ヨット話 2

b0057679_9312054.jpg
PUSH-PULL2
値段は30数万円と格安だったがヨットはボロボロでその分修理と労力が必要だった、二人とも作るのはお手の物で毎土日には西宮まで手弁当工具を下げ修理に出かけた、甲板はほとんど張り直し最後に白とピンクで化粧して無事終了、船名はドリトル先生から拝借した大好きなキャラクターの「PUSH-PULL」、この名前は今私自身の屋号にもなっている

19フィートで小さいながらもキャビンが付いていて小さな船外機もあり、これで風が止んでも漕がなくても帰港出来るというモノだ、センターボードなのでランニング(追い風)の時は少し揚げると艇速が益す

最初に回航したのが淡輪、理由はあそこならまだ水が綺麗で釣れそうと言うのと近くに兄夫婦が住んでいたこともある!まだ淡輪ヨットハーバーが出来る前だったが早い話が不法係留に近い、回航の時は船舶免許が間に合わず(試験は既に受かっていた)友達にお願いして一緒に乗って貰った

PUSH-PULLを見て彼の第一声は「え?こんな小さいヨットで淡輪まで行くの」、風も穏やか快晴の中7時間を掛け西宮から淡輪へ一直線、淡ノ輪港には先に知らせて置いたので友達が暖かいコーヒーを片手に待っていてくれた、その彼曰く「え?こんな小さなヨットで来たの」

それからと言うモノは泊まりがけで友が島や淡路島まで出かけたり休みたんびに釣り三昧、大阪湾と言う内海にもかかわらず時化に合ったこともある、釣りをしていてふと気付くと空が真っ黒でさっきまで近くにいた釣りの乗合船が一目散に港へかえっていく、我々もこれは大変と帰り始めたが時既に遅しでハーバーへ帰る途中に大波の上に舟が乗っかるような状態でプロペラが空中で「ウイ〜ン!」と絡まりする有様で危なく座礁しかけたのだ

また充分沖に出る前にセイルを揚げたら未熟な操船のためそのまま流され定置網にキールが絡んだりと情けない話だらけなのだ、しかしその時遅まきながらトイレのない舟には女性は乗ってくれないと言う簡単な事実に気付いたのだ   つづく
Commented by yasu at 2005-08-05 19:12 x
いやぁ驚きました。ヨットマンだったのですか?私もヨットに興味がありますが思うに任せません。と言うので私は先日琵琶湖でカヤックを楽しんできました。風任せではありませんが湖水の上を走るのは爽快です。まだまだ未熟なせいでパドルを持つ手に力が入り、親指の皮がずるり・・
Commented by PUSH-PULL at 2005-08-06 08:16
何でヨットでパドルなん?ぱっぱし、風止んだんやろなあ(笑)
でも動力無しで帆走するのは爽快です
Commented by GuGuGammo at 2005-08-06 10:39 x
小型船舶操縦士1級なんぞを取得して
からすでに30年ほどですなあ。。
最近はヨットにもとんとご無沙汰で
たまに沖縄あたりで乗るぐらいのもの
麦酒を飲んで釣りをするのが好きだから
ヨットというより遊覧船ですな。
Commented by PUSH-PULL at 2005-08-07 11:46
負けた負けた私は4級でおま、デモ更新をしなかったので紙切れ状態になりました、自分でもう船を持つこともないので問題なし
by PUSH-PULL | 2005-08-05 09:43 | 私事 | Comments(4)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL