落とし物

b0057679_07571425.jpg

親切さとは

毎日早朝徘徊をしていると色々な落とし物や忘れ物に出会う,このブログでも何度も取り上げたが今日の落とし物は自転車の鍵、丁寧に赤い紐でメモ付きで電柱にくくられている、ここまで親切なのは珍しい

世の中ちょっとしたことで喧嘩をしたり傷害事件は毎日のようにニュースになっている、陰惨なのはいじめとか我が子を殺める親たちの存在、私も歳とともに穏やかになるかと思ったら意外とちょっとしたことで知らない人に反応したりするので気をつけないと日々反省しております



# by push-pull | 2019-03-21 07:57 | ご託&うんちく | Comments(0)

ネットニュース

b0057679_09111394.jpg

ピンクの象

先日ネットニュースで見つけたピンクのゾウさんの写真、説明では突然変異の色素異常らしいが,知る人ぞ知るピンクの象の話

昔アルコール依存症の病院の庭を夜な夜なピンクの象の衣装で走る話があった、それを見た入院患者はまた病気が再発したと思い寝込んでしまった、どう言うことかというと強度アルコール依存症の禁断症状にピンクの象の幻覚を見るとか、覚醒剤もそうだが禁断症状は大変らしい、ホラー映画まがいに壁にひびが入ったりネズミやゴキブリが部屋走り回ったりと


先日コカインで俳優さんが逮捕されたが、驚いたのは使用を始めたのが20代とか・・・計算すると30年ほど音楽に役者と一線で活躍してきたところが凄いと言うか判らない、コカイン吸引がどんなるか知らないが投与しても仕事が出来たと言うことになる

彼の歳を調べていて初めて知ったのだが、今年から1年限定で電気グループでの音楽活動での芸名をピエール瀧から「ウルトラの瀧」と名前を変えていたのだが、新聞やニュースでそんな話を聞いたことは無い

そういえば再放送でまた見た相棒の成宮君もコカインで引退していましたね、意外だったのはコカインのことをチャリと自転車という隠語があるらしいが、コカインで話題になった名優のチャーリーシーンからって言うらしいがほんまかいなと言うぐらい出来すぎ、おまけにピエール瀧とほぼ同世代でした



# by push-pull | 2019-03-20 09:17 | ご託&うんちく | Comments(0)

蒲公英

b0057679_07242988.jpg

b0057679_07243924.jpg

撮り直し

今朝の新聞にレオパレスの不法建築の記事がトップにあり元社長の関与が明らかにされていた、耐震疑惑のときもそうだが、こうした事件が起きるたびに思うのが建築基準とその検査、申請図面の審査はしても竣工検査は殆どやっていないのが現状

映像で見る限り素人でも判るような手抜き工事なのだが検査無し、そう言えば私の住む下町の細い路地に面した3階建ての家は殆ど不法建築なのだが取り締まる気配は無い、申請するときは2階建ての図面で施工では3階

昔内装の設計施工をしていたとき現調に行ったら平米数が不足、ビルのオーナーに聞くとブロック塀を指さしながらこの置くにスペースがと、まさにビルそのものが違法建築でございました、気をつけなければいけないのは設計施工の会社と管理が同じ会社の場合!、官庁でも同じで息が掛かった者が監査しても意味が無いのです


話は変わり近所の植栽の根元でタンポポが咲いていた、後日カメラを持って出かけたら全部花はしぼんでいて今年はもう駄目かと思ったら、一昨日国道2号線の植え込みで小さい目のタンポポを発見、季節が変わる前に撮影が出来ました、と書いたら昨日最初の場所でまたタンポポが咲いておりました

1枚目が多分カンサイタンポポで、2枚目がセイヨウタンポポと思われる、花の下の総苞と呼ばれる額みたいな物が反り返っていたらセイヨウタンポポらしいが、在来種でも少し反り返るタンポポがあるらしく難しい


タンポポは何処でも見ることが出来るが好きな理由の一つが花の漢字で「蒲公英」、文字を見ても誰もタンポポと読めません、調べたけれど漢字のいわれが見つかりませんでしたが、理由は蒲公英は中国の言葉でそのまま日本にやって来たので何処をどう見ても読みが当てはまらない

驚いたことに私がインターフェロン投与でエライ目に遭ったC型肝炎にタンポポの成分が効くらしい、初めて知ったがビックリです


近年セイヨウタンポポで在来種が減少していたのだが、これも驚くことに数年前から在来種がゆっくりの増え始めてセイヨウタンポポがが減少しているらしい、原因の一つが少しずつだが自然が戻り始め在来種が復活し始めたのだ、つまりそれだけ外来種のセイヨウタンポポは公害とか強いと言うことになる、魚で言うブラックバスみたいな物かな、下は2枚目のセイヨウタンポポのアップ、タンポポって小さな花の集まった物って知ってました?


b0057679_07244817.jpg



# by push-pull | 2019-03-19 07:26 | 写真 | Comments(0)

ボルタンスキー展の2

b0057679_09252655.jpg

b0057679_09263219.jpg

アートの世界って?

今朝のニュースを見てびっくり、裕也さんが亡くなった、京都の九条山に住んでいた若かりし頃、京都でロックコンサートのお手伝いを何年か手伝っていたのだがその時に知り合ったのが内田裕也さん、麻雀が大好きでいつも九条山で卓を囲んでいました、おかげで日本のロックミュージシャンと親しくなりました・・・合掌


上の2枚は布のオブジェ、1枚目はとんでもない量の黒のブレザーが私の高さより遙かに高く積み上げられている、中心まで全部服かと考えたりもしたが全部同じ服だと言うのが緊張感を高める、服というのは人間が着るための物でそれがオブジェとして積み上げらるとそこに人間の命を感じてしまいます

2枚目はこれまた凄い枚数の服が壁一面に吊り下げられ不気味ですらある、こちらはパンツにシャツに色々なカラフルな服なのだがやっぱり怖い


私はずっと現代美術作品と付き合っているので彼の作品に違和感を感じないが、今年に入ってから鑑賞したルーブルだのフェルメールのような写実絵画とは全く別世界、昔ポンピドーセンターやマサチューセッツ州にあるコンテンポラリーアートの美術館MOCAで見たヨゼフ・ボイスの作品に初めて接したときと同じ面白さがある、面白いという言い方は当てはまらないかもしれないが「?=なんで」と言う感覚に近い、これは大好きな作家マルセル・デュシャンと同じ空気である


b0057679_09270302.jpg


b0057679_09265448.jpg


b0057679_09264480.jpg


こちらはライトの作品、普通照明は配線などを見えないように工夫するのだが、彼の作品はむき出しで作品の一部になっております、まるで作品を駆け巡る血管の要素をなしているのでは無かろうか

この日も中之島界隈はまさに快晴でした、この日持ち出したミラーレスは花を撮るためにマクロレンズを装着していたため、写真の大半が微妙にピントが余り、彼の作品ならそれもありかとそのままアップいたしました


b0057679_09282769.jpg





# by push-pull | 2019-03-18 09:30 | Comments(0)

ボルタンスキー展の1

b0057679_09413951.jpg

インスタレーション

昨日午後、ポカンと時間が空いたので気になっていた展覧会を見にチャリで中之島の国際美術館へ、今までまるっきり知らなかった作家の「クリスチャン・ボルタンスキー展」、ユダヤ系の作家でフランスで活動しています

人物をテーマにした作品が多く顔写真に大量の服と・・・、コンセプトが強く感性求められる作品群、写真が多くどの部屋も非常に暗く美術館の管理の人も薄ぐらい中で座っているのは大変ではと心配するぐらい

なんだか作品に微妙の親近感を感じると思ったら何と同世代、私が現代美術にドップリと浸かっていた頃にフランスで活動していたわけだ、絵画や彫刻と言ったジャンルとはまるで違う作品、若い頃映像の作品を発表していただけに、物を創ると言う考えでは無く物でプロデュースする意味合いが強い


b0057679_09420348.jpg

b0057679_09421159.jpg

こちらは入ったときは床一面に丸めた紙とブルーのスクリーンだったのだがギャラリートークで歩いたときはスクリーンに風で動く大量の風鈴の映像が流されていた、風鈴はユダヤのイベントで行われているらしい、たまたま私が行ったときにタイミング良くギャラリートークがあり、ワイヤレスのイヤホンを借り美術館学芸員の説明を聞きながら館内をウロウロ、観客の多かった理由の一つがこれだったのですかね、ガラガラかと思っていただけにびっくりです


下の作品は写真を撮るまで気づかなかった布の作品、デジカメのモニターを見て知ったのが大きな布にボンヤリと子供の顔が入っていたのだが、近寄ると布はボロボロで裂けている、彼の作品全体にいえることだが「死」というイメージが漂っております


b0057679_09463305.jpg




# by push-pull | 2019-03-17 09:49 | イベント | Comments(2)

開いた口がふさがらない

b0057679_07594757.jpg

久し振りの電池交換

朝食を摂っていたら急に外が真っ暗になり雹が降ってきた、直ぐに雹は止んだが暫く雨が続きます、と言うことで日課の早朝散歩は中止に

公園のお友達に頼まれ腕時計の電池交換、電池交換は直ぐに出来たのだがゴムパッキンが劣化していた、パッキンは持っていなかったのでお取り寄せで次の日には我が家に届いたが世の中便利になった物です

ところがところが,蓋を閉めようとしたのだが堅くて閉められない、万力を恐る恐る使ったのですが上手くいかず、仕方が無いのでこれまたネットで閉める道具を注文することに、こうなると完全に趣味の世界で写真の電池の種類を見てもお解りだと思います


# by push-pull | 2019-03-16 08:00 | 私事 | Comments(0)

ピクトグラム

b0057679_09075139.jpg

b0057679_09075904.jpg

天王寺

火曜にいつもの銭湯がボイラー故障で休業していて遠方の銭湯に行った話を書いたが、昨夕もう修理は済んでいると思い出かけたらまだ休業中、チャリなのでもう一つのよく行く銭湯に行ったらこちらもお休み・・・ガック!、仕方が無いのでもう一つの一駅向こうの銭湯まで行く羽目に、銭湯にたどり着くまで二十分以上掛かってしまったのだ


今年に入ってから天王寺の美術館に2度も出かけている、てんしば辺りは新しい案内看板があり面白かったので採集、そう言えば余り興味の無いオリンピックのピクトグラムが発表されていた、生業がデザインのお仕事だけに興味を持って拝見

下にそのピクトグラムをアップしたがハッキリ言ってもう一つ、洗練されているのだがピクトグラムの基本であるシンプルという意味からはかなり離れていて説明しすぎ、勿論絵を見て何の競技か直ぐ判るのは良いかもしれないがもっと頑張って欲しかった、多分日本のトップクラスのデザイナーが関わっていると思うほど考えてしまう

ご存じだと思うがピクトグラムとは絵文字のことで,基本2色で考えられております



b0057679_09100166.jpg




# by push-pull | 2019-03-15 09:10 | ご託&うんちく | Comments(0)

気をつけ、休め

b0057679_09360051.jpg

ちょっと斜め

ほぼ毎朝訪れる公園で採集、他の木は全部ほぼ真っ直ぐに立っているのにこの木だけご機嫌斜め、後ろはマンショだしここだけ強い風が吹くことも無い、海岸で見たら何の違和感も抱かないのだが

木を見ているとなんかその佇まいが可愛かったので採集した次第、毎朝川や木や鳥や花を見ていると季節の小さな変化に気づくことが出来る、最も見る側にその意識が無いと風景が網膜で停まることは無い

私の網膜だが、飲酒怪我で網膜剥離の兆候が判明したのだが、レーザー手術でなんとか小さな穴の治療が上手くいったのが手術後1ヶ月後の診察で判りました、瞳孔の広がる目薬は4,5時間続くので夜の町の灯りは全部豪華なイルミネーションに変化いたします


# by push-pull | 2019-03-14 09:40 | 写真 | Comments(0)
b0057679_09264663.jpg

龍美温泉

風呂話を書くのはめっちゃ久し振りでございます、昨夕いつもの銭湯に出かけたらボイラー故障とかでお休み、自転車なので少し離れた八坂神社近くの龍美温泉へ、この銭湯何でか知らんけどネットのブログで源ヶ橋温泉を押さえて1位に?、暫く行っていなかったのでレイアウトを入るまで思い出せなかった

入って思い出したのだがこの銭湯、人間工学を完全に無視していて動きにくい、おまけに夕方眼科で眼底検査をしたときの目薬で瞳孔が開き何もかもが明るく眩しいこともある、ちょっとまたぐにも高すぎたり,スチームバスも階段下に作られていて手を上げたら天井にぶつかり、床に敷かれたマットの補修のバンドが素足には痛く,おまけに階段上の露天風呂は故障していて使用中止、入って何度も来なかった理由が判りました(笑)、ネットのお気に入り理由は下の写真でも判るように壁の絵です

入ったときは年配のおっちゃんが数人入っていたのだが私が上がる頃は私だけの貸し切りに、脱衣場に出でてビックリ、床几に座った兄ちゃんがなんとお弁当を食べている!、銭湯の脱衣場で飯を食べる人は人生初めて、弁当を食べながらスマホに夢中でございます

番台のあるロビー?にで出たら,先ほどまで洗い場にいたおっちゃん達で盛り上がっている、なんと手にはビールにたこ焼き、壁の張り紙を見たら凄い、生ビールにチューハイにたこ焼きに焼きそばに・・・、ホンマにここは銭湯かと疑うぐらいの状況ですが,何年か前に来たときは誰も飲んでなかったはず・・・と言うか銭湯でアルコールは禁止だったではなかろうか、弁当と言いビールと言い凄い銭湯でした、下にネットで拝借した龍美温泉の写真おば、メニューのハリガミもなんとか読めそう


b0057679_09270067.jpg

b0057679_09271305.jpg

b0057679_09272113.jpg




# by push-pull | 2019-03-13 09:28 | 私事 | Comments(0)

「冗談漫画 384」

b0057679_08592160.jpg

朝の散歩で少しだけ雨に降られた、でもその後青空が・・・、天気予報には傘マークが無かったのだが

ミナミの繁華街の中にあった個人住宅、玄関先にこの辺りでは珍しい芝生の庭がある、天気も良く庭のお手入れをする姿が見えたのだが、玄関の人形にビックリ!、ハロウィンもどきのホラーな人形が置かれている

さらに驚いたのは、表札の文字で名字の前に「ひさしぶり」の文字が、しかもステンレス製の表札プレートにしっかりとエッチングされているのだ、お洒落な洋風の家はまだ新しく家と芝生と人形と表札のギャップが面白く採集いたしました

歩いていると思いがけに光景に出会いますな



# by push-pull | 2019-03-12 09:01 | 写真 | Comments(0)

千円

b0057679_08122488.jpg

ちょっとビックリ

今日でもう8年、原発と津波の恐ろしさをメディアを通じて毎日食い入るように見ていた、原発事故のおかげで復興とはほど遠くまだ5万人以上も避難している、原発事故処理のめども未だに立たない現状にありながらアベ君と電力会社は原発推進・・・とち狂っております


昨日少しだけ具材が不足したのでお隣のイオンまでお買い物、野菜やお菓子にパンなどを購入してセルフのレジに、支払いの時レジの画面を見てびっくり、イオンの割引の日が重なったからか「1000」の文字が、消費税が8%なのできっちり買い物をしても殆ど端数の数字が出てくる、殆ど毎日のようにここに何十年と来ているが端数の無い買い物は初めてである、それがどうしたと言われるかもしれないが人間ってこういうことは結構嬉しいことに気付いた、3階で別に裏庭用の箒が傷んできたので多分云十年ぶりで箒を購入、昔と違って家の中で箒を使うことは無いからか意外とお値段が高かった


昔京都の九条山に住んでいた頃、週に1,2度買い物に出かけるのだが自分で設定した金額ギリギリの商品を買うことが大好きだった、まだバーコードも無い時代でレジの女性が商品の値札の数字を打ち込んでいたのだが、一度4990円台の金額の買い物をしたときも嬉しかったのを思い出した

