巨大スタンド

b0057679_9382074.jpg
バランス
朝よく通る中之島遊歩道なのだが、突然この照明器具が出現、至ってシンプルな形なのだが、その大きさとバランスが非常に気になった

まさにアーム式の電気スタンドデザインそのもの、この手のデザインのスタンドはスプリングが使われ、移動が簡単でどの位置でも止まるように出来ているのだが、この馬鹿でかいのは頭でっかちすぎる

大きさ的には優に4メーターはありそう、通常クリップ式が多いのだがこれは床置き、かといって固定されていないと言うことは、ベースに倒れないように重しが入っているに違いない

どんなランプが使われているのかと覗いたら、30センチぐらいの真っ白な風船らしき球体が入っておりました、それにしても面白いが倒れないか心配なデザインですな

アメリカの町を散歩すると時々馬鹿でかいクリップやノコギリのモニュメントに出会うことがあるが、彫刻家オルデンバーグの作品です、写真で見るとさほどでもないが実物を見るとユーモラスで強烈なインパクトを感じます

日本でもラブホやボーリング場、はたまた道頓堀でカニや海老など大きな立体の看板を見ますが、アメリカでは立派なポップアートの世界なのです

下の写真は、昔フィラフェルフィアに行ったときに撮影した彼の巨大なクリップのモニュメント、とりあえずでかい
b0057679_9522192.jpg

by push-pull | 2014-10-23 09:53 | アート・デザイン | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL