2005年 11月 25日 ( 1 )

耐震偽造の資格

b0057679_8201190.jpg
ヒューザー 小嶋進
オジマススムは昨日あたりから釈明?のためTVメディアに出まくっている、もし彼に高額の出演料を払っているとしたら甚だ問題である
局側のコメンテーターが建築に疎いのと「買った人の気持ちを考えて」と言うような感情論の質問なんぞこの人には論外で、質問のポイントが国会質疑応答の野党レベルでは問題にならない、結果かれの自信満々の謝罪と応答がありおぞましくも笑ってしまった、私としてはコーヒーブレイク時のバラエティー番組を楽しむ事が出来て申し訳ないのだが

昔、北方領土問題やODAでやり玉に挙がった鈴木宗男のTV出演の時と同じで、彼等には「事件に対する罪の意識が皆無」なのである、これは先日の中学生の同級生殺しと同じで自分中心の論理だけの善悪が成立している、事件を起こした張本人にもかかわらずメディアに出ると言う自己顕示欲はどこから生まれるのだろうか?それとも自己の論理で世間を納得させられるとでも思っているとしたら・・・

三笠宮が私的な発言として女性・女系天皇に反対しているが、日本のロイヤルのように生まれてからずっと民間と接触する機会もなく純粋培養で教育を受けたならばともかく、普通に生まれ普通に育ってこうなれたらかなりのもんである

b0057679_8223311.jpg事件が発覚した2日後にゴルフに出かけたことを記者に突っ込まれ、僅か5日前のことなのに「記憶にない、今手帖を持っていないので判らない」と発言し、それでも突っ込まれると「ゴルフをすることの何処が悪いんですか?」と逆切れした

彼は自社宣伝のための本を出版している、問題のマンションの一つが建築の賞を2個も貰っているとは建築業界環境がいかに素晴らしいかを物語り、関東圏の住宅供給率が僅か5年で1等賞になっている、彼の釈明を読みたい方は次のアドレスで
http://www.huser.co.jp/index1.html

未だ表に出ず不当たり手形を発行、すぐにでも破産手続きを取ろうとしている木村建設も同じく本を出版している、その「木村イズム 『現場力』で勝つ!」で普通1年かかる建築工期を半年でやると豪語しているのだ、木村建設の破産は銀行が真っ先に貸付資金を引き上げたようで、いつもながら銀行の素早さと薄情さが表れている、私の京都生活時代に仕事先の会社が倒産し何故か債権者会議の代表になってしまった、延々と銀行相手に争ったが戻ってきたのは僅か7%と言う苦い思い出を呼び覚ましてしまった

構造計算の姉歯がやり玉に挙がり事件発覚の張本人になっているが、建築全体から見ると構造計算は大事な仕事だがあくまで下請けの末端作業ではないだろうか、何れにしても建築主と建築基本設計がメインであることは間違いない

瑕疵責任などという普段使わない言葉が活字になっている、今や「瑕疵→仮死」で自己責任が取れないなら法的に抹殺しなければならないのだが、生憎日本の建築法では難しく破産されてしまったらもうどうしようもないのが事実である

TVカメラの前でホリエモンよろしく、自分のことを「オジャマモン」(名前がオジマだから)と呼んでくれと言うオッサンは完全に金正日と同じ教育を受けたか、オームで育ったか、チンケな帝王教育を受けたか、間違いない
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-11-25 08:46 | ご託&うんちく | Comments(4)