「レス・ポールの伝説」・・・シネ・ヌーヴォ

b0057679_8183228.jpg
映画と薬膳粥
音楽好きならギターの代名詞でもあるレス・ポールの名前をご存じではなかろうか、`07年に作られた映画で彼は90歳を超えてもまだ現役で頑張っているのである、音楽はジャンルに関係なく大好きなのだが残念ながらご幼少の頃の音楽環境及び音楽教育に恵まれず音楽的才能はゼロに近い(笑)

エレキギターの代名詞でもあるギブソンのレスポールモデルはあまりにも有名であるが、彼が自分で多重録音を最初に始めたり電気ギターだのを自分で作っていたとは知りませんでした、単なるギタリストの演奏の枠を飛び越え常に今までにない音を求めて時代の1歩も2歩も前に進んでいたことになる

カントリーに始まってブルースからジャズ、スタンダードナンバーからポップスにロックまですべてこなし、その演奏法は神業に近い早弾きである

奥さんメリー・フォードとの「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」を始め、チャット・アトキンスと組んだ「チェスター&レスター」、全編彼の曲が流れるのだが意外と知っていたのには驚きました

最近の映像だと思うがキース・リチャードやB・B・キングとのセッションは涙ものである、しかし残念なのはレスポールをもう一度有名にしたエリック・クラプトンの存在が語られていない、ロックシーンにおけるマーシャルアンプとの関係もない、ビートルズを登場させるならベーシストのポールより絶対ジョンを出すべきでは

映像で少しだけ流れた史上最高のロックギタリストのジミー・ヘンドリックスはフェンダーのストラストキャスターもレスポールも使っていたが、やっぱりロックの主流はソリッドのエレクトリックギターのフェンダーなのかなあ、いずれにしてもド素人の発言と聞き流してくださいな

b0057679_8192598.jpg上映時間の都合で朝一番に見たのだが、出来うればこの手の映画は一杯引っかけてから夕方から見たい、そして映画の余韻に浸りながら観賞後は飲みに行きたかったな〜!

映画が終わったのが丁度お昼、シネ・ヌーヴォの女性に聞いて出かけた九条商店街の横っちょにあるカフェ「アーキンエルベ」、薬膳粥のお昼ご飯が抜群でなんとお値段が380円!
椎茸、塩昆布、大豆、ピーナッツ、カボチャ・・・絶妙の組み合わせと味付け、薬膳と言えばあまり美味しいイメージが無かったのだが改心いたしました

いつものことながら美味しそうな物を出されるとすっかり写真撮影を忘れてしまう私でございます
by PUSH-PULL | 2008-10-30 08:24 | カルチャー | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL