<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

紅葉ならぬ黄葉

b0057679_13173536.jpg
冬の始まり
私が毎朝訪れる下福島公園が1年で一番美しい季節、黄色のカーペットを踏みしめてと思ったのだが、残念ながら親切な?どなたかが朝早くからお掃除してしまっていた、ガックリ

年々銀杏の葉が小さくなっているような気がするのだが、小さくても集まるとやっぱり美しい、昨日から大阪も急に冷え込みまだ冬服を出していない私にはそろそろ考えないと、もっとも手袋だけは数日前から着用しております

手袋は暖かくて良いのだが、写真撮影には不便この上ない、去年指先だけ外せる手袋を買ったのを撮影する時になって思い出した、今朝は初フリース着用

イノセ君の記者会見、何度見てもボロボロで彼の得意とする論理性など完全に欠如、若かりし頃の闘士は何処へ〜

ネットで調べると、これまでの上からマリコならぬ「上からナオキ」が効いたのか、どの論調もくそみそ、5センチのシークレットシューズに眉毛の化粧、選挙ポスターの顔の修正に目の周りのプチ整形と話題が一杯

帳尻会わせにマスコミに見せた借用書、彼は現金返済の後郵送されてきたと言っているが、五千万という高額にも関わらず利息も返済期日も無く肝心の捺印さえない、さらに面白いのは封筒に入れるときの折りたたんだ跡が一切無い、まさかA4サイズを折らずに郵送するなんて考えられません

素人考えでも粗だらけなのに、これでのうのうと済ませるつもりかな、都議会では共産党が一番強烈な調査権のある百条委員会の設置を求めているが、他の党は乗り気では無い、このままではイノセと各政党は裏取引で手打ちしそうな気がいたします
[PR]
by push-pull | 2013-11-30 09:44 | 写真 | Comments(0)

おもしろ缶

b0057679_9215283.jpg
パッケージデザイン
酒を控えるようになってからとんと行かなくなったお酒の量販店「楽市」、久しぶりに除いたら珍しいお酒が一杯、で買ってみた

左の「水曜日のネコ」はおよそビールとはデザインも名前も無縁、長野県のヤッホーブルーイングと言う変わった名前の会社の発泡酒、ベルギーの伝統的なビール製法で作られた青リンゴの香りがあるフルーティーなビールとか

真ん中の「インドの青鬼」も変なデザインと名前、製造元は上のと同じでこちらはビールでアルコールが7%とちと強い、イギリスがインドへ航海の時に劣化しにくいビールとして作られたとか、そう言えばビン生が発売されたとき、発売範囲が吹田のアサヒの工場から確か50キロとか言ってた記憶があるのだが

右はドイツで一番愛されているビールという「エッティンガー・エクスポルト」、これは普通のデザイン、こちらもビールなのですが量がちと少なく330ml、一番売れているでは無く愛されていると言うコピーがミソ

どの缶も200円前後で安くはないのだが、物は試しに買ってみました、現在一番好きなお酒はやっぱり生ビールかなあ、そう言えば日本酒を殆ど飲まなくなり、逆に焼酎がそれにとってかわった感じ、サラリーマン時代はバーでウイスキーよりもバーボンとラム酒に明け暮れておりました、肝臓が駄目になった理由のひとつがこれかもなあ

外で飲むといつもの悪い癖で、だんだん度数の高いお酒が飲みたくなる、元々が水割りや炭酸割りなる飲み物を馬鹿にしてたこともあり、お酒はストレートかロックが基本でありました

その癖が少しアルコホルが廻ると呼び覚まされると思われる、肝臓を患って以来酒は控えめで休肝日が多い、お陰で少しの量で気持ちよく廻るので安上がりの体質になっております
[PR]
by push-pull | 2013-11-29 09:31 | うまいもん | Comments(0)

湯沸かし器顛末記

b0057679_911492.jpg
価格差
昨日のブログで、台所の湯沸かし器がぶっ壊れた話を書いたが、この季節無いと結構不便、一番は油物の洗い物で冷たい水だと大変

ネットで検索したがやっぱしガス工事は認可業者でないと駄目みたい、取り替えなのでホースをつなぎ替えるだけなのだが、水道の方は問題なさそう

お隣のイオンにリフォームコーナーが出来ていたので聞きに行くと、ガス工事は何をするにも工事費が5万ぐらいから、給湯器なら判るが湯沸かし器でも同じだという、これは無茶苦茶な値段設定

ヤマダ電機は以前は湯沸かし器を扱っていたらしいが今はオール電化の工事だけ、大阪ガスの下請け会社に電話したら、いくら説明しても現場を見ないと金額は言えないと申されます、さらにコーナンへ出かけたら、2万少しの器具に取り付け費が1〜2万あたり

以前から存在は知っていた路地裏の元燃料屋の小さなガス器具屋さん、立ち寄ったらすぐにでも工事可能、取り付け費も1万弱だという、リンナイの代理店をしているらしく商品はリンナイだけ

ここまで来たらデザイン云々は取り下げて頼むことに、ビックリしたのは取り付け工事は私が話をしていたおばちゃんがやるという、インテリアの仕事も数多くやってきたが、ガス器具の取り付け工事で女性に出会ったのははこれが初めてでしかもおばちゃん!

今からすぐに私と一緒に行ったげると言うので、ちゃり2台に工具と湯沸かしを積んで我が家まで、途中私の仕事ぶりが判ったのか
おばちゃん曰く「自分でやるか?」の申し出にビックリ
「ガス工事はあかんのんちゃうん」
「私が見といたげるから」

と言うことで、工具類は全部持っているので器具の取り外し取り付けは私が済ませ、おばちゃんにガスと水道の接続だけやって貰ってあっという間に終了、作業時間は10分少々、おばちゃんは汚れたホース類まで洗ってくれました

ビックリしたの金額で、二万二千円弱のガス瞬間湯沸かし器の代金と、取り付け費と古い器具の処分費千円を足して、全部で二万五千円という超格安料金、つまり取り付け費は三千円弱と言うことになる

私が手伝ったものの金額にビックリいたしました、下町の燃料屋さんに感謝
写真を見ても解るように、左が大阪ガスで製造はハーマン、右が今度買ったリンナイ、それにしてもリンナイのデザインは酷すぎる、今まで何があったかよう知らんけど何でこんなに注意事項の文字が一杯なんや!

何とか文字を隠す方法は考えようと思うのだが、文字は直接プリントされている、可燃物は駄目だし・・・
[PR]
by push-pull | 2013-11-28 09:17 | イベント | Comments(2)

隙間文化

b0057679_93999.jpg
進入防止?
細い路地や、家と家の間の隙間が好きである、お隣同士あるいはお向かい同士の微妙な緊張感を感じられるからかも、家の間に無造作に突っ込まれたカゴ、下は自転車のカゴらしいが上はどう見てもスーパーのカゴに見える

突っ込まれた側の家の人はこのカゴを見てどう思うかなんて考えてへんやろなあ

最初猫よけかと思ったのだが、下の方は隙間だらけでこれなら何の問題も無く猫は進入出来る、先日頼まれ仕事で猫避けように買っていた有刺鉄線を、家の裏のフェンスの上に張ってあげたのだが、効果の方は定かではない

その時ホームセンターで売られている、樹脂製の針の出たマットというか成形品を見たのだが、触ってもさほど痛くない、これなら肉球の丈夫な猫は苦もなく歩けるのではと思ったのだ、しかし私の手と腕は仕事の後有刺鉄線で傷だらけになってしまったのだ

昨日、戦後最悪の秘密保護法案が衆院で強行採決されてしまった、安倍政権が選挙に勝ったときから予想されたが非常に悔しいというか悲しい、こんなメディアや国民の知る権利を束縛する法案が可決するとは恐怖を感じる

そんな自民に投票したのは国民の過半数なのだから当たり前かも知れないが、このあと集団的自衛権の行使や憲法9条改悪へと加速しそうで、まさにいつか来た道の第一歩が始まったのだ

そのせいか知らないが昨夜、我が家の台所の湯沸かし器が法案に反対してか壊れてしまった、さらに朝の散歩で写真を写そうとしたら、昨年買ったデジカメの反応がない!、こちらの方は電池切れと判明し一安心しましたが、壊れるときは連鎖的に起きるので只今ひやひやしております
[PR]
by push-pull | 2013-11-27 09:08 | 写真 | Comments(0)

串カツの記憶

b0057679_93241.jpg
現在五味八珍
私の住む大阪の野田阪神は下町、安くて美味しい店は隣の福島と並んで沢山ある、ところがネームバリューで全国区となると皆無に近い

数少ないお店が鰻の菱東や串カツの五味八珍あたり、もっとも私の知る範囲は限られているので他にも探せばあると思います、上の写真はそのひとつの五味八珍なのだが、散歩の途中で前を通ったら張り紙が、近寄って呼んでみるとなんと「閉店」お知らせが・・・

今の洋館建てのお店になる前は何度か入ったことがあるのですが、抜群に美味しい串揚げです、結構リッチなお店で足蹴にかようには私にはちと問題が

早い話が串揚げの元祖的なお店です、入って座ると黙って串揚げのコースがストップと言うまで食べる速度に合わせて出されてきます、普通の串揚げはもちろんですが、お餅だチーズだのアイスクリームだのバナナだの変わった串を食べたのは全部このお店でした

そう言えば梅田の地下街の「活」というお店も同じシステムでしたな、五味八珍はちょっとレトルトなインテリアで重厚、行かれた方はご存じだと思いますが、店員さんが全員ベレー帽を被っていたのが印象的でした

長いことこの手のお店に足を運んでいませんが、ジャンジャン横町の串カツ屋とはまるで違う食べ物でございます、もちろんお値段も違いますが(笑)、やっぱり私の住むこの辺りは高級店は駄目なのかしらね
[PR]
by push-pull | 2013-11-26 09:01 | うまいもん | Comments(0)

不審灯火

b0057679_9485595.jpg
なんやろ
昨日は朝からお出かけ、岬の兄の家に姪達と押しかけ、車2台に分乗し和歌山までお食事に、車椅子だとどうしても大きなファミリーレストンってことになる、食事の後、大型ショッピングモールに買い出しに出かけたらなんと食料品売り場は全面改装!こんなの珍しいのでは

大阪に帰る途中スーパー銭湯に行くことになり、、堺の北野田の「虹の湯」へ、高速を降り東へ向かっていいるときから気になっていたのだが、南東の金剛山方面に見慣れる明かりが・・・

月・星・飛行機・人工衛星などと色んな意見が出たが、動きを感じない、すると同じ方角から明かりがやってくるが、こちらは飛行機だと判明、次々と伊丹方面へ飛んでいくのでよく解る、もちろん天気は快晴で夕方6時頃

星にしたら明るすぎる、銭湯から出たらまだ光っていたがほんの少し高度が下がっておりました、結局なんだが判らずじまいの夜でした

風呂の後はスーパー銭湯で食事する予定だったが満員、ではと中百舌鳥の姪の家に帰る途中で探すことに、餃子を食べようと言うことになり駐車場のある王将に停めたらこちらも満員で20分以上

さらに移動jして中百舌鳥の大阪王将へ、こちらは少し待っただけで座ることが出来ましたが、王将の餃子を食べるのはホンマ久しぶり、子供達が頼んだ炒飯と天津飯は理間髪入れずに運ばれてビックリ、王将の天津飯の出て来るのが早いのは有名らしい、風呂上がりの生ビールは旨かったのだ

b0057679_9492475.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-11-25 09:52 | 写真 | Comments(4)

秋色の下で

b0057679_824586.jpg

b0057679_825976.jpg

b0057679_826155.jpg
落葉直前
写真を撮って気づいたのだが、意外と銀杏の葉の色って黄色くない、カメラのせいかもしれないが、かなり茶色に近い色で、色の記憶が曖昧なことが判る

今年は銀杏を食べずじまい、例年だと公園の犬友達から手入れされた銀杏を貰って食するのだが、今年は無し、貰ったらいつも銀杏入りかき揚げ作っていたのですが

新聞テレビのニュースでやっぱりと言うか猪瀬の選挙資金問題、あそこまで白を切る様が哀れ、誰がどう見ても選挙用、今時無利子無担保の5000万円が現金でやり取りされるのも凄いが、振り込みだと跡が残る?、人脈は石原元都知事からだとか、

議員会館で徳田議員から現金で貰ったらしいが、重さが約5キロで積み上げると50センチにもなる、金もらいに1人で行くわけもなく間違いなく誰か同行しているはずだ、新しいニュースでは最初に会ったとき1億円要求した文書記録が残っているとか

テレビで何度も見る徳州会の徳田虎雄、どう見てもサイボーグにしか見えないのだ、目だけしか動かない状態でマスコミに現れる姿が強烈、あれで選挙活動を指揮していたとはやっぱし思えない

今まで興味が無く猪瀬のことをよく知らなかったのだが、長野の大学時代に新左翼のトップで活動をしていたらしい、左から右へはナベツネと同じで一番たちの悪い生き様です

いつも思うのですが病院がらみの「何とか会」と言う組織が不気味です、医療法人徳洲会だけでも、木下会・光徳会・愛心会・秀明会・正和会・博道会・清仁会・聖山会・・・と無数にあり、使われている漢字が全部微妙

先日観た「長距離ランナーの孤独」で主人公のコリンが、母親から貰った死んだ父親の保険金のお札を燃やす非常に印象的なシーンがあるのだが、猪瀬の生き様とは大違い、議員会館を嬉しそうな顔をして札束の入った重い紙袋を下げ小走りに出て来る姿が浮かぶようです

今回のお金、小沢の記載間違いと違って、もっと深刻で完全に法律違反やろなあ
b0057679_8262195.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-11-24 08:32 | 写真 | Comments(2)
b0057679_835927.jpg
2連ちゃん
珍しく二日続きで映画鑑賞、本当は1日開く予定だったのだが時間を間違えたのだ、ジョブズの次は浅野潜さんと映画を楽しむ会で九条のシネ・ヌーヴォ、1962年封切りのイギリス映画「長距離ランナーの孤独」、ここまで昔だと観た記憶があるのですが内容を殆ど忘れております

監督は「蜜の味」や「トム・ジョーンズの華麗な冒険」で知られるトニー・リチャードソン,貧しい家庭の悪ガキが強盗で捕まり感化院へ、長距離ランナーとしての才能を見いだされ感化院の代表選手に、そして対抗試合に出場し最後の最後に・・・!、ってお話し

この映画の少し前だが、フランス映画のヌーヴェルバーグの騎手と呼ばれたトリュフォーの「大人は判ってくれない」に近い物がある、この頃の若者に共通した何とも言えない不安と反抗がテーマで、現代の若者にも通じる物がありそうな気がする

あらためて観て思ったのは至って伏線がシンプルで判りやすかったこと、感化院って年齢制限が在ると思っていたのだがみんなおっさん顔、特に主人公コリン・スミスは老け顔で少年に見えません、さらに盗んだ金の隠し場所がネタバレで、案の定タイミングよく警察が来たときに自然と発覚するときは笑ってしまった

こうしたアナーキーなテーマって結構好きなのですが、余り最近は取り上げられませんな、逆に言えば扱っても振り返ってもらえないというか、今は常に論理立てた解答が求められる時代なのかも知れない

調べて思い出したのですが、この時代は”怒れる若者たち」と呼んでいたことを、イギリスでは濡れ場も暴力シーンも無いのにX指定を受けていたとは驚きです、と言うことなら今の映画だったら完全に上映禁止ですな

映画のオチですが、クロスカントリーのレースでぶっちぎりのトップを走っていた主人公が、ゴール直前に止まってしまい相手のランナーに先頭を譲り、それまで目をかけてくれた感化院の院長に反抗するというラストは、やはりこの映画のすごさを際立たせております

映画の後は恒例のそば屋で飲み会、浅野さんの映画四方山話が面白い、浅野さんの話によると封切られた時はもっと映画は長かったらしい、映画館を廻る間にフィルムはだんだん短くなっていく、後で合成されたのか最初のMGMのライオンが吠えるところはカラーで本編はモノクロ
※写真はネットより拝借
b0057679_836158.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-11-23 08:48 | イベント | Comments(0)

干し物

b0057679_9285573.jpg
やっぱし冬なんやなあ
晴れていても洗濯物が乾きにくくなってきた、真夏だと数時間で乾いていた物だが・・・我が家は干す場所が結構多いので余り困りませんがやっぱりずっとぶら下っている衣服は哀れ

なかなかインパクトのある干し方、そう言えばこのうちのご主人結構まめで、休みの日には家の周りの造作をしているのだが、その手法が微妙で思わずアドバイスしたくなるぐらい

ネットニュースを見て?先日猪木と山本議員の話を書いたが、無許可で北朝鮮訪問をした猪木に対し、参院懲罰委員会は「登院停止30日」に決めたようだ、私はいつものなあなあで一番軽い戒告あたりだと思っていたので意外

どうも懲罰委員会の弁明機会を猪木自身が拒否したからだそうで、除名の次に重い処分で、参院で懲罰は63年ぶり

一方山本議員の方は、手紙を渡すという行為は処分する規約が何処にもなく厳重注意と、天皇主催の行事に参加出来なくなったぐらい、しかし彼の所に折りたたみナイフだの銃弾と「銃殺する」なる文書、物騒な世の中でナイフの送り主は「日本民族独立解放戦線」とか

しかし海外では「日本のタブーに立ち向かった勇敢な政治家」と賞賛されているそうで、BBCやワシントン・ポストなどが取り上げたそうだ
b0057679_930526.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-11-22 09:32 | 写真 | Comments(0)
b0057679_8533358.jpg
面白い
水曜日だったので女性が多いかと思っていたが、平日だったことと朝一番だったこととマニアックな男の話しだったこともあり映画館はガラガラ

b0057679_9292764.jpg考えればTOHOシネマ梅田で観るのはむっちゃ久しぶり、ここは映画館が10個もあり(2個は離れております)、入ったシアター4は客席数が101席と超小ぶり、おまけにスクリーンはでかいのに奥行きが無く横幅が広い変な形、左のレイアウトよりずっと横長です

一番前の席を買ってしまっていたが、余りにも前過ぎたので一つ後ろに引っ越し、と言っても前後に5列しかないのだ、ここに入るのは初めてだったが音響も座席も非常に宜しい、前過ぎたのでスクリーンのデジタルのノイズが判るぐらいだが始まれば気にならず

肝心の映画の方ですが、Mac好きにはたまらんほど面白い、伝記映画と言うよりMacを作ったスティーブ・ジョブズという「ウソつきで、ワガママで、傲慢(パンフより)」な男の強烈なドラマです、ジョブズも相方のウォズニアックもビックリするぐらい本人にそっくり

ヒッピームーブメント真っ盛りの時代、インド旅行から帰ってきてジョブズはスティーブ・ウォズニアックと出会い、ゲームからパーソナルコンピューターの世界へ癖のある技術仲間を集め動き出す

アップルやジョブズの本は何冊か読んでいたので歴史は知っていたが面白いエピソードが一杯、この映画を作るにあたって大勢のアップルの社員の取材がなされたと言うからほぼ真実なんだろう、しかし才能が在るかも知れないがこんな男の下で働くのは私はゴメン被りたい

私がデザイン事務所を辞めて1年目、最初に買ったパソコンがマッキントッシュ、ちょうどパソコンの価格がこなれてきた頃で、貧乏な私でも何とか購入出来た

OSが漢字トークと呼ばれた時代で、機種がPowerMacintosh7200/120(通称弁当箱)、それからずっとマック一筋で今日に至るのだが、今では新しいマックやお金にも置いてけぼりをくらい、かなり古いタイプのマックで仕事をしております

知らなかったエピソードで笑ったのは、会社の名前をAppleにするのですが、彼がビートルズが嫌いでボブ・ディランのファンだったこと、ウォズニアックがアップルレコードの話を持ち出しからかうのです、私もてっきりビートルズファンだと思っていたのですが考えればヒッピー世代はビートルズよりもストーンズやディランですね

映画が終わって出ようとしたら入ったところから出られない、私の後を7名全員付いてきたのですが廻れ右で客席に戻り反対側の扉へ、つまり全員この場所は初めてと言うことかも知れませんが館内放送一切無し

ロビーに出たのは昼過ぎで来たときと違って券売機は満員、さすが水曜日で圧倒的に女性、この手の券売機は初めてで途惑った、券売機は作品(ホールナンバー)・開始時間・座席指定などを押してそれからシニアボタン、最後にお金を入れて完了といものですがやっぱしカウンターのお姉ちゃんから買うのが一番簡単で楽なのになあ

そう言えば映画を安く観られるようになってから何故か行かなくなりましたなあ、なんでやろ、昔は月に20本も観ていた時代があったののですが

おまけ:実は一昨日は上演時間を間違っていて、映画館に着いたときはもう始まっておりました、恥ずかしながら2日続けて梅田にお出かけした次第、予告編が10分以上あったので一昨日でも大丈夫だったかもなあ、予告編を見ても見たい映画はごくごく僅か、アクションを含む娯楽ばっかりでございます

b0057679_8532562.jpg

[PR]
by push-pull | 2013-11-21 09:12 | Comments(0)

公園ののらら、朝ご飯が運ばれるのをみんなで待っております


by PUSH-PULL