2006年 02月 28日 ( 1 )

光ブロードバンド

b0057679_10405368.jpg
情報って?
二十代で読んだ本の中で強烈に記憶に残っているものに「二十一世紀の精神」がある、宗教と工学と編集の対談なのであるが、人間の体とは物体の密なる集合体ではなく実は隙間だらけで、宇宙から降り注ぐ量子だの光子だの有りとあらゆる細かいものが体をすり抜けている

その隙間だらけの物体が生まれ成長しモノを考え痛みを感じそして朽ちていく、考え方でいかに今見ているものが違って見えるかを初めて知り驚愕した、しかもその作者でもある松岡正剛が私と同世代であることにも驚かされた、ずっと後になってからG氏を介し会うことも出来ましたが

今リアルタイムに私の廻りを電波が飛び交いテレビや携帯がコード無しで使え、電子レンジや高圧線の近くでは強烈な電磁波を発生し、人間の脳をゆっくりと冒していくことを頭で理解し出来ても、感覚的には信じることは出来ない

写真は私が使っているパソコンのインターネット用の光ファイバー取り込み部分である
日本の町の景観の醜悪さの一つに電信柱と電線がある、新しく発達した通信網の有線も光もその醜い電線に相乗りし、何処でどう話をつけたか知らないがドンドンケーブルは増え続け古い電信柱は現実問題として張力と重力に耐えかねて傾いている柱を見る始末

もしこれでぶっ倒れたら管理しているNTTはどう落とし前をつけるのだろうかと、今から楽しみである、えっ?

どうして地下に埋設しなかったのか理由は知らないが、改めて眺めてみると折角の青空がだいなしでこれが都会の空かと情けない思いがする

ADSLだのISDNだの光ブロードバンドだのお洒落に宣伝しているが、現実の電線はもうそれはグチャグチャでとりとめと無くどれがどれだか業者が見ても解らないぐらい入り乱れているのである

おまけに私の目の前を電磁波だの電波だのが私の断り無しに通り過ぎていると思うだけで腹が立つ

NTTの宣伝にまんまと載せられ(実はかなり安くなる)電話もネットも全部光ブロードバンドに替えようと申し込んだら、数ヶ月待ちで、パソコン接続のためのCTU(これがないと光がパソコン接続できない)やIP電話アダプター(これがないと光が電話と繋がらない)のまともな印刷物さえまだ出来ていない有様
「責任者出てこい!」
by PUSH-PULL | 2006-02-28 11:01 | ご託&うんちく | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL