2005年 08月 14日 ( 1 )

氷見の海

b0057679_8584985.jpg
ご馳走
1年ぶりの水中散歩である、昨年久しぶりに海に入って気づいたのだがお腹の回りの脂肪が邪魔してすんなりと潜らしてくれない、勿論ウェートは持ってきていないのでフィンが美味く使えない(笑)

通常ウェートは体重の10分の1位で水中に静止するのだが、私の場合完全に沈んで行くほど比重が重いののですがこれは本当です大学時代に調べて解ったのだ、調査員曰く「あなたは水泳に向いていません!」

b0057679_859234.jpg言い訳はこれぐらいにして、昨日の成果は大きなサザエ・亀の手・ガンガラ・小さなアワビ。釣り組がキス・ベラ・ガッチョ・チャリコ、海からの帰りに岩ガキ(大3個650円、これは安い)等を買って豪華な夕食と相成った

サザエの刺身はうまくできず急遽炭をいこして炭火焼きに変更、初物はベラの叩きで味噌で味を調え最後に酢を一降り、これが酒の肴になかなかでしたなあ

メインディッシュは串カツで、ことのほか採れたてのズッキーニやミニトマト・茄子のカツが美味しかった、食卓に並んだ総菜の中で輸入品は子ども達用に買った海老ぐらいかな?
もちろんソースもオリジナルブレンド、カツも小麦粉に卵やタマネギを刷り込んだりでかりっと上手く揚がりました

少し前にも書きましたが「亀の手」って本当に旨い、今度は採ってすぐ茹でただけに格段に美味しくなりました見かけはグロテスクでとても口にできると思えないだけに驚きです、一度機会があれば是非食べられたし
勿論岩垣は絶品で、死海の塩とバージンオリーブオイルとスダチによく合いました

仕事がらみで「ウミウシ」のことが気になっていたのですが、注意深く岩場を覗いてみると棲息していましたねえ!黄色の体に鮮やかなブルーの縞模様にオレンジの角、ビックリするほど綺麗で直ぐ近くでこちらを見ている大きなワタリガニを気にしながら息が続く限りずっと眺めていました
by PUSH-PULL | 2005-08-14 09:13 | うまいもん | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL