<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

もう1年

b0057679_930097.jpg

ありがとう
皆さん御拝読感謝、写真と馬鹿話もホープページの後ブログへ移動してから12年が過ぎた、毎日のブログアップに私自身驚いておりますが、今は睡眠や食事と同じ普通の日常の中

今年は兄の死と家の整理など思わぬ出来事がありましたが、仕事と食てちょんの生活もギリギリのところで続いております、年金も保険も貯蓄も何もない私は生涯現役で働くつもり

とご主人が言っているみたいなので、飼い主に成り代わりブログアップいたします
左・暗中軒模作、右・シャー・アズナブール・マイマイより
私たちは保護され猫ですが、今はこうして大事に養って貰っています

下は、主人がずっと続けている五百円玉貯金、今年は十万超したとほくそ笑んでおりました、きもい
b0057679_9301237.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-12-31 09:32 | 写真 | Comments(3)

「冗談漫画 297」

b0057679_934146.jpg

b0057679_9341316.jpg

洗濯
何時ものことながら、何でこんな寒いときに掃除をと思うのだが毎年やっております、そう言えば昔は夏休みに大掃除の日があり、畳を叩いて干していた記憶があるのだが・・・

歩道の植栽で見つけた衣服、最初誰か落とした物?物を目立つように掛けたのかと思ったのだが、よく見ると雨も降っていないので服が湿気ております、これはと思い回りを見回すと直ぐ横の公園のフェンスにジャンパーが、そして直ぐ近くにちゃんと水道がありました

どなたかがここで洗濯をして干したと思われるがこの季節なかなか乾きませんな、洗濯も全自動になり高額になれば乾燥までしてくれるという便利な世の中、掃除機に至っては勝手に部屋をウロウロしてゴミを集め廻ってくれる有様

問題は昔より遙かに自由時間が増えたとも思われるのだが、それを大事に使っているという話はあまり聞きませんな

もっとスゴイのは今年のブラック企業ナンバーワンに輝いた電通、自由時間などという物は微塵もない、昨日やっと社長の辞任が発表されたが遅きに期した感は免れない、ここの社訓に「鬼の十則」と言うのがあるのだが、この社長一度も疑問に思ったことがないらしい

「殺されても放すな!」とか「周囲を引きずり回せ!」など凄いことが書かれております、逆に言えばこの十則のおかげで社員を酷使し今のトップの座があるのですな、行政の指導など何処吹く風で完全に無視

私自身仕事を1人でする前は、大手の広告代理店の下請けの小さなデザイン事務所に長い間勤務、ここは十則以上
安月給の上の残業手当無し、ボーナス無し、代休無し、社会保険無し、退職金無し・・・ブラックという言葉も無かった時代だが今から考えると異常というか狂っております

業務内容上、徹夜作業に土日祭日勤務は日常茶飯事、夕方代理店に呼ばれ打ち合わせすることがあるのだが、提出が明日の午前!なんてこともざらに、断ると飛んでもないことに

今の電通を見ていると、マスコミには取り上げられていないが、今でも下請けは安月給で間違いなくこき使われている
[PR]
by push-pull | 2016-12-30 09:40 | 写真 | Comments(0)

ジビエ料理

b0057679_9211828.jpg

お食事会
甥が仕事で富山から出てきたので、大阪に住む姪も一緒に近くの福島の下町でお食事会、夕方の福島は人が一杯!、皆さん仕事納めなのか忘年会なのか知らないが至る所で待ち合わせの集団が、駅周辺は人混みでまっすぐ歩けない有様

行ったのは仙台の牛タンを初めとするジビエ料理、最近出来たお店でなかなかオシャレです、肉意外にも燻製料理が充実しておりました、燻製の枝豆・カマンベール・牛タン、どれも美味しい

驚いたのはドライ醤油の乗っかった冷や奴、これが香ばしく絶品でした、メインはもちろん焼き肉で上の写真、名札の無いのは鴨肉です、それぞれの部位で固さも味も違っていましたがどれも旨い、こんな肉を食べていたらタレントがテレビの食レポで馬鹿みたいに美味しさの表現に「やわらかい」と言うのがいかに低レベルか判ります

イノシシのアヒージョや牛タンのポテサラなど他にも色々頼みましたが、〆は焼きおにぎりのテールスープ茶漬け、初物でしたがこれも抜群でした

因みにジビエとはフランス語で、狩猟で捕まえた鳥獣のことらしい
[PR]
by push-pull | 2016-12-29 09:26 | うまいもん | Comments(0)

おせち

b0057679_9111045.jpg

立体ディスプレイ
我が家の直ぐ近くのイオンのディスプレ、最近何万もするおせちがよく売れているらしいが、買うこと自体が私には信じられない

このディスプレイ見た瞬間「?」、よく見ると何枚も同じ物をプリントしてから切り抜き、立体的に貼り合わせ立体感を演出、良くできております

最近同じ手法の写真や絵本をよく見かけます、組み立ては面倒ですが立体で作ることを考えたら思いっきり安く上がりますね

久利須村へ行くと必ず正統派のおせち料理を手伝っておりましたが、大阪では一切無し、やることと言えば大晦日に合鴨で鍋を食べ、〆にそばを入れて年越しそばぐらいかな、そう言えば今施設にご厄介になっている兄嫁は、完璧なおせちを作っておりました、それこそにらみ鯛から伊勢海老、凄かったのは練り物まで全部手作りだったのが思い出されます
[PR]
by push-pull | 2016-12-28 09:13 | アート・デザイン | Comments(0)

舞踏

b0057679_7173633.jpg

久しぶり
今日は朝から土砂降りの雨、直ぐに小雨になったが早朝徘徊は中止、早くからMacBook Proの前に座っております

一昨日、友人が主宰する「座・九条」でのイベントに参加、タイトルは生前退位と書かれていたので彼が引退するのかと思ったら、天皇さんのお話と前衛舞踏のコラボレーション

出演は林田鉄、白藤茜、デカルコ・マリーの3人と生演奏、なかなか内容の濃い舞踏でした、写真を見たら判るかも知れないが白塗りの白藤氏は下半身麻痺なのだが、いざりながら懸命に演じておりました

昔むかし、土方巽の踊りを見たときの衝撃は凄かった、それ以後あまり好きではなかった舞踏を機会があるたびに見てきましたが、日本独特の芸術表現ですね

終わってから忘年会、昔話で大盛り上がりでした、久しぶりに一杯飲みましたが、どこかで自制心が働き問題も無く帰宅(笑)
b0057679_718664.jpg

b0057679_7182041.jpg

[PR]
by push-pull | 2016-12-27 07:23 | カルチャー | Comments(0)
b0057679_1013472.jpg

水路
この水路で向こうの明かりが見えるのは滅多に無し、この日は思いっきり堂島川の水位が低かった、海からこのあたりはさほど遠くないのだが、海の干満がどれだけ影響しているか定かではない

何故か中之島にある堂島大橋は中心部の御堂筋や堺筋ではなく、少し離れたあみだ池筋に掛かっているのが不思議、同じく土佐堀川の土佐堀橋もあみだ池筋

この水路は橋の橋脚の間隔のためだと思われるが、橋の両端にこのような橋脚と水路がもうけられている、調べたら堂島大橋が最初に架けられたのは明治なってからの木橋、現在の橋は昭和2年に完成しております
[PR]
by push-pull | 2016-12-26 10:05 | 写真 | Comments(0)

2代目チェシャ猫

b0057679_8505067.jpg

木登り猫
以前に同じ場所で木の上から私を見下ろす、ロン毛の三毛がいたのでアップしたことがある、今日の茶トラは最初木の幹でのびをして爪研ぎをしていたのだが、私がカメラを構えて近寄ると一気に木登り!

我が家には今猫が2匹同居しているが、昔から犬も猫も大好き、と言うことで映画や本に出てくる動物も大好きで、猫と言えば圧倒的にアリスに出てくるチェシャ、以前飼っていた猫に同じ名前を付けていたぐらい

他にはワッツマイケルや古いがトムとジェリーの猫も楽しい
b0057679_8562430.jpg

こちらはルイス・キャロルの原作に出てくる挿絵のチェシャ、ニヤッと笑って消えるところが謎
b0057679_857266.jpg

ディズニーのアニメ「不思議の国のアリス」に出てくるチェシャ、何とピンク色
b0057679_933422.jpg

大好きな監督ティム・バートンの映画「アリス・イン・ワンダーランド」に出てくるチェシャ、比較的原作に近い顔をしております
b0057679_8583940.jpg

初めて見たチェシャの人形
みんなネットより拝借
[PR]
by push-pull | 2016-12-25 09:06 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画 296」

b0057679_952537.jpg

あり得ない洗濯
玄関の扉らしきところからホースが、写真をよく見てみると扉の直ぐ向こうに洗濯機らしい白い影が・・・・、と言うことはここは玄関ではない?、となると右の扉が出入り口、別に小さくはない戸建てなのに、つまり毎回洗濯中は真冬でも扉が開いている言うことになる

下町を毎朝ウロウロしていると、信じられないレイアウトの家が至る所にあり楽しめる、住人の好みでやるのは別にかまわないが、ひどいのは使い勝手を無視した建て売り住宅!、免許を取得した人間が設計したと思われない家が多々存在する、家から道路に車がはみ出る狭い駐車場を初め、気にしだしたら粗が一杯

もちろん私を含め家の中には導線と使い勝手を無視したレイアウトが家中に一杯有りますが(笑)

逆に料理の好きな人の台所のレイアウトで面白いのは、初めて使う私が驚くぐらい思ったところに包丁や鍋釜が収納されております
[PR]
by push-pull | 2016-12-24 09:13 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画 296」

b0057679_9204071.jpg


ミラー
散歩コースで出会った2階建ての小さい目のアパート、お隣同士がミラーで反転したようなレイアウトだったので採集、こんな感じのレイアウトの入り口が並んでおりました

大昔に大がかりな市営住宅が中津の方に出たとき、酔っぱらったご主人が家を間違えた話が新聞の記事になった時代がったのを思い出した、文化住宅に比べれば今時の高層マンションなどはもっと間違う率は高いはずなのにそんな話は聞かない

人間の選別能力が進化したと思わないのだが、間違えてもあまりにも些細なのでニュースにもならないのだろう
[PR]
by push-pull | 2016-12-23 09:23 | 写真 | Comments(0)

「冗談漫画 296」

b0057679_9441615.jpg

几帳面
私と違って何と丁寧な新聞のくくり方、ホンマに読んでいるのかと疑いたくなるぐらい、コラムの名前がかすかに「編集・・?」と読める、調べたら読売が編集手帳でした、因みに我が家の毎日が余録、朝日が天声人語、産経が産経称、日経が春秋

大阪市のゴミの分別も少しは行き届いたのか、家庭のゴミが整理されて出されるようになった、ただ残念なのは大型ゴミが有料になったこと、以前は何でも持っていってくれていたのですが残念

私もならばと、仕事柄紙をよく使うので紙用のゴミ箱を用意して入れていったのだが、驚く無かれゴミ袋に入れた紙は放置、一度大阪市に電話を入れてから持っていってくれるようになったのだが、またまた先週放置されてしまった、仕方ないので新聞以外の紙の分別を辞めることにした

何時も思うのですが、大阪市ってゴミを分別収集してホンマにリサイクルなどをやっているかいまもって疑っております、大阪港の埋め立て地の夢洲もオリンピック誘致が失敗し宙ぶらりん、懲りずに万博やカジノなどアホなことを夢見ております、さらに夢洲の土地利用も定かで無いのにその沖にまたバカでかい埋め立て地を作っております、飛んでもない大量の税金の無駄遣い、南港に臨空とことごとく失敗してきているのに反省の色無し

だいぶ前のことだが私の兄が脳梗塞で倒れ自宅で施設のお世話になっていた頃、兄嫁の認知症が急速に進行していった、隔週ぐらいに家を訪れていたのだが驚いたのは新聞、読まれた気配はなく広告は挟まったまま、新聞を断ろうかと何度も思ったのだが・・・
[PR]
by push-pull | 2016-12-22 09:49 | ご託&うんちく | Comments(3)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL