うずらと上原ゼンジ

b0057679_955386.jpg
おもしろ写真
私がパソコンに初めてふれてからもう10数年経つ、機能も何もかも格段に良くなったが今のシステムはほぼ成熟したのではないだろうか、パソコンに変わる新しい物があるとしたらきっとそれは新しい入力システムが出来たときであろう、それはまるで見たこともないカタチになるのでは

ネットの世界も信じられないぐらい早くなり情報量も増えたが、大きなスパンで見れば量が増えただけで何も変わっていないとも言える

写真だの音楽にとってネットは新しい伝達システムだと言って間違いない、ipodのダウンロードだけでも億単位と言うから想像できない数字である

で、ネットで知った作家さんは沢山存在するが最近では「上原ゼンジ」、気になるとやはり直接見たくなり本を買ってしまう、アマゾンだと1500円以上は送料無料でうまくいけばクソ丁寧に梱包され次の日に届くというわけだ


今回の「うずらの世界」はさすが森山大道氏が帯を書くだけあって良くできた本である、私の大好きなマクロレンズ撮影からカラーマネージメントに出版まで、言葉通りウズラが一つの宇宙空間になっているところが素晴らしい

1年前に出された「カメラプラス」という本も持っているが、こちらはおもしろ撮影のハウツーに近く写真そのものは「?」が付くのだが、今回のウズラの本はどれもなかなか面白く美しい

彼は写真家と言うより「考え屋」さんである、その考え方がすごくキッチュでマニアックなのだ、何処にでもある身の回りの物がばんばん登場する、それが写真となって目の前に現れるわけだがこれが結構楽しいのである、一つ間違えば夏休みの宿題の延長線上に見えるかもしれないのだが、今回のウズラは一つの図鑑としての写真集に仕上がっている、図鑑という文字を打ち込んでいたら突然大道氏の親友である中平卓馬を思い出した

私もお稽古代わりに魚眼写真に挑戦してみました
b0057679_982924.jpg

Commented by noriko_muratani at 2008-09-12 09:49
地球のような青いウズラ卵。
身近な物からこんな世界が開けるとは目から鱗です。
Commented by GuGuGammo at 2008-09-12 12:28 x
.。o○妖星ゴラスぢゃあ。。!!
  蠱惑の美ですな。\(^o^)/
Commented by PUSH-PULL at 2008-09-13 08:07
私の記憶にない東宝の特撮映画が出てきますね、今見たら笑うやろか?
Commented by 白髭 at 2008-09-24 09:12 x
またまたジュンク堂で座り読みしてきました。なかなか楽しい本ですが 最後の撮影のからくりや 「カラーマネージメント」の話が勉強になりました。あまり写真をいじり廻すのは好きではありませんが これはこれで一つの世界ですね。
お稽古代りの写真は どう撮影されましたか???  面白いですね。秘密を教えてください。
Commented by PUSH-PULL at 2008-09-24 10:21 x
会の方はあまり写真に興味がないような(笑)そこややっぱり手作りの手作りたるゆえんでしょうね
仕事柄私も写真その後が非常に気になります、版下から製版印刷まで
ビー玉だと表面が思いの外ざらざらで写り込みの画像が歪みます、家にあった水晶玉の写り込みをバカデジマクロで撮影
本当は筒を作れば完璧なのですが手抜きで手持ち(笑)、パソコンで切り抜きました、画像はポジネガを反転しただけです
by PUSH-PULL | 2008-09-12 09:23 | カルチャー | Comments(5)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL
カレンダー