・・・まで

b0057679_8551843.jpgさてこれは何処の店先か?何のために張ってあるのか?
単なる道案内にしては親切すぎる、この貼り紙はあくまで客引きでお店の案内なのである
「もう少しでシンフォニーホールに着きますので、どうぞごゆっくり食事をしていって下さい」と言う案内に違いない、この店は関西の餃子チェーンの草分け眠眠!

こと味に関しては今も王将の遙か上を行く、大きさ云々レベルのお方は是非王将へ行かれたし
久し振りに眠眠の餃子を食べたがやっぱり旨い、私の餃子評価は眠眠より旨いかどうかで価値判断をしているのだ

京都で創業し大きくなった、東山の五条バイパスの途中に会長の家があり、毎年園遊会?なるモノを開催していた(今はどうかは知らないが)各支部の幹部クラスを呼び接待する、アンジュレーションの有る広い芝生の庭には色々な屋台が並び、池があり小川が流れ、緋毛氈の上で琴の演奏、吹き抜けに螺旋階段のある真っ白なお洒落な洋館建ての大きな家が・・・

私が何故園遊会に?とご不審方に説明する、会長の名前は古田あん(漢字が出てこない)氏で絵を描いていた、墨一色のダイナミックな抽象画を描かれていたと記憶している、そこで京都の著名な作家連中を呼ぶと言うことになる、私?ハイ、その作家のお供でご相伴なのです

眠眠で食べるものは何時も決まっていた、餃子、ジンギスカン、白乾(パイカル)これで決まり
あのパリパリの皮、何時も餃子がひっついていて剥がすたびに片方の具が飛び出していた

大学時代は四条小橋下がるの眠眠へよく行っていた、早い話が可愛いオネーチャンがポパイがかぶる様な真っ白な水兵帽を被り「コーテルリャンガー」と言うのを聞くのも楽しみだった、ML研の仲間とバイト代が入ったのでちょっと贅沢、注文も何時もと違って「酢豚」に「鶏の唐揚げ」凄いのである勿論餃子も
食べたことがない物を注文しようと思って頼んだのが「ニンニクの唐揚げ」、出されて驚いたのだ皿一杯のニンニク!かれこれ3〜40個ぐらいはあったと思う、初めてだったが食べるとこれが旨い、栗というかジャガと言うかほかほかであっと言う間に2人で平らげた、これがいけなかったその後は皆さんの想像に任せます

と言うことで餃子を食べてからシンフォニーホールへクラシックを聴きに行かれるのは少々問題があるのではと心配した次第で、ちゃんちゃん!

そうそう書き忘れていた、一度仕事(店舗の設計施工)が一段落した時に手伝ってもらった仲間を連れて眠眠へ、私の提案でメニューを見ずに番号だけで注文したことがある、前もって1〜130位の番号の存在と、連番で頼まない(同じ様な物が出てくる)という約束だけは守ったが、何が出てくるか楽しみでワイワイ盛り上がり楽しかったが、タダ飯となるとみな凄い、私が後でガックリしたことは言うまでもない
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-10 09:01 | うまいもん | Comments(2)

銀杏は手品師

b0057679_9514332.jpg
銀杏は手品師老いたピエロ、薄れ日に輝きながら・・・
ひょっとしたら毎朝の公園の中、1年で一番好きな風景かも知れない、生憎全部銀杏とまでは行かなかったが美しい
歩いているとレフ板と同じ効果で廻りが何となく明るい、新雪も大好きなのだが環境的に不可

どこやらのお寺の境内や山に上がったらそれこそ凄いのだろうが、其処まで出かけて鑑賞するパワーはない、日常の中の美!これが人生を楽しむ秘訣なのです、と言いつつも誰かに誘われれば直ぐに山でも海にでも出かけてしまう軽率さは失わずに仕舞ってあります

バイブレーションって言葉を良く使っていた頃があった、面白い物事や風景に出会った時の感動の表現の目安としての言葉です、バイブレーションの強い表現の一つに連続するモチーフがある
「連続の中の不連続」これは私のモノ作りのテーマの一つで、細かい柄やモチーフが連続する時見る側に強烈なインパクトを与えます、人によっては嫌悪する御仁もいるが私は非常に興味がある、ただ連続するだけでは風景でも何でもそうだが飽きるのも早い

連続を見ると脳は法則性を考え安心しようとするが、余りにも数が多いと思考することを放棄し無視してしまう、しかし何らかの法則や動きが見つかった時、急に興味がわいてくるのです

屁理屈をこねたところで 「綺麗なモノはただそれだけで、其処に存在するだけで美しい」う
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-09 09:53 | アート・デザイン | Comments(2)

病院

b0057679_9304361.jpg
病院
二日続きで病院へ、最初の日は予約だったので待ち時間は少しだったが、次の日は別の科の初診と言うことで合計3時間以上、それでも薬は後にしての時間で又夕方に犬の散歩がてら薬局へ出かけることになる

目眩と耳鳴り、メヌエールかと心配したがそちらは大丈夫で一安心、しかし肝心の原因が分からず仕舞いで、取り敢えずは血流を増やす薬を飲むことになった

病院は比較的近いので余り苦痛にはならないが、遠方の人はたまらないだろうと思う。此処3〜4年でいっぺんに事務機能が変化した、大きな変化は薬が全部外部薬局へ振られたこと、薬は利益率が高いのに外へ出すというのは、これはきっと裏で病院=厚生省と薬メーカーと小売業の癒着が見え隠れする、お陰で患者は又ウロウロと薬局へ出向くことになるのだ

カルテ類はどんどんデジタル化されているのだが、私の様に十年選手(自由選択枠獲得)になると古いデータはそのまま毎回手運びで内科まで運んでくることになる、細かい変化は行くたびに手続きが変わっていくので枚挙にいとまがないぐらいだ

昨日の新聞で、日本内科学会の認定内科試験の研修記録偽造を何のチェックもせずに署名と捺印をしている院長が存在したのも論外だが、逮捕された助教授が尋問で「誰でもやっていること」と言ったとなるとこれはエライこっちゃ!

病院によって色々と差異はあるだろうが、至る所にPC&モニターが配備され、問診する医者までがほとんど患者の顔を見ずにモニターを眺めている「おうおう、病人はこっちだっせ!」
しかし、今の私の担当医は生まれてから色々な医者にかかったが、初めての美人の女医さんなので文句は言いません(注:若くて矢田亜紀子似)
今までほとんど外科専門で体中縫い傷だらけで美肌をお見せすることが出来ないのが残念だ

追伸:昨日のIBM話、売却先は中国の最大大手「聯想」グループ(レノポ)だそうで2050億!ヤフーのダイエー話とは一桁違うのだが、IBMとなると安いのかしらね?
IBMの初商品のパーソナルコンピューターが81年だそうです

追記:先ほどのニュースで1560億で売却決定、聯想は世界第3位のPCメーカーに躍り出る。何で東芝が買わへんかたんやろな
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-08 09:40 | ご託&うんちく | Comments(2)
b0057679_9264384.jpg
Apple
オープンして早2ヶ月以上も経つ、私としたことがこれが初めての見学なのです
大阪はミナミ、御堂筋に面してお洒落なアップルストアー心斎橋がある。自称Macオタクとしては完全に時代に乗り遅れてしまった、あれほどしょっちゅう日本橋に出かけPCショップを冷やかしていた私がここんとこどの店にも行っていない

ショップそのものも近くに出来はじめたブランドのお店と比較しても見間違うぐらい良く出来ている、これがパソコン屋?と思わず呟いてしまう、勿論ヨドバシやビッグカメラのごった煮レイアウトとは雲泥の差がある

そう!Macintoshは様変わりした、完全にインテリアとしてオブジェとしてのフォルム、ますます私の家とは遠ざかっていくである、こんなに格好いいモノが下町の日に焼けた畳と襖には・・・新しいG5と液晶モニターを置くために自宅を建て直しハイカラなインテリアにしようと思っている(笑)

Mac話は少々マニアックになるのでので控える、先日の新聞で驚いたのだがあのIBMが、そうコンピューターと言えばIBMの売却話、東芝にも声をかけたらしいが今のところに中国の家電メーカーに売却するとか
PCのハードに関し特に性能争いに関しては最終段階に来ているのでは、普通の仕事をするには今のスペックで何の不自由もない、残るは価格競争のみの熟成期なのかも知れない、そしてその後とんでもない大変換が待ち受けるはず

私の廻りのグラフィックデザイナー達がMacを導入し始めた頃、最低2〜3百万はつぎ込んでいた、それがいつの間にか私が買えるようになり(9年前)今は同じ価格で性能が約20〜30倍になろうとしている、ましてやハードディスクの容量がメガ単位からギガ単位へ、凄い

在宅ソーホーと言えるかも知れないが、自宅勤務で細々と生計を立てていられるのもMacのお陰ですから

今から思えば最初のOS、漢字Talk7.2はようフリーズしたなあ、お陰でHDの取り替えやメモリーの増設、一番時間のかかる初期化とOS入れ替え、何もかも旨くなっのだ
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-07 09:36 | ご託&うんちく | Comments(4)

観覧車

b0057679_10164944.jpg
夜景
何とかと煙は高い所を好むらしいが、恐がりの癖に人生とは逆に上へ上へと登る癖がある、例えば煙突のてっぺんとか、ループコースターの出始めだったり

此処は南港の観覧車の中で下の方に海遊館が見える、夜の遠景をデジカメのオートで撮るのは無茶な話なのだがブレもにじみも又良し、夜景も絞り優先で三脚を据え撮れば問題ないのだが、手持ち自動となるとさて?勿論ストロボが届く訳でもなく、動く観覧車の中ではすべてお任せなのだ、できあがりを見ればそれはそれで「シズル」感があり絵として見られないことはない

夜の明かりをゆっくりと撮ると時々濡れた感じになることがある、被写体との間に何か透明の膜が出来ると言ったらいいのか・・・・多分にレンズの乱反射の性だとは思うのだが不思議な絵になる

私自身本当はちょっとした渓流に架かるの高さ1m位の丸太の橋もこわごわのへっぴり腰で廻りに冷やかされる始末なのだが、揺れるヨットのマストのてっぺんでセイルのジョイント修理、舟がちょっと揺れただけで下は完全に海!と言う恐い思いもしている
矛盾していると思うが私に何処か持つところを与えてくれると、どんどん登る、但し決しててっぺんには立てないのです、屋上も手摺りさえあれば高さ制限無し、高層ビルのエレベーターも真っ先に窓側へ
逆に平均台はまるでダメで早い話が運動神経と言うか、バランス感覚があかんねんやろなあ・・・

お断りをして置きますが、この観覧車は勿論一人で乗った訳ではない、ましてや彼女でもない、姪甥など総勢5名でまあ賑やかだったこと、恐がりのおちびさんも最初は床ばっかり見ていたが半分を過ぎる辺りからだんだんはしゃぎ出しました
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-06 10:22 | 写真 | Comments(3)

Guevara

b0057679_932329.jpgレチナ 
先日映画「モーターサイクルダイアリーズ」を見てきました、それも最終日の最終回
驚いたのは満員で後からの客は壁際の床に座っていました、マイナー?な映画でこんな経験は初めてだ
主人公はエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナの青春ロードムービー、そうチェ・ゲバラの若い頃の話です、彼がキューバ革命の指導者になる前、医学生時代の旅が描かれている

世の不条理に反応する当たり前の感覚の持ち主なら一度は彼に憧れたのではないでしょうか?昔、ファッションだけを真似ると言う馬鹿なことはやらなかったが、ひたすら格好よかった。彼の生き様の凄い所はキューバ革命後もひたすら突き進み、次の国へ出かけ運動をしたことにある

此処まで書いてカメラのことを書くのは?なのかも知れないが、彼の友人アルベルトが映画の中で使っていたカメラがどう見てもレチナ、それも1型から2型の間で時代的(1952年)にも合っている、その中のどれかは微妙な差しかないので要検討
b0057679_954160.jpg
映画の小道具で自分自身の持っているモノや欲しくてたまらないモノが出てくると必ず記憶しているものだ、今回はおわかりのように前者である、
例えばカメラネタだとミケランジェロ・アントニオーニのblowUp「欲望」のnikonF、ヒチコックの「裏窓」のエグザクタと望遠レンズ、「マディソン郡の橋」のNikonとバルナック型LEICA・・・が浮かぶが以外とライカM3がないなあ

チェ・ゲバラは’67年39才にしてCIAの陰謀でボリビアで暗殺されている、こうして考えていると第2次大戦以後もアメリカ主導の侵略が延々と繰り返され一般市民が何十万いや何百万も殺されているのです、そして今日現在もイラク侵略を続け(絶対にこれは戦争ではない)ファルージャだけでも死者は六千人にもなるという

彼は一度日本に来ているのだが誰も相手に出来る政治家がいてなかったって知ってました?
何もかも格好いいよなあ!
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-05 09:10 | カルチャー | Comments(4)

いま公園では・・・

b0057679_1014758.jpg遊具
こんなの見たの初めてだ、どうして遊ぶのだろう?カタチと色が面白く思わず目が行ってしまった
塗装具合から見て最近設置の可能性大、バーの巾も肩幅より遙かに広くて胸近くの高さ、見れば見るほど???
青いところのバーは何となく昔流行ったぶら下がり健康法的な位置にあるので使えないことはない

公園の片隅では将棋を平日の真っ昼間から何組も指している

問題は赤いパイプの上にあるリング!まるで吊り輪状態だがなにせ高い!飛びつくには遙か彼方なのだ、黄色のバーに登っても手摺りがないのでかなりの勇気とバランス性が必要とされる

此処は岸里駅近くの普通の公園、勿論子供には全てがとんでもない高さで、使い方が想像出来ない道具を見たのは生まれて初めてだ!

私の散歩コースの公園もそうだが点検と称してどのブランコも巻き上げられている、これでは点検もなにもかもあったモノではない、とにかく使うなと言うこと!
ちょっと事故があった時の事後処理がひどい、ぶち切れるブランコがあったり、骨折するような高さの回転遊具があること自体恐ろしいのだが、その後が軟弱で思考回路に完全にフタをしてしまっている!
公園課って本当に市民のためにやっているのか疑う事件が多々ある、一番ひどいのがゴミ箱の撤去で理由がふるっている「家庭ゴミを捨てに来るから」

ゴミ箱はゴミを入れるモノであって家庭も公園も区別はない、おちおち公園でお弁当も広げられないし、ジュースも飲めない有様
海外では犬専用のゴミ箱が設けられていたり、あの千里の団地も犬の飼い主に門戸を開くご時世なんだがなあ・・・

あ〜あ、行政のこと書き出すとあれもこれもとありすぎるので本日はこれにて
「長い物に巻かれるだけが人生ではない」ぷぷ
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-04 10:13 | ご託&うんちく | Comments(2)

五千圓也

b0057679_11212091.jpg
う〜んなんかなあ〜・・・
家族を養うため生活のため極貧の中でがりがりと文字を書き綴った人が今こうして日本銀行券の肖像として印刷されている、有り余る才能に恵まれながらおよそお金と言うものに縁がなく二十四歳にして夭折

発行した新札の内訳は1万円札が7兆7000億円(7億7000万枚)、5000円札が4000億円(8000万枚)、1000円札が5000億円(4億9000万枚)、これはあくまで数字であって感覚的には理解不可能!
なぜかこの五千円札が不足気味とか聞いたのだが、真偽のほどは定かではない

面白いのは新札を見た人のほとんどが、「ちゃっちい」とか「オモチャみたい」と否定的な発言をする、これは二十年前の発行の時もそうだったが、ことお金に関してカラフルになったり見られぬ図柄を見ると同じ反応をするのが面白い。一度渋くて重厚で古典的なデザインをしたら何と言うか楽しみだ、今回もそうだが他国の札の比べると我が国のデザインはこりに凝っている
b0057679_11281025.jpg
ネットで五千円と呪文を唱えていたら、五千円硬貨なる記事発見、内容は五千円札が不評なので日銀は新たに硬貨を発行することになったと言う記事で、凄いのは直径7.5㎝、厚さ5㎜、重さ40グラム日本新、しかし最近の写真は皆んなよう出来ていて感激の余り転載しました「1個ホンマに欲しいなあ!」

新聞やTVで一番気になったのが「新札による経済効果」なる発言、ほとんどが新札を発行することで経済が上向きになるような記事
確かに印刷に関わる実費(これは国がやっているのでほとんど我々の懐とは関係なさそう)、券売機、自動販売機、キャッシュディスペンサー・・・とハードの面で何千億のお金が動いているのは事実だが、その機械を作る方はプラス要因だが、購入する側(銀行、お店)はマイナス要因でつまるところ経済効果はゼロ!なのです
お金が動くことだけで経済が良くなると言う発言も見受けられるが、あくまで計算上のことで何も生み出さない、株式しかり、国債しかり

こうやってお金の話を書いたが、書けば書くほど私の生活とは無縁、あほらしなって来たのでここらで校了
そう言えば、お札の中で一番大好きでお札らしくないモダーンな二千円「何処え〜!」「萌〜!」
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-03 11:37 | ご託&うんちく | Comments(5)

ステレオ

b0057679_9462559.jpg
先日大阪は「ええとこだっせ」の京橋画廊へ私も所属する?関西ステレオ協会の展覧会を見に行きました、会員の皆さんの写真が上手になっていてびっくり

ステレオと言ってもオーディオではなく立体画像のステレオ写真のことで、コンピュータのCGや3D画像ではない(これはあくまで3次曲面の平面画像)
カメラが発明され、一般に普及され始めた頃から立体写真が存在するところが面白い、写真(スライドショーなど)そのものが娯楽として成り立っていたと思われる、その頃に2枚の写真で立体画像が出来ると考えた人はエライ!

簡単に言えば目が二つで立体、右目で見た絵と左目で見た絵を作り同時にそれを眺めたら立体になるのはごく判りやすい原理です、そして歴史は繰り返すのだが流行って廃れて・・・・
何年か前に脳内革命(アホが直るとか言うふれこみ)とかで「ランダムドットステレオ」という絵が流行ったのをご存じですか?画面一杯点々だらけですがじっと眺めていると立体画像が浮かんでくると言うしかけ
そう言えば携帯でも立体画像で見えるのが出始めましたな(これは多分画面上の細かいフィルター処理かな?)

普通の立体写真としては、赤青メガネで見る「アナグリフ」がある、上の写真が先ほど自宅で製作したアナグリフです、カメラは先日ケルンのオークションで購入したあこがれの「じゃじゃ〜ん、ライカM2」だ!、デジカメ左右移動撮影の2枚画像をコンピュータ処理(処理と言っても画像を読み込むだけ)をしたものです、
お手持ちの赤青メガネで見てくださいカメラが飛び出してくるでしょう、エッ持ってないって残念!
b0057679_9473198.jpg
他にも2枚の画像をプリントし横に並べてひんがら目で眺める立体写真(交差法と平行法があるだ)
この方法で一番綺麗なのは、ビュアーを使って2枚のポジ(スライドフィルム)を透過光で見る方法があります

皆んなで見る時は映画館でやっている立体映画方式で、2枚の絵を偏光レンズを通して一つの画面にして、それを私たちは同じように偏光フィルムのメガネで鑑賞する、この方式は面白いのだが個人でやるにはちょっとコストがかかるのが難点
でも会の方はどんどんパソコンやプロジェクターを使ってがんがんやっとります

丁度今、サントリーのアイマックスシアターで超大型立体アニメ「サイバーワールド」を上映してますよ、一度で良いから立体映画を体験してみてください、凄いですから
余計なことかも知れないが、ステテコとステレオは語源が同じではないかと思っている、2ッに別れたモノを一つにまとめ認識するのですから、しかもそのものには自立性はなくあくまで人間の視覚的肉体的補助用品で、結構役に立っているのだ
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-02 10:06 | アート・デザイン | Comments(2)

ラッパー

b0057679_1031023.jpg

ドゥッドゥドゥドドド、ズダッタズダッタ、リズミカルなボイスパーカションが聞こえてくる、だが此処は駅のホーム、お昼過ぎしかも電車も丁度出た後で誰もいない、音の聞こえる方へ歩いて行くと確か先日見たような風景が
ホームの同じ場所に同じ男が壁に向かって立っている、足下には紙袋が4っつ、ホームに入るには最低120円のお金がいる(因みにこの初乗り料金は大阪で一番安い)、先日もそうだったが彼は電車には乗らない
今時のホームには横になれるベンチはない、これは公園でも当てはまるのだが新しいベンチはほとんど横になれず、邪魔な肘掛けが一人分区切りで付いているのだ(誰が肘掛け使うと言うのだろうか)、カタチ的には座ることを拒否した人間無視のデザインのなれの果て

ホームで電車を待っていると、今度は紙袋から取り出した新聞を声を出して読み始めた、まるでお芝居の稽古のように一人で壁に向かって話しかける
「政府は12月14日に期限切れを迎える自衛隊のイラク派遣期間を1年間延長することに・・・・新たに対迫撃レーダーを導入し・・・世論に配慮し・・・」

暗闇のトンネルの向こうから迫ってくるライトと強い風で新聞がめくれ上がり彼の声はかき消された
「2番線ホームに京橋経由松井山手行きが到着しま〜す、白線までお下がり下さい」
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-12-01 10:09 | 写真 | Comments(0)

禁酒宣言

b0057679_94976.jpg
お酒が好きな人ならこれは禁酒ならぬ禁句であろう、何度もチャレンジして何時も破れているのではないでしょうか?深酒の翌朝の歯ブラシの吐き気、胃痛、数えるときりがない
間違った処方が一人歩き、水が有効と思っていたら飲むより寝るのが一番とか、色々あるようだ

富山県は久利須村、正月ゴールデンお盆と暇なら行っているのだが、久利須から石川県の高松海岸へ抜ける途中にこの石川県津幡町はある、大正時代に村をあげて禁酒しそれも20年間、で小学校を改築・・・確かに美談と言えば美談なのだがその間酒好きはどうしていたのかと一人気を病んでいるのだ、それよりも村の酒屋さんは全部潰れてしまったのではないかと心配だ、アメリカのアルカポネ時代はエライことになったが、この村では平穏だったようだ
b0057679_9551886.jpg
さて、タバコと酒はどちらが辞めやすいか?非常に興味がある
私の場合は病の願掛けに禁煙してからもう10年以上が経つ、禁断症状が1年近く続き苦痛以外の何者でもなかったのだが、ショートピースを一日一缶(50本)では致し方がないのかも知れない
嬉しいのは食べ物とお酒が素晴らしく美味しく、しみじみと食い道楽の私は幸せを満喫している。逆に下っ腹が?でもこれは年齢なのか禁煙なのか悩むところだ

今タバコをやめるならブータンへ、国自体が製造、販売、喫煙全て禁止になった、どの国へ行っても喫煙家は肩身が狭く、特にアメリカは狂気を感じるぐらい全体主義がのさばり虐待されている(イラク問題を始め変な国です)、その点ヨーロッパでは個人主義が徹底していて、自分の責任は自分でと言う当たり前のことがちゃんと生きながらえている

死の間際の願掛け用に酒を置いてあるのだがどうだろう、物事をお願いする時はやっぱり交換条件が必要なんですから
「お酒もタバコも博打も女も皆辞めるから、死にたくない!」
そうなんです、酒以外お願いするモノがないので、もう少しの間だけ酔っぱらうつもりです
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-11-30 10:03 | ご託&うんちく | Comments(3)

b0057679_12162313.jpgあれ?
駅のホームを歩いている時ふと足が止まった、何でもないはずのポスター
でもおかしい、うん?
後でな〜んだと思ったのだが、実際の影が上手く駅貼りのポスターに同化している、私は一瞬丘の上に大きな塔が立っているのかと思ったのだ、丁度影の方向も遠近感もぴったし収まっ面白い例かもしれない

かって現代美術にかっこよく表れた高松次郎なる作家が存在した、初めて見たのは東京の画廊の壁一杯に実際にドローイングされた等身大の人間のシルエット、思わず光源を探すぐらい強烈な出会いがあった、
その後も知性的な作品を次から次へと制作、本人も寡黙でただ居てるだけですごかった

現代美術の世界に足を突っ込んだばかりの私には、何時も文句ばっかり言っていたのだが数少ないあこがれの作家でもあった
こう言ったら怒られるかも知れないが関西にはないタイプで清廉さと言うか知的というか・・・そう言えば関西の著名な作家では余り理屈をこねる人はお目にかからんのう

先日北朝鮮から持って帰ってきた女性の生存時の写真が公開され、この写真は合成だとかしましいが、実物を見た瞬間に解るであろう影の問題を何の注釈もせず公開した。其処に馬鹿なTVメディアが尻馬に乗って、したり顔で合成云々と囃すのを見ると、きっとこれは誰かが演出しているとしか考えられない、どんどん本質からそれていくメディア!

もっと笑うのが素人でも見破られるような合成写真を渡たされてはいと持って帰ってくること、勿論プロ集団が集まっていることだから全部承知であることは間違いない、それを堂々と発表すると言う行為は(彼等のやることはいつも感じるのだが)「きな臭い!!」
飛行機から降ろされる何個ものコンテナー、解っているのは写真数枚と遺骨ほかトランク1個分位で、他に何が入っているのかと考えるのは????
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-11-29 12:19 | アート・デザイン | Comments(0)

トマソン

b0057679_93643.jpg
以前トマソンという言葉が一部のメディアで流行ったことがある、勿論語源は巨人にいた野球選手のトマソンで赤瀬川氏が提唱し、南伸坊、秋山祐徳太子あたりが広めたらしい
「超芸術トマソン」なる撮影ツアーがあったり、出版物や講演会と色々活動していて学会まであるようだ

「まあ早い話がやね、世の中に何じゃこれとか、立派な癖にちょっと場所が間違ったためになんの役にも立たないモンがありまっしゃろ、それを写真で取ってご託を並べる話でんねん」
「具体的に言いますとですね、登っていっても何処にも行けない階段とか、2階の壁にあるドアとか、町中何処にでもあるのですが、やっぱしそれがオモロイかどうかがポイントと思われます」

しかしこの土に半分隠れた鉄の扉は、トマソンの域を脱し芸術大賞の域に達しようとしている
眺めれば眺めるほど不思議で、さびて半分無くなった鉄の扉の向こうはレンガで塞がれ、それが地中に埋没、災害地なら兎も角、街のど真ん中で造成も何もされていない公園の片隅にあるのです

がんじがらめに絡め取られて朽ちていく「要の消滅」、すごみさえ感じる

それにしても街からレンガが消えていく、微かながら覚えているのだが下町の私の家がある路地が雨に濡れ真っ赤だったのを。今でも水道やガス工事で掘り起こされるたびに多分昭和初期に作られたであろう路地のレンガが掘り出されてくる
コストの問題、施工上の問題と色々あるだろうが、人間に生活に何故か優しい気がするのだがどうだろうか?

道路で面白かったのは北浜の方にある「筋違橋(すじかいばし)」で、以前は木の断面を上にして並べられた橋だったのですよ、木口を上にすることで耐久性を考え歩く時の柔らかさは何とも言えませんでした。今の無機質なアスファルトの道路からは想像も出来ないのだ
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-11-28 09:37 | アート・デザイン | Comments(2)

某公共電波

お断り:これは写真としての意味はない、あくまで文字情報
b0057679_9122460.jpg
先日ハガキを捨てようとしてふと気付いた、こんな大事な文が・・・・人知れず配ってこんなもんで済ますんかい!と思わず突っ込もうと思ったが一人だったので辞めた、でも興味のない人には目にも留まらないコピーでしょうな

今年に入ってからのNHKの不祥事は無茶苦茶で、不始末に対する海老沢会長の国会喚問も中継すらしない。国民のお布施で成り立つ恐れ多くも公共電波なる組織はこうして崩壊していく。もっとも崩壊は今に始まったわけでもなく、内部崩壊はずっと前からあったのだが、ちょっと表に出てきただけかもしれません
本来なら会長辞任、紅白中止(この担当プロデューサーが問題の始まり)が普通なのだが、おかしな事に民放が知らん振りをしているのも解せない

私のお気に入りのクローズアップ現代の国谷裕子さんはフリーと聞く、新聞に書かれていたのだが、「なぜNHKは嫌われるかと」という特番を組み、そこで彼女が「会長はエビ・ジョンイルと言われていますが」と切り込む・・・すごくオモロイ番組が出来上がりそう

昔は徴収員になんだかんだとクレームを付け受信料を払わなかったのだが、自宅勤務になってからは自動振り込みにしてしまい文句があっても直ぐに辞めることが出来ない、ものぐさの私は銀行まで行って振り込み手続きの変更届を出すことが億劫なのだ、よって不払い運動のやり方を勉強しようと思っているのだが、昔は確か放送終了時の日の丸を辞めたら支払っても良いと言う断り方があった(真偽不明)
早い話が放送受信料を払わなければ、一発でNHKは潰れるのだよ!

徴収員からの告訴(海老沢会長解任など)は組合員ではないと無視したが、今度は正式に組合員から告訴された、勿論海老沢の首を取ったから何の解決にもならないかも知れないが、きっかけにはなる

NHKアーカイブには莫大な映像資料(勿論日本最大)が保存されている、お金をふんだんに使った映像で素晴らしく貴重、そこまでは非常に有り難いことなのだが、民間の企業や製作会社が借りようと出向いても、閲覧だけでもとんでもない費用を請求し借りるとなると製作予算のめどが立たなくなるの落ち
我々の金で作られたフィルムなら閲覧は無料、貸し出しは格安が当たり前の筈なのだ、お陰でひっそりとNHKの地下深く眠っている

嘘か本当か知らないが、某国営放送は生放送の時コンマ何秒かずらして放映しているとか?■■■の放送禁止用語、WXYの放送禁止映像を寸前に止めるらしい、どなたかこの話ご存じありませんか?

昔々「若者の広場に」何度かゲストで出演し、お仕立て券付きのワイシャツとか万年筆を貰った様な気がするのだが、夢だったのかなあ?・・・
[PR]
# by PUSH-PULL | 2004-11-27 09:30 | ご託&うんちく | Comments(0)

公園ののらら、仲良く並んでおります


by PUSH-PULL