選挙の裏側

b0057679_9423670.jpg
9.11
よりによって何故この日を選んだのか?選挙の度に苛立つのは何故?

20代の頃1度だけ選挙に行った私だがその後あらゆる国政にいっさい参加しなかった、それが年と共にもう一度期待を抱くようになりそれからは欠かさず選挙に出かけている
「歌を歌ったぐらいで革命が出来るか!」なんぞと喚いたぐらいですからたかが知れています、かっては学生運動にも3派13流と多数の派閥があったが内部抗争と生活環境の変化で自然と衰退していった

私の体の中に脈々と収まることなく流れているのは、それは革命がどうのとか憲法がどうのとかと言うより私の廻りを取り巻く理不尽なことに無性に腹が立つ感覚である

高校時代に生徒会長をやったのも私を縛る校則を変えたかっただけ、大学時代の自治会委員もすべて要因は同じである、最近になっても広告塔の光害の問題で阪神住建相手に近隣の住民と一緒に民事訴訟を起こし1年がかりで権利を行使できたのも同じ

村山時代が生まれたとき少しは国政に期待感を抱いたがものの見事に失脚し、今は哀れなほどどこにも社会党の面影はない、超タカ派のコイズミが頭になってから日本は急速に危ないほど右傾化している、タカ派ならタカ派らしく論陣を張ればそれはそれなりに成り立つのだが、悲しきかな彼にそれだけの能力はなくポチとしてブッシュにしっぽを振るだけである

バックに財閥も派閥も持たぬ彼がここまでのし上げれたのは、たまたま競争相手が居なかったせいもあるがルックスとあの底の浅い話芸の効果大である、きっとDさんあたりのやり手のディレクターがシナリオを書いているのではないかと疑っている

今日の選挙で考えたこと
・郵政民営化そのものにも問題はあるが(英国ではまた国営化しようとしている)、コイズミ的メリットは民間の莫大な金がアメリカに流れること
・派閥にどっぷり浸かった新党日本も国民新党も論外だが、田中康夫が何をトチ狂ったのか党首に収まったこと
・宗男と清美の当落
・おタカさんを比例で何故最下位にしたのか?それにしても小選挙区と比例区の問題山積
・今まで選挙に行ったことも無く議会制民主主義を無視してきた男「ホリエモン」が立候補したこと
・かっての公約もいつの間にかすり替わり余りにも体制べったりに成り下がった公明党、そこまで与党に座りたいのか!
・民主党も憲法改悪を掲げるようでは自民党とまるで変わらない
・郵政民営に興味もないのに朝から選挙会場は前回に比べ人が多いこと
・今日の新聞の政党広告で、小泉も岡田も神崎も全員左前方を見上げていたこと(笑)

選挙にも行かず、ぶつぶつ文句を言う輩が多いのは寂しいことだ
by PUSH-PULL | 2005-09-11 09:55 | 私事 | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL