テンションとコンプレッション

b0057679_95581.jpg
路地裏
久しぶりの路地裏なのだが、空き地が整備され微妙に駐車場の臭いがするのだが、思いっきり不思議空間

浮かび上がったのが表題の「テンションとコンプレッション」、多分大学のデザインのお勉強で習ったと思うのだが記憶が曖昧、間違ったらいけないので調べたら「緊張と圧縮」という意味になる、で、何なのだ?

1台の駐車場のためにスライド式の策を作るとは驚きである、早い話がカラーコーンが2本あれば用を足すのだが、一番はこの場所の前の記憶の姿が余りにも古びていたことにある

採集したのは何とも言えないチェーンの弛み具合の緊張感にある、素材さえ変えれば現代美術作品として通じるぐらいのテンションがありますなあ

先日新聞の折り込みで入っていた市/府の広報、見出しに「特別区設置協議会だより」とあるが、何処にも「大阪都」の文字はなく、維新派の文字もない、大阪市をどう分割するかのプランがいくつも載っていたが、さほど効果の程は判らなかったがまさに数字のマジックが、大阪人はやっぱり「都」という言葉に嫌悪を感じる人が大勢いてますな

下は今朝の散歩で出会った2国のバス停の広告、そう言えば以前に同じ場所のiPadを取り上げたことがあるが、今日は異色タレントの壇蜜さん、最初バラエティで見たときは余りの色っぽさにどっきり、最近はドラマに出たりと大活躍、最近ポット出のアイドルに比べると格段にお利口さんであります
b0057679_961298.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-10-13 09:18 | アート・デザイン | Comments(0)

我が家の暗中軒摸作(サブちゃん)、逆光で輝いております


by PUSH-PULL