<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

b0057679_8355736.jpg

機能訓練
20才前後の思いっきり閑してた頃、アホからかしこに脱出すべく色んなことで遊んでいた、たとえば

・左手だけで1ヶ月間食事
・お次が右手と左手で裏文字を書く
・見たテーブルの上の物を瞬間的に覚え、目を閉じてから順次思い出す
・瞬間的に見た数字の暗記、数をどんどんと増やしていく、人間は一般的に7個まで出来る
・覚えた数字や言葉を逆さに言う、これは難度が高い
・紙の枚数を数えるのに、1枚ずつではなく5枚単位で数える
・電車の中で座っているおっちゃんの新聞を、逆さに見ながら読む
・看板を下から読む
・目をつぶって歩く。後ろ向きに歩く
・電車の前に座った知らない人をみて、性格から職業に家族関係まで想像する(これは演劇のお勉強にもなります)

ほとんど無駄に近い行為だったけれど、ほんの少し器用さが上向いたのと暗算と映像的記憶力は増したような気がするのだが比較する物が無いので判断が難しい、最近ど忘れがひどくもう一度練習した方が良いのかしら(笑)

次にアタックしたのが催眠と念力の世界、こればっかりは知識が増えるだけで一切効果無し、少しだけ占いが上手くなりはした、まだ日本にタロットが一般的になる前でみんなに面白がられました、カードも大アルカナ(22枚)と小アルカナ(56枚)を使っていたが、占いはほとんど大アルカナだけで行う

こちらの練習は
・骰子の目を当てる
・ランダムにシャッフルしたトランプを裏返し、赤か黒かを言いながら色を当てていく、最低でも6割から7割当てること

テレポートやサイコキネシスあたりになると完全にSFの世界でもう笑うしかない

今朝の堂島川遊歩道、気温5度だが川沿いなので体感はさらに1〜2度は低いと思われる
b0057679_8375663.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-30 08:41 | ご託&うんちく | Comments(6)
b0057679_829294.jpg
振り子
挑発的軍事演習は今のところ突発的事件にならずホッとしているのですが、沖縄知事選は残念ながら現職が再選、米軍基地県外移転の意志が元に戻らないか今から心配

さて今日の写真、何てことはないのだがこうして眺めると時間って凄い、ツタとコンクリートなら戦う前から結果は明らかなのだが、痕跡だけははっきりと残っております、結構上の方まで筋が付いていて振り子の回転半径の大きさが凄い

ちなみに地球の自転を証明するために作られたフーコーの振り子は、長さ67mで重さが28kgもあった、今もパリのメリエ博物館に保存されているそうである

ウンベルト・エーコーの小説「フーコーの振り子」は難解すぎて途中で挫折、Amazonで処分し飯代に振れてしまった、そう言えばエーコーの「薔薇の名前」も最後まで読んでおりません、がしかし映画の方はすこぶる面白かったのだ

今日で山賀ふみ子さんの絵葉書は終わりです
「ひゝな月」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
◎只今絵葉書6種類を印刷中です、ご入り用の方はいつでもどうぞ
b0057679_8293457.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-29 08:35 | ご託&うんちく | Comments(5)

飛ぶ止まる泳ぐ

b0057679_8281762.jpg

b0057679_8283280.jpg

b0057679_8285451.jpg
鳥さん
少し寒くなると水回りに鳥が現れる、一番上の写真は年中ウロウロしているカモメだが、2枚目がカワウで最後が鴨

被写体としては難度の高いのが鳥、ましてや何時も持ち歩いているコンデジあるいはバカデジでは尚難しい

中之島では見かけないが好天の日に淀川の川原に出かけると、間違いなく三脚の上に馬鹿でかいレンズを付けたカメラのおっちゃん達があっちゃこっちゃで構えている

鳥の写真には鳥の行動学というか習性を知る必要があり、尚かつ鳥が飛来する場を知らなければならず、さらに時間を掛けてのシャッターチャンスが必要である

私の友人にバードウオッチングが大好きな男がいるが、私はそこまでの根性がまるでなく、こうして通りすがりにシャッターを押すだけが精一杯なのだ

話は変わって、今日はひょっとすると記憶に残る日になるかもしれない、一つが沖縄県知事選でもう一つが韓国での米韓軍事演習

立候補する度に意見を変える仲井の再選だけは避けたいのだが・・・、民主党に至っては候補者も擁立できなかった

もう一つが演習とは名ばかりで間違いなくこれは北朝鮮に対する威嚇行為、そして残念ながら原潜もイージス艦も空母も日本の港から出港したのである、つまり挑発的軍事行動に日本が荷担したことになるわけで、自民から民主に政権が変わっても根っこは同じで、かって小泉がアメリカのイラク侵略に諸手を挙げて賛成した行為に繫がっている

しかし新聞もテレビもそれについて語る評論家の姿がないのはどういうことなのだろう、もちろん北朝鮮の砲撃は無茶苦茶で民間人まで巻き込まれた、がそれに対抗しての大がかりな挑発的な演習は非常に危なっかしく、それに荷担する日本の姿に憤りを感じる、やはり何よりも対話が一番必要だと思います

今日の山賀ふみ子さんの絵葉書は
「夜嵐」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
b0057679_838564.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-28 08:41 | 写真 | Comments(0)
b0057679_83916100.jpg

b0057679_8393116.jpg

恒例の早朝散歩、サラリーマンの中にも結構歩くのが速い人が多数存在する、革靴にスーツで私より早いわけだから相当暑いはずなのに、至って普通に歩いている、早い人の歩き方はフォームが綺麗で一間歩が広い、しかしこの人は62cmぐらいで普通

追い越されたときに何故か地面を叩く微かな音にも追い越された「?」、私も速度を速めて前の男を観察すると、靴の右足のヒモがほどけたままではないか

昔、お尻のポケットに鍵束を突っ込んだりチェーンを垂らしファッションが流行ったことがあったが、私には音と一緒に歩くと言うことがあり得ない、歩きながら身の回りで音がすること自体が耐えられないのであります、早い話が幼児の音の鳴るサンダルも嫌で、買い与える母親の気が知れない(笑)

でもこのおっちゃんはほどけたままの靴のヒモなどお構いなしに、朝日の差す上船津橋へ颯爽と歩いて行くのであります、やっぱり信じられんわ

今日の山賀ふみ子さんの絵葉書は
「戀のジャックマール」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
b0057679_8395881.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-27 08:45 | カルチャー | Comments(4)

大坂の城

b0057679_8195230.jpg

b0057679_82078.jpg
お休み
友達のデザイン事務所に行きがてら大阪城あたりを走ってみた、走ると言っても私の場合はあくまでもチャリである

大阪に住みながら大阪城に来るのは数年に一回あるかないかである、祭日とあって人出も多い、この季節花はない

b0057679_8275639.jpg大阪城はこの場所にずっと存在していたと思ったのだが、何度も火災に遭い安土桃山時代も江戸時代もほとんど天守閣のない城だったようだ、秀吉の大阪城よりも家康が立て直しした大阪城の方がでかいというのも面白い

現代の城が出来たのは昭和に入ってからで、資金も大半が市民からの募金という今の大阪人からは考えられない、そう言えば御堂筋もそうだが主立った大阪の名物はほとんどが寄付とかで、箱物を作っては赤字の行政とは雲泥の差がある

左の築城写真はネットからだが、何となくバベルの塔の絵に似ていなくもなく、大がかりな夢物語の様相を呈している、平成になってから大がかりな改修が行われてしゃちほこもきんきらきん!で見違える程綺麗になった

昭和に入ってから建てられたが城だが、今までの大阪城で一番長命というから、毎回どんなに早く火災に遭っていたのかと驚かされる

b0057679_828208.jpg
ビックリしたのは南外堀の水が極端に少ない、堀の点検でもしているのからと思って中へ入ると内堀の方は普段通り、すれ違う人の会話で面白かったのは「大阪女子マラソン」がらみで、何人かから「ここ走っているんやで〜」なる会話をききました

大阪城を後にして次の目的である第2寝屋川と橋へ、そのうちにまたアップいたします
b0057679_8283512.jpg


今日の山賀ふみ子さんの絵葉書は
「にゃるるかん」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
b0057679_8285224.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-26 08:37 | 写真 | Comments(4)

中之島あたり

b0057679_8303941.jpg

b0057679_8305347.jpg

b0057679_8311087.jpg
夜景
b0057679_8331093.jpgレンブラントの有名な絵に「夜警」と言うものがある、最初見たときオランダの夜警ってこんなに物々しい物かと思った記憶がある、今回調べて驚いたのはこの絵は夜のシーンではなく昼間だそうで、茶色に変色したための誤解とか、嘘みたいな本当の話である

当時のオランダの市民隊からからの注文絵画だそうで、新撰組みたいのものか知らね

今日のは夜警ならぬ「夜景」、夕方に大阪の町をウロウロしていると至る所にイルミネーションが、昔はほとんど見かけなかったのだがどれも豪華である、これは堂島川沿いのロイヤルホテル、考えてみればフリーになってからこうしたホテルに足を踏み入れることがなくなった

ホテルに入ると育ちがそうさせるのか落ち着かない、たまに訪れる理由もお食事なんてことは無く、仕事の打ち合わせか場違いなパーティーあたりで、用事が終わると何時ものように直ぐに退却!

今日の山賀ふみ子さんの絵葉書は、探偵猫です
「ソフィおばさんの事件簿」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
b0057679_8321958.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-25 08:37 | 写真 | Comments(0)

ねこばなし

b0057679_8164292.jpg
閑話休題って、ずっと閑話やないけ
にゃ〜にゃ〜、ほんまにひまにゃにゃぁ〜

新聞見たら法務大臣ってどこにも書いてのうて、法相ばっかりで「ほうそう」って耳で聞いたら違う文字が一杯浮かんできよる

答弁に困ったら「個別の事業についてはお答えを差し控えます」ってどう、それでも分からんときは「法と証拠に基づいて適切にやっております」だって、おっちゃんはさらに「法を守って私は答弁しています」と言ったら野党に怒られたけらしいけど、ほんまにしゃべるの下手みたい

ここまで来ると稚拙としか言いようがないのだが、何で大臣になれたんやろにゃあ、で調べて見たのだが、なんと東大教養学部の理1に受かっているやおまへんか・・・変なのは大学を中退して寿司職人、今度は東京工大工学部船舶工学科を経て神戸製鋼

決してアホちゃうことは分かったんやけど、問題は工学部上がりがおっさんが何故に法務大臣になってんやろね、自民党出身だとばかり思っていたら出発は民社党とは知らんかっとってん

よう似たことをジャーナリストの大谷くんも書いとりましたが、疑問の一つが、役人がいつも使いそうなこの二つのフレーズを彼に吹き込んだのは法務官僚では?ということ、それをそのまま発言するともうどうしようもないんやけど、知恵を授けたのは誰なんやろにゃ〜〜〜〜

テレビのバラエチーより国会の方がオモロイって、この国の明日はもうガタガタで大相撲はガラガラで飼い主の財布はカラカラで、たまには旨い魚ださんかい!ちゅうてね

今日から友人の作家の山賀ふみ子さんの作品の許可を戴いたので何点かアップします、たまたま絵葉書の版下を頼まれたのだが、猫好きにとってなかなか魅力的な作品です、原画のキャンバスが小さかったのでダイレクトにスキャニングしました

「Mémoire」 FLEHMEN-YAKATA Fumiko Yamaga
b0057679_8195482.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-24 08:22 | ご託&うんちく | Comments(0)

コスチュームプレイ

b0057679_8354091.jpg

b0057679_8355969.jpg
コスプレ
南港の「海の時空間」へ行ったことを書いたが、日曜のATCあたりはイベントだらけ、一つはTVがらみのヒップホップのダンスコンサート、大勢のお客さん大半が出演者

もう一つがコスプレ大集合で、一人二人ならどうってこと無いのだが、明らかに百人以上の異空間、あいにくながら昔と違って今時のキャラをまるで知らないので、何のコスチュームかさっぱり判らないのだがそれでも見ている段には面白い

彼女たちを見ていると、法務大臣の失言問題や尖閣諸島に沖縄基地問題など、どこにあるのかと少々悲しくなるのでありますが・・・

早い話が昔の仮装大会な訳でそれがいつの間にかアニメとゲームキャラ限定になり、世界中に発信していった、フランスでは日本のアニメにコスプレが大流行

注:コスプレ=コスチューム・プレイの和製英語だが、今では「cosplay」は英語として通じる、ビジュアル系の場合は「コス」と省略するらしく、中国では「角色扮演」

`80年代のコミケ時代のコスプレは完成度はイマイチで、微妙に貧乏くさいところがあったのだが、今時はルックス以外ほぼ完璧でお金が掛かっておりました、人ごとながらポカポカ陽気でようござんした

そう言えば横浜銀蠅が懐かしい曲を演奏しておりました
b0057679_8371433.jpg

b0057679_8372968.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-23 08:41 | カルチャー | Comments(12)
b0057679_839786.jpg

b0057679_8392445.jpg

b0057679_8394122.jpg
海の上
大阪市の公共の施設が無料とかで姪達に誘われ、南港にある海洋博物館「海の時空館」に行ってきた、設立の時にほんの少しだけで図面を引いたりしていたのですが、覗くのは久しぶり

聞くところによると大阪市役所の事業仕分けで、廃止の候補に挙がっているとか・・・確かに展示内容にすれば建物が立派すぎるきらいがある、なんせ現在は維持費の1/10しか入場料が無いとか、廃止も無理はないのかと思うのだがユニークな博物館であることは間違いない

海の下の通路を通って入場するアプローチが楽しい、中に入るとど真ん中に実物大に復元された菱垣廻船(ひがきかいせん)“浪華丸”が展示されていて、4階から回廊式に降りながら見る仕組みになっている

船がでかいので曳航されここに設置してからドームが作られたのだが、色々な展示物は舟好きにはたまらない

展示のほとんどが映像説明で子供でも結構楽しめます、長い間ヨットに乗っていたこともあり舟には非常に愛着があるのは事実だが、無駄と判っていてもこうした施設がなくなるとしたら・・・

大阪湾越しの海にかすむ明石大橋が美しい
b0057679_8403470.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-22 08:43 | 私事 | Comments(4)

5:5:2

b0057679_894534.jpg
ポン酢の基本形
手作りカメラクラブの先輩からスダチを戴いた、普段から私が料理話をしょっちゅうしているおかげだと思われるが、非常にありがたい

何時も思うのだがこうした保存食品は自分で作ると市販品とまるで違う風味を味わうことが出来る、タイトルに書いた5:5:2はポン酢作りの時の割合で、柑橘の果汁と醤油とお酒(味醂+酒)の基本的な比率である、地方によってはお酢を入れたり出汁を入れたりと酒を煮きったりと色々作り方も千差万別、合わせてから大量の鰹節と昆布を入れ寝かせておしまい

料理の発展の一番の理由に保存が挙げられる、「焼く」も「煮る」も「干す」も一種の保存のためであり、アメリカ大陸発見も肉の保存のための香辛料探しだったわけで、日本の食卓にも毎日沢山の保存加工品が載っかっている

こうした調味料は別にして、野菜や魚を大量に貰ったときはやはり考えてしまう、干物や漬け物に出来るならまだ助かるが、種類によってはそうも行かない

昔休みたんびに釣りをしていた頃、サビキでイワシを200匹以上釣ったことがあるのだがさて困った、私の釣りのモットーはCatch&Eatな訳で食べない魚はリーリースする

その時に初めてイワシ料理をフル回転、焼き・煮付け・干物・オイル漬け・・・今のようにネットで検索なんて楽ちんコースは無かっただけに、料理の上手な人に電話をしてアドバイスを受けたりと

さて今回のポン酢だが、後1週間程で出来上がると思うのだが、最初に鍋にするか湯豆腐にするか焼き魚にするか考えるだけでも楽しいのであります
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-11-21 08:15 | うまいもん | Comments(4)

きりっとカメラ目線ののらら


by PUSH-PULL