<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猛暑二題

b0057679_7333117.jpg
1列縦隊
今日は37度を超すとか、それでなくても思考回路が溶けかけているのに、体のだるさも手伝ってダルダルなのですが何故か体重が少しも落ちません

偶然とは言えのららが1列縦隊、口を鳴らすと何匹かこちらを向いた、公園に住む猫たち食事の環境が行き届いたのか、ここんとこ急激に猫の数は増えたが、さすがに早朝でも暑いのかこうして表に出てくる猫は少ない

一月程前に立て続けに野良達が死んだらしいのだが、どうも人間様の仕業らしいとか、人も猫も自由に生きるのは大変なようだ

六日続きの猛暑続きだが関電のお電気予報は安定している、火力発電の稼働率がどれほどかの発表はなく、どうも原発が再稼働していなくても問題なかったのではあちこちから文句が出始めた

先に配られた計画停電の案内と地域別番号の振り分けは、完全に再稼働のための脅し状で、出来の悪い恐喝罪に近いのではなかろうか

b0057679_7363286.jpg
迷彩色
朝の散歩で歩いていたら直ぐ横を超低音のエンジン音が、見ると半光沢のグレーの自動車で光っていないのが不気味、カラーリングとしてはアスファルトに同化している

ガラスも黒く中の様子が良く見えない車だが、チラッと見えた左ハンドル、車音痴の私には車種も判りません、横断歩道でカメラが間に合ったので撮影したら、ナンバーが8888とこれまた珍しや
[PR]
by push-pull | 2012-07-31 07:39 | 写真 | Comments(2)

Salty Water Melonって?

b0057679_8463021.jpg
予想を越えた味?の炭酸飲料
スーパーのエンドの冷蔵ケースのコピーに目がいってしまった、それは「スイカ」の文字、元来私は水気の多い果物が好きでその代表格がスイカなのである

最近はとんと縁遠くなってしまたマクドの夏限定メニューの「スイカのシェイク」など、西瓜味に引きつけられる、元々薄い味なので西瓜味はほとんど不味い、しかしシェイクの方はまずまずの合格味

このボトル、なんとコーラなのにスイカ味でおまけに塩まで、間違いなく日本限定の変な商品代表格になりそう、きっと熱中症を意識してと思われるがこの夏何故か飴を始め塩味の商品が多い

さて問題の「塩スイカコーラ」だが、一口飲んでやっぱり!の見事なまでの中途半端な味、どうも塩を入れたのが邪魔をしているような、そう言えば昔甘さを引き立たせるために、塩をスイカに少し付けて食べていたのだが、まさに熱さ対策の食べ方だったとは

今時のスイカは非常に甘いので塩を付けることはまずない、このコーラは一気の飲むことが出来ず途中で栓をしてまた冷蔵庫の戻し、結果4回に分けて飲んだのだ、面白いことに飲み終わる頃にはこの微妙な味に私が慣れてしまっていることに気づいた、写真はこれはブログに書かねばならぬと2度目に飲んだ時のもの

そう言えば半世紀以上前にコーラを初めて飲んだ時も、あまりのけったいな味に驚いた物だが、あの薬臭さがいつの間にか癖になっていたのが今から思えば不思議である

新しもの好きの貴方!是非ご試飲あれ

後で調べて判ったのだが、ファミリーマートではⅠ本148円、私が買ったイオンでは98円、余りの価格の差に驚いております、コンビニって普段利用することは皆無だが高いんやなあ

※話しには聞いていたが、7月28日に「ブラック企業大賞」の授賞式が行われた、大賞に輝いたのは予想通りというか東京電力、そして市民賞にはワタミがそれぞれ輝いた、残念なことに授賞式にはどの企業も表れず、後日賞状が送られる

下の写真はネゴ君にLマウントのCanon50/1.8で朝の堂島川を撮った、この頃のレンズは逆光だとどうしてもフレアーがでてしまう、PCで少しだけコントラストを強くしました
b0057679_8464461.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2012-07-30 08:56 | うまいもん | Comments(2)

天神祭の残像

b0057679_9261378.jpg

b0057679_927051.jpg
Lマウント
朝の散歩で堂島大橋を渡っていたら、上流から馬鹿でかい平底の船がやって来る、間違いなく天神祭で使われたものに違いない

早速今はまっているEマウントシリーズの、ネゴ君(NEX-5N)にスクリューマウントCANONレンズを取り付けたカメラを撮りだした、どうもピントがあ〜
動くものを、日中のファインダー無しの液晶でピントを合わすのが難しい、その内もう少し上達すると思われる

ネゴ君に、E→Mマウント+M→L+CANON50/1.8の組み合わせです、この時代にしたら明るいレンズでSONYとの組み合わせも様になっております、ライカに追いつけの追い越せの時代に作られたカメラですが、結局追い越せず、一眼レフ時代になってニコンと共に世界制覇

しかしキャノンはニコンと違って良くマウントが変化した、その分捕らわれることない開発できたかも知れないが、継続して使うカメラマンにはチト問題

じっとしててくれたら、下の写真ののららのようにちゃんと映るのですが(笑)
b0057679_9265936.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-07-29 09:29 | 写真 | Comments(0)
b0057679_7151573.jpg

b0057679_716120.jpg
久利須の野菜の第二弾
早起きしたので朝の支度をしながらテレビを付けたらオリンピック、ついつい見てしまい散歩は中止、それにしても体がだるい、室温が完全に熟睡を妨げていて昼間の体が重く頭の回転がおそいのだ

どうも隼人と書くと野菜のイメージが浮かばない、この野菜も久利須で畑を始めてから初めて知った、その後にズッキーニが登場、こちらはメジャー野菜になりつつあるが、ハヤトウリは今一歩の感あり

最初ハヤトウリを知ったのは粕漬けの高級漬け物、ところがどうして漬け物意外にもサラダに炒め物と色んなレシピがありました、富山という地は新鮮な魚介類を始め、米を始め素晴らしい穀物と野菜があるにもかかわらず、それに見合った料理が育ってきておりません

素材さえ良ければが通用するのは寿司屋ぐらい、やっぱり調理って非常に大事なのです、富山へ行き始めた頃、驚いたのはあんなに美味しいキノコ類でも干すか塩漬けにするだけ、後は醤油味の煮付けでお終い

調味料ひとつとっても一番驚いたのは穴の谷(あなんたん)醤油、一度間違って買ってしまったのだが甘すぎて刺身や漬け物には御法度!の醤油で煮付けにしか使えない代物、しかし恐ろしい物で富山では今でも白昼堂々と販売されているのであります

豚肉との愛称が非常によく、今日はオイスターソース絡まして中華風の味付けに致しましたが、旨い!の一言です、ハヤトウリはどちらかと言うと癖もなく食感で食べる野菜ですが、調理方法で見事なぐらい変化をするので料理のしがいがあります

※このブログを見た生産者の身内から、これはハヤトウリではない「白いズッキーニ」という指摘がありました、調理も味も問題なかったのだが・・・さて白いズッキーニのぬか漬けと味噌漬けやいかに

下の写真は今はまっているマウントシリーズ、ネゴ君(NEX-5N)とエルマー50/3.5、オールドレンズらしくモノクロに変換しました
b0057679_7195039.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2012-07-28 07:22 | うまいもん | Comments(7)
b0057679_827177.jpg
肩猫
誰がなんと言おうが暑い、無茶苦茶暑い、と言うか糞熱い、我が家の2階の寝床は寝る時間になっても30度越え、半珍キャッツはボロボロでしたが、サッカーは大金星でやっとこさ寝床へ

恒例の早朝徘徊、商店街を歩いていたら前を行く向こうの方のおっちゃんの肩になにやら動くものが、走りながら買ったばかりのNEX−5N(長いので、猫ならぬネゴと呼ぶことにした)を取り出した

向こうの筋で路地を曲がってしまったが、なんとか撮影捕獲距離で捕まえた、何時ものCanonIXYより五倍以上も解像度があるので、少しトリミング拡大してもビクともしない、おっちゃんの肩にはちょっとおデブ気味の虎猫がバランスを取りながら乗っている

嫌がる様子もなくどちらかと言うと楽しんでいるような感もある、我が家の猫は人見知りをするのでこれだけは絶対無理
[PR]
by push-pull | 2012-07-27 08:30 | 写真 | Comments(2)

今年もラタトゥーユ

b0057679_8542561.jpg
ズッキーニの季節
今朝のお散歩、カンカン照りの日差しの中、ネクタイにスーツのお兄ちゃんとすれ違っただけでも驚きなのだが、その後向こうから来た自転車のおっちゃんにはおったまげた!頭にはニット帽、シャツの重ね着にダウンのジャンパーに厚手のズボン
見ただけでこちらが熱中症になった気分なのだが、おっちゃんの顔には汗ひとつ無い

先日富山の久利須村から夏野菜が一杯届いた、写真の市販の物より遙かに大きいズッキーニをはじめハヤトウリ、でっかいキュウリ、なす、ちっこい人参、アスパラ、シシトウ、すごい量のじゃが2種類・・・

早速夏の定番メニューのラタトゥーユを作りました、今までいろいろな作り方をしてきたが、やっぱり丁寧にオリーブオイルでニンニクと一緒にタマネギを炒めるのがポイント、じっくり炒めた後はいろいろな野菜(今回はズッキーニ、ジャガイモ、なすび、人参、えのき、欠かせないトマト)を入れ、炒めながら蒸し煮

味付けも基本は塩こしょうなのだが、私は白ワインを始めいろいろな香辛料を入れて完成させませた、今回はさらにおいしくするために鶏肉も一緒に

おいしい野菜で作るラタツゥーユは抜群のおいしさでちょっとした贅沢を満喫、このレシピの面白ところは残ったものでカレーなどいろいろアレンジできることにあります

下の写真は昨日アップした、SONY NEX-5Nに昔のレンズElmar50/3.5で撮ったまいまい、NEXは暗くてもストロボ無しで問題なし、ピント合わせは手動がだが絞り優先のオート撮影、昔のレンズは開放にすると柔らかくていいですなあ
b0057679_993810.jpg

[PR]
by push-pull | 2012-07-26 09:12 | うまいもん | Comments(3)

合体カメラ

b0057679_92886.jpg
SONY NEX-5Nを買ってしまいました
デジカメを手にしてからずっと考えていたことがやっと実現、ってもう何年も前から出来ていたのですが

レンズ交換式カメラという物はメーカーによってレンズの取り付け方が違う、マウントというのですがNIKONならSとF、LeicaならLとM、CanonならEFと他に私も知らないぐらい沢山ある

違うメーカーに付けようと思うとレンズの口径とサイズを合わせるためのマウントが色々と作られてきたのだが、とんでもない問題がそこに横たわる、つまりレンズからフィルム面までの距離を調整しなければピントが合わないわけで、異種レンズも限界があったのだ

この距離をフランジというのですが、昔のカメラはだいたい短く、新しい一眼レフ辺りは長くなるのですが、フランジの短いレンズを長いカメラに付けるとボケたまま、逆にフランジが長い場合は短いカメラにマウントで長さ調整して撮影可能になる

ところが近年ミラーレスカメラというジャンルで、一眼レフ必需品のミラーを取っ払いレンズから受光部まで距離の短い一眼レフカメラがついに発売されたのだ、をかげでオールドレンズをデジタルカメラで撮影するのことが脚光を浴びるようになった、その最初がマイクロフォーサーズ!

さらにその後改良されて出てきたのがマイクロフォーサーズより受光部(イメージセンサー)が少し大きくなり、先行していた中級の一眼レフと同じAPS-Cサイズのミラーレスが登場し、そしてここ2ヶ月不眠不休で調べて買ったのが今日のSONY NEX-5Nなのであります、勿論中古ですが使用回数1回の新古品

買ったのは良いが、私の持っているコンデジと違って色んな撮影モードが満載、さらにカメラが届くより先に買ったのが写真の前の方に映っている小さなリング、これがライカやニコンレンズを付けるためのEマウントアダプターなのでえす

ピントから何から何まで至れり尽くせりなのですがストロボは本体とは別、理由はISO感度が100〜25600もオートで働く、手振れ防止機能の備えているので下の写真のように夜間撮影もオートで何の問題もなし

念願のオールドレンズの説明は、手作りカメラのブログに発表しています
b0057679_924426.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2012-07-25 09:23 | 写真 | Comments(0)

現行犯

b0057679_8193620.jpg
逮捕劇
30万人アクセスの直ぐ後に、現行犯の事件に出合うとは・・・以前このブログでイオンで毎日一階の食料品売り場を空の籠を下げて歩いている女性の話しを書いたことがある、勿論万引き防止の警備だと判った、それ以後その人を見ると万引き防止も大変だと思っていたのだが・・・

昨日の午後、夕食の買い出しと言うよりも涼みにお隣のイオンに出かけた、エスカレーターに乗ろうと思ったら何時ものガード姉ちゃんが籠を持たずに私を追い抜き、おっちゃんと一緒にエスカレーターを早足で上って行くではないか

「すわっ!、事件」と、後を追いかけたらどうも「魚がどうの、網がどうの」の声が、エスカレーターを登りながらバッグから買ったばかりのNEX5を取りだした、なんとか2Fの出口でおっちゃんを取り押さえるところに間に合ったのだが、生憎私のカメラのレンズは広角の16ミリ

捕まえる時にあんな大声で怒鳴り散らすとは、誰も見ていなければぶん殴ってしまいそうな勢いである、逆手に腕をねじ上げエレベーターの方へ引きずっていった
「痛い、痛いやんけ・・・暴れへんから離せや」とまさにテレビドラマであります

それにしても1階の食料品売り場での万引き、下げている袋も小さく、きっと少額の商品に違いない、身なりはこざっぱりしているのだが、お店に入った時から目を付けられていたのかしらね
[PR]
by push-pull | 2012-07-24 08:27 | 写真 | Comments(2)

さんじゅうまんにん

b0057679_8482450.jpg
ひとこと「凄い!」
このブログを始めたのが2004年の11月、それまでホームページで日々の作品や仕事や写真や飯の話しなどを更新していたのだが、フレームを広げすぎていたこともあるがこれが結構面倒、ブログを知り直ぐに乗り換えた、ブログは写真と文章さえあれば一分もかからない

始めた頃は見てくれる人も数十人でしたが、数ヶ月後に100人を越しその後はほぼその数を保ちながら続いてきたのですが、驚く無かれ8年弱で30万人という、今朝が15人だったので昨夜遅くに達したと思われる、流行り物のネタをタイトルに付けたりするとアクセス数が数百人になりますが、私の話では滅多にない

それにしても与太話というか輩話を毎日百人以上も見ていてくださるとは有り難いことで、ただただ感謝の一言、これからもヨロシクお願いします

何よりも凄いのは、飽き性だった私が8年近く特別な事情(ネットの不都合)以外一度も休んだことのないこと、旅行の時もPowerBookを下げて出先で更新、もうこうなったら焼け糞の意地の域ですが私の人生での中では画期的なことであります

ツイッターやフェイズブックなど新しい通信コミュニケーションが色々出来ておりますがブログで手一杯、食い物話や、銭湯、橋、仕事、写真など好きなことを書いているだけっだったのが、いつの間にかそれぞれがシリーズ化、くくっておくと結構書き出し始めやすくなる

普段から日常生活の中の出会いの場の粗探しが大好きで、それが政治など他の分野にまで広がっただけかもしれません、数学的思考が論理的文章や問題解決に繫がると言う話しをテレビで聞いたのですが、そんなたやすい物でもなさそう、そんなことよりまずやってみることかもしれません
[PR]
by push-pull | 2012-07-23 08:51 | 私事 | Comments(8)

フロントバッグ

b0057679_930142.jpg
一日に二人
地下鉄千日前線で鶴橋へお食事に出かけた、一つ目の駅玉川で乗ってきた男が私の前に座ったのだが、最初赤ちゃんを前に抱いているかと思ったら、なんとでっかいリュックを前抱き

妙におかしな格好である、昔と違って赤ちゃんをおんぶだっこする姿は激減し、今ではほとんどが前抱きで、だっこ用のおしゃれな背負子?が色々ある、乳児のための頭までネットで傾かないようにする物から、前向きに抱くものまで

ところがたらふく美味しい寿司とお酒を仲間と堪能した帰りの地下鉄でまたぞろ「リュック前抱き」の別の男に遭遇したのである、で写真を撮ったのは良いがストロボオフで見事な手振れ

満員で人様の迷惑に掛からないようにしているならまだ理解できるが、それほど込んでいない時のこのスタイルは妙に変、確かにリュックをしたまま椅子に腰掛けるのは無理があるのだが、そのための下準備なのかしら・・・?

一時私も小さなリュックを愛用していたが、夏場は背中が汗まみれになるのでもっぱらショルダーを愛用しております、そう言えば沢山あるウエストバッグも使わなくなりましたな

私のバックの最低基準容量は、筆記用具一式+B5メモ帳+カメラ+週刊誌大の大きさの本が入るスペースなのです
[PR]
by push-pull | 2012-07-22 09:33 | 写真 | Comments(0)

公園でしょっちゅ会っているセナ君、キャバリアってみんな温和しくて愛想が良いのでは・・・


by PUSH-PULL