子レンコンで死亡者もでた食中毒があったのを思い出したのだが、貝割れと言い食中毒は恐ろしい

辛子レンコンのレシピを調べたら上の写真で判るように黄色い衣は、小麦粉にターメリックを混ぜ辛子を詰めたレンコンにからめてから揚げていました、菜種油で揚げるとターメリックの色がよくでてまるで玉子のような色合いになるそうである、一切れ食べてみて思ったのだが今度は思いっきり辛い辛子レンコンを食べてみたいのだ

サバのカマボコは見た目は完全にサバ寿司である、薄く切ってワサビ醤油で戴いたのだが、なかなかあっさりしていて美味しく練り物とよく合っていました、やはり先日の厚焼き玉子と言い著名なお取り寄せ名品は味付けがあっさりしている場合が多い、庶民的な味が好きな私には少々物足りないのである

〆鯖を含め青魚の酢締めは大好きである、魚売り場の安売りの魚でも手でふれ鮮度が良いのが判るとすぐに酢で締める、小さい魚だと三十分から一時間ぐらいの酢洗いに近いのが大好きで安くて美味しいおかずがあっという間に出来上がる、昨年からのサンマや今年に入ってからのイワシも手頃な値段で買えるのが嬉しい

昨日現在で一番安かったのはアジで早速タタキにして戴きましたが、骨などの残り物は犬々用に煮るのがお約束、残念なのは肝心の鯖が一向に安くならない、小振りの鯖と塩鯖はたたき売りしているのに不思議なのだ
b0057679_8553996.jpg

by PUSH-PULL | 2007-07-19 09:01 | うまいもん | Comments(4)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL