看板猫

b0057679_09222473.jpg

絶妙の組み合わせ

しもた屋風の喫茶店である、勿論私が散歩する時間はまだオープンしておりませんが、ちょっと入るには勇気が要りそうな()店構え、朝このお店の回りには何時も数匹ののららがたむろしております


この日はタイミング良く黒ののららが二匹、カメラを出したとたん一匹は逃げてしまったが、もう一匹は私が口を鳴らすとカメラ目線、目が小っこいのでかなり強面の顔になっております


後ろのお店の看板との組み合わせがばっちり、猫の看板を作るぐらいだからキット喫茶店のオーナーは猫好きだと思われる



[PR]
# by push-pull | 2017-10-10 09:23 | 写真 | Comments(0)

水たまり

b0057679_09222663.jpg

どろんこ

昨日公園で遭遇、一昨日はほぼ一日中シトシトと梅雨のような雨だったので、昨日の朝はあっちゃこっちゃで水たまりが出来ております


水たまりをよく見ると無数の足跡が,普通だと水たまりを避けて通るものだが足跡はぬかるみに集中している、それも幼児のサイズではなく結構大きい、ちゅうことは一昨日雨の中遊んだのだろうか、この写真を撮ったのは昨日の朝八時頃だから遊びに来る時間帯ではない


公園で時々会うパンチ君というペキニーズは水たまりが大好き、以前飼い主の女性が排泄物を捨てるためにリードを離したのだが、パンチはあっという間に泥だらけの水たまりへ,それもそこでわざわざ伏せの姿勢、そして飼い主に「どうだ!」と言うような顔で見上げておりました、勿論飼い主さんは悲鳴を上げておりましたが・・・(笑)


そう言えば大昔のテレビで、小林旭の歌「水たまり」を、今はヨガで激やせの鶴太郎が思いっきり長い真っ白なパンタロンをはいて歌っていたのを思い出した、間違いなく小林旭は怒っていたと思われます



[PR]
# by push-pull | 2017-10-09 09:27 | 写真 | Comments(0)

久しぶりの時計屋さん

b0057679_09122072.jpg

近眼の利便性

姪から時計を何個か預かったので,久しぶりに電池交換セットを一式引っ張り出してきた


ガキの頃から工作が大好きで、それが講じたかどうか知らないが大学では彫刻を学んだ、今でも仕事で模型を作ったりしております

若い頃からド近眼なのですが、オジンになっても眼鏡を外せばミリ単位の仕事が出来ます、お散歩は近眼眼鏡で本を読むときは遠近、細かい作業は裸眼ということ


もう一つはカメラが好きで色々と自分で加工したり組み合わせたりして遊ぶので少しだけ工具もある、時計の工具は結構良い値段がするのですが,私が買った写真の工具はおもちゃレベルです(笑)、ちょっと値が張るのは右の方にあるZEISSのルーペぐらいかな


時計修理と言っても電池交換がメイン、時計用の小さな電池は単品で買うと結構な値段がする、ましてや時計屋さんで電池の交換をすると間違いなく千円越え、しかし電池をまとめ買いするとビックリするほど安いので驚かされます


電池の交換を自分でやるようになったのは、防水のタグホイヤーの電池交換を時計屋さんでやっていたのだが、こちらで出来ないので東京行きとかで3000円以上取られた


そんな話を時計に詳しいカメラ仲間に話したら、そんなことはまず無くそこでやっていると言う話を聞き、カメラの道具を使えば自分で裏蓋を開けることが出来たので,それからという物は自分で交換出来るようになった、道具は必要だがお金にしたら十分の一以下で出来てしまったのだ(笑)



[PR]
# by push-pull | 2017-10-08 09:21 | 私事 | Comments(2)

祝儀イン選挙

b0057679_08013146.jpg

明日の日本のために選挙に行こう!

町にはもう選挙ポスターの掲示板が設置されておりました、何時も思うのだが掲示板の製作所でポスターを貼ってから設置したら、いちいち立候補の人は大量の掲示板を廻らなくて済みそうなのだが色々あるんでしょうな、何も貼ってないので少し遊んでみました


衆議院の場合、小選挙区では300万、比例代表では600万円も供託金を払わなくてはならない、得票数が少ないと没収されるので、お金持ちか後ろ盾が無いと立候補は難しいことになるのだが、都会では毎回訳のわからぬ泡沫候補が多数立候補する、売名行為の道楽ににしたらこれは凄い遊びです


今回突然出来た誹謗の党の今話題のボスは、今まで日本新党→新進党→自由党→保守党→保守クラブ→自由民主党→都民ファーストの会と、保守のど真ん中を渡り歩いてきた、これほど政党を変えられるのは自身の一貫性のなさの表れだと思われ、今回の選挙も対決姿勢を見せているが自民党内部の権力争いに過ぎない


「改革と保守」と言う相反する言葉を並べ、アウフヘーベンなどと哲学に填った学生辺りの言葉で目くらまし、彼女の生き様を見ているとハシモトと同じで、政治家ではなく言葉巧みなアジテーターだろう


細川や村山が出現したときも驚いたが,今回もええ勝負しております、世界中どこもかしこも保守化しており最悪の未来が待っております,我が国もご多分に漏れずどんどん悪霊が表に表れている


逆に旧民信党としたら、保守とリベラルがハッキリして良かったのではなかろうかとも思ったのだが、根っこの部分は痔眠と余り変わり無く、我が国には護憲の政党と議員は非常に少なくなって寂しい限り、タカ派のコロコロなんぞは先取攻撃なんですから驚きです


まだ人気が1年もあるのに、突然の解散で600億円以上の金を使い、保守の内輪もめに使うとは最悪選挙です




[PR]
# by push-pull | 2017-10-07 08:19 | Comments(0)

「冗談漫画348」

b0057679_08563715.jpg

二足歩行

私の横をオシャレなロードレーサーを押しながら追い越していく兄ちゃんがいた、押し慣れているのかハンドルの中央を握っている、よく見ると自転車のタイヤは正常でチェーンも何の問題も無さそう


なんで歩いているのか不思議だったので、私も少し足を速め自転車を採集、信号を渡ってしばらくしたら彼は走り出した、それも自転車を押しながらかなりのスピードで!、自転車を押しながら走るのはかなり難しいのだが・・・、何故に自転車に乗らないのだろうか疑問だらけだ


私は玄関の天井から吊したロードレーサーを姪の息子にあげたばかりだ、久しぶりに降ろして乗ってみたらギアチェンジがスムースでない、近所に元競輪選手が経営するプロショップを見つけ自転車を整備してからプレゼント


この歳になると、何時も乗っていないとロードレーサーは不安定きわまりない(笑)、しかし玄関にはまだシティーサイクルとほぼ毎日乗っているMTBが残っております



[PR]
# by push-pull | 2017-10-06 08:58 | ご託&うんちく | Comments(0)

ブリューゲルとバベル

b0057679_09072829.jpg

今時の展覧会

7月に始まった「ベベルの塔」展をやっと見に行ってきました、平日でも20人近くの行列が、聞くところでは土日は飛んでもない行列が出来ているらしい


私が見るきっかけになったのは、テレビで見た漫画家の大友克洋のブリューゲルへの傾倒と精密な模写を見たからである、西洋画の歴史では今回同時に展示されていたボスの作品と同じように、奇っ怪でマイナーな世界のなのだが・・・こんなに人気だとは驚きでもある


上の写真は買ってきたポスターを複写した物です、絵がさほど大きくないので飾ってある場所でまた4.50人の行列が、私は美術展ご愛用の近接単眼鏡を持参したので、並ばずに少し後ろから隅々まで鑑賞できました


ブリューゲルには好きな絵が一杯あったのですが、絵画はこれ1点だけでがっくり、考えればブリューゲル展ではなくバベル展でした、彼のエッチングが何枚かありましたが、彼のエッチングは絵と言うより漫画(戯画)に近い、展覧会の方は名の知らないネーデルランドの宗教画が半分以上で、こちらの方は殆ど興味なし


会場の外に、大友克洋のバベルの塔の模写?がありましたが,額にガラスが入っているので反射して見にくいことこの上ない、下にその写真を載せたが、少し斜めからでもかなり映り込みしております


彼の考え方は面白く描写力も凄い、なかなか内部を描くと言う発想が生まれないのですが見ていて楽しい、こちらは展示会場の外に展示されているので無料(笑)、東京では東京芸大の建築科作った模型が展示されていらしいが関西にはやってこず、残念至極!


バベルの塔は見応えがありましたが、展覧会としては完全に消化不良でございます



b0057679_09074297.jpg

[PR]
# by push-pull | 2017-10-05 09:16 | アート・デザイン | Comments(0)

「路地裏遊歩の30」

b0057679_08360926.jpg

下足

今朝も爽やかで良い天気です、散歩から戻って来て直ぐに少し汗ばんだTシャツを着替えたが、町ゆく人の服装は大半が長袖、私のようなTシャツや半袖は5パーセント以下かな


写真のお家を見たとき笑ってしまった、玄関ではないけれど完全に家の外なのだ、これがスニーカーや革靴だったらもっとおもろかったのだが、残念ながらサンダル、雨が降ると勿論履き物は濡れるわけですが、濡れても良いようなサンダルみたい


先日、座・九条のダンスイベントを覗きに行ったのだが、そこは何時も土足禁止で履き替え、そう言えば姪の子の高校の文化祭の時も土足禁止だったなあ


私は何時もスニーカーなのだが、何度か足のツメを痛め、ならばとNBで足を計測して貰ってから少し高額なスニーカーを買ったのだがやっぱり違う、その時に靴の履き方の講習から受けた、その一番は必ず靴紐を履く時に毎回きちんと結ぶこと!


となると結びっぱなしで靴べらを使えないのだ、と言うことで毎回靴紐を結んでおります、一つだけ生活習慣で出来ないことは、帰宅したときの靴の脱ぎ方、きっちりと部屋の方を向いております、そう言えば革靴を1年以上履いておりません




[PR]
# by push-pull | 2017-10-04 08:40 | 写真 | Comments(0)

ミニチュアアート

b0057679_09101658.jpg

門前払い

昨日朝から岬の兄の家の片付けに行ったのだが、帰りに時間の余裕があったのとパンの購入のため梅田に寄った、一番の目的は大丸で行われている田中達也氏の展覧会を見るため、彼は先週まで流れていたNHK朝ドラのタイトルバックのミニチュアを作った人と言えばご存じの方は多いのではなかろうか


5時半少し前に大丸の案内でミュージアムのフロアーを聞いたら、「15Fです」の返事の後にイベントは5時半までと言われた、慌ててエレベーターを探して乗ろうとしたがなかなかエレベーターは下りてこない、B2で乗ったが1Fで満員になり片っ端から停止するので、15Fに着いたときは3分押し


会場入り口にはロープが張られ入場拒否!、押し問答しても無駄で百貨店の規律にビックリした次第、どうも最終日は閉館が早かったようだ


仕方が無いので出口から少し覗いたらお客さんが一杯、写したのが上の写真(笑)、展覧会を見ずに彼の作品集を購入、ひょっとしたらこんなの初めてかも知れませんな、下に本の一部を、全部手作りですが人とオブジェとは合成の作品が多かったのは残念


b0057679_09102629.jpg

[PR]
# by push-pull | 2017-10-03 09:13 | アート・デザイン | Comments(0)

裏もんじゃ

b0057679_08113301.jpg

ご近所さん

またまた食べ物話、富山から友がやってきたので姪も誘ってご近所のお好み焼き屋さんへ、前回同じメンバーで行ったときは満員で入れず、今回はタイミング良く一組帰られるところだったので少し待っただけでご入場


牡蠣の鉄板焼きにチーズポテト、他にも牡蠣のお好み焼きに山芋モダン焼きなど、ビールを飲みながらのお好み焼きは最高です


最後にもう一品と言うことで壁に貼ってあった「裏もんじゃ」を注文、裏とはここはお好み焼きだからだそうです、関西風に味付けしてあり店員さんが食べられるまでこてを使って全部調理してくれました、私たちは小さなコテで食べるだけ


なかなか美味しいもんじゃで大阪で食べるのは初めてかな?東京の人はこれはもんじゃの味ではないと言ったそうですが、私たちにはとても美味しかったですよ



[PR]
# by push-pull | 2017-10-02 08:14 | Comments(0)

石焼きビビンバ

b0057679_09263211.jpg

昨日の続き

今日からはや10月、今日もええ天気で散歩に最適、家を出たときは少しひんやりしていて歩いていると少しずつ暖かくなります


鶴橋の駅の周辺には、焼き肉屋がずらりと並んでいるが、こちらコリアンタウンの商店街の方は、屋台風の小さなお店は一杯あるが、レストラン風のお店は余りない


上の写真が、ちょっとこましな韓国料理のお店「百済離宮」で食べた石焼きビビンバ、一時填っていてしょっちゅう食べていたのだ、外食が激減し食べるのは久しぶり


美味しかったのですが少しあっさり味・・・、私の食べ方は混ぜて少し食べてからコチジャンを入れてさらに混ぜる、鍋底のお焦げをすくって食べる、最後の方でスープをぶっかけ茶漬けスタイルで平らげます

このあたりで私が食べて一番美味しかった石焼きビビンバは白雲台、しかしちょっと散歩コースから離れているので今回はパス


下の写真は鶴橋駅の西側に広がる焼き肉通り、年々看板が派手になっております、環状線の鶴橋駅はホームに立っていても焼き肉の匂いがするぐらいです(笑)


b0057679_09264511.jpg

[PR]
# by push-pull | 2017-10-01 09:33 | うまいもん | Comments(0)

久々のコリアンタウン

b0057679_09325236.jpg


b0057679_09330577.jpg

文化祭

昨日は朝から姪の子の文化祭見学、高校生は弾けていて楽しそう、出し物はまあまあだけど屋台には長い行列が、聞くところでは最近では文化祭を隔年でやっている高校があるとか、それならば学年で1回と2回と経験する回数が変わってくるのはどうかと思われる


桃谷からコリアンタウンへお昼ご飯に、行くたびにお客さんが増えております、コリアンタウンはキムチ屋さんと化粧品屋さんと韓流ブームの流れでプロマイド屋さんが一杯、意外なのはキャラクター物の靴下屋さん


いつ来ても楽しい町並みです、私が買ったのはハッカ茶とコーン茶とチャンジャ、前に来たときは豚足も買って帰り家で食べたがもう一つだったので今回はパス


コリアンタウンから鶴橋まで商店街と市場をウロウロしながら帰りました


b0057679_09331571.jpg


b0057679_09334935.jpg

[PR]
# by push-pull | 2017-09-30 09:38 | Comments(0)

構図

b0057679_08591252.jpg


b0057679_08592450.jpg

お勉強

あまりにも空が青かったので空を写してみた、雲もないので雲代わりに四角い雲を配置、こうした写真は切り取り方が非常に難しい、意味ありげな構図は極力排除するようにしているのだがこの日はだけは・・・


写真の構図で意識が変わったのはステレオカメラに填ったときである、ステレオ写真はビュアーで見ると勿論立体に見える、立体に見えると言うことはわざわざ構図をパースペクティブにする必要がなくなる


今までと違って平面的な構図の方が圧倒的面白くなったである、それからはわざわざ透視図的なレイアウトを選ばなくなった、平面的でも充分面白い物が出来上がる


大学時代からずっと美術畑の片隅で生きてきているが、これは画期的な思考と言うか視覚の変化になりました、美術史で言えば明治に岡倉天心などによって過剰に西洋美術が日本に入ってきて、日本の美術に衝撃を与えたが、今日のお話はその逆ですね


下の写真がその発端となったステレオカメラとビュアーたち、他にもステレオのプロジェクターやスクリーンまであります、写した写真は飛んでもない枚数がありますな


b0057679_08593369.jpg

[PR]
# by push-pull | 2017-09-29 09:03 | 写真 | Comments(0)

空気感

b0057679_07480521.jpg

知らない地下道

先日梅田の地下道をエストの方へ歩いたのだが一番最後の所に知らない地下道が・・・、入っていったのが今日の写真


サインも装飾もお店もないので違和感を感じたら案の定、新しく建った大阪工大へ通路でした、エスカレーターで1Fに上がると学校のロビー、何の意識もせずに学舎に入れるのが不思議です


この写真、照明の加減でシャッター位置にガラスが入っているような気がしたので採集、前から学生らしき人たちがやって来たので、誰もいなくなるまで待機


最近梅田周辺に色んな大学の分校というか教室が出来ているのが不思議です、こんな繁華街に教室を作って良い物かと、勿論グランドも土もないわけでまさに人工の学舎になります


知っている場所で知らない空間を見つけると、いかに最近出歩いていないかをつくづく感じさせますね、どんどんと行きたいところが減っており待ち合わせも激減しております



[PR]
# by push-pull | 2017-09-28 07:50 | 写真 | Comments(2)

久しぶりの餃子

b0057679_09150404.jpg

豊崎飯店

富山から仕事で甥が出てきたので、大阪に住む姪も一緒に梅田と天六の間にある中華のお店「豊崎飯店」へ、勿論頼むのは餃子


多分3年振りぐらいだと思うがやっぱり美味い!、生ビールを注文したのだが大で出てきた、他にも酢豚やエビ天など一杯注文、私意外はみんなよく食べます


私にこの店を教えてくれた彫金の女性が、数ヶ月前に亡くなったのを餃子を食べながら思い出しておりました、もう10年以上も前のことです



[PR]
# by push-pull | 2017-09-27 09:16 | うまいもん | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL