<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ちょっとお出かけ

b0057679_8304094.jpg
日本離れ
さすが連休初日、見事な人混みである、見なれた景色がいつの間にか知らない町になりつつある
私の推測では
・歩いている人の60%は大阪弁が話せない
・その60%のなかで30%は日本語が話せない
・残された40%の半分は自分でお金を稼いでいない
・稼いでいない人の98%は携帯を持って道頓堀を歩いている
・ここを歩いている人の0.5パーセントは仕事のためで
・80パーセントはsightseeingと返事する

昼間と言うこともあるが、以前のちと猥雑で怪しげなミナミは姿を潜め、もしここを歩いたら「ミナミの帝王」は完全に町から浮いてしまう、ミナミの繁華街とは一昔前までは心斎橋と宗右衛門町と道頓堀あたりだけだったが、その後アメ村にヨーロッパ村、さらに堀江が四つ橋を越えてさらに西へ伸び、10倍以上に広がっているではなかろうか

風景も完全に無国籍スタイルで独特の空間が出来上がっていく、お江戸の著名な建築が設計監理した窒息しそうな「表参道ヒルズ」とは正反対である、しかしそのヒルズもわずか2年でシャッター通り商店街になりつつあるとか

私自身大阪のヒルトンウエストだの0101だのブランドショップ満載の新しい空間にはなんの面白さも興味も感じない、その大半のスペースがガラガラで暇そうな背の高いマネキンさんがぼんやりとため息をつく・・・ブランド信仰の消滅か

世界の売り上げの半分が日本というブランド不敗神話を作り上げたルイビトンも、売り上げが初めてマイナスに転化したとか

それに比べこのあたりは色んな意味で賑やかだ、ど派手なお姉ちゃんが店先で看板を手に持ち大声で客引きをやっている、どうだろうこの迫力は、しかしこのケバさは鑑賞はおもろいんやけどご同行はご遠慮願いたい

b0057679_830583.jpg

道頓堀を西へ、ラブホにてっちり屋にサウナにバーが連なる西道頓堀に、異形の個人住宅が1軒、表札まで異色でありました、夜表に出るのがちと勇気が要る環境でございます

b0057679_8312089.jpg

さらに西へ行った港町リバープレイズの西道頓堀川に架かる大阪で一番新しい橋、一瞬どこが橋かと思う面白いレイアウトである、すぐ横の川岸の建物にはEVまで付いているという親切さ

実は昨日この橋を降りたところにあるイタ飯屋さんへ兄夫婦と食事にいったのが始まりで、その後道頓堀までブラブラと散歩をしながら写真撮影、橋の上ではスタイルだけ抜群のモデルさんの写真撮影をしていたり、川原のウッドデッキでは恒例の漫才練習の若者数組、町をのんびりと歩くと色んな光景に出会い退屈しません

写真撮影には他に目的なしというのが一番アンテナが敏感になるような気がします
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-30 08:46 | 写真 | Comments(5)
b0057679_746455.jpg
マクロ撮影のお稽古の続き
連休初日、予定は兄夫婦との昼食会
昨日も今日も何処にも傘マークがないのに起きたら雨「気象庁どないなっとるんじゃい!」
散歩は中止で早くからパソコンと睨めっこならぬブラインドタッチ、ヒューヒュー

撮り貯めしてあった花のマクロ写真アップ、どれも図鑑的写真でさらなる精進が望まれる、非対称系の花には変な形や面白いものが多く、菊などは形が出来上がっていてまさにテキスタイルデザインの基本形、でもって見て貰うにはもっと焦点深度(絞り設定)が大切になって参ります

b0057679_747078.jpg

・お天気が良いので仕事の合間にカメラを下げて淀川へ、川原は前日の雨で水たまりだらけ、ままよとギアをローに落として突っ込んだらもう少しで転倒しそうになった、何とか草むらの水たまりを通過したがそこらじゅうがドロドロ、朝からGパンと自転車の洗濯

・公園のベンチに座る浅黒いおっチャン、横には大きなバッグ2個、時刻は午前7時45分頃、陽だまりはあったかで取り出した煙草は懐かしき「わかば」、そしてピンクのDSに夢中でありました

b0057679_7471398.jpg

・朝早く前方から颯爽ならぬ蛇行しながら自転車が、近づくと真っ赤な顔のおっチャンがギイコギイコと嬉しそう

・ジャスコのマスコミ用キャンペーンは毎回我が家の横っちょの店、おかげで不揃い野菜放出コーナーは人が一杯、葱もほうれん草もブナシメジもキャベツ2/1もパプリカもサラダ水菜もみんな100円以下・・・もっぱら男厨してます

b0057679_7472685.jpg

・久しぶりに銀行へ通帳しのばせてお参り、列からふと自動引きだし預金振り込み何でも機械(Automated teller machine)を眺めたら10台の機械で男性がたった一人、あのおっチャン終わったらまた私一人

b0057679_7474388.jpg

・民主党の仕分け作業の独立行政法人の答弁で無性に腹が立つのだが、根っこの部分は確実に官僚に守られているようだ、まさに独立行政
職員の大半が毎日遅刻で働いても2,3時間、役員になると出社が週1で理事になると月1とかで1千万以上の税金を懐に入れている
そこで提案だが、天下りに関してはまずそれまでの給料の半分あるいは3分の1ぐらいに削減することと、次の退職金は支払わない、基本給プラス時間給システムを導入すればさらに給料は削減出来る、給料の安くなった独立行政法人は彼らにとってなんの魅力もないわけで、本当に仕事をしたい人だけの組織に生まれ変われる、そして一瞬にして半額以下になります

b0057679_7475956.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-29 08:09 | 写真 | Comments(0)

猫ですねん

b0057679_835123.jpg
只今接近中
写真撮影の基本に、とりあえず「被写体に近寄る」と言う作法があります、ところがこれが以外と難しく下手すると「どこ撮っとんじゃい1」とどなられたり、「きゃあ〜、変態!」と逃げられたり、水をぶっかけられたりと思いがけない事件が勃発する・・・ほとんど経験済み

私のちと古いIXYではズームを使うとブレるのと画質が極端に悪くなるので基本的に使用しない、ファインダーも覗かず少しずつ近寄りながら撮影したのだが間違いなくこれは飼い猫、微動だにせずモデル猫をやってくれました、まさに貫禄で我が家の2匹では絶対無理、

b0057679_8351466.jpg

今日の三枚は近づき具合を正確に表現するためにトリミングはやっておりません、朝の散歩で何度かここを通過しているのだがこの猫さんを見たのは初めてである

梅田からすぐの国道2号線近く、町中にありながら戸建ての洋風2階建てのお家、入り口側には建坪の半分近い庭があり結構贅沢な設計であります、記憶のこの庭はもう少し手入れされていたような気がするのだが、最近なんだか散らかって来ているような・・・

今時こんな接近戦術で町行く人を撮ることは不可能で猫ですら難しい、犬もカメラを見ただけで視線を外すぐらい、肉眼で見るには大丈夫なのにカメラという道具を構えた瞬間戦いになってしまっている、つまりカメラとは被写体にとって間違いなく殺戮兵器並の武器なのだろう、一つ間違えば景色ですらあっちゃ向いてしまう、そう言えば命が吸い取られると言う説もありました

最近見なくなった2眼レフはファインダーを上から覗き腰だめの撮影なので、敵との軋轢が軽減されるとかなんとか色んなことを考えても、私はポートレートが苦手なのだ
被写体とお友達になるのが一番なのですが・・・これがなかなか
b0057679_8352830.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-28 08:42 | 写真 | Comments(8)

写真とデジタル加工

b0057679_7444517.jpg
はるうらら〜♪
雨が降るとブログアップが早くなる、スポーツ欄に半珍キャッツの年俸が2年連続1位なる記事が、万年Bクラスを知る人には嘘みたいな話で、あのG軍より上なんて・・・だったら成績も一等賞にならんと

今更デジタル云々は当たり前になってしまったが、アナログに対する憧憬は何時までもあり、Artの「アート」たる残されたボーダーラインなのかもしれない

写真をパソコンに取り込んでからモニターで眺めていると、何故か遊びたくなる絵が時々あるが今日がそれ、最初モノクロにしようと思ったのだが、妙に信号の赤が気になり残すことにした、画像いじくりソフトにPhotoShopなるものがあるのだがこれが結構遊べます、勿論仕事にも使えるソフトでちとお値段が高い

写真はオリジナルプリントだけに価値を見いだす人もいるが、印刷媒体ではオリジナルは存在しないので余り考えない(限定枚数の版画とサイン入りなどは無視)、また撮ったらそのままが良いと言う考えもあるが、我々レベルでは撮影時にそこまで設定出来ないのでまずトリミング作業が筆数アイテムになる

フイルムカメラでも今はダイレクトプリント以外(これも途中にスキャニングなどデジタル加工が入ることが多い)はほとんどがデジタル化されていて、私の場合は画像の明るさやコントラスト、はたまたカラーバランスなどの加工に抵抗感がほとんど無いのであります

フォトショップの遊び道具のツールの一つに自動選択がある、クリックした場所の隣接する近似値の色を自動で選択してくれるのである、今日のはその自動選択ツールを使って信号などの赤色を全部選択してから選択範囲をひっくり返して他の部分の彩度を下げてモノクロにした、ここで写真モードのカラーをグレースケールに変更すると選択した赤までモノクロになるので要注意、信号の赤だけ残したイメージ通りの写真の出来上がり

b0057679_744593.jpg
こちらはカメラのオートフォーカスを解除してマニュアルでわざとピントをずらした写真、バカデジはフルオートなので意識的な写真はなかなか難しい

先日もバカデジで道端で咲く小さな花を撮影しようと思ったらピントが合わず、改めてデジイチを下げていこうと思っている、小さなデジカメでマニュアル撮影の出来るカメラが欲しいのであります、機能的には手動でピントが合わせられることと、露出優先のモードさえあればいいのですが
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-27 08:01 | 写真 | Comments(4)
b0057679_857929.jpg

b0057679_8433862.jpg
最近のお米事情
先日テレビを見ていたら米糠(ぬか)の公害と無洗米の良さをタレントを交え盛り上がっていただがちょっと待たんかい!、家庭排水からの一番の海水汚染の原因が糠だとぬかしておるではないか、ならば無洗米にするための精米の時に出る糠はどうなったのだろうかと心配になってきた

私自身手抜きのため時々無洗米を買うことがある、買うようになったのは昔と違って無洗米の味が少しましになったことがある、ただ保存するには最初の籾(もみ)のままが一番ヨロシイ、次が玄米

お米の一番美味しい炊き方は、手を使ってお米を洗うのでは無く「研ぐ」こと、米と米をすりあわせ傷を付け中までふっくらと炊きあげると、確かに丁寧に研ぐことで味が格段に違ってくる

ところがその後精米が良くなったこともあるが、お米の美味しい炊き方の一つとしてお米を「研がない」と言うことをメディアで知った、優しくさっと洗い素早く糠をながすこと、そして充分吸水させてから炊くと言うものであった、早速この方法で炊いてみるとこれがなかなか旨いのである、勿論急ぐときはよく研いでから炊くが充分時間があるときは研がずに糠だけを手早く洗い流し炊いている

研がずとも美味しいなら無洗米もひょっとしたらと思ったのが最初に買った理由である、本来「研がない」と言うことなら無洗米より「無研ぎ米」「既洗米」「不洗米」の方が正しいのだが、いつの間にか無洗米は生協や社員食堂などの大量消費の時短目当てに広まったようだ

さて問題の糠による環境破壊(水質汚染)問題は、調べてみたのだがどうも特定非営利活動法人「全国無洗米協会」の一方的なエエとこ取りの数字のようだ、早い話無茶苦茶な数字である、生活排水の一番が台所と言うのも問題でさらに水質汚染の一番がとぎ汁とある、実際はトイレと洗濯と風呂の方が圧倒的多い

もし糠の分解を問題にするなら合成洗剤の方が圧倒的に被害が大である、もちろん石鹸も合成洗剤も使わないのが一番でどちらも自然には間違いなく悪い、10数年前に合成洗剤が問題になったことがあったがいつの間にか下火になってしまった、大半の合成洗剤が無リンになり改善されたとはいえ、これもライオンや花王の莫大な資金力によるマスコミ貢献のおかげでは、マスコミはスポンサーの悪口を絶対言いません

さらに問題は栄養と味、栄養に関しては精米すればするほど間違いなく栄養も除去される、つまり玄米が一番栄養がある、味の方も無洗米より普通米の方が旨く、炊き方さえ間違わなければ少し手間はかかるが玄米も美味しい

一番先に書いた無洗米作業で出る大量の糠だが、無洗米協会では飼料や肥料に使われていると言っているがこれも問題のようだ、精米の時に出る糠の量と比べれば米を研ぐときに出る糠の量は微量である
これまでも精米の時に出る糠はサラダオイルの材料とかに使われてきたのだが、どうも無洗米工場からでる顆粒糠は油脂工場が引き取らないらしい、また発酵していない糠はそのままでは肥料にも使えないとか

ちょっと調べただけで、まあ色々な説がありました、皆さんはどんな米でどんな炊き方してますか
「なに?私はパン食だって言う人は」、「非国民」と言おうと思ったが、その肝心の国の方がわやだっせ

下の写真は「シャクヤク」、花屋さんではよく見かけるが地植えでは珍しい花、日本の花では大好きな花の一つで日本文化では豪華さもあって至る所で登場します、切り花のシャクヤクが散るときが壮絶で感動もの、たまにはテーブルの上に大輪の芍薬を一輪飾られたし
b0057679_8435699.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-26 08:53 | うまいもん | Comments(14)

石にも色々ありまして

b0057679_8491974.jpg
石の思いで
数年ぶりで「石ふしぎ大発見展」を友達親子と見に行きました、毎年1度OMMで行われている鉱物・化石・宝石の展示即売会である

そもそものきっかけは友人M喜君の化石好きに引き寄せられたのが始まり、それから関西の化石スポットにハンマーと鏨(たがね)を下げて連れて行って貰ったのである、何年間か掘っていたのだが近場で採集出来るのは貝類と葉っぱ類あたり

b0057679_8494035.jpg

化石の三種の神器と言われているのが「三葉虫」「アンモナイト」「サメの歯」らしいのだが、一度も出会わなかったのだ、途中で彼に連れて行って貰ったのが京都の益富地学会館、まあとんでもない量の化石がありましたが私自身の化石熱がだんだんと冷めて行ってしまったのだ

その益富が参加しているのが昨日訪れた展示会、以前にも色々な化石や鉱石を買い求め、暇なときは机の上に並べて楽しんでいたのですが・・・私の家の玄関には今も私が採掘してきた、クリーニング途中やまだ割っていないノジュール(化石が入っていると思われる石のかたまり)が多数転がっております

ノジュールをハンマーで割って化石が出てきたときの喜びはひとしおで、丁度釣りと似た感覚があります、そして小さなとハンマーでチマチマとクリーニングするのもこれまた楽しみなのでありました・・・過去形

会場は思っていた以上の混雑、若い人の方が多く子供達も親と一緒に歩いている、色々なイベントや講演会まであるがこちらはかなり専門的、たとえば「第四紀と大阪層群」「丹波マンガンの鉱石と鉱床」で聞いたら面白いのだがなかなか入りづらい

お店の人はバイヤーと言うより完全に個人経営のブローカーで、ファッションも他の展示会と違って何故か怪しげ(笑)、インドやパキスタンの人のお店が多く片言の日本語と電卓が活躍、めぼしい石の価格はほとんどが「g/○○円」表示でなかなか見当が付かない

b0057679_8495589.jpg

今回買ったのは傷だらけの水晶玉(30㎜)一つ千円也、同じ大きさの水晶でも綺麗な石になると2万円近くなり、黄水晶になるとさらに高くなります、展示会も以前と比べて化石や面白いがらくた石が少なくなり、圧倒的にアクセサリー用の石や宝石が増えて私としては寂しい限りなのであります

でも久しぶりに化石を手にとって眺めていたら、また無性に石を掘りたくなってきました

下の石は、昔私が掘り出した化石の中で一番小さな貝、直径約5ミリ弱でノジュールではなく、川原で割り出した堆積岩の中からクリーニング、全部出すよりこのままが面白かったので途中でフィニッシュ

化石好きから言わせるとこのあたりは入門以前かも(笑)
b0057679_8501086.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-25 09:09 | カルチャー | Comments(6)
b0057679_8393030.jpg
花の色は移りにけりな・・・
なんてこと考えたこともないのに、賢さも若さも色気もとうの昔に失せており、残されたのは悪玉コレステロールのみ

前回がアップ写真ばっかりだったので今日はちゃんとした小花シリーズ、マクロレンズはバックが上手くボケるので花そのものが浮き上がって生き生きとしてきます、三脚無しの撮影ですのでどれも少々焦点深度が浅すぎるような・・・う〜ん

b0057679_8394760.jpg

テレビのタレントも歌でも、見ただけで聞いただけでイライラするのが一杯存在するようになった、本来ならテレビやラジオは仕事の息抜きの娯楽の筈が困ったものだ、もっとも息はぬきっぱなしの生活です

歌で言えば和製ヒップホップと言われる諸君で昔の4畳半フォーク以上に歌詞が軟弱、その代表がFUNKY MONKEY BABYSあたり、歌詞を聴くとむずがゆく何処がヒップホップだと思うのだ、FMから聞こえてきただけで体中にサブイボが走りだす、慌ててNHKのクラシック番組にチェンジして症状が悪化するのを防いでいる

b0057679_840042.jpg

テレビのタケシだのタカジンの政治風トーク番組に出てくるタレントは、オール右よりで底が浅く勉強にもならない

さらに困ったことに全テレビ番組を制覇した感のあるバラエティとクイズ番組のどうでもいいタレント連中、一度は何処かで人気があったのかもしれないが、バラエティでしか見ることの出来ないタレントは憐れである

昨日「桝添新党」と付けたら驚くと書いたが、ホンマに「ますぞえ新党」と付ける予定だったらしい、公職選挙法違反とかで「新党改革」に、これは新党ではなく政党助成金と選挙目当ての、明らかに主義が異なるおっさん集団の「改名改革」である、これでますぞえのタレント政治生命は間違いなく奈落の底へ

b0057679_8402043.jpg

宗教団体所属と噂されるタレントと政治家、一度知ってしまうと本人には失礼なことだが次からどうしても素直に見れなくなる、調べたらなんと多いことかビックリします・・・

今朝の新聞チラシ、開店半年セールの洋服屋、何処かの毎日閉店セールと変わりがない
こちらはユニクロ、新宿高島屋店オープン記念って?ここ大阪やけど

昨夜の東京ドーム、創立6年目とかで楽天主催のロッテ戦の観客が球団史上最多の4万越え?、なんと三木谷君がタダ券を会社関係にばらまいたとか、おかげで当日の安い席を求めに来たファンは、何も知らずに高い席を買う羽目に、これってどうなの?でも招待されても来なかった客も多かったとか、タレントも一杯招待されたらしいが野村の姿は無し
b0057679_8403565.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-24 08:44 | 写真 | Comments(2)
b0057679_8374280.jpg
どこを切っても自民党
ここ数年新党がぼっこんぼっこん、まるでモグラ叩きのようだが根っこは同じ自民党、与党から落っこちると資金源が立たれると見えてあっちゃこっちゃに走り回っております、で少しお勉強してみた

・新党大地、New party DAICHI(`05)はご存じ元自民の鈴木宗男の政治団体、色々物議を起こしてきたが言っていることは結構まとも、一度すり込まれたダーティーなイメージはなかなか消えません、民主党と統一会派の無所属クラブ、立ち上げに歌手の松山千春が参加していて党名も彼が命名

・国民新党・People's New Party(`05)は、綿貫・亀井と言う自民の中でもクセのある二人が郵政民営化を反対で離党、現在は3人で民主と連立、一時議員が6人で4人の新党日本に一人レンタルという訳の判らんことをやっておりました、「本格保守」の看板を上げているも朝鮮高校の無償化には賛成している

・新党日本、New Party Nippon(`05)、ここも田中康夫がたった一人なのだがこちらはちゃんとした政党、政党クリアーの議員5人の条件を充たしてはいないが、もう一つの条件の得票の2%を確保したため

・改革クラブ、Japan Renaissance Part(`08)、ここも郵政民営化反対で自民を飛び出した荒井広幸が中心、最初田中と新党日本を作ったがそこも飛び出し改革クラブを作る、呆れるのは昔の民社党の委員長の息子の西村眞悟が数合わせで入っている、民主党では超タカ派だったが名義貸しで有罪になり民主党を除籍、衆院で議員辞職勧告決議案が可決したが議員を今もって辞めていない、西村が改革クラブに参画したおかげでここは政治団体から政党に昇格・・・って、もう無茶苦茶です、おまけにここは核武装必要論の危ない政党、何処がレジスタンスやねんと突っ込みを入れたくなります

・新党改革(今日の予定)、ところがここに自民党で好き放題発言し居づらくなった桝添が、軽薄な人気?を手土産に入ってきた、これで本人が言う「桝添新党」と名前を変えたら驚くのだが・・・
余り他人様の女性関係で揚げ足を取るのは失礼なのだが離婚回数の多い男は人間的に大嫌い、前のかあちゃんが片山さつきというのも凄いのだが、離婚歴は2回とも3回とも言われている、その後秘書と48歳で一緒になり子供が二人、他にも日本人女性二人との間に外子が3人・・・・今マスコミでの彼の評判は「オオカミ中年」または「落ち武者」、参院の比例代表で当選というのも問題
この合流は自分で新党を立ち上げても政党助成金が出ないため、ただただお金目当てで政治理念など二の次三の次を通り越してはっきり言って無い

・みんなの党、Your Party(`09)、この名前には問題がある、みんなというのは我々のことを指していると思われるが、そんなことを頼んだ覚えがない、付けるなら「私の党」にして下さい
何故人気があるのか理解不能の政党(多分に資金があるのではなかろうか)、渡辺善美を中心の議員6名、エリートコースを歩んできたがお坊ちゃん故の発言で自民時代は孤立して泣いたぐらい、サラ金から政治献金を受けていたと問題になったがいつまにかうやむやに、最初につけた名前が「国民運動体 日本の夜明け」って知ってましたか?

・たちあがれ日本、The Sunrise Party of Japan(`10)、出来たてホヤホヤの政党だが、こうなるともう政党の名前の枠をはみ出している、思わず「日本はみんな座っとるんかい」と突っ込みを入れたくなる、ブログにも書いたがまさにクイズ番組から出てきた歌の歌詞そのまんま、命名が某都知事と言うからあぶない、おまけに竹中・桜井の共著に同名の本がある、代表の平沼を象徴するタカ派の保守政党で平均年齢が70近い
答案用紙に「たちあがれ=サンライズ」って答え書いたら間違いなく落第する、今頃海を見ながら「日本の夜明けは近いぜよ〜」なんて言っているのかしらね、高齢者が多いので「立ち枯れ日本」と揶揄されている

・日本創新党(`10)こちらも出来たてで、地方の首長連合の感あり、任期途中で何故か横浜市長を辞めてしまった中田宏が参加しているが他の人の名前は全員知りません、西日本では知名度ゼロ、保守養成の松下政経塾OBと言うのが不気味、議員ゼロの政治団体、そう言えば民主の前原も松下政経塾やったなあ〜

・大阪維新の会、こちらは橋本の仲良し会で今のところ国政に参加する意志はなさそう、調べていてビックリしたのは「大阪維新会」と言うよう判らん団体がありました、こちらが出来たのが2年前なんで文句言ったのかしら?参加した自民党と民主党議員は、次の選挙の時自分の党と戦うのかしら
政治団体として発表した基本方針に、大阪府の資料が流用されるという問題が早くも起きている

橋本と言い桝添と言いTVのパフォーマンスだけで政治家になった男はまず信頼出来ません、新しい政党はみんな自民党時代は大臣経験者で、沈没船からの脱出とは言い得て妙
b0057679_8375626.jpg

追伸:今日の材料買いだしの途中で採集したまだ真新しいポスター、自民党の演説会案内なのだが開催日が7月、どうなんているのでしょう?
b0057679_11425595.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-23 09:10 | ご託&うんちく | Comments(2)

空飛ぶ円盤餃子

b0057679_7373135.jpg
焼き方ひとつ
一昔前、羽根つき餃子なるものが話題になったことがあった、早い話が餃子を蒸し焼きにするとき入れる水に片栗粉を混ぜると簡単にできるのだが、何故流行ったのか今もって判らない

今日の焼き餃子は羽根付きならぬ円盤餃子である、別に片栗粉を入れたわけではなく市販品の餃子そのまんま、まさに外はカリカリ中はジューシーなんて言うステロタイプ的な言葉は恥ずかしいのだが・・・ここまででかいと食べにくい(笑)

餃子好きの方だったらこの餃子をご存じだと思うが、我が家からハイハイしてでもたどり着くジャスコで何故か週に一度(火)だけ売られている「生餃子」、火曜はジャスコの特売日でこの餃子は10個入りなんと98円、普通商品パッケージには製品名とメーカー名が大きく書かれているが、これはメーカー名が小さくて判りづらいが静岡の三桃食品でした

家庭でこんな餃子が焼けるのも、蓋付きのテフロンのフライパンのおかげかもしれない(フライパンは鉄製が一番なのだが慣れさすのが大変)、円盤が出来るぐらいだからこの生餃子には片栗粉らしきものが一杯ついいる、家庭で美味しく焼く秘訣は水をたっぷり入れ(一人前でコップ半分強)、ゆっくりと蒸し上げ最後に蓋を取ってから火を強くして水気を飛ばし焦がすことである

一昨年に餃子の製造を他社に丸投げして問題が色々起きたが、この餃子は国内で製造していることを大きく明記していました

東京に住む兄が昔に長い間下町で中華料理屋を開いていた、時々手伝ったおかげで私自身結構旨い餃子を作ることが出来る、包むのも無茶苦茶早いのだがなんせ相手は猫2匹、作るとなるとどうしても百個単位になるので長い間作っていないが、時々無性に餃子が食べたくなるのであります

外で食べるのなら北区に「豊崎飯店」という安くて美味しい店がある、ここんとこ外で餃子を食べておりません、私の以前の餃子の目安は眠眠で、眠眠より旨いか不味いで振り分けていました

CM話
資生堂のコマーシャルで使われている、斉藤和義の「ずっと好きだった」が抜群に面白い、PVがビートルズの最後のライブと言われるあの「屋上のライブ(Beatles Rooftop Concert)」の演奏を映像コピーしているのであります、彼が付けひげでポールに扮してちゃんと左手でベースを弾いているのが笑えます、後の3人もそれなりに似ているだがジョージ・ハリスンだけはうり二つ、彼がラジオ番組で説明するに、マイクから楽器にアンプまで全部その時と同じもので揃えたそうである

曲も良くできていて彼らしいノリノリの曲で、ビートルズファンも一見の価値あり、ちなみにジョン・レノンをなんとリリー・フランキーが扮しております
※下の写真はネットより無断拝借、すみません
b0057679_7215576.jpg

[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-22 07:42 | うまいもん | Comments(4)

咲いた咲いた

b0057679_8391149.jpg
はなだより
ふと童謡「花一匁」の歌詞が気になり調べてみた、「はないちもんめ」は昔むかし花を買うときの単位が匁(もんめ)から来ているらしい、ところが貧しい家の子供を人買いが1匁で買ったと言う説もある、歌の「勝った、負けた」は「買った、マケた」となる
ああ知らなんだなあ、ガキの頃無邪気に遊んだのだが、こんな意味を知ってたら子供は誰も遊ばない

悲しいはなしはさておき春は花の季節、デジイチにマクロレンズを付けて朝のお散歩は時間がかかる、野草だの山野草だのが大好きで、普段は道端の小花に目が行くのだが派手なのも大好きで本日は大きめで・・・花写真のお作法としては、ドアップは面白いのだが邪道とされている
私の花撮影は一応、野草もしくは地植えあたりがボーダーライン

b0057679_8393135.jpg

スーパーお酒売り場のレジにて、私の前のおっちゃんのカゴには芋焼酎1本+イチゴ+赤飯、私には驚愕の組み合わせである

b0057679_840457.jpg

前を行く可愛い女性の白い短めのフリルのスカートが気になる季節、おしゃれな光沢のある黒のストッキングとの組み合わせが印象的、ゴミが太ももにと思ったら穴が空いておりました

私より遙か年上で、ジーパンの似合う小柄なおばあちゃんとすれ違った、歩く姿もみんなかっこいいのであります

b0057679_8402484.jpg

散歩コースのガードレールに落とし物らしき服が掛けられている、近づいてみると高そうなカーディガンスタイルの真っ黒のレザー、むむむ

同じく散歩コースの歩道にて、何故かサンドイッチと菓子パンの袋が立て続けに捨てられている、間違いなく不届き者の歩きながらのブレックファーストだ

b0057679_8405799.jpg

銭湯で有料別途料金のサウナに入る人は長湯する、風呂から出てきて携帯をいじりながら休憩中の兄ちゃん二人、再び洗い場に行ったのは良いが、床几の上には携帯・煙草&ライター・ウーロン茶、脱衣箱はバスタオルを掛けたままの開けっぴろげ

b0057679_8411579.jpg

※1枚だけコンパクトデジカメの花モードで撮った写真が1枚入っています、さてどれでしょう?
[PR]
by PUSH-PULL | 2010-04-21 08:47 | Comments(0)

遊歩道の,真っ黒のらら


by PUSH-PULL