2005年 10月 30日 ( 1 )

これが今の日本です

b0057679_1135738.jpg
本当ですか?
今日も昨日に続いて「ネタが切れ時の食いもんだのみ」の予定だったが、金曜土曜の新聞を見て気が変わった、退屈な政治ネタで恐縮だが私としてはどうしても言っておかなければ気が済まない

23日「経団連会長ら胡主席と極秘会談」「平和運動の秋月辰一郎さん死去」
24日「常任理志向5大国の壁、国連に協力するが、軍事的貢献はしない」
25日野中氏「会食出席全面拒否」社説「政治資金、イタチごっこに終止符を」「ハンセン病日本統治下強制収容」閣議決定「首相の参拝公約公的資格でない」小さな記事で「普天間移転先で日米大詰め調整」米ポスト紙に首相「中国は反日感情を作り出している」
26日「女性天皇を認める」「戦没者追悼施設建設へ」「普天間移設、日米沿岸案で合意」
27日「米側要求で規模拡大」「受け身際だつ小泉政権」「イラク米兵死者2000人」「普天間移設、政府が県に説明」在日障害者「無年金訴訟2審も敗訴」米安全保障局「地中貫通型核を断念」
28日「F15訓練 小松など3基地も」「日韓外相会議 関係修復溝埋まらず」「米軍再編合意 不信渦巻く地元」「踏みにじる非核三原則」・・・そして上の写真へと続く
日本シリーズの記事と同時に新聞に掲載されていたが少しは寒気がしませんか?

六〇年安保に乗り遅れ、気づいた時は学生運動は内部抗争と分派党争だらけでショックを受けた私だが、かっての何十万の学生運動を指揮した全学連の幹部達は今日本のありとあらゆる組織の中枢に存在するはず!かって私達に語りかけた人たちは今どこにいるのだろうか?東大闘争を始め活字に踊る指導者達はエリートで論理的で行動的だった

60〜70年代にこんな記事が発覚しようモノなら、直ちに大学ではストと封鎖、共産党を含むありとあらゆる組織がデモを行い新聞の一面を飾ったに違いない

b0057679_112189.jpg憲法改悪や日米安保強化が目の前に現実の問題として露出しているのにどうだこの静けさは?色々なメディアで発言できる場所を持つ政治家・文化人・評論家のコメントが一切無い、おまけに何の行動も見られない
市民レベルでは各地で基地移転反対署名運動や憲法改悪阻止の運動が積極的に行われているが、それをくみ上げるトップが誰もいないとは・・・

今回の日米外務・防衛閣僚会談に出席した大野防衛庁長官の発言を聞いていると、やっぱり日本はアメリカの属国で未だに占領下に置かれていることを身にしみて感じた、沖縄県本島の米軍基地は19%もあり5万人近くも米軍関係者が住んでいる、はっきり言ってこの規模は一つの町である

`58年のエンタープライズ佐世保寄港阻止闘争や`60年国会突入の樺美智子さんの死は何だったろう?どうしてみんなこんなにも右傾化していくだろうか?
そんなにアメリカが好きですか?アメリカの侵略に荷担したいですか?そんなに戦争を始めたいですか?もう一度天皇を担ぎ出して何をするきですか?日の丸を掲げ君が代を歌って幸せですか?

一番大事なのは自分と家族そして友達そして国、その自分と家族をないがしろにして何が出来るのだろう、阪神4連敗を含め一人毒づいている今日この頃です
[PR]
by PUSH-PULL | 2005-10-30 11:08 | 私事 | Comments(0)