ふとん太鼓、その5

b0057679_837339.jpg

b0057679_8172763.jpg
懐古と新しもんの間
今朝の散歩、Tシャツ半袖組が圧倒的少数派になってしまった、散歩から帰ると水で頭を洗い湿ったシャツを着替えました

上の水槽は水飴を買ったら出来るゲーム、下のガラスのコップに1円玉が入ると景品が貰えるのだがこれは絶望的に近い、この手のゲームに1度はお金を使ったことがあるがテキ屋のゲームは確率が悪すぎる、まだ駄菓子屋の方が的中率は遙かに高い、客寄せにとんでもない高額なゲーム機や馬鹿でかいお人形が置かれているが、景品を当てて持ち歩いている人を見ることは無い

水飴の方は、割り箸のほんの大さじ1杯程度の水飴を付けて貰い、そこに粉末の好きな果物?(パイン・イチゴ・マンゴなど)を付けて貰う、3歳の姪は口に合わなかったのか半分以上残しました、ガキの頃紙芝居で買う水飴を、割り箸で練ってどれだけ白くなるか競い合った記憶がある

b0057679_8202155.jpg
これは昔無かった水笛、見た目もカラフルでいい音がしておりました、笛のキャラクターも子ども向きに機関車トーマス、ピカチュウ、ドラえもん、アンパンマンと頑張っておりますが、ちゃんと版権を貰っているかどうかは知りません

b0057679_820316.jpg
昔からあるボール入れ、穴の大きさがボウルより少しだけ大きいだけで、穴に入れるのは絶望的、一番屋台が多かった輪投げにも言えることで小さいけれど高額な物は台が大きく輪っかギリギリ、中には絶対入らない大きさの人形が置かれていたりと、昔はおはじきを通し(ざる)に投げ入れるゲームなんかもありましたが、これは見かけずじまい

b0057679_8205655.jpg

b0057679_8213724.jpg
最後が一番人気のあった「かたぬき」、よりによって金を取って教室とはチト問題、割れやすい砂糖菓子に彫られた細い溝に沿って形に折っていくのだが、これまた相当器用でないと難しい、見ていると隣のテーブルから失敗して戻ってきた男の子に
「お前またあかんかったんか」
「うん」
「何回買うねん」
「まだ、6回目や!」
ふと金額を見るとⅠ回なんと300円から500円、高いほど簡単にできるみたいだが結構どれも複雑、祭りといえど子どもがやるには少々高額すぎる、パチンコなどに填るギャンブル依存症の親から見たら少額かも知れないが問題

スーパーのゲーセンにある機械に夢中の子供達を沢山見かけるが、子ども相手だけに射幸心をあおるゲームに現金を使うのは非常に問題、ある意味お金を出す親にも問題が多いのだ、先日もテレビで見たドキュメンタリーで、ネットゲームに云十万以上の金を使うゲーマーを見たが、悪寒が走りました
by push-pull | 2012-10-05 08:32 | カルチャー | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL
カレンダー