<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

保存食

b0057679_9182287.jpg
久しぶりの料理ネタ
人の受け売りだが「料理の始まりは保存食」、意外に思われるかも知れないがこれだけは間違いない、つまり新鮮だと殆ど調理をしなくて食べられる訳で、刺身に生野菜がこれにあたる

ところが冷蔵などと言う保存する道具を持ち合わせないとどうするか、当たり前のことだが焼いたり煮たり炒めたり料理が始まる、それでも収穫が多い場合は干したり漬けたりと色々と調理が生まれた訳である

しかしそんな知識は料理する段には何の役にも立たない(笑)、富山の久利須村から貰った保存食品が今日の食材、一つは野生のクルミ、もう一つはホダギを使って栽培している椎茸

上の写真がそのクルミ料理なのだが、きっかけはスーパーの食品イベントで鹿児島が、積み上げられたお菓子の中にクルミがあった、さっそく袋の裏を見て原材料を確認したら黒砂糖が使われておりました

さっそく調理をすることに、まずクルミを炒っておきフライパンで黒砂糖を水で溶かしそこに少し蜂蜜、黒砂糖が溶けた頃合いを見計らって炒ったクルミを戻す、粘りが出てきたら用意したクッキングパーパーに広げ冷ましてお終い

な、なんと!メッチャ旨いのだ

下の写真は使わずに仕舞っていた干し椎茸、市販の干し椎茸と違って不揃いだが旨い、一度高野豆腐などと筑前煮風の物を作ったがまずまず、もっと日持ちする物を思い佃にすることにした、こちらはネットで検索

水で昆布も椎茸も戻し、その戻し汁で軟らかくなるまで煮てから、これまた久利須村から貰った山椒を入れ甘辛く味付けし市販の鰹節も入れ煮詰めてお終い、これまたご飯が止まらないぐらい美味しいのです

b0057679_9184187.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-31 09:24 | うまいもん | Comments(4)

2度目の遭遇

b0057679_922561.jpg
ファッション
後ろから見たら年齢は判りにくいと思われるが、間違いなく二人とも80歳はこえていると思われる、一月ほど前にもご近所で会ったことがあるのだがその時も強烈なインパクト

その時はご主人の方が薄茶の革のジャンパー、それも皮が長年の経年で良い剥げ方をしていてトップにはテンガロンハットのまさにウェスタン、二人とも薄手のロングのマフラーというかショールを巻き付けている

そして2度目が今回、スーパーを出たところで見かけたのでカメラを取り出し、チャリを走らせながら後ろからまさに盗撮、カラフルなパッチワークのこれまた革のジャンパー、前回見たときの革ジャンもそうだがかなり高そう

しかも大胆なカラーとデザインで、黒に白抜きの「8」は間違いなくビリーヤードの8番、今回は中折れ帽に近いデザインだが、前回と同じように二人とも帽子を被っている、後ろから見ると20代でも通用しそうなファッションである

男性の方は細身の長身で長いあごひげ、女性の方は小柄で小顔、近くに住んでいるとしたら今まで出会わなかったのが不思議なので、最近次々と現れる高層マンションに引っ越ししてきたとしたらつじつまが合います

と言う私自信この年になっても若い頃と同じで髪こそ短くなったが、冷たい目線なんのそのいまだに真っ赤な服を着て目立っております
[PR]
by push-pull | 2015-03-30 09:28 | ご託&うんちく | Comments(0)

砂団子

b0057679_7381037.jpg
春休み
散歩しようと家を出たらホンのかすかに雨、散歩中止でブログを書き始めた
深夜に夢とトイレで久しぶりに起きてしまった、目が冴えたので夜中にテレビを点けたらどのチャンネルも元気です

アニメが一番多いのだが、深夜だと言うのにさだまさしの生ライブ!、それも5時間と言うから見ていたら間違いなく生活リズム破壊で録画物だろう

もう一つが鬼塚先生のGTO、何故か先生以外みんな中国語、番組を見たら台湾の学校へ行っておりました、しかしそのストーリーは荒唐無稽、さっきまで離れた所にいたのに突然横に助けに現れるなど当たり前、突っ込みどころ満載のドラマです、普通の人なら抗議物(笑)

写真だが私のガキの頃には「砂団子」なる遊びはなかった、春休みなのか早朝の公園に昨日の子供の息づかいが残っております、以前にぴかぴかに磨き上げられたまるで石のような砂団子を見たことがあるが、今日のは至って普通、砂の種類が違うのかしらね?

下の写真は子供の手形、しかも丁寧に砂を盛り上げ両手をしっかりと、ハリウッドスターの手形を知っているのかしら、写真をよく見て気づいたのだが驚く無かれ右手と左手の位置が逆、してやられた感じがいたします・・・直ぐ横に水飲み場がありました
b0057679_7382254.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-29 07:56 | 写真 | Comments(0)

久々の梅田

b0057679_9242478.jpg
様変わり
最近梅田や難波に出かける機会が激減、先日久しぶりにお出かけしたのだが上の写真は西梅田の地下街

昔デザイン事務所に勤めていたときは地下鉄四つ橋筋線の肥後橋に会社があったので、ここを毎日のように通ったのだが、この飲み屋街「ぶらり横丁」の入り口左には鉄砲という焼き鳥屋があってたんまに入ったことがある

飲むのはどちらかと言うとミナミのショットバーが多く、北新地などはおよそ無縁の生活、給料の大半を飲み代に使っていたぐらいだから、友達は飲み屋繋がりが多いが体もそれなりのダメージが、今は鉄砲の看板はあるが飲み屋の場所はうどん屋になっております

b0057679_924484.jpg
こちらはリニューアルされた大阪駅1階、桜橋口から中央口への人並みは非常に少なく、空きスペースがごらんのようなデザインに、面白いことに床と天井のラインの関係で円筒から角柱に変化したように見える

下の写真は前にも一度ブログに載せたような気がするのだが、見事なまでの柱数、昔の大阪駅の名残と思われるが、化粧直しされているので面白い空間が出来上がっております、と言っても大阪駅にこんな場所があることを知る人は、意外と少ないのかも知れません
b0057679_925261.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-28 09:27 | 私事 | Comments(2)

相棒最終回は問題

b0057679_9364820.jpg
最悪の結末
昨日のもやもやが今朝解消!!、犬仲間から文字と読み方を教えて貰ったのだ、私が探しまくった文字は「鈩」で読みは「たたら」「ろ」、このトラックは有名らしく「鈩港=たたらこう」と読みます

旁(つくり)の「戸」を草書体で書くと写真に近くなるのだが、何故につくりだけ崩したのか疑問が残る、「鈩」と言う文字は知らなかったが、たたら製鉄のことで鞴(ふいご)で風を送りこむ製鉄のことでした、そうそう宮崎アニメ「もののけ姫」のエボシ御前の製鉄所でみんなが踏んでいたのがたたら場

これで一安心有り難うございました、因みに私の持っている漢和辞典ではこの文字は載っていませんでした

テレビネタを一つ、他に見る番組が無いときに時々見ていた水谷豊の「相棒」、2時間ぶちぬきで最終回があったのだが余りにも異常

最終回の視聴率は良かったようだが、寺脇、及川に続く3代目の成宮が演じる刑事が犯人と言うとんでもない結末、しかも彼が犯人だという伏線がそれまで無く無理矢理終わらした印象が残ったのだがやっぱり変

「ファウンデーション」や「ミクロの決死圏」など、多数の名作を生み出したSFの巨匠アイザック・アシモフに「ロボット3原則」というのがある

1.ロボットは人間に危害を加えてはいけない
2.ロボットは人間の命令に従うこと
3.ロボットは1と2に反しない限り自分を守ること
しかし最近は感情を持ったロボットが、人間に反抗するストーリーが一杯有り3原則も無視されがち

もし刑事物に3原則があるとしたら今回の相棒最終回はずばりルール違反、そこで勝手に3原則を考えてみた
1.犯人が捜査側の刑事や探偵
2.お話しのオチが夢だった
3.犯人が見つからない(笑)

このシリーズ結構楽しめる時も多々あったのですが最後だけにがっくり、水谷豊の右京も10年以上もやっているとさすがにマンネリ、特に毎回最後に体を震わせながら大声をだし犯人を説教するシーンは、最初からオーバーアクションだったが最後まで変わりませんでしたなあ〜、シリーズ物は逆に言えばそれで成り立っている訳でもあるのですが

3月から4月にかけて番組再編時期でバラエティの特番ばかりでドラマは希少、そこで見たのが2時間の松本清張ドラマ「黒い画集ー草−」、見た理由の一つに剛力彩芽が出ていたこともあるが主演が村上弘明、脇も陣内孝則に笹野高史、岡田義徳、かたせ梨乃・・・テレ東系列にしたらそうそうたるメンバー

ストーリーもまずまずだったのだが棒読みの剛力は別にして他の俳優が全員過剰演技、見ているだけで段々疲れてくるのだがこれは役者の問題か演出家の問題か、折角の松本清張も台無しで、見終わったらドラマのよりも過剰演技ばかりが印象に残った次第
[PR]
by push-pull | 2015-03-27 09:44 | 私事 | Comments(0)

読めません

b0057679_953482.jpg
久しぶりの漢和辞典
駐車していた中央市場がらみのトラック、車体に書かれた文字が読めない、写真を撮って家で調べてみたが見つからない、ATOKの機能に手書き文字があるので使ってみて引っかかったのが「鈁」と「釛」

どちらも似ているようでやはり違う、久しぶりに漢和辞典「新字鑑」と「漢語辞典」を引っ張り出して調べたのだが見つからず・・・もやもやしております

ローマ字でYASUTERUと言う文字が車体にあったので、漁具のヤスを調べたのだが漢字は「矠」だった

先の2つの漢字に港を付けてネットで検索したが引っかからず、いずれにしても港の名前だと思うのだが行き詰まった、あるんやなあ見たことも無い漢字が・・・それは

釗、??、釱、釚、鉥、鉷、釬、鈳、鈷、鈐、鉀、釮・・・何でか知らんけど金偏には知らない漢字が無数にありました

ちなみに下の写真の新字鑑は兄が使っていた物で発行が古く昭和14年、厚さが7センチ以上もあるのに定価が350円で御座います
しかしインターネットが普及してから辞書や図鑑を滅多に使わなくなりましたなあ
b0057679_954064.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-26 09:56 | ご託&うんちく | Comments(0)

くみちゃんと鳥

b0057679_965556.jpg
ロートル犬
昨日の一面記事で特筆すべきニュースが二つ、一つは翁長沖縄県知事の「辺野古の作業停止指示」、いつか動くだろうと思っていたがついに動き出したのは喝采物である、このままだと間違いなく裁判になると思うが頑張って欲しい

話し合いをと言いながら政府は東京での度重なる面会拒否、ますます沖縄県民の心を逆なでしております、アベになってからの政府の動きは非常に危険です

もう一つが「除染4施設686億円ムダ」、どれも唖然とする内容なのだが中でも汚染水からセシウムを取り除く除染装置で金額は321億円、確かフランスから購入していたと思われるのだが、運転開始後わずか3ヶ月後能力が低すぎ運転停止

他の装置も漏れたり詰まったりで、速い物だと5日で停止している、それほど廃炉という物は大変なのだが今まで東電と政府は何をしていたのか、怠慢の極めつけで今後もこれが続くと思うとまさに恐怖

話は写真に戻って、多分15歳を過ぎている思われる老犬のくみ、私を見るとのそのそとやってくるのだが、はっきりと見えているのは10センチ以内だと思われる

この犬と飼い主のおばちゃんが歩いて行くと、必ずその後ろを鳩に雀に離れてカラスが付いていく、と言うのも飼い主のおばちゃんが何時も米を持ってきて撒いているからなのだが、鳥も賢い物で覚えているのが凄い

気さくな女性で向こうから私に話しかけてくる
「今度なあ、うち乳ガンでここに入院するねん」
「えっ!癌やのに何でそんなに明るいのん」
「もう2回目やねん」

と言うことでこの会話の後しばらくして、この公園の直ぐ横にある厚生年金改め「大阪病院」に入院、入院している間は娘さんと思われる人がくみちゃんと子供を連れて公園に散歩にやってくるようになったのだが、驚いたことに飼い主のおばちゃんが来ていないのに鳩と雀と少し離れてカラスが付いて来るではないか!
[PR]
by push-pull | 2015-03-25 09:23 | ご託&うんちく | Comments(2)

春花3種

b0057679_9243159.jpg
似てますなあ〜
そろそろ冬服を片付ける候になりましたが、見渡せば厚手のセーターにコート類など袖を通していない物があります、ましてやスーツ類は何年も着ておりません

毎度のことだが大阪より和歌山の方が桜の開花が早いのは判るが、何故に東京の方が早いのか判らない、大阪の方が気温が高いのですが

上の写真はやっとこさ咲き始めたサクラ、しかし大阪ではまだ開花宣言はなく、ここ2,3日中に出される模様、しかし大阪には桜の名所がありません、咲いていても背景がビルではやっぱし興ざめです

b0057679_925527.jpg
こちらは桜と思いきやなんとアーモンド花、バラ科の植物で季節が同じだと非常に紛らわしいのです、どれも堂島川沿いの遊歩道で国際美術館の近く、取り付けられた銘板が無ければ私も桜の一種だと思ったに違いない

と言うことは1枚目の花もひょっとしたらアーモンド?自信がなくなってきた

b0057679_9252267.jpg
こちらは満開の桜と思いきや「ベニバスモモ」、アップで見てもやっぱり似ております,花が咲いて桃の実はなるのかしら、昔から花が好きで一杯写真を撮っているが、一向に植物に詳しくなりません

下の写真は木肌から見るとサクラと思われる、この花だけが八重ですがサクラの種類まで判りません、一番ピンク色しております
b0057679_9244266.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-24 09:28 | 写真 | Comments(2)
b0057679_1011843.jpg

b0057679_1012919.jpg
モノクロームへ
今年に入って私が時々覗いていたブログが、立て続けに2サイト(ねこやねんと是和さん)が閉じられた、面白いモノクローム写真をアップしていていて楽しみにしていただけに残念である
「ねこやねん」さんから書き込みがありました、ブログ再開されたそうです

最近ほぼ似た地点で撮影した写真2枚、国道2号線の野田阪神当たりから見た梅田方面、上の写真は間違いなく黄砂、景色全体が霞んでいるのだが、同じかすむなら「春霞」当たりにして欲しい物だが

春霞たなびきにけり久方の月の桂も花や咲くらむ (紀貫之)

下の写真は先日の霧雨の雨上がり上の方だけ霞んでいる、霧雨と書いてから調べたのだが、霧雨の季語は秋!だった、と言うことは普通の小雨か春雨か、春雨と書くと食べ物を連想してしまうのだが、すき焼きを普段作らないので最近食べたことがない

春雨やもの書ぬ身のあハれなる (蕪村)

春雨じゃ濡れていこう (月形半平太の名台詞だが、意味不明)

調べていて、芭蕉と蕪村が春雨の句を沢山作っていたのには驚きました
[PR]
by push-pull | 2015-03-23 10:04 | 写真 | Comments(2)
b0057679_837438.jpg
映像のあり方
京の友達に誘われ中之島にある国立国際美術館に行ってきました、予備知識ゼロ、映像作家の展覧会を見るのは難しい、別の日にはドキュメンタリー映画も上映されていたのだが、全部見るとなると1日仕事

久しぶりにマルチスクリーンの映像や、8㎜エンドレス映像などの作品を見たのだが、何だかほんの少し知っているようなお話しが多く若干感動が希薄

インドネシアとオーストラリアの両親で育ったのがオランダ、ベネチア・ビエンナーレで発表した作品などが評価され、今回の展覧会が日本で開催されたようだ

映像の展覧会は疲れます、つまりどれにも動きがあり立ち止まってじっと見ていなくてはなりません、しかも殆どの映像が手持ちかズームで止まることがないのです、勿論絵はどれも美しくドキュメントとしても楽しめます

ずっと流れ続ける川、打ち寄せる波、バルーンで宙に浮かび上がる作者、延々と続く建築の石像の無数の断片、イスラムの国々の街並みと差別用語満載のナレーション(ひょっとしたらマルコポーロの東方見聞録そのままかも?)・・・延々と映像は続いていきます
b0057679_8371613.jpg

[PR]
by push-pull | 2015-03-22 08:43 | アート・デザイン | Comments(0)

近寄ると直ぐに逃げるのらら、コンデジの望遠で、のららに見えませんね


by PUSH-PULL