掛け時計

b0057679_11273565.jpg
クロック&ウオッチ
小さい頃壁に掛けられた時計のネジを巻くのが私の仕事だった、勿論背が届くわけでなく椅子を置いて四角い穴の開いた蝶型のネジ巻きを使って振り子用と時報用のネジを巻くのだがどちらも内向きなので、右側の時報用は逆ネジだったのだろう

大きくなった頃には既に動かなくなり仕舞って置いたが、たまたま時計屋さんと知り合う機会があり修理をお願いしたら安く修理できました、しかし動き出したのは良いが子供時代を急に思い出した、週に一度は絶対にネジを巻かないと時計が止まってしまうことである、おまけに24時間お構いなく定時と半には音がなる、つまり12時には12回ボーンとなるわけで・・・・結局時計はいつの間にか動かなくなっていた
多分アメリカ製のアンソニー?だったと思う

公園にお住まいの方の調度品に掛け時計がある、勿論電池式だと思うのだが振り子も付いている、凄いのは時刻がいつ見て正確に合っていること、今朝犬々の散歩で見る時計は何時もと同じ時計なのに、屋外で見る掛け時計と言う違和感が超現実さへと思考回路がねじ曲がった

日本語では全て「時計」(懐中、置き、腕、掛けとかで区別)だが英語読みは先日の煙突と同じで区別しているようだが、決して私に英語の話は質問しないようにお願いします

いつの間にかどの部屋の掛け時計もクオーツになりで無音で滑るように秒針が廻っている、それにしてもこの時計の値段の安さはどういうこと何だろう?価値観から判断すれば尋常ではない
by PUSH-PULL | 2006-03-07 11:32 | ご託&うんちく | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL