校庭のカメさん

b0057679_10215978.jpg
少し多いかな
投票に行って来ました、6年間通った小学校の記憶がどんどん希薄になっている、勿論私が行っていた頃とは校舎も建て替えられまるで違った空間なのだが私の記憶の中の映像がどう組み合わしてもスケール的に合わないのである

池のカメさんの絵を1枚収めた後アップで撮ろうと近寄った瞬間、あんなけゆっくりしたいた筈なのにあっと言う間に潜りどこかに行ってしまった、若者の姿は少ないがいつもより投票に行く人が多いような気がする

行く前に選挙公報を改めて見たのだが、各党ともバラ色の公約を色々と掲げている中で自民党だけ候補者の写真だけ、書かれた文字は「改革実行。成長を実感に!」だけでこれほど人を馬鹿にしたスローガンはない、シンゾウ君は何を改革し何実感しようと言うのか

確か選挙前には壊憲や燃金問題など色々公約を掲げていたはずなのにシンゾウ君はとうとう拳を握りしめ実行と実感だけ悲壮な声で連呼する、協力政党の公明党を民主党と言い間違えるとまさに哀れ

比例代表制度そのものが今や納得がいかないのも事実だが、顔ぶれを見て気になるのはタレント議員、あれほどテレビで文句ばっかり垂れていたのに、いざ立候補となると何と自民党に傘の下、ますぞえ(何時の間にひらがなに?)、もっとひどいのはヤンキー先生こと義家弘介でまさか寄らば何とかの自民からとはあきれてものが言えません、弁護士の丸山に至っては今まで発言してきたことが総て嘘に見える、国会で何してきたかよく判らない女性陣、川口元外務大臣・スケートの橋本・中山拉致問題担当・まだいた三東

これは民主にも言えることでゴルフのさくらパパなどは党にとってプラスになるとは思えないのである、その点社民と共産は真面目であるが、野次馬的に見れば出馬しても自分のタレント生命に繋がらないからだろう

共生新党って何をする気なのかさっぱり理解できない、紀章のおっさんは都知事選に出たあたりから変である、公約などはまさにつまみ食いで理解不能、おまけに自分のかあちゃんまで出馬させ悲惨な感じがするのだが候補者の写真も経歴も一切無い、紀章本人の顔が写真が悪かったのかまさに妖怪!なのである、興味がある方は一度広報を見られたし笑うこと間違いない
それにしても年の食った憧れの文子さんの顔をこんな形でテレビで見たくなかったなあ

新党日本は選挙前から分裂状態で康夫ちゃんの統率力なさというかワンマン振りが目に付く。当選したら残りのメンバーはすぐにでも「シンゾウ君、あ〜そ〜ぼ〜」って行くんやろなあ

維新政党・新風に至ってはまだ政党ではなく政治団体で、「取り戻せ!国家の埃と日本の暗し」なんてこと掲げているが、早い話が核武装に教育勅語復活とはまさに戦争を知らない50代という若さなのに薄気味悪く、神職と新右翼の顔を持っている

年金問題で少々困り気味の公明党だが、創価学会のタレントの動きが不気味である、大阪で応援に駆けつけたお笑いの久本あたりは普段全然違う顔を持っているので「?」宗教団体のことをとやかく言う気はないが政治が絡んで来るとやはり気になります、面白くもないのにテレビに良く出るタレントを見てると裏で何か?とうがった見方としてしまうぐらい創価学会タレントは多い

国民新党は郵政問題がなければ今でも全員自民党のままなのだが比例の広報を見て驚いた、あの「フジモリ」の顔がある、ペルー大統領に戻るのは諦めたのかしら、他にもゴヤだのペマだのじみだの、変わった名前の人が多い

女性党って何時も候補者を立てる、今回も10名も立候補しているが誰も経歴が書かれていないのでさっぱり判りません、公約で子供のために18兆以上無料で配る案は面白いがその「財源はあると考えています」だけしか書いていないのは問題だっせ

気になったのが9条ネット、元レバノン大使の天木や37才の大学院生やベトナム反戦上がりの不動産屋社長やミュージシャンなど顔ぶれは豊富、でもどうなってしまったか心配していた新社会党委員長の栗原元参議院議員がいてました

若者の姿が少ないのは政治に興味がないよりも、政治や選挙を語ることが格好悪いと思っているからだからと思う、世の中のことを気にはしていても知らんふり、もう一度政治そのものよりも政党と政治家の活動そのものを一から見直した方がいいのかも知れない
b0057679_10222899.jpg

by PUSH-PULL | 2007-07-29 10:36 | ご託&うんちく | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL