<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

忘れ物・・・?

b0057679_844267.jpg
松葉杖
昨日の朝の写真である、この公園にはグランドの廻りに500mのコースがある、念のためにずっとそれらしき人を探したのだが見つからず、ならば何故にこんな所に松葉杖が放置されているのだろうか

落としたとか忘れたとかではなく置いたが近い、他のものならあまり意識しないのだが物がブツだけにかなり心配になっていたのだ

皆さんは松葉杖をついたことがありますか?短期の骨折などの場合は杖を病院から借りるのが普通なのだが、私は2度も松葉杖のお世話になっている

1度目は小5の時で大腿骨骨折で40日間入院した、その頃はまだ松葉杖も木の時代だった、2度目は大学時代で右膝剥離骨折、入院はせずに通院で済んだのだが最初が松葉杖でその後は杖を買って歩いていた

靴などと同じで毎日使うとなると、一寸した体との接触部分が非常に気になる、一番が高さでこれは調整できるようになっているのでなんとかなる、次が握るグリップの所と脇に当たる部分で、これはなかなか馴染みません

歩くのに慣れてくるとお次は走ったりすることも出来るのだが、もちろんこれは怪我の度合にもよる、一番怖いのは上るのと違って階段を下りるときで体が中に浮き上がる瞬間が凄い、もっともこんなことをするバカなのは私ぐらいかも知れませんが、怪我も治りかけると何をしでかすやら、調べたら松葉杖はCrutchと言うみたい

同じ置いたものでも下のはまるで違う、スーパーでは時々見かけるのだがよほど元の場所に戻すのが面倒らしい、今日の写真はまだお菓子類だから笑っていられるが、これが生ものだと驚きます、少し歩けば元の場所にたどり着けるのに放置する人の神経が判らない

私のアホな失敗と言えば、買い物をしてレジに行ったら財布がない、そのまま買い物ごとレジに預け、一目散に家にとって返し財布を掴んで再びレジの元へ、この時ほどスーパーと家が近いことが有り難かったことはない
b0057679_8444211.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-30 08:50 | 写真 | Comments(2)

針穴と花

b0057679_911245.jpg
シクラメン
毎年この季節のなると鉢植えの赤と白のシクラメンを買う、玄関先の両サイドの植え込みに植える、家の中から見て左が桜ならぬ赤のシクラメン、右が橘ならぬ白のシクラメン

この赤と白は川や海の信号の色と同じ配置で、灯台でもブイでも同じで船は夜でも航行することが出来る

b0057679_92443.jpg毎年このシクラメンをブログアップしているのだが、今回は手作りのピンホール写真、10月15日に最初のピンホール写真をアップしたが、その時の穴のサイズが約0.2ミリ、今回はさらに解像度を上げるために0.1Φの穴に挑戦、左がそのピンホールレンズ

ネゴ君はフランジバックが18㎜なので
前回のピンホールは 18÷0.2=F90で、今回が18÷0.1=F180と言うことになる、これが300ぐらいなると映像もハッキリするらしいのだが、このフランジバックの長さでは困難

ピンホール写真が簡単に写せるのも最近買ったネゴ君( NEX-5N )の明るさのお陰、昼間だと手持ちでも何とか撮影出来るぐらい、フィルムカメラではこんなに気軽に遊べない

今回はマウント製作の作業のためイメージセンサーにゴミがたまり、ソニー病院に入院するという目にあったわけだが、かろうじて領収書のコピーが見つかり、1万以上の治療費を払わずに済んだのである

下の写真は、ネゴ君の元々のレンズ18〜55㎜で撮影したものだが、ハッキリ度ではまるで違いますが、針穴は針穴の面白さがありますなあ〜
b0057679_911813.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-29 09:05 | 写真 | Comments(0)

長〜〜い

b0057679_8481314.jpg
立ち飲み文化
タイトルを書いて、面白くない京都の金融会社のCMを思い出したが、何の関係もない

昨日上六の現場仕事の立ち会いに出かけたのだが、帰りに地下街で見つけた立ち飲み、私の知る立ち飲みとは違い圧倒的に間口が広い、しかしここは椅子が置かれているので立ち飲みとは言わないのかも

昔はガード下辺りにスタンドと呼ばれる飲み屋があったが入ったことはない、調べて知ったのだが場所によって言い方も違っていて、北九州辺りでは「角打ち」で山陰方面では「たちきゅう」、何となく雰囲気が出た言い方で面白い、唄ではやっぱり植木等

大阪には立ち飲みの雑誌があるぐらい繁華街から下町まで根付いている、酒付きにはたまらない空間らしいのだが私には未だに理解していない、もちろん梅田の串カツやミナミのアメ村に対抗するヨーロッパにある立ち飲み街も何度か入ったことがあるがやはり椅子が欲しい

何故に立ち飲みに足繁に通わないかを考えた(間違えて足蹴と打ってしまった)、一つは飲むと直ぐからだがだるくなり座りたくなるからもあるが、一番はやはり一人でほとんど飲みに行くことがない、さらに私が外出するときは必ず大きめのバッグを持って出るからで、立ち飲みだと置く場所に困ることが多い

最近はアテの美味しい立ち飲みも増えたが、名前が表す通り立ち飲みは「立って飲む」ことにあり、私の酒は料理あっての存在で酒だけを飲みたくなることはまずない、しかし昨日の午後2時頃なのだが満員に近く、昼間っから「何しとんじゃ」と思わず突っ込みを入れたくなりました
[PR]
by push-pull | 2012-11-28 09:01 | カルチャー | Comments(2)
b0057679_8435160.jpg
楕円窓
この窓は北面にあったはずでこの日は薄曇り、写真を改めて見ると何故か光の反射が?窓の中の白いスリットは壁の木漏れ陽、実はこの家は屋根も一部落ちていた、空き家になってから何年も経つとも思われる

朝の散歩で気が向くと知らない細い路地を探し求めてさまようのだが、私の住む福島区では空き家は数えきれずで、その中でも今にも壊れそうな家もある、何れ我が家も同じ道をたどると思われるが、今のところなんとか生活できている

昨日久しぶりに土砂降りの雨が昼過ぎ上がったので郵便局廻りで銀行へ、郵便局はAmazonの関係で度々行くのだが、銀行の方はほぼ月に1、2度で記帳が主な用事、振り込みなどは在宅のままネットバンクを使うので五十日(ごとび)に並ぶことはない

個人用と仕事用と二つの銀行を使っている、仕事用の銀行は支払機が10台ほどあるのだが、20日や25日はちとやばい、その25日だったとは銀行に着くまで気づきませんでした

ATMの方は全部ふさがっていて列に3人、記帳だけなので専用機の所へ、前には私より背の高いGパンに毛皮の襟の付いたジャンパーの兄ちゃんが一人だけ、直ぐに済むと思っていたのだがどっこい、延々と「チチチ〜、チチチ〜」と印字の音が鳴り続ける

ATMの並んでいた人はとっくに終わりその後も10人以上は済ませて帰って行く、次々と客が入ってくるのでずっと5人から10人は並んでいる、少し客足が途絶え並ぶ人が減ったので私はエイヤーっとATMの列に移動

まもなく私の番、記帳も終わり、帰りがけに記帳専用機の前を通るとさっきの兄ちゃんがまだ立っている、そして「チチチ〜、チチチ〜」の音が、彼は苛立つわけでもなくのんきの携帯をいじっているではないか

およそ20人以上ATMの機械を使う時間の間、ずっと記帳していることになる、彼の預金通帳はきっと文庫本並みの頁があるに違いない、そして私と違って銀行に記帳にやって来るのは年に1度あるかないかなのだ、私が傘を取って銀行を後にするときもまだ彼は頑張っておりました

昨日と打って変わって今朝は良い天気、その分冷え込んでおりますがそれでも遊歩道では野宿の人が二人、一人は寝袋、一人は服を着込んで上からビニールシート
今日は久しぶりの屋外の現場仕事の立ち会いです
b0057679_8441456.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-27 08:50 | 写真 | Comments(0)
b0057679_7482849.jpg
髪の手入れにも
鏡の前で丁寧にブラッシングをするおっちゃん、だいぶつむじの方が薄くなっているのだが何度も何度もブラッシング、とここまでは何の問題もないのだが・・・

おっちゃんは鏡とにらめっこした後、洗面器を持って洗い場へ入っていった、そう、まだ入浴前だったのである、風呂上がりに10円のドライヤーで丁寧に鏡を見ながら仕上げていく人は沢山見かけるのだが、入浴前にここまで丁寧なのは初めてである

私の場合は昔と違って短髪なのでブラシの使用率が非常に少ない、一日全部足しても1分も無いと思われる、昔は肩まで届くロン毛にサングラス時代が長かったが、その頃に比べると髪の手入れの時間はとんでもないぐらい短い

しかしこのおっちゃんこの日だけかと思ったのだが、また会う機会があったのだがまたぞろ入浴前に櫛で丁寧に少ない髪をなでつけておりました

先日のブログネタに千回以上も体をこすって洗うおっさんもそうだが、身の回りのことに時間をかける男は苦手である、同じ時間空間には一緒にいたくない、むかし身近に爪の甘皮を何十分もかけて手入れをする男がいたのだが、見ているだけで寒気がしたぐらい、しかしだらしないのや薄汚いのはこれまたご勘弁を
[PR]
by push-pull | 2012-11-26 07:49 | Comments(6)
b0057679_8273721.jpg
レフ板
妙にカモメが綺麗に映っていると思ったら、馬鹿でかい川を跨ぐ配管が薄曇りなのに丁度レフ板と同じような反射の役目をしていた、スタジオで撮影したような光の案配がよろしい

カモメは普段はもっと海に近い河口付近で生息しているのだが、何故か寒くなってくるとこの中之島でも沢山見かけるようになる、カモメはいつも並んだ姿を見せてくれ、しかも結構人慣れしているか撮影しやすいのだが、もっと寒くなってくるとやって来る渡り鳥たちは用心深いので、まともに撮るなら400ミリ以上の望遠が必要

下の写真はカワウ、潜って小魚を釣るのが上手くこの辺りも結構小魚がいるのか、この頃はカワウも沢山見かけるようになった、ゆっくりと川面を移動していたのでバッグからIXYを出して撮影準備、相当離れていたのだが気配を察したのか慌てて飛び立った

こちらも急いでカメラを移動しながら撮影したがものの見事に手振れ、なんとかフレーム内にカワウが入りはしたが、コンデジのIXYは動くものに弱い
b0057679_8275369.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-25 08:32 | 写真 | Comments(2)

日向ぼっこ

b0057679_8545788.jpg

b0057679_855036.jpg
のらら
ぼっこのほかにも「日向ぼこり」や、「日向ぼっこ」を略した「日向ぼこ」がありましたが、日向ぼこりだとなんだか煙たそう

ここで「日向暴行」とか「日向膀胱」なんて書いたら間違いなくひんしゅくを貰う、かと言って宮崎へ行けば読み方まで違ってしまい「日向南瓜」

この季節だから太陽の光が暖かいが、暑い季節だと誰も日向ぼっことは言わず「日光浴」、暖まるどころか日差しとの闘いになる、「ぼっこ」には「呆ける」という意味があり、日向ぼっこはやっぱりお陽さんにあたり惚けることという意味が正解みたい

猫だから見ていてもほっこりとしますが、これが人間様だと何を言われるか判りません
「こんな所で仕事もせんとゴロゴロして、何様のつもりや」
「若いのにいつまでこんなことしてんねん、 早いこと仕事見つけて働かんと」

公園の猫たちは縄張りがあるのか、それぞれグループを組み、それぞれの場所で生活をしております

ここまで書いていたらFMの大嫌いな番組が始まった、仕事場では何時もFM大阪を聞いているのだが、土曜の朝9時から公明党の議員の兄ちゃんの番組が始まる、聞いているだけで労働意欲を喪失し苛立ってくるので、いつも慌ててFMHNHKに周波数を変える

NHKではラジオ番組のベスト3に間違いなく入る、ゴンチチの番組が同じ時間から始まっている、こちらは訳の分からぬ政治話と違って、私の知らない色々なジャンルの音楽がかけられていて非常に楽しい、また2人の蘊蓄がおもろく飽きません、そして11時なると民謡が始まるのでまたFM大阪に戻るのであります

ラジオでゲストで政治家が出るならともかく、帯の番組を持つって問題あるのではなかろうか
[PR]
by push-pull | 2012-11-24 09:12 | 写真 | Comments(0)
b0057679_8402451.jpg
高さ
彫刻を通じて大学時代からの友人で、私の住む九条山のアトリエで一緒に生活したりした「たもっちゃん」と言う男がいる、大学を出た後デザイン会社に勤めていたが突然渡米、マサチューセッツ州ボストンに居を構え、大学の教授までになった

前から癌ではないかと言うことを聞いてはいたのだが、昨日のメールでホスピスに転院した言う連絡が入った、癌が進行して話すことも出来ないと言う

先に亡くなった五里さんとボストンに行ったときも、空港まで迎えにくれたのだがその時の車が真っ赤なポルシェ、非常にダンディーな男で思い出が一杯、次の連絡がずっと先になることを今はただ祈るだけ

さて今日の写真だが見てびっくり、絶対の乗れない高さのブランコである、一番利用する幼児などは下をそのままくぐり抜けられる

ここ数年公園のブランコは片っ端から撤去されてしばし見なかったのだが、久しぶりに登場したところがこれだ、左などは優に高さは1500ぐらいある、と思ったらどうもガキどもの悪戯らしく原因が分かると笑ってしまう

仕事柄寸法を測るときは無意識にミリ単位で考える、もっとも長距離の場合はもちろんkmで身近なものに限られる、世にはヤードや尺や色々の単位があるようだが長年の習慣でメートル法が染みこんでおります

ヤード・ポンド法は20世紀中頃には英国と米国を含めメートル法を受け入れた、つまりアメリカは法律上は使用禁止、現実はヤード・ポンド法というのが変

つまりゴルフやアメラグなどの長さ表記は法律違反と言うことになるのだが、我が国の現状と同じアメリカには頭が上がらないのであります、ちなみに日本のメートル法は1959年からですが建築文化だけは坪と畳数など脈々と生きております

左のブランコの高さが約5尺で、右のが3尺あたり
[PR]
by push-pull | 2012-11-23 08:53 | 写真 | Comments(2)

クリムトもどき

b0057679_917497.jpg
名画とは
毎度のことながら毎朝橋を渡る、最低でも2つで多いと5橋、必然的に毎朝川面を見る、一日として同じ表情をしていないところが面白い

水というものは面白く、何かの反射あるいは色あるいは接点などで形を把握する、対岸の建物の川面に映る様を見てクリムトを思い出した、早速写真をパソコンに取り込み額縁データーと組み合わせちょっと絵画風に仕上げてみました

調べて知ったのだが、グスタフ・クリムトは今年で丁度生誕150年に当たる、帝政オーストリアでユーゲントシュティール(象徴主義)の作家としては余りにも有名、装飾的な技術を駆使しながらも時代的には革新的な絵画で、代表作「接吻」に代表されるように何とも言えないエロティシズムが感じられる

日本の淋派等に憧れたとされるが、彼の絵を見ているとなるほどと思わせるのだが、逆に現代の日本画の作家が逆にクリムトに憧れたと言うから面白い

悲しいことにドイツが敗戦に追い込まれたとき、ナチの親衛隊がクリムト作品が沢山収納されていたお城に放火して退却、彼の素晴らしい作品がかなりその時に消失している

そのなかに、ウィーン大学の天井画に依頼された「医学」「法学」「哲学」という作品があるのだが、作品の是非を巡って大論争が起きたことを初めて知った、昔は彼の装飾性が美術作品として素直に楽しめなかったのだが、今改めて見ると素晴らしい作家であることを再認識したしだい
※下の作品はネットより拝借
b0057679_9172391.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-22 09:20 | 写真 | Comments(2)

気分爽快とまではいかず

b0057679_8472977.jpg

b0057679_8471791.jpg
堂島辺り
数日前の写真だが、堂島川の遊歩道には桜の花がまだ数輪花を咲かせていた、確か一月ぐらい前にも桜の写真をアップしたのだが・・・

毎朝野良ちゃんに挨拶をする遊歩道がやけに綺麗に、年に1度あるかないかの植栽の手入れが行われた模様、毎度のことだが大阪市の公園も同じでほとんど作りっぱなしでほったらかし、荒っぽいが雑草も一緒に剪定された模様で見通しが良くなった、しかし剪定はされたが雑草を抜いた形跡はなく、雑草も一緒に低くなっていた

と思ったら、木々の根元には空き缶にビニール袋等色んなゴミがあっちこっちに一杯散在、一日二日でこんなにゴミがたまるわけはない、と言うことは木の手入れはしたけれど他のゴミはほったらかしと言うことになる、隠れていたゴミが逆にあらわになり何のための手入れか訳が解らん

さらに先へ進むと駐輪禁止の柵が新たに設置、ここ数ヶ月でこの辺りは駐輪禁止の取り締まりが強化されたようだ、他でもそうかも知れないが大阪市民は自転車を駐めるのにお金を払うという感覚が希薄、と言うかハッキリ言って無い、この辺りは少し前までの金を出してお茶を買わない感覚に似ているかも知れません

京阪の終点「中之島駅」直ぐ近くに有料駐輪場が出来たのだがガラガラで、自転車が橋の空き場所に移動したというわけだ、看板をよく読むと「救急活動の妨げ、お年寄りや、体の不自由な方などが通行する妨げとなり・・・」とある
しかし自転車を撤去したのは良いが、同じ場所に柵をしてしまっては何の意味もない、柵が今度は通行の妨げをしているのである

車の駐車を防ぐために道路幅を狭くすると言う方法と同じで、この考え方は明らかに間違っております、もっともこの場所は自転車を駐めようがテントを張ろうが通行には一向に差し支える場所ではないのだが・・・
IXYだとやっぱり写りが甘い、感度の良いものを知るのも問題かも(笑)
b0057679_8472025.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-11-21 08:54 | ご託&うんちく | Comments(0)

のららのチェシャと ますます接近中


by PUSH-PULL