散歩中に車のナンバーの足し算を無意識するのも好きだが、ガキの頃から結構数字遊びが好きだったなあ~



# by push-pull | 2019-03-11 08:13 | 私事 | Comments(0)

「冗談漫画 383」

b0057679_09451861.jpg

剪定

見た瞬間「?」が頭に、どう見てもわざと残しているとしか思えない、この位置で枝を切ることが出来たのなら細い枝なので引っ張れば直ぐ抜けると思われる

我が家も玄関先と裏庭に木が生えていて毎年何度か剪定をする、草花と違って木はほったらかしにするととんでもないことになる、一度どこから来たか知らないが裏庭の鉢に桐が伸びてきた、知ったのは富山で炭焼きをする友人の指摘

私より背が高くなったので地植えに、それから数年したら我が家の大屋根より背が高くなってしまった、富山の友人が大阪に来るときに木の撤去を頼んだ、山用の一本足の脚立にチェーンソーに軽トラで来阪、1日がかりで切ったのは良いが全部がトラックに乗らない、仕方が無いので残った部分はせっせと短く切り1ヶ月がかりで一般ゴミで出す羽目に




# by push-pull | 2019-03-10 09:46 | ご託&うんちく | Comments(0)

喫煙天国ニッポン

b0057679_09393984.jpg

排水溝

昨日テレビで「カメラを止めるな」を放映していた、最初のノーカットの34分をどうするのかと心配していたのだが,テレビでもCMを入れずに流したのはエライ、昨年映画館で見たときは笑いすぎて涙を流したぐらい面白かったのだが,2度目でもやっぱい面白い

映画館で見たときからまだ1年も経っていないのだが、細かいディテールを忘れていて結構新鮮でした,最近は生活していて右から左を向いたときに何をするのか忘れるぐらいですから(笑)


今日の写真は家の近くで採集、この排水溝の前にたばこ屋さんがあったのが,今は止めていて自販機だけだがすぐ前にパチンコ屋があるので成り立っているのかな?

それにしても凄い吸い殻の量でポイ捨てのレベルでは無い、ひょっとしたら元たばこ屋が家の前に置いた灰皿の吸い殻を捨てたのではと思ったぐらい


タバコの思い出は一杯有る、一番は大学の下宿時代で半分雀荘化していたのだが、徹マンだとタバコの数量が半端ではない、貧困生活だったので吸っていたのはバットや新生、たまに収入があると一番好きな缶入りピースを大事に吸っていた

深夜になるとタバコが切れてくるのでそこで「シケモク」、バカでっかい灰皿を手作りしそこの吸い殻を吸うのだが短くなると熱くなりピンセットから千枚通しまで、とどのつまりはほぐしてキセルに詰めて吸ったぐらい、こうなるとタバコが上手いなんてレベルからはほど遠くひたすら辛いのです

2度目はC型肝炎の治療中に禁煙したのだが、その後遺症がきつかった、それまで両切りタバコを1日に2~30本吸っていただけに1年近く禁断症状が続いたぐらい、タバコでこれだから覚醒剤だと想像も付きません、そう言う意味では禁酒も同じですね



# by push-pull | 2019-03-09 09:40 | ご託&うんちく | Comments(0)

はめ殺し

b0057679_09060841.jpg

建具

散歩でよく通る道なのだが見慣れぬ建具が目に入った、行きすぎてからカメラを出して戻り採集、後から付けたと思われるパイプの格子の後ろに横桟の入った建具が填まっている、窓を動けなくするためのはめ殺し建具と思われる

通常はめ殺しは固定した窓のことを言うことが多いのだが,木枠を入れることによって窓が動かないようにしているので同じだろう

アルミサッシだと色々なロックが付いているが木造の窓の場合は余り種類はなさそう、よくあるのはネジ式の鍵で緩めると蝶番で下に折れ曲がるようになっている、窓同士がぶつかるところは回転式のフックが多いかな

最近こんな建具は非常に珍しいのでは無いでしょうか



# by push-pull | 2019-03-08 09:08 | ご託&うんちく | Comments(0)

最近お友達になったシバの木の葉ちゃん、まだ若く遊び好きで飛んでやって来てお座りします


by PUSH-PULL