美穂蘭 ナイトクラブへようこそ

b0057679_8413180.jpg
ヘビオンナ
もう今年で5回目である、「ナイトクラブへようこそ」と銘打ってストーリーのあるライブを毎年行っている、今回は芝居部分を減らし歌をメインに据えている

1年がかりで作った2枚目のアルバムの発表も兼ねた興業?なのだ、聴く度にますます彼女の歌声はパワーと艶が出てきているのには驚かされる

ヘビオンナをテーマとしているだけに、衣装も何となくオスカーワイルドの「サロメ」の挿絵を彷彿とさせる、そうあのアール・ヌーヴォの旗手オーブリー・ビアズリーである

そんなことを考えていると突然舞台は昭和歌謡へ大変身、「伊勢佐木町ブルース」「バナナボート」「恋のバカンス」「テネシーワルツ」・・・お客さんを巻き込んでのデュエットあり

そして再び彼女のオリジナル曲へ、ギリシャ神話に出てくる蛇の髪と青銅のウロコの体と石に変える目を持つ「メデューサ」、新しい曲はバラードっぽい歌い上げる曲が多く会場も盛り上がる

そう言えばルーベンスにこのメデューサの絵があったのを思い出し調べてみたらすぐ見つかったので転載する
b0057679_84232100.jpg


不思議と今回は何故かすんなりと最後まで楽しめたのだ、いつもは私の悪い癖で映画でもお芝居でもそうだがなかなか乗り切れず冷めた目で見てしまう、情けないことに筋よりも制作技術だの編集だの要らないことばっかり考えてしまうのである

この夏も美穂蘭さんは「五里さんを偲ぶ会」に京都の蕎麦屋までギターを来てくれました、五里が好きだった歌を唄って戴きき、ただただ感謝
b0057679_8433423.jpg

by PUSH-PULL | 2008-12-08 08:51 | カルチャー | Comments(0)

公園ののららちゃん 良い顔してます


by PUSH-PULL
カレンダー