「NIPAF`11」を見てきました

b0057679_8585099.jpg
パフォーマンス
奈良の友人に誘われ大阪新世界の動物園前まで「NIPAF`11」を見てきました、ニパフとは日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバルのことで、早い話が肉体を使った即興芸術

今回も東京・大阪・長野と各地三日間ライブを精力的にこなしております、このブログでも紹介してきましたが、「これがアートか?」と聞かれればはっきり言って「はい!」と言う自信もない、私自身二十代の頃にハプニングとして活動していたので、今改めて見ると難しいものがある

難しいというのは、初めて見た時のような感動が希薄なこと、これは非常に問題である、写真だけでは伝わりにくいがいかがでしょうか?

上のパフォーマンスは、以前にもアップした奈良の大橋範子さん、今回は水鳥とその解体映像をバックに、水草を使った動き、映像と彼女の動きの結びつきが判りにくくなかなか意図をくみ取ることが難かしい、解体された鳥の心臓の動きの映像だけが印象に残りました

b0057679_91380.jpg
一度パフォーマンスを見せて貰った鈴木氏の薔薇を使った動き、前回は「モノ」の持つ「気」を手の平で感じるというモノだったが、今回はそこに一本の真っ赤な薔薇が加わった

お客さんを引っ張り上げ同じ行為を要求していくのだが、微妙なずれが、こうしたパフォーマンスで観客を使うのは少しは盛り上がるのだが、パフォーマンスとしては問題かも

b0057679_91436.jpg
これが一番笑ってしまった、スロバキアの美大で先生をしているというミハエルさん、観客に靴と靴下を脱ぐことを勧め、それぞれをステージ持ってこさせる、やおら靴をビニールに詰め込み最後に自分の首を突っ込みテープでぐるぐる巻きに

お客の靴下をまき散らし,最後に台車に乗って退場で大喝采

b0057679_921436.jpg
休憩の間に水分補給、まだ風邪から体長が戻っておらず声もガラガラ声、四人目がポーランドのアンジェリカさん、始まった途端携帯を取りだしたのだがどうもタイマーをセッティング、「やばい」と思ったら案の定、20分、30分、なんと45分間突っ立ったままで動いているのは微かな首の動きと目だけ

この手のパフォーマンスは非常に疲れるというか苦手、昔このような動きのないパフォーマンスをやった場合すぐに茶々が入りやじられたモノだが、今時のお客様の優しいこと・・・ただひとつだけ感心したのは、肉体の鍛錬を相当しているのか、顔と目の動き以外下半身は勿論45分間指一本動かなかったことでこれは凄いのであります

b0057679_924436.jpg
一番短時間のパフォーマンスは森さん、パフォーマンスにすれば珍しくレオタード姿、バックに英語と日本語のメッセージが綴られていく、動きは白い布の上でのたうち回るだけ

コピーから判断するに、セックスとAIDS問題をテーマにしているようだ、エイズのないセックスとは、パフォーマンスと言うよりひとつのアジテーションかな?

b0057679_931132.jpg

b0057679_93311.jpg
ラストが御年八十才の黒田オサムさん登場、出てくるなり突然「労働者諸君!」なる演説で始まった、パフォーマンスは余り言葉を発しないのが多いのだが彼は別

さらにフランスに渡った「大杉榮」の逮捕劇の話からアナーキズム問題・・・、ラストに股間から取り出した「REVOLUTION」の文字、出た瞬間わたしゃ声を出して笑ってしまいました

動きもパントマイムの様相が強く切れも抜群、こうしたパフォーマンスをずっと続けてこられていると言うだけで頭が下がります

主催はこの日出番の無かった霜田さん(下の写真)、ずっと世界を回りパフォーマンスを広められている、今でも次々と若者の参加が続いていることはどういうことなんやろね?

確かに彼、彼女たちの動きを見ていると誰にでも出来そうだし、人前で何かをするという開放感は一度でもステージにたった記憶のある人なら判ると思うが、凄い高揚感があることは確かなのである

ただその高揚感がアートとして第三者に伝達できているかと言えばそれは別問題で、表現手法なり肉体なりコンセプトなどが重要なメタファーとなる
b0057679_935193.jpg

Commented by jack at 2011-05-30 17:20 x
音楽の世界でもけっこう困ったパフォーマンスアートってありますね。
学生時代に2月の天王寺野音であったコントラバスのソロコンサート。
フリージャズみたいな感じでしたけど1曲がやたら長くって...凍死寸前。
Commented by PUSH-PULL at 2011-05-31 08:31
jackさん 音楽でもありますか!二月の野音は寒い、そう言えばティンパニーなんか一曲で出番が1回というのがありましたな
観客はそれを耐えて聞いているんやね
Commented by okko at 2011-05-31 11:21 x
音楽で思い出しました。ふた昔ほど前に西部講堂であった「ヴェクサシオン」。
同じ旋律を24時間繰り返すピアノ曲。時折あっちこっちで身体アートもあり、というやつ。
家具音楽とはいえ……24時間はきつかったなぁ(苦笑)
Commented by PUSH-PULL at 2011-06-01 07:41
okkoさん 西部講堂で貴女が参加していたとは!、誰が演奏していたんやろ?
by PUSH-PULL | 2011-05-30 09:12 | アート・デザイン | Comments(4)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL