スーパー銭湯

b0057679_8464726.jpg
「一休」
この写真だけで何屋さんか判ったらすごい、最初見た時は「なんじゃらほい」と直ぐに写真を撮った次第、真っ赤でなかなかエロチックなフォルムをしているのだが、中はスチームの塩サウナ、ど真ん中の塩の大きな壺を取り囲むように楽に20人ぐらいは入れそうな円形のレイアウトのスチームサウナである、体中に塩をごしごしこすりつけて座っていると直ぐに汗が噴き出してくる

昨年末に近場の此花区に流行のスーパー銭湯の「一休」が出来た、うたい文句が「天然温泉架け流し」で驚いたが、そうなんですよ大阪のど真ん中で、桶の露天風呂に一人で満月を見ながら温泉に入れる時代なんですから、たまりません

出来たばかりで清潔感もありデザイン的にも大変良く出来ている、昔から銭湯の世界は特殊な組織の中だけで処理されていて、最近までほとんど人間工学を無視したような設計?いや設計以前の風呂屋さんだらけだった、やっと風呂屋にもまともなデザイナーが登場という訳かな

銭湯が大好きで、我が福島区の銭湯は全制覇はおろか、友達とかなり遠方まで足を伸ばしている、最近は少し贅沢にちょっとお値段の張るスーパー銭湯まで範疇に入ってきた、私の考えでは五百円以上は論外だったのだが、今や何と七百円も払っているのです!

何時も一緒に風呂に行くM田氏は常に愛車のスポーツカーに洗面用具を積んでいる位の風呂好きなのだが、何故かサウナも、スチームバスも、電気風呂も、水風呂も入らない、これは一つの謎である
折角七百円も払っているのだから全部入りゃあいいのと思うのだが・・・これなら浴槽一つだけの下町の風呂屋と変わらないではないか、なんて考えてみたりして

銭湯好きなら誰でもご存じだと思うが、大阪の銭湯をあげるなら「源ケ橋温泉」と「美章園温泉」が風格と言い内容と言い両巨頭に間違いない、新しくてお洒落な風呂屋は色々あるが此処には負けます

一度自分のHPの方で銭湯百物語を連載し始めたのだが、三十話ぐらいで挫折してしまったが、風呂屋にはオモロイ話がいっぱいあります、今なら残りの七十話ぐらいは書けそうな気がするのだが(笑)、でもよう考えたら凄い長い話で週一で書いても一年掛かるなあ、昔の風呂話でしたら何時でもご案内しますが、如何かな?

最近のスパー銭湯でチト困るのが、内風呂しか経験してない家族とそのガキ共で、銭湯作法これだけはきちんとお稽古してからにして欲しい、銭湯とはかくも奥ゆかしい所なのですから
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-29 09:00 | カルチャー | Comments(2)

行き先表示板

b0057679_8283693.jpg
技術進歩?
え?何時の間に変わったの、昔の表示と言えば行き先と発車時刻がパタパタと廻っていた、それと比べるとエライ進歩である、そして何よりも見やすい
パタパタの後はコンピューター文字のように8を基本に0〜9まで表現していたこともありましたなあ、新しい表示板も内容的には何もさして変わりはないのだが、時計を組み込んだところが当たり前のようで新しい

この表示板も間近に近寄ってしげしげと見たが、液晶なのか?プラズマなのか?はたまた新しいモノなのかよく解らなかった、いずれにしてもコンピューター処理されたデータを表示しているには違いなのだが、こうして各駅に配置されたとなるとかなり低価格で生産出来るようになったと言うことだろう

青色のLED発明のロイヤリティー裁判が終わったばかりなのだが、日本の裁判はどうなっとるんやろね?海外への知能流出を促進をしているとしか思えない

昨日のニュースで、在日韓国人2世の東京都の管理職試験の受験拒否裁判の最高裁判決が出されていたが、高裁判決では少しは良い方向に行きかけたのに、「受験拒否は合憲」という何ともはや時代錯誤の判決が出たモノだ、お陰で脳みそが低俗なナショナリズムに腐食され、今はまともな小説も書けない某知事もほくそ笑んでいるに違いない

憲法解釈裁判なので、壇上にズラリと裁判官が並ぶ最高裁大法廷がTVに流されていたが、滅多に見ることのない光景でもある、この判決は定住外国人の公務員への門戸解放を塞ぐばかりか、原告の鄭(チャン)さんが怒りをぶちまけていたように「世界中の外国人に『日本に来るな』と言いたい・・・」が素直に聞けます
行政と言う組織と言え、民間ではカルロスゴーン氏がニッサンのトップに招かれたり、プロ野球やサッカーでは外人の監督は当たり前という時代というのに、なんというアナクロニズム!

そうそう、昨日載せた菊水丸の「怒りの河内音頭」の歌詞を見つけたので転載します
何回頭をげる気だ そんな頭は見たく無い  早く頭を丸めて下さい 
オッと失礼いたしました もうこれ以上丸まらない 
髪の毛よりも悪事の方が圧倒的に数多い 
あなたの居られるNHKから何にも受信したくない 真実だけを送って下さい
わたくし河内家菊水丸 受信料払う国民のその一人として 
河内音頭に乗せて 怒りをお伝えします

悪しき慣習たちきってNHKが健全で
そして みんなに 愛される
その上 みんなを 愛せるような
放送局になるまでは 度重なった不祥事と
その重なった二重アゴ 許すことなど出来ません

紅白最低視聴率 ヨン様スマップ連れて来い!
宇多田やサザンも見たかった
日本を代表するような放送局にして欲しい
しかしエビ様あなたときたら 日本を代表するような悪人ズラじゃないですか
人は見かけによるものだあなたは明日辞任をすると
そのおつもりで居るようですが 辞任じゃなくて解任だ!
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-28 08:42 | ご託&うんちく | Comments(0)
b0057679_11162254.jpg白線引き
「おーい、どもまで行くね〜ん」と思わず叫びそうになった、草野球ではなかなか此処までライナーは飛んでこないが、こんな白線を試合前に引いたと思えない、となると白線引きを何処から仕入れてきたんだろう?

ライン的にはなかなか面白い、今のイラクの自衛隊派遣と同じで、大阪市役所も関係者よってたかって無理矢理に慣例か何か知らないが白線内に取り込み「フェアー!」と審判=議員=労働組合が声高に叫んでいる、余りにも見え見えで阿呆らしくなる
そりゃそうだ、監査する人間が皆同じ立場なので絶対ばれる心配はない、阿倍野区だけかと思っていたら我が福島区もやり玉に挙がったのである、役所では多分何処でも同じようなお手盛りが行われていると思うが、今回の大阪市の事件は明るみに出たとは言え、余りにもひどすぎる!

表沙汰になった現在でも来年度(この四月から)からも続けると言うからご立派!勿論内部告発もなく皆んなで市民の税金を互助だか残業だか知らぬがちまちまと分配し続けるのである、辛うじて発言しているのはオンブズマンと見張り番ぐらい

となると与党の公明自民は兎も角として、社民や共産党系の議員もかなりの人数が市会にいるはずなのに、何の発言も表に出てこないと言うことは・・・やっぱり!

肝心の関市長が助役上がりの生え抜き!と言うことは今回の騒動の張本人の一人である、これでは改革なんぞは不可能なのか、これはえらいこっちゃでぇ〜!
マスコミに煽られてか各会派も少しは動き始めたか、何処かでシャンシャンの手打ち式で幕引きだろう

昨日のTVニュースで面白かったのが、河内音頭の菊水丸と漫才の西川のりおが東京NHKまで出かけ、エビジョンイルこき下ろしのアジテーションを行ったことである、最近のメディア人間にしては珍しく、嬉しくて手を叩いてしまった、「オイ世の中のゲイノウ人、ブツブツ文句言うぐらいだったらこれぐらいのことやらんかい!」
歌詞が最高で「髪の毛をより多い悪事!」ってとこ、退職金を1億2千万?をもし貰うことがあるようだったら、今度は海老沢会長自宅前でやるらし、今から楽しみである、何故なら彼は顧問として残り院政を引くこと間違いないのだから
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-27 11:21 | ご託&うんちく | Comments(0)

実存主義

b0057679_18525736.jpg
嘔吐
木の根っ子を見て嘔吐を感じるのはカフカの世界だったか?じっと眺めていた時もし嘔吐を感じるなら多分こんなカタチではないかとふと思った

「変身」を読んだ時の驚きは凄かった、こんな小説があるのかと、しかしあれほど論議された実存主義は何処へ行ってしまったのか?何処へと言うよりも哲学そのものが霧の彼方に飛び去り見えなくなって、私の廻りにギスギスした現実だけがまとわりついている

フランツ・カフカの「審判」はオーソン・ウェルズやアンソニー・パーキンス、ジャンヌ・モローなどのそうそうたるメンバーで映画化されていた、そう言えば昨年「変身」も映画化されて日本に来てたはず、ああああ見ていない、残念!

日本で真っ先に浮かぶのは安部公房であろう、彼の「デンドロカカリア」はカフカが虫なら、こちらは植物に変身する、ある日コモン君がデンドロカカリアになってしまうのですから
カフカも以前に書いたデュシャンと同じ1世紀近くも前に数々の素晴らしい作品を残している、何という隔世間と能力

人間誰しも変身願望を持っているが、カブトムシや植物に変身し生活したいとは思わないだろう、ナルシスのみたいに池に映る己の姿に見入りそのまま水仙に変わってしまう希有な御仁も神話の世界にはいるのだが
まあ、普通だと化粧とかひげ剃りとかお芝居に稽古とかの他の目的無しに鏡を5分と眺めていられないだろうなあ、きっと

時々、電車の中でも何処ででも処かまわずずっと鏡を見ている若者を見かけるが、何考えとるんやろね
「テクマクマヤコン」とか「鏡よ鏡よ鏡さん・・・」とか「私って綺麗?」とか言いながら遊んどるやったら、そのまま水仙とまではいかんでも電車の座席に座ったままセイタカアワダチソウぐらだったらきっと変身出来る!
でも戻る時の言葉「ラミパスラミパスルルルルル」を忘れないように
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-26 08:42 | ご託&うんちく | Comments(0)

淀川

b0057679_8265062.jpg
言葉の記憶
渡り鳥の浮かぶ姿と流れる川の水を眺めながら思い浮かべたのは
「よろかわの みるのんで はらららうらり」
何故こんな言葉を覚えているのだろう、小さい時から淀川が近かったせいかいろいろな思い出がある
ひょっとしたら上の言葉は差別用語として使ったのではなかろうか?人を愚弄するため、単に笑いをとるため、しかし記憶は定かではない、淀川で水遊びをしてた頃に言っていたような・・・

この写真を撮った淀川大橋は、釣りに凝っていた頃の夏場はしょっちゅう自転車で出かけていた縄張りでもある、私の記録は30㎝のチヌ、M谷の記録は70㎝のスズキ、セイゴクラスになると数知れない

右側の河原は秋口のハゼ釣り、フルセと呼ばれる2年モノの15センチ以上を華奢なチヌ竿で釣るのが面白い、淀川もこの辺りには汽水域で川の魚と海の魚が共存している、先に述べたチヌ・スズキを始めセイゴ・フッコ・ハゼ・ボラ・カレイ・イトヨリ・ウナギ・フナ・コイ・・・・と魚種には事欠かなかったが、最近釣りをしている姿をほとんど見かけなくなった

水そのものは以前より綺麗になったと思うだが、やはり護岸工事の影響だろうか?上流のわんどもどんどん姿を消し、天然記念物のイタセンバラが絶滅の危機に瀕している、そう言えばフナなども姿を見せなくなった、少し前に高槻の芥川に鮎が遡上したという話を読んだことあるのだが、遡上となるとアユがこの橋の下を高槻まで上っていったことになるのだが、なかなか信じられない

一歩堤防側に目をやるとブルーシートの住居が上流に向かって無数に続く、市内の公園のシートとは違って、此処にあるのは明らかに家として存在している

昨日のTVニュースで国会の代表質問に何も答えず、人を小馬鹿にしたような薄ら笑いを浮かべている小泉の顔が、不気味な印象としてこびりついている
憲法改悪元年にならぬことを祈って!!
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-25 08:38 | 写真 | Comments(2)

サイドカー

b0057679_13365549.jpg
交差点
そうなんだ!サイドカーってヘルメット要らないんだ、知らなかったなあ
大阪駅からヨドバシカメラへ渡る交差点であるが、土曜の午後のためか駐車場にはいるために車がぐるっとビルを取り囲みとんでもない渋滞を起こしている、車は映っていないがサイドカーが丁度交差点内で停滞している

たぶんハーレーダビットソンに側車を付けたものだろうと思われる、このサイドカーそのものがくせ者でとんでもない価格がする、BMの純正だとそれだけで車が買えるぐらいである

こんな過装飾の車は見ているだけでも恥ずかしくなるのだが、本人はテンガロンハットを被り自慢げに交通警官と喋っていた、何で日本人てカーボーイスタイルが似合わないのだろう、カントリーの歌を唄う人当たりだとステージにいるのでまだ良いのだが、外で見るとやっぱり変!

ブッシュでもそうだが、アメリカの南部出身者は自慢げにこのスタイルをするのだが、薄らバカっぽく見えるのは私だけなんだろうか?
映画「真夜中のカーボーイ」のダスティンホフマンのラッツォも勿論良かったが、テキサスからニューヨークへ出てきた主人公であるジョンボイドの役どころがまさにこれ、カーボーイがNYに行けば必ずモテモテでやり放題!の夢が破れる物語なのだ

昔一緒に住んでいた友達が陸王の側車付きを乗っていて、何時も乗せてもらっていたのだが、それはもう乗り心地は最高です!丁度船でゆっくり走っている不思議な感覚と無重力感を味わえます
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-24 13:56 | ご託&うんちく | Comments(0)

貼り紙

b0057679_853898.jpg東映パラス
何時もよく通る道にある自動車会社の倉庫が移転した、ふと覗いてみるとがらんとした薄暗い部屋のコンクリートの柱の貼り紙の文字が目に入った、今度はデジカメ持参で次に通った時にカシャ?違うなあチッ?かなあ、

この柱は電車の高架である、倉庫として最初にここを借りた時にそのまま剥がさず内装したと思われる、こうした古い貼り紙を見た時は何故か無償に解読したくなりませんか?

他にもスペースがあるのに同じ場所に何重にも張られた貼り紙、何とか読めたのは、大昔に革新から立ち上がり「大阪の町をミドリに」を宣言し市長になった中馬馨、だがいつの間にか保守与党へ転向と裏切り、かけ声とは裏腹にその頃の人口百万人以上の大都市では緑化率世界最下位を誇った大阪市

「○スビの漬け物は近くの商店で」うん?これは意味が分からない

12月・・・ロードショー・・梅新東映パラス、もう今はない東映会館の洋画封切館だ、タイトルは「○○合戦」嗚呼読みたい!この映画館は知り合いの関係で何時も映写室から無料でよく見ていた、映写室で映画を見るのは不思議なモノで、映写機の音がうるさくてなかなか映画に集中出来ない、どうしても見たい映画の時はお願いして、客席が空いている時に限ってそっと降りて見せて貰った記憶がある

その頃の記憶では東映のある梅田新道辺りは、東映会館内は邦画の東映劇場と洋画の東映パラス、上の階に2本立ての第二封切館、梅田松竹(お芝居と映画を両方やっていた)とその向かいに日活、今のナビオ辺りが東宝系の北野シネマと北野劇場、地下に55円のニュースと予告編だけの国際シネマ?だっけ、コマの地下にあったコマシルバーとコマゴールド、その隣が後から出来たニューOS

そして直ぐ近くに一番大好きだったOS劇場(別名OSシネラマ)、此処で最初にメガネをかけて見た立体映画「モルグ街の殺人」「折れた矢」、ずっと後では改めて見直した「2001年宇宙への旅」と「地獄の黙示録」

桜橋方面では、毎日会館にあった大毎地下とその前のカレー屋「インディアン」、上にあったパイプ椅子の国際劇場、その後百又ビルに3軒、新しい松竹のビル、そしてどんどん小さな映画館のポルノ系は出現、最近は映画館もどんどん改装されシネコンと生まれ変わっている

映画でもコンサートでもお芝居でもそうだが、タダで見るとどうも集中力が半滅する、入場料を払うと元を取ろうと言う意識が働くのか、少々面白くなくても必死に見る、だから面白くない時の腹の立つこと人一倍なのだ

書き忘れていたがその頃の私の最高映画記録は月に20本、どうだ参ったか!
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-23 09:15 | ご託&うんちく | Comments(0)

キノコの新種発見

b0057679_9145463.jpg
?
この白い地中から生えているモノを始めて見た時は新種のキノコ?又は苔かと思った、最近は見慣れてしまったがやはりこれは何とかしなくては

写真だけで判った方はかなり観察力があるか、よく公園を散歩している方に違いない
早い話が植裁の時に木の根と土がばらけないように括られていたロープなのだが、どうしてこのようなクレモナかナイロンかビニールか何か知らないが何年経っても分解しない素材を解きもせずに使うのだ!

普通植木屋さんは公園に植裁する木は必ず縄を使っていいる、もし化学製品だとしたら必ず解き植える、縄だとたとえほどかなくても直ぐに腐っていつの間にか土となる、しかしこの白い吹き出物は私の知っているだけでも10年は経つ、この間この公園で植裁をやり直した気配はないので間違いはない

友人の住む富山の畑や田んぼに行った時も、他人様の畑は無造作にビニールの紐が残され農薬や肥料を撒いたビニール袋が何時までもあぜに半分埋まって残されているのを見ると、無償に悲しくなる
向こうで生活する時は特にゴミを出さないように注意しているのだが、畑も田んぼも自分の庭の筈なのに理解出来ない、自宅のすぐ側の川には無造作に家庭の燃えないゴミが放棄されて・・・

親から譲り受けた土地で、入村し自分で開墾した苦労も記憶もない、ましてやそこでの生活が嫌だとしたら、問題である

この個人感覚が地域環境を汚染し、企業論理に基づく環境破壊へと連なんているのであろう、
私を含め人間オトナになっても人のために生きるというのはなかなか難しいようです
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-22 09:27 | ご託&うんちく | Comments(0)

妄想・虚偽・捏造

b0057679_13411246.jpg
ウオーキング
タレントのタモリではないが、私にはかなり妄想癖がある「妄想とは病的原因により起こり、事実の経験や論理によっては容易に訂正されない」らしい と言うことでこれはかなり危ない症状でもある

毎朝公園でよく見かける女性の写真なのだが、個人の写真を載せると言うことは無断掲載による肖像権侵害あたる、ひたすら彼女がこれを見ないことを祈る!可愛い人なので許して貰えるのではないかと密かに想ってみたりして・・・
日々繰り返す日常パターンの中には、かなり変わったことでも何時かは組み込まれ気にならなくなる、例えば自分の癖などは傍目から見るとかなり異色でも本人にとっては快適であったりして判断は難しい

ところが何度見ても考え込んでしまう一コマがこれである
彼女は1周五百メーターある外周ランニングロードを何時も2〜3周して出ていく、でも今日は曇天!彼女は晴れようが曇っていようが傘を差す、と言うことは日射病や熱中症予防では無さそうだ、太陽光線がダメな白内障予防だとサングラスをするはずだがそれも無し、暖かい季節から手袋をしているのでひょっとしたら全身性エリテマトーデスか皮膚癌予防なのだろうか?はたまた膠原病(こうげんびょう)・・・しかし写真を見ても判るように背筋はきちっと伸び、足も綺麗に踏み出されデューク更家でも褒めそうなぐらい軽やかで決して病人には見えない

服装もまさに通勤又は通学途中で、決してお暇なお人のファッションではない、だったら歩いて会社に行けばいい訳で公園をぐるぐる回ることもなく、此処よりも直ぐ近くの中之島遊歩道の方がずっと景色の変化があり川は流れ気分も爽やかになるはず、しかし余りに会社が近いのでワザと遠回りをしていたりして・・・なんだかんだと会うたび何時も一人妄想しているのであります

※この同じ場所で、毎春オープン戦の頃には長島監督に会っていた、近くのロイヤルに宿泊していると見え所マネージャーを従えて軽くランニングで何周かしてホテルに戻っていく
一度こちらが挨拶するまもなく「可愛いワンちゃんですねぇ〜!」と声をかけらたときは「・・・」ビックリしてありがとうも言えませんでした
そうなんですよ、彼の廻りはハッキリとオーラに包まれているのが見えました
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-21 13:47 | ご託&うんちく | Comments(0)

美穂蘭

b0057679_8463752.jpg
ライブとはかくありなん
ここはイノコツラーメンが自慢のラーメン屋、客星の片隅で歌う美穂蘭、客の大半は合いの手は入れてもほとんど歌を聴いていない、聞いているのは関係者だけという凄まじいライブ、歌唄いと客の間はホンの数十センチで人ごとながら冷や冷やする
すると場を仕切っていたパンチパーマのおっちゃんが今度はワシが唄うと宣言、おもむろに店から飛び出していって仕舞った、彼の仲間が手拍子で歌い出した
「清水港のおや〜ぶ〜んは、お茶の香りい〜と おとこお〜だあ〜て〜・・・」
玄関扉を開けてお盆を三度笠に見立てて入ってくるではないか、唖然!

その日の彼女の最初のライブはレゲーのライブハウスでまずまずだったが、2軒目がこれ、笑ってしまったのはどちらのお店もトイレにはいると、その町内のでっかいだんじりのポスターと大量の写真が壁一杯

大阪には異なった文化圏がある、大阪市以外に北河内(高槻から大東あたりまで)と中河内(東大阪から八尾、柏原)そして南河内(藤井寺あたりから河内長野)、そしてだんじりで名高い泉州が堺から岸和田を通って岬町まで
同じ大阪なのに言葉まで少しづつ違う、一般的に言葉の悪いのがやはり河内だろう、河内のおばあちゃんの喋る言葉を聞くとビックリします、平気で「おまえ」と「あほ」を連発しますから

b0057679_8471171.jpg久し振りに泉州のノリに浸って参りました、育ちの良い私にとってそれはもう驚きの連続で・・・(笑)

美穂蘭さんとは何年か前に彼女のライブのポスターを作ったことがきっかけで、それからずっとだらだらと付き合っています、ライブがあると聞けば東奔西走し・・・って話はないのだが、この日も春木は遠いので行かないつもりだったのが、ミナミの新年会でちょっとお酒を飲んだのが運の尽き、急に元気が出て参りまして、春木に住むM本氏のご案内で春木から貝塚まで馳せ参じたと言う訳でおます

左のこじゃれた絵は彼女の昨年のライブの時撮した写真を加工したのですが、同じ人物とは思えない出来映えで一人悦に入っておる次第

美穂蘭HPは http://www.m-pj.net/miho/ ライブスケジュールが出ています
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-20 08:57 | カルチャー | Comments(4)

竹箒

b0057679_911454.jpg
竹箒
値段を見て思わず足が止まってしまった、何という値段なんだろう!
都会のホームセンターと違って地方のホームセンターは置いてある商品はちょっと違っていて非常に楽しい、ご幼少の頃からじいややばあやのハラハラする目を無視して肥後の神や左出刃で遊んでいた、てなことはあり得ない話で、お小遣いが貰えなく何でも木を削って作っていた

お陰で今でも文房具屋、画材屋、ホームセンター等は大好きなお店なのです、何でも道具や材料があるとたちどころに作れるような気がするのは、いつまで経っても成長していない証拠かも競れません

しかし安い!竹箒1本3段102円、5段207円、この段というのはよく解らないがとんでもない値段である、以前何かの記事で東南アジアの島で日本では千円近い箒を1本数円で作らせて、地元一切還元していない話を読んだことがあるのだが、それが今102円
流通とはかくも恐ろしいものである、生産地での支払い価格がいくらになっているのか心配になってきた

生活とは地場産業優先が基本なのだが、最近の日本はもうそれは無茶苦茶で、世界中の自然破壊の先陣を切っているのが現実ではなかろうか

b0057679_9113939.jpg
余談だがこの竹箒は結構使い方には奥ゆかしい作法があります、特に落ち葉を集める時は地面を優しく撫でるように落ち葉だけを掃く、すると竹箒は痛まず長持ちする、あくまで竹箒が高額だった頃の話なのですが・・・
ところが毎日犬の散歩に出かける公園でこの極意を会得している人に出会った!まさに枯れ葉だけを集めていく軽やかさで地面には微かな箒の後が残るだけ
しかしこの人は公園の住人で、その後隣の住人の男と酒の上で大喧嘩をし梅田方面へ移動したとか

準備号の後03年9月に、創刊された月刊「THE BIG ISSUE JAPAN」 ビッグイシュー日本版200円を読まれたことがありますか?大阪のロータリーでホームレスのおっちゃんが売っています、表紙もジョン・ストーン、メグ・ライアン、ブラッド・ピット、日本人ではヤイコなど蒼々たるメンバーで今月でもう20号を迎えました、一度読んで見てください、結構考えさせられますよ
[PR]
# by push-pull | 2005-01-19 09:17 | ご託&うんちく | Comments(0)

阪神高速湾岸線

b0057679_9134327.jpg
新日本製鉄
阪神高速で大阪と堺市の間を流れる大和川を渡ると風景が一変する!高層マンションからから高層工場街が連ならぬ、その一つが新日鐵堺

特に日暮れ時に出島から大浜を過ぎ築港へさしかかる頃に無数のランプが見え、美しくまるで遊園地かおとぎの国へ誘うような錯覚にとらわれます、しかしそこは精錬所で昼間に見ると強大な工場群が油煙をたなびかせ延々と続いています

私が通った小学校の校歌も、「淀の流れに水清く、煙はたなびく・・・」なる工業賛歌が謳歌されている、そう公害問題なんぞは話題にもならなかった
神戸から尼崎、堺へ続く工業地帯は何時も厚い煙に包まれ、洗濯物は煤で汚れ、近くを流れている大阪の正蓮寺川などはダイオキシン日本一を記録していたのである

「美と腐敗」「利と公害」人間儲かるためなら何をやっても良いのだろうか?
水俣、四日市喘息、イタイイタイ病、ダイオキシン問題、いろいろな公害訴訟が起こり最近は先の正蓮寺川も少し前からボコボコとした別府地獄温泉のようなメタンガスの吹き出しは無くなり、少しは綺麗になり喜ばしい限りなのだが

しかし薬害問題となると因果関係がハッキリしないことを建てに、未だに厚生省なんぞは、各裁判で知らぬ振りをしている。きっと莫大なデーターを隠蔽にしながら

でも先日久し振りに高速道路から見た流れるような夜の明かりはやはり美しかった
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-18 09:36 | 写真 | Comments(4)

交番

b0057679_9333520.jpg
Koban
何とも和やかな交番である、こんな所において良いのかと心配する寿司屋の看板、しかも三面が窓で何とも見通しの良いお巡りさん立ち寄り所である

電気がついているので開いているとは思うのだがどうも交番らしくないひょっとしたら休憩所?
此処は大阪南海本線春木駅のすぐ近く、ここら辺りはだんじりのメッカでどの店のトイレにもだんじりの写真やポスターが張ってあり、1年中何かあるとだんじり話で同じ大阪でもかなり格差がある

b0057679_2262680.jpg「この紋所が目に入らぬか、控えおろう!」
このマークや機動隊の桜を見ると、最近はかなり薄れてきたと言え体中を虫ずが走る習性が付いている、御上に対し守って貰っているという感覚がなく、警戒心が先に走る

大昔、まだ人間が髪を長髪にしていなかった頃、何故か私の髪は成長が早く他の人より長かった、丁度駅から家に帰る途中に交番がある
するとお暇でダサイ制服を着た大人が私を呼び止める「ちょっと寄っていかない」と言ってくれるなら兎も角、「何処へ行く」「自宅に帰ります」「その鞄を見せなさい」「絶対いやです」

このいやですが発端で延々押し問答が続く、長い時は30分、でも私は絶対鞄を開けない
この接触、どうも世間では不審尋問と呼ぶらしいが交番のメンバーが替わるたびに呼び止められる、だんだんこちらもアホらしくなり会話を楽しむようになっていった
年に10〜20回は桜御紋とお話しさせて戴いた

これはきっと噂に聞いていた長髪禁止法作成の下準備をしていたに違いない、逮捕した罪人の髪を切って、アミノ酸を抽出しサプリメントを作るか、新発売のリカちゃん人形業者に売り渡し植毛すると見た
ビートルズやスパイダースがその後有名になってしまったため、国民の反感をおそれた政府は法案提出を諦めたのだ

世の中、人にはそれぞれ嫌いになる理由はあるもので・・・
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-17 10:04 | ご託&うんちく | Comments(0)

雪景色

b0057679_9514155.jpg
モノクローム
雪景色に触れると色感覚が無くなる、ステロタイプな言い方で恐縮だが、墨絵の世界が視野一杯に広がる、広がると言っても雪が降っていているので俯いているせいか見ている範囲はかなり狭い

友人のM谷氏がこの村に居を構え目の前の雪景色を眺めた時に、「アラビアのロレンスでピーターオトールが砂漠を眺め美しいと言ったが、雪の方がもっと美しい」と思ったそうな・・・全く同感、と言っても私は本当の砂漠を見たことがないので、美しいのではないだろうかに変更しておく

真っ白な雪の写真もあったのだが、写真として訳が解らんのでかなり情緒的な絵を選んでしまった、同系色の広がりは花にしろ芝生にしろある広さを越えると凄いインパクトが体中を取り囲む

360度海だけを帆走した時は方向感覚も何もかもなくなった、それが深夜になるとそれこそ真っ暗で満天の星の下をとぼとぼと移動、コンパスから目を離していたらまるっきり逆向きに走っていてあわててティラーを戻したこともある

あのクラクラするような感覚は不安をともないいつも不思議な世界へと誘っていく

額に入れたが、じっくり眺めてみるとちょっと?がつく、通常馬子にも衣装、現世界から結界として額の意味があるのだが、此処では余りにも平面過ぎて無意味だったのかもね
[PR]
# by PUSH-PULL | 2005-01-16 10:08 | 写真 | Comments(0)

公園ののらら、何故か立ち止まり私をガン見、写真の粒子が荒れております


by PUSH-PULL