あなたならどうします?

b0057679_8464455.jpg
色んなことが起こります
この12月が終わろうとする頃になってありえないことが起きる、一つが先日アップしたイタチの侵入、そして奈良のアーティストの34歳の死、今日のが拾った時計の話し

私が毎朝通る公園にはグランドの廻りに約500mの外周道路があるのだ、その脇にキラリと光るものが、見つけたのは私ではなく黒パグの飼い主の女性、直ぐに私が拾ったらなんと「TAG HEUER」、急にその時計が欲しくなり彼女に「貰おう〜」と言ってポケットに

帰り道届けるかどうか悩みながら歩いていたら、私の横をうら若き婦人警官らしき人が追い越していった、早速追いかけ信号待ちの女性に「警察の方ですか?」と、「はいそうですが」

直ぐ近くの無人の派出所に行ったのだが、婦人警官はカギ(多分書類入れ)がないので調書が執れないと言う、電話で連絡して貰ったらこの派出所に警察官が立ち寄るのは2時間も後の10時を回らないと来ないらしい

b0057679_8481325.jpg
仕方が無いのでチャリで福島区の警察署へ、この警察署に来るのは二度目である、前回は銭湯の番台の頭の行かれた兄ちゃんと喧嘩になりかけたので警察に苦情を持ち込んだがけんもほろろで良い印象は無い

もっとも学生時代に機動隊にぼろぼろにやられたり、髪を伸ばしているだけで同じ派出所に何度も呼び止められたり、京都近代美術館のマルセル盗難の容疑者に祭り上げられ堀川署に呼ばれたり、最後は九条山のアトリエに家宅捜査まで受けたぐらいで、K察を見ただけで唾をかけたくなるぐらい嫌悪を催すのだが、年と共にほんの少しだけ丸くなった

早速警察で落とし物と言いかけたら、「拾ったのですか、落とされたのですか?」と聞かれたのだが最後まで聞きなさい、今時の調書はパソコンなのだが微妙に横柄なポリさんのキーボードを打つ遅さに段々と苛立ってくる

何とか調書作成終了、直ぐにプリントアウトされ1枚にサイン、昔と違って預かるのは六ヶ月ではなく三ヶ月に短くなっておりました、取りあえず落とし物の届け出はなかったようなのですが、三ヶ月後がどうなるか、そう言えばおかしなことに金属バンドが綴じられたままの状態で落ちておりました、つまり腕にはめていなかったようだ

b0057679_8483172.jpg

b0057679_849275.jpg
「八百八分の三百九十二橋」道路が広くなって309号線、直ぐ東に地下鉄千日前線の新深江駅がある、つまりこの橋の下を地下鉄が通っているわけだ

橋の名前は「今里大橋」、珍しく欄干がデザインされていて鋳造のカモメが飾られている、写真を見て気づいたのだが、何故か横断歩道から外れたところに子供が一人写っております

このあたりは地盤が低いのか、道路の傾斜がきつく橋の向こうの路面が見えておりません、欄干の向こうの昨日アップした「大里橋」が目と鼻の先の距離に写っておりますが、余りにも近すぎてその存在意味がよう解らんのだ
b0057679_8491997.jpg

by push-pull | 2011-12-30 08:57 | 私事 | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL