<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あああ、買うてしもた!

b0057679_9133888.jpg
G5
友達のデザイナーのパソコンをヤッホーで探していたら自分のが欲しくなった、何を勘違いしたのか私の古い方のスキャナー用に使っているデスクトップMacG4がクラッシュ、ハードディスクを取り替えたりと色々試したが回復せず

仕方が無いのでオークションの相場もほぼ判っていたし出物を待ってトライ、買ったのは今のMacProの一つ前のモデルのG5の最終型のQUAD

入札した一つがG5最強のM9592、こちらは私が入札した金額の約三倍程の値段まで時間ギリギで上昇、きっと間際に熱くなったと思われる,もう1台の下位ランクM9590(2.0GBX2、水冷)の方はタイミングがよかったのか殆ど競りらしい競りもなく落札!!

昨日届いたG5は、箱から取説からOSCDから筐体・キーボード・マウスまで,殆ど新古品状態で非常に綺麗でビックリ、これが中古品?と思うぐらい

メモリーは4GBまで増設されていたので何の問題もなし、HDDが160GBでチト寂しい、本音を言えばこれで私の仕事レベルでは充分なのですが、買い換えついで大奮発してハードディスクを増やすことにした

b0057679_9144080.jpgネットで検索し、チャリで梅新の大阪で一番安かったパソコン工房までひとっ飛び、なんと今時は1TB(SeagateのSATA)が5000円を下回っておるのであります、ウソみたい

久しぶりのパソコンいじりは興味津々で、HDの増設も非常にシンプルであっという間に終わってしまった、今仕事で使っているG4とFireWireで接続しターゲットディスクモードでデーターコピーに初挑戦

「T」を押しながら再起動すると左の「Y」マークが出てきてあっちに行ったりこっちに行ったりとコピー開始、ところが1時間経っても2時間経ってもまだ同じ画面が〜、昨夜は強制終了し今から再度アタックしてみます

マックに詳しい方、G4からG5へ簡単にデーターを移動する方法がありましたらご教授願います、ちなみにOSは10.4であります

b0057679_9145681.jpg

b0057679_9151874.jpg
<大阪八百八橋の二百八十九橋>可愛らしい名の「中野小橋」、どうも私は片手でフリーにシャッターを押すと,何故かカメラは左に傾くので写真は右へ、普通はシャッターを押す力でカメラは右に傾く人が多いのですが

ブログアップするときは最低限、レベル調整とトリミングをやっているのだが、今日の下の写真の親柱はそのまんま((解像度と大きさだけ下げています)、フイルムカメラ時代はファインダーを覗くのでそのあたりはきちんと撮影したのですが、デジカメになると後でなんとでもなると思う意識があるのかこうした写真はかなりええ加減

良いのか悪いのか知らないが撮影の早いこと(笑)
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-31 09:23 | 私事 | Comments(4)
b0057679_9241355.jpg
流れに逆らうのは
世の中,流れに竿を指せば流されるのだが竿は川底に届かない、朝の徘徊での川沿いの道はほんの少しヒンヤリして心地よい、京都には鴨川や貴船あたりには床なる風物があるのだが利用したことがない、この中之島にもカキ船なるお食事処が今もあるのだが、こちらも一度も入ったことがない

友人からこのブログに御堂筋の彫刻の突然の赤い衣装事件を取り上げて欲しいなる留守電があったのだが、ネタ写真を持ち合わせていないのでどうしようもない、友人に送ったメールを転載することにした

b0057679_9252164.jpg真っ赤な衣装、書こうにもネタ写真がございません、あっという間の出来事だったようで、私の推測するに複数犯ではなかろうかと思っております,昨日のニュースでは若い女性の複数犯とか

御堂筋を散歩するにはなかなか面白いオブジェで結構楽しめます、彫刻をお勉強したことのある私にとっては余りにも著名な人ばかり
ロダン・ザッキン・グレコ・キング・チャドウィック・ムーア・ボテロ・キリコ・ブールデル・・・ただ日本の裸婦作家は殆ど存じ上げません

残念なのは彫刻そのものは小さいものが多く、屋外と言うよりロビーや応接間の展示サイズ

平松のおっさんも、何を思ったのかおとがめなしで芸術祭参加を呼びかけるとは、懐の深さを見せたところかも知れませんが、橋本と同じでむず痒いばかりのパフォーマンス発言でございます

私自身の京都時代、法すれすれのハプニング$アートをやらかしていただけに、こうした事件を逆に手放しで喜べない、彼または彼女たちは決して愉快犯ではない、また狙った対象が有名な彫刻だけにその筋の若者と見える、ならばその行為は既存の芸術に対する批判であるならその行為は判らぬでもない

しかしここで手を挙げて平松の望む芸術祭参加などがあるとしたら(皆無に違いが)、それはそれでまた問題になってくる、絵的にはなかなかのものでございます

ウソかホンマか知らんけど、これらの作品は御堂筋に面した一流企業が、資産隠しのため購入した彫刻を税務署が発見、追加課税を減免することを担保に御堂筋に供出させたとか・・・ウッソ!

b0057679_9254296.jpg

b0057679_9255721.jpg
<大阪八百八橋の二百八十八橋>橋の銘板はちゃんとした親柱があるときは基本的に縦書き、小さな橋の場合は横書きが多いような気がする、と言うことで小さいけれど縦書きの「東今川橋」、この橋も今川と付いているが架かっているのは鳴門川

西に今川橋があるわけでもなく、今川の東の橋という意味なら鳴門川の橋はみんな東今川(笑)、少し橋の幅は広いのだがT字交差の行き止まり
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-30 09:36 | アート・デザイン | Comments(0)
b0057679_8311834.jpg

b0057679_8313775.jpg
真似し漫才 米屋の坊主
面白いモノクロ写真という意味で「オモクロ」にしたのだが、「モノシロ」の方が良かったかしら(笑)

先日森山大道展を見た時にぶ厚い図録を買ってきた、写真集を眺めていると題材が近しいだけにどうしてもマネをしたくなる、一からモノクロフィルムを買ってきて撮影しようかと思ったのだが,今時現像プリントが大変

自分でやれば問題ないのだが技術も道具も持ち合わせていない、少し前のことだが古いライカにモノクロフィルムを詰め込んで撮影したときのこと、その時初めて町のDPE屋さんで現像+CD書き込みをやって貰ったことがあるのだがこれが非道かった

写真そのものよりCD書き込みの解像度が余りにも低くプリントできるレベルではない、もう少し大きなお店で頼めば解像度の高いCD書き込みが出来るのだが,知ったのはそんなことがあってから、面倒だが家にあるエプソンのスキャナーの方がずっと綺麗に取り込めた

前置きはさておき、彼のモノクロ写真はアレブレボケと総称されるように,初期の作品は強烈なエネルギーを感じる、それまでの美しさを競っていた商業写真をあざ笑うかのように一つのジャンルを作り上げた、写真は荒く手ブレに水平レベルお構いなし、ところが町の何でも無いオブジェにはぐっとカメラが近寄り、仕上がりは何とも言えないなめらかな質感があったりもする

勿論、今みたいにパソコンで画像を操作できない、私の僅かの写真知識レベルでは高感度のフイルムを使うか、アンダーで撮影し増感現像するとコントラストとノイズの強い画質に仕上がる、現像の薬品温度を操作しソラリゼーション効果を出したり、追い焼きなどの方法で焼き付けの時にプリントの明暗を部分的に操作する・・・

それが今では普通にデジカメで撮影したカラー画像を、私でも好きに加工が出来るのです

このあたりは異論があると思うのだが、同じ写真でも少し前までデジタル加工などもってのほかで、プリントもちゃんと印画紙で焼かなければ写真と呼ばない時代だった、今やフィルムで撮影すること自体が貴重な時代になったのだが、折角フィルムで写しても町のラボ屋さんはデジタル加工プリントでガックリ

写真好きの皆さんはデジタルとアナログをどのように考えているのでしょうか?

写真もそうだが、アートってアナログだの手作り云々より作品そのものの面白さが重要で、テクニック的な上手い下手より作品そのものの持つ力が一番だと

と言うことでもっと頑張らなくてはと思う今日この頃でございます

b0057679_8322910.jpg

b0057679_83328100.jpg
<大阪八百八橋の二百八十七橋>またまた番号の付いた橋の「今川2号橋」、しかし考えればこの川は鳴門川、すぐ西に今川が流れているの不思議である

架けられたのは昭和57年、少し川も狭くなったのか橋の長さも1m短くなって7m

平行して流れる今川と鳴門川の間は中之島になっていて細長い今川公園になっております、三々五々ご近所さんが散歩していてなかなかよろしい、歩道の真ん中になにか写っている?拡大して調べたら丁度鳩が飛び立つところでした
b0057679_10454418.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-29 08:42 | 写真 | Comments(2)
b0057679_830344.jpg
忘れ去られる存在
仲間と会話していて無視されるのはこたえる、ならば黙っていれば何の問題もないのだがすぐにいっちょ加味したがる性格はガキの頃から変わらない

子供の頃から臆病なくせに目立ちたがりで背伸びをしすぎでよく大怪我をした、大きくなってからもさほど変わらず、生徒会長に自ら名乗り出たり劇団を主宰したり

最近朝の徘徊で私より高齢の人たちと公園で話するのだがこれがすごい、つまり会話がなかなか成立しないのである、最初聞いていないのかと思ったがそうでもなさそうで、それぞれが自分のことしかアピールせず別々の話が並行して進んだりぶつ切りの話が続いていく

私自身も相当なもので反省しきり、相手の話が終わらないのに話を被せ主導権を奪おうとする嫌〜な性格、人間とはかくも我が儘なもので、年を取るほどにさらに強力になる

b0057679_8304114.jpg

b0057679_831623.jpg
<大阪八百八橋の二百八十六橋>ずっと見た目そっくりな橋が続きます、撮影しているときも訳が分からなくなったりいたしましたがそこはそれ・・・、で今日のが「恵橋(めぐみばし)」、昭和57年に架けられた歩道橋である

ただ橋の凄いところは、こんな小さな橋でも親柱の銘板はちゃんと鋳造で作られていて感心いたします
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-28 08:36 | ご託&うんちく | Comments(0)

暑さ増幅

b0057679_8385761.jpg
安全神話など最初から無い
・セシウムに汚染された肉牛の出荷が千頭を超えた、大手のスーパーから京都の著名な割烹まで全国で消費されている、完全なる農水省の通達ミスという犯罪

逃げ口上で恐縮だがここ何年も和牛を食べていない、たまに食べる牛肉は間違い無く安い輸入肉、私の食卓の肉と言えば間違いなく鶏か豚なのである

しかし牛だけが汚染されているわけではないはず、同じ地域なら家も自転車も車も田畑も川も海も鶏も豚もすべて汚染されているわけだ・・・そう言えば4月の講演会で聞いた今中助教の言葉を思い出した「こうなったら日本人は放射能に耐えることしかない」

・驚いたことに経済産業省資源エネルギー庁が2008年度から、税金4000万円も使って報道機関の原発関連の記事を監視していた、ここにはブログもツイッターも含まれていて、中国と何ら変わりません

さらに、エネ庁から監視を受注した団体の理事に逃電会長!、もう一つの団体には逃電副社長が理事長、よくぞまあこんなことに予算をつけた自公の罪は重く今も委託する民主も大問題

・中国の鉄道事故、多数の死者を出しながら次の日には事故車両を地中に埋め始めた、これは完全なる証拠隠滅、そう言えば逃電福島原発事故も長い間メルトダウンを認めませんでしたなあ〜、こちらもさっさと埋めたかったに違いない

と思ったら、世界中から非難を浴び車両を掘り出した、どうも中国鉄道省の独断行動のようだ

・昨日の夕刊、立命大の大島教授による電気の経済性計算が出ておりました、水力3.98円・火力9.9円・原子力10.68円・・・?モデル値ではなく実績値計算だとこんな数字が

今まで盛んに原子力発電が一番安いと言ってきた根拠がうさんくさくなってきた、さらにこの数字には使用済み核燃料の処理費用が含まれておらず、この金額はとんでもない費用がかかるとか

・梅雨明けから蝉が鳴き始め、今朝の公園は耳鳴りの持病のある私には、耳が共振するので辛いぐらい360度鳴いている、東京ではその蝉が殆ど鳴いていないとか・・・まさか!

私を悩ますクマゼミの「シュワシュワ・・・」、これがCMの北川景子の声だったら言うことないのだが

・TVの大学入学CMを見て驚いた、大学には小中高のように「校=柵」がないから憧れたのだが、京都建築大学校には堂々と「校」が付いているではないか・・・!

調べたら大学には学校教育法第135条第1項の規定があるが、大学校には規定はなく、料理でも自動車でも「大学校」を名乗ることが出来る、笑ったのは防衛や海上保安は大学校でありました
b0057679_8391475.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-27 08:56 | ご託&うんちく | Comments(0)

めん喰い二題

b0057679_830779.jpg

b0057679_8302279.jpg
簡単ランチ
早朝徘徊、曇っていたので帽子を被らずにスタートしたのだがあっという間にド快晴、久しぶりの青空のような気がする

先日「そうらーめん」を取り上げたが今回は少し手作り、冷たい麺をいかに美味しく食べるかにある、レシピ元はクックパッド

ルーならぬぶっかけ出汁は刻んだトマト・キュウリ・タマネギを、一晩ポン酢+少量のごま油につけておくだけ、一晩で野菜から水分と旨味がポン酢と混ざり合いまろやかな味に、上の写真は茹でたうどんを冷水にくぐらせたもので、仕上げに軽くゴマをふってある、ちょっした冷麺風味でなかなか旨い

今回は生の讃岐うどんを使ったのだが、私の知る讃岐よりちょっと腰が柔らかめでしたがハイカラなぶっかけうどんが出来上がりました

下の写真は丁度頂き物のリングイネ(少し平たいパスタ)があったので、珍しくも冷製パスタに挑戦いたしました、冷製パスタの時は確か麺の茹で時間が長くなるはず、イタリア料理の本で確認してから調理に

このリングイネは茹で時間が11分と長い、さらにそれから30秒延長、大事なのは湯に入れる塩で私の場合大さじ1〜2杯近くいれる、ゆであがったらこれも冷水をくぐらせてからオリーブオイルを絡めてから作り置きのタレをかけて出来上がり、トッピングに薄焼き卵を

こちらのリングイネは歯ごたえ抜群で、美味しい昼食と相成りました、丁度痴出痔終了の時間と重なったので、調理とカメラと大忙し(笑)

どちらの料理も安くて簡単です、良い麺さえあれば相当冒険しても良さそうな気がいたします

b0057679_833672.jpg

b0057679_8332487.jpg
<大阪八百八橋の二百八十五橋>余り大きくは無いのだけれど信号のある「育英橋」、名前を見た瞬間大学時代の奨学資金を思い出した、大学を出てからも定職に就かなかったので返済が大変、そのたびに返済延期を申請しておりました
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-26 08:37 | うまいもん | Comments(2)

砂嵐体験

b0057679_8263715.jpg

b0057679_8265755.jpg
巨大なる浪費
昔、夜うたた寝をしてしまい気づいたらテレビは砂嵐ってことがよくあった、昨日久しぶりの砂嵐を見せて貰ったのだが僅か数秒で、デジアナ変換の映像が届いてしまった、そう言えば最初の頃は深夜は勿論午後にもテレビ放映の無い時間帯がありました、今ではチャンネルも増え24時間営業、やっぱり電気使いすぎやわな〜

リングの山本貞子はデジタル移行したらどこから出てくるのだろうと、砂嵐を見て考えてしまった

何度もこのブログで痴出痔のことをぼろくそに書いてきたが、昨日の正午で東北三県を除く地域で強制的実施を迎えた、何故強制なのかは東北三県の延期一つをとっても国会で特例法案を成立させねばならなかった

我が家はビルの電波障害で早くからケーブルが施設されていたので、今回の痴出痔も2015年3月までアナログテレビのままで視聴でき余分な出費は一切無かったが、全国ではすべての家庭が痴出痔に対応するため、チューナーなり対応するテレビの購入に至ったわけで、早い話が痴出痔を必要としない家庭まで買わされたのだ

何時の時代も経済優先で私にはIT産業と電機メーカーを潤わせただけにしか見えない、昨年も盛んに叫ばれたエコポイントも同じ、メーカーだけが喜ぶ完全なる不平等ばらまき還元である

痴出痔そのものの技術を否定するものでは無く、映像も音声も素晴らしいのだが、必要とする人だけが必要分支払いその技術を享受すればいいので、くだらない番組をわざわざ使えるテレビを買い換えてまでして見る必要性をまるで感じない

痴出痔の話も当分ここで書くこともないのだが、痴出痔難民が相当数が出たと思われる、総務省の発表データーなどはこれまでも全く当てにならず、今も正確な人数すらつかめていない、これまでも痴出痔化の弊害が色々取り上げられたが、実施された今、現実の問題としてこれから出てくると思われる

b0057679_8323517.jpg

b0057679_8325035.jpg
<大阪八百八橋の二百八十四橋>平和に栄えと有り難い名前が続いたが、今日は極めつけの「幸福橋」,橋の名こそ違えども大きさや形はほぼ同じ、親柱の名を見ないと区別が付きませぬ

データーでは、大阪市管理、昭和57年架設 RC桁橋 長さ:8mの歩道橋となっております
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-25 08:37 | ご託&うんちく | Comments(4)

「森山大道展」を観る

b0057679_819246.jpg

b0057679_8193846.jpg
アレ・ブレ・ボケの原点
美術館を出たときリコーのGRを持って旅をしたくなった、しかしよく考えればGRを私は持っていないので旅行は中止

森山大道写真展「ON THE RORD」を中之島国立国際美術館へチャリンコで見に行ってきました、平日の写真展なのでガラガラかと思っていたら結構入っております

「犬の記憶」の写真&エッセイを持っていたのと、色々な写真集を見ていたので旧知の写真が多かったのだが美術館で観ると印象はまるで違う、彼の写真は美しくも無く景観の良い場所や美人や花は出てこない、一枚だけ鑑賞するとどうってことなさそうに思うのだが、大伸ばしでずらりと並べられるとど迫力で感動いたしました

誰もが大人になる頃、エロに目覚め猥雑で危険な香りのする都会の裏側に非常に憧れた記憶がある、彼の映し出す被写体を時間こそずれるがほぼ同じ場所を追体験しているので、私にとって非常にリアリティーがある

彼は70を過ぎた今も若い頃の感性を持ち続けているのには驚かされるのだが、それは郷愁なのだろうか?それとも今も新鮮なのだろうか?、会場で流されていたNHKのドキュメンタリー映像で、最近の大阪を撮影するシーンがあるのだが私の知る同じ風景なのに彼のファインダーは違うものを捉えていた、写真と言う意味ではプロとド素人の違いはあれど、失礼かも知れないが写す対象に近しい臭いを感じてしまった

美術館の入り口に展示された彼のカメラは、NikonだのLaicaだの望遠だのマクロ好きのカメラマニアをあざ笑うかのように、オリンパスペンでありトイカメラであり、現在のコンパクトカメラのRICOHGRで非常に印象的である

映像で大好きな彼の若い頃の相棒、中平卓馬氏が大病による記憶喪失の後の今も、毎日元気にCanonを下げて撮影する姿があり嬉しい限り

別室の「桑山忠明展」、昨年無くなった私の師でもあるヨシダ・ミノルさんの影響で、昔から彼の名前と作品を知っていたのだが、現在も衰えることなくモノクロームのインスタレーションに近い作品を創作している,繰り返される真っ白な作品は非常に美しかった

そう言えば彼がNYで作家活動を始めた頃、ミノルさんから聞いたのだが「クワヤマ・タダスキー」と呼ばれておりました

カメラ好きは勿論、写真好きの皆さん是非ご覧あれ、8月6日に無料(整理券が必要)の講演会があるそうなので、もう一度足を運ぼうかと考えております
b0057679_82019.jpg

b0057679_8201268.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-24 08:29 | アート・デザイン | Comments(5)

2度目の「晩春」を観る

b0057679_8233257.jpg
浅野潜さんと映画を楽しむ会 
3年前にもこの映画の会で「晩春」を見ているのだが、あらかたは覚えているのだが細かいディテールをすっかり忘れていて笑ってしまった、思い出すと言うよりデジャヴュに似たフラッシュバックで訳が分かりません、老人力絶好調である

ここで映画の話を書くとまた同じ内容になるで前回のブログをご覧あれ、残念ながら浅野潜さんの解説も3年前とほぼ同内容で少しがっかり、今回の晩春もやはり映画そのものを楽しむことが出来ませんでした、確かに良い映画尚ですがゆっくりとした小津ワールドの時間軸に浸るには、現在の私には無理がある 

小津のホームドラマ全般に言えることなのですが、東京の上流社会の家族内で「様」をつける会話を聞いているとむず痒くなるのである、大阪の下町で育った私には居心地が悪い、こうした上品なハイソへの憧れが皆無なのです、下品な金持ちはもっと嫌いですが(笑)

何故小津監督が毎回笠智衆を登用したのか良く解らない、木訥で個性的な男優なのだが、横目線だとセリフが学芸会の棒読みに聞こえなくもない

やっぱり私には小津映画に浸る資格はなさそうである

b0057679_8244069.jpg

b0057679_8245536.jpg
<大阪八百八橋の二百八十二橋>今日のはコンパクトなまさに歩道橋の「栄橋」、橋の長さも8mと短く走り幅跳びの記録保持者なら橋が無くても渡れる長さである

下の写真は橋の上から鳴門川、向こうに見える橋が昨日アップした新平和橋とスーパーマンダイ、写真を見ていると川と言うより大きな溝ですな(笑)
b0057679_825152.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-23 08:31 | カルチャー | Comments(0)

和洋ならぬ 和中混合

b0057679_829655.jpg

b0057679_8292848.jpg涼味そうらーめん
ここまで暑くなるとどうしてもお昼ご飯は冷やっこいものを食べたくなる、中でもお手軽の麺は大好きでざる蕎麦に素麺に冷麺

そこに今年の夏は訳の分からん「そうらーめん」が加わった、乾麺売り場でどれにしようかと悩んでいたら見たことがないパッケージが一つ、それがそうらーめんだった

しばらくしてからテレビCMでもお目にかかったのだが、うれしがりの私は新しいものを見つけるとすぐに試したくなる、そして難癖を付けるのだがこれはほぼ合格

売りは素麺感触のラーメン味という触れ込みなのだが確かにその通り、茹でて冷水をくぐらせるだけなので素麺と同じであっという間に出来上がる、ラーメン味なのに市販の麺つゆが使えるところがミソで、麺つゆにこの麺のポイントである香味油を入れるだけで味が激変する

素麺ではちょっと味的に物足りない、もうちょっと濃いめが思ったときにぴったりである、今回の薬味はネギとキュウリだけなのだが、工夫すれば面白い食べ物になると思われる

毎年どこからか素麺を戴くのだが今年はなし、素麺も大好きなのだが毎日はダメでCMの素麺家族のように朝から食べたいと思わない、素麺は麺つゆが命で市販品を使う場合は錦糸卵やキュウリに椎茸と面倒なことになってくる

夏の麺の一番はやっぱりざる蕎麦、それも手打ちなのだがこれは自宅では無理、近場に美味しい手打ち蕎麦屋があるのだが千円近くもするので一度で充分、蕎麦なら二八とか色々混合率があるが市販の乾麺はその逆でも多いぐらいで、大半が蕎麦風味

蕎麦には砂場・更科・藪が3ブランドがある、蕎麦はお江戸が老舗のように言われておりますが、砂場は大阪新町が発祥、更科は信州からで実を研ぎたおした高級?蕎麦粉の上品な味、藪は落語で出てくる死ぬ間際にたっぷり浸けたかったと言う、辛いそばつゆの蕎麦屋さん

冷麺も大好きなのだが上に載っける薬味が大変でございます、何も載せないシンプルな冷麺は物足りない、大阪では間違っても冷やし中華などと申さぬように

残るがうどんがあるのだが、夏バージョンはやはり冷たいぶっかけで、大根おろしに竹輪の天ぷらかかき揚げあたりがよろしいようで

上の写真の写りの悪い小鉢は茄子とシシトウの煮付け、ごま油で炒めて煮るだけのシンプル料理ですが、冷やすとこれが旨い、シシトウが茄子と合っていて頑張っております

b0057679_8303819.jpg

b0057679_8305340.jpg
<大阪八百八橋の二百八十一橋>名無しの次は大きくなって「東平和橋」、すぐ西に平和橋があり東へしばらく進むと、JR大和路線の平野駅がありますが考えれば一度も利用したことがありません

残念ながら親柱はなく、プレートが欄干に固定されているだけで橋の情緒もへたくれもございません

鳴門川は川幅が狭いので,写真を見ても判るように車などで通りすぎたら橋があることすら判らないのではなかろうか,現在の橋は新しく1997年に架けられております
[PR]
by PUSH-PULL | 2011-07-22 08:40 | うまいもん | Comments(2)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL