ロードレーサー復活

b0057679_8314183.jpg
整備
本当に久しぶりに昔のロードレーサーを下ろし散歩した、我が家の玄関には自転車が1台ぶら下がっている、長い間乗っていなかったのでチェンジレバーのワイヤーが固まってしまい、先日から少しずつ整備をしていたのである、しかし乗って初めて気がついたのだが直ったと思っていたギアもペダル側の方が動かない、少しぐらいの坂だと前のギアは使うことはないのでそのまま淀川を走ってみた

何時も乗っているMTB比べると高圧の細いタイヤは路面の凸凹をモロ伝達する、サイクルパンツを穿けばましなのだが近場なのでGパンのまま、数年遠出していなかったので最初は自転車の感覚が戻ってこず少々危なかったがすぐに体が慣れてきてスピードアップ

自転車に興味のない方にはここらの話は申し訳ない、この自転車はMTBより古くオーダーメイドで作ってもらったものである、フレームは関西のメーカーのNAKAGAWAで実戦用のフレームでプロ御用達

ギアー関係はシマノでまとめたがその後、下に付いていたギアレバーを今のハンドルの所で出来るものに変更、これでハンドルを握ったままギアチェンジが出来るようになった、昔のタイプはダイヤモンドフレームの前の下側、ダウンチューブと呼ばれる場所に取り付けられていたので、ギアチェンジのためにはハンドルから手を離さねばならなかった

ペダルも最初は専用のシューズがロックできるタイプだったが、これが慣れるのにはだいぶ時間がかかる、つまり止まるときに足が直ぐに下ろせない優れもので下手すると転ける(笑)、何のためにあるかというと自転車のスピードを最大限に引き出すためには、単に足の押す力だけではなく反対側の足の引き上げる力も利用するのである

しかしこのペダルは遠出の時は快適なのだが、信号の多い町中では不便で仕方がないので今は普通のペダルに戻している

このあたりからブランドオタクになるのだが、サドルがセライタリアTURBO、特徴のあるロードレーサーのドロップハンドルがチネリ、入門用としてはまずまずの組み合わせでフレームカラーは私のオリジナルデザイン

フレームとかハンドルは私の体格に合わせて自転車屋がきっちりとセッティングして作ってくれるのだが、乗り始めて最初に調整するのがサドルの高さと前後の位置と角度、これがなかなか難しく少し乗っては移動の繰り返しでプロのレーサー達はミリ単位で調整するそうである、これが上手く体にフィットすると長時間の走っても疲れ度合いがまるで違うようになる

最近の自転車はまるで違ったデザインになっています、特にサドルなどはビックリするほどフォルムが変わり乗り心地が良くなっているそうな・・・しかしお値段の方も飛んでも無いことになっていて私は眺めるだけです

しかしこの手のドロップハンドルも後何年乗れるかそちらの方が心配なのでありますが、事故を起こさぬようと言うか体力的にも全速力で走ることはもうなさそうなのが非常に寂しい

久しぶりの淀川は快晴で気持ちよく、昔に比べると犬の姿も散歩の人も自転車も心なしか多くなったような気がする、昔と違うところはポケットにデジカメが入っていること、早速ブログ用に写真!写真!

b0057679_8315912.jpg

b0057679_8321188.jpg

by PUSH-PULL | 2009-11-09 08:53 | 私事 | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL