ジュリー→沢田

b0057679_8183332.jpg
還暦
何気なくチャンネルを移動していたら沢田が出てきた、今年で60歳、還暦を記念して6時間と言うとんでもないライブを大阪ドームでやるらしい、見たのはNHK11時「SONGS」

何よりも驚いたのは年とともに顔も体型も変わり昔のジュリーの面影はないのだが、歌声は少しも変わらず若いままでより声にハリと艶が出ていた、体型のことは自分を見れば人様のことをとやかく言う資格は一切ないのは判っているのだがやっぱりジュリーでいて欲しかった、タイガースを経てソロになってからも彼の歌は全部ヒットした曲ばかりで、覚えた記憶もないのに歌詞が次々と出てくるのである
2週続き番組と言うことで今週ヨタヨタの我が半珍キャッツ試合の後再びNHKで第2部を見た

タイガース時代の彼は話だけの存在、私が京都でロックコンサートに色々と絡んでいたこともあって西部講堂で1971年に立ち上げた「MOJOWEST」の最初に出てもらったのが、タイガース解散後最初のバンド「PYG」
PYGは僅か1年少々で解散したので音楽シーンの記憶に薄いが、ボーカルがジュリーとショーケンという夢のバンドだった

京大の敷地内にある学生自治の西部講堂はキャパがギッチリ詰めて800人あたりの小さなスペースだがまさに超満員、前半分がタイガースとテンプターズ時代からの熱烈なファンの少女達、後ろ半分がちょっと危ないロックファンと言う異様な客席だった

コンサートの後の打ち上げはいつもスペースが広いと言うことで私が居を構えていた九条山のアトリエ、おかげで日本のロックミュージシャンやお芝居関係と非常に親しくなった、まさにスターでケチの付けようのない格好いい男だった

2度目が円山音楽堂の「MOJOWEST」にフラワートラベリンバンド達が出演していたときの飛び入り参加
そしてその次は彼の結婚を記念しての比叡山の野外コンサート、これは3万近い若者が集まり朝からコンサートが始まるというちょっとウッドストックを意識したコンサートになった

TVで見る彼の姿は年を経ているが彼の口から流れでる歌声は昔のままなのが非常に不思議なのだ
僕のマリー・シーサイドバウンド・モナリザの微笑み・ダーリン・勝手にしやがれ・サムライ・LOVE抱きしめたい・カサブランカダンディ・TOKIO・ストリッパー・時の過ぎゆくままに・危険な二人・君を乗せて・・・・

面白いのはタイガース時代一度も沢田はNHKに出演していない、と言うより局そのものがGSを拒否したのだ、そう言う意味では今もあそこは日の丸を掲げ思想的にも変わっとらんのだが、笑うのはネタがそのNHKなのだ
そして今日の写真はタイガース時代のヒット曲「君だけに愛を」・・・それでもやっぱりかっこ良いのである
Commented by GuGuGammo at 2008-09-26 13:32 x
.。o○姉の友達が、ファニーズ時代から
おっかけをしておりましたなあ。
\(^o^)/ アシベだとかナンバ一番だとか地方へとか、東奔西走、南船北馬で
おっかけまわしておられました。
1980年代はじめごろまでは本当に
かっこよかったのに、なにやら急に
肥満になられましたが、最近はまた
しぼんでまずまずの体格のようです。
Commented by PUSH-PULL at 2008-09-26 16:38 x
私の廻りには今も追っかけが存在し、aikoだの嵐だのと騒いでおりますが、私にはその心境が理解不能!
たいがいのモノは一度見たらそれで満足してしまいます
by PUSH-PULL | 2008-09-26 08:33 | 私事 | Comments(2)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL