7月7日薄曇り

b0057679_852565.jpg
命日
7月7日は我が最愛の友「五里」の命日である、今年は土曜が7日だったので3回目の偲ぶ会を開催した

京都は東山通りの丸太町北西に聖護院がある、そのすぐ横に蕎麦の河道屋が店を構えていて例年そこで「養老鍋」を食べながら歓談することにしている、静かな座敷で中庭を眺めながら鍋をつつくのも大阪ではなかなか出来ない、特に焼酎のそば湯割りは蕎麦屋ならではの贅沢で美味い 

前日に持っていくアルバムや寄せられたはがきを見ていると忘れていた彼との思い出がどっと出てくるので困った、最後の1年あまりの闘病生活の頃の写真は見ているだけでも辛いものがある

京都で生まれ京都で育った男だが珍しく大阪が大好きだった、通常の京都人は大阪のゴミゴミした所と柄の悪さを敬遠し端から大阪には入ってこず大阪を通り越して神戸まで足を延ばす

昨夜も口の悪い京都に住む男が、「京都人はなんやかんや格好つけるけど、ホンマはお金が好きなだけや」とバッサリと切り捨てる、言われてみるとなるほどと思えなくもない
b0057679_8534715.jpg

購入したまま一度も走らすことなく旅だった彼が、自慢のバイク「ワルキューレ」で颯爽と天空を駆けめぐっているであろうことは間違いない
Commented by sumiyakist at 2007-07-08 16:19
遠隔地なので参加できないのはお許し願うとして、ハガキメッセージを送りそびれてしまったのは、まことに申し訳ない。いろいろ催しが続いて、やっと終わったのでやれやれとばかりに、建造の折にはゴリさんが采配をふるってくれた炭焼き小屋の修繕にとりかかってしまって、メハガキを出すのを失念していた。
バイクといえば、エルシノアであったり、スズキ・カタナであったり、またある時は郵便カブであったりしたが、現れる時はいつも唐突にバイクで、というのがゴリさんのスタイルだったね。
山中のわが村にたまに、バイクが上がってくると、いまでも、「ゴリさんか?」と思ってしまうことがある。そのうち天翔(かけ)るワルキューレで訪れてくるるだろうかなぁ。
Commented by hobomovie at 2007-07-08 20:51
ワタシが子供の頃は、「ゴリラ」というちっちゃいバイクで現れたのが印象的でした。「ごりさんが『ゴリラ』って」と、子供たちにはかなりウケておりましたわ…それを狙ってたのかな…?
mmm まやぞー mmm
Commented by PUSH-PULL at 2007-07-09 08:29
スミヤキストさん、ほぼムービーさんご機嫌さん、我が家には彼の残像があちこちに今も散在していて時々眺めては唸っております
今、遺跡の調度品のレプリカを作っているのですが、彫金仕事だけに彼のヘルプを頼みたくなりました、柄にもなく細かい仕事が俺よりずっと上手かった
by PUSH-PULL | 2007-07-08 09:00 | 私事 | Comments(3)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